薄幸の星の下に 落とし前

【第2話】

瑞穂はいつもと違って1人で家を出て、会社に向かうと、秋子の嫌がらせが待っていた。
「どう、落とし前付けたの?」
「秋子さん、どのように落とし前を付けたらいいんでしょうか?」

「落とし前がわからないの。坊主よ、坊主になりなさい!」
「許してください。それ以外ならしますから頭を剃るのだけは許して下さい」瑞穂は坊主と聞いて泣いてしまった。

「バカね。誰も頭を坊主にしろとは言っていないわ、ヘアよ、あそこのヘアを綺麗に剃るのよ」
「アンダーヘアをですか?」
「そうよ、剃ったヘアを袋に入れて差し出さしなさい。そうしたら、許してあげるわ」
「剃ります。ヘアを剃りますから許して下さい。ですから、今まで通りに教えて下さい」
「わかったわ。全てはヘアを剃ってからよ」冷たく言い放す秋子だ。

その日、瑞穂は憂鬱だった。
(お父さんにレイプされた上、ヘアを剃るだなんて…)仕事でもミスが目立って「何やっているんだ。もう1月も経ったんだぞ!」中畑の叱責が飛んで「すみません。やり直します」平謝りしている。
それを(ふふふ。面白くなってきたわね)横目で見ている秋子だ。

どうにか勤務を終えると、万が一を考えて病院で診察を受けた。
「諸星さん、お入り下さい!」婦人科を訪れたのは、初めての生理の時だ。
その時は養母と一緒だったが今回は一人きりだ。

「どうなさいましたか?」
「失敗しました。一応洗ってきましたが…」小さな声で言う。
「わかりました、処置しましょう。そこで、下半身を脱いで下さい」瑞穂はスカート、パンティと脱いで下半身を露わにした。

「そこに寝て下さい」ベッドに横になると、足を開いて淫裂を露わにする。
「動かないで下さいね」淫裂の中に冷たい液体が流れていく。
それに、お尻にはステンレス製のパレットが押し当てられている。
(恥ずかしい。性器を触られているなんて…)顔を背けていた。

暫くして「はい、終わりました」濡れた淫裂を看護婦が拭き「ありがとうございました」急いでパンティ、スカートを履いていく。
「薬を出しておきます。万が一に備えてです。ホルモン剤ですから少し副作用がありますよ」

「妊娠は、絶対ないですよね?」
「ありません。受精してもそれを出しちゃうから妊娠はしません。ただし、3日以内ならだけどね」
「3日以内に飲めばいいんですね?」

「そう。それから予防としてピルがあるわ。それを飲んでおいた方がいいかもね。まだ、若いから妊娠に注意するのよ」
「それを、貰えませんか?」
「わかっています。処方箋を書いて置きます」瑞穂は病院を出ると薬局でピルを買い求めた。

家に戻ると薬を飲んが、まだ憂鬱が取れてない。
家事を済ませ、秀樹と一緒に夕食を摂っていくが無言だ。
(お父さんも辛いのね。お母さん、どうしたらいいのよ…)明日の準備を済ますと浴室に入って秋子に言われた事を始めた。

石鹸を泡立てて、絨毛に塗っていく。
「これで剃ればいいのね」カミソリを股間に当てて引いていくと「ジョリ、ジョリ!」絨毛か消え、消された絨毛はビニール袋に詰めていく。

やがて、全ての絨毛が消え去り、ビニール袋に詰め込まれてた。
「性器が丸見えだわ。恥ずかしい」絨毛が消え去ると、ピンクの淫裂が露わになって2枚の肉襞が飛び出ている。
「これで良しと…」剃った絨毛を大事に持って浴室から出た。

だが「瑞穂、何て事を!」「見ないで。恥ずかしいかから見ないで!」秀樹に無毛の淫裂を見られてしまった。
「瑞穂、俺の妻になってくれ!」
「ダメ、私はお父さんの子です!」全裸の瑞穂は腕を押さえられてしまった。

「責任を取らせてくれ。一旦養子は解消してから結婚しよう!」
「ダメ、そんな事をしたらお母さんが喜ばないわ。ダメよ」
「ダメだ、責任を取らせてくれ」
「お父さん、わかったわ。結婚するから手を離して」

「だったら、これから初夜だ。いいだろう?」
「ダメ。いけないわ、だめよ!」全裸の瑞穂は強引に秀樹の部屋に連れ込まれ、ベッドに押し倒されて乳房を揉まれていく。
「母さん、これでいいの?」瑞穂の目の前には、亡くなった母の写真がある。

秀樹は瑞穂の足を強引に広げて、肉竿を押し込んでいく。
(許して、お母さん。お父さんが辛そうだし…)閉じた目からは涙が流れていた。
程なく、淫裂に入り込んだ肉竿がピストンして「あ、あ、あ!」肉竿の動きに合わせて声が出ていく。

「瑞穂!」秀樹は腰を振りながら唇を重ねてきた。
(わかったわ、お父さん…)両手で秀樹の顔を押さえて、唇を合わせると秀樹の精液を膣の中に受け止めた。 

翌日、秀樹は憂さが腫れたかによう、に明るくなっている。
「瑞穂、一緒に行こう!」
「わかったわ。待って!」養父を傷つけまいと気遣い、一緒に家を出ると途中で別れ、会社に入ると秋子が待っていた。

「秋子さん、落とし前を付けました…」
「見せてよ。落とし前を!」瑞穂は自ら剃った絨毛が入ったビニール袋を手渡す。
「あら、これが瑞穂のヘアなんだ、少し色が薄いわね。見て、これが瑞穂のアンダーヘアよ」わざと職場の同僚に見せつけた。

「やめて下さい。そんな事は…」
「いいじゃないのよ。これが瑞穂のオ○ンコに生えていたヘアよ!」
「ほう、これがオ○ンコに生えていたヘアか…」
「イヤねえ、ヘアを剃るなんて」同僚達はビニール袋に入った絨毛を見つめるが「う、う、う!」側では机の上に両腕を乗せ、瑞穂が大声で泣いていた。

しかし、瑞穂への辱めはそれだけで済まなかった。
「ねえ、秋子。ヘアのないオ○ンコって、どんな感じなんだ?」
「わかんないわ。たぶん、貝と同じよ。ヒラヒラが貝殻から飛び出感じかな?」
「見てみたいな、ヘアのないオ○ンコを…」
「私も見てみたいわ。そうだ、あの子のを見ればいいんだ!」皆が瑞穂を向いた。

それには「イヤ、イヤです。絶対にイヤです!」首を左右に振っている。
「落とし前付けたか、どうか確かめさせてよ!」
「2人きりでして。お願い、皆の前はイヤです」
「イヤでもやるのよ。見せなさい!」秋子は瑞穂を立たせ、首を羽交い締めにする。

「美保、今よ。急いで!」
「わかっているわ。ツルツルオ○ンコを私にも見せてね」美保も加わり、スカートのファスナーを引き下げ、ホックも外した。
「あら、色気ないパンティね。もっと大人のを履きなさいよ」スカートが足下に落ちて白いパンティが露わになった。

「イヤ。それ以上やめて!」パンティに手が掛かり、必死に拒む。
「行くわよ、ツルツルオ○ンコのお披露目よ」美保の手が一気に下がり「いやー!」悲鳴と共に、無毛の股間が露わになった。

「ほう、これがパイパンオ○ンコか!」
「見ないで。イヤ、見ないで!」足も開かされ、肉襞も飛び出ていく。
「いいね。こんなオ○ンコとやってみたいな…」
「私は剃らないわ。秀樹さんが望んでもね」秀樹は指で淫裂を触るが「う、う、う!」泣くだけの瑞穂だ。

「秋子も見なさいよ。面白いわよ」美保が瑞穂の首を押さえていく。
「どれどれ、イヤだー。こんなの恥ずかしいわ。膣が丸見えになっている!」
「ここに、入れるんだろう?」
「そうよ、そこに入れるの。それに、広がるの」指で膣を広げていく。

「やめて、いやです、やめて!」しかし、秋子は容赦なく指を入れ「う、うー!」顔を歪めている。
「やりたくなったな…」
「ダメ。やるんだったら私だけよ。他とは絶対ダメだからね」秋子はやっと手を退け、美保も手を離した。

瑞穂は「う、う、う!」嗚咽を上げてパンティを引き上げ、スカートも直していく。
その間に、同僚達は自分の席に戻り、1人浮いた瑞穂は再び机の上で泣き出した。
「いつまで泣いているのよ。それより仕事でしょう?」強い口調で秋子は言いながら指図し「はい、やります…」涙を流しながらも仕事を始めた。

瑞穂は冷静を装って仕事をしていたが、性器を同僚に見られた事でショックを隠せない。
「間違っているわよ。何やっているのよ!」
「すみません。やり直します」謝りながら書き直していく瑞穂だが(かなり効いたわね。秀樹さんに手をだしたらこうなるからね)ニヤリと眺める秋子だ。

「課長、そろそろ新人の歓迎会をやってはどうでしょう?」
「いいね、秋子君。計画を立ててくれよ。どうせなら泊まりがいいな」
「勿論ですよ、1泊2日で計画しますから」秋子はカレンダーを見つめていく。

「ねえ、この日はどうかしら?」
「いいわね、その日に決めましょうよ」
「俺も都合がいいよ」歓迎会なのに、瑞穂を無視して勝手に決めている。
「今度の土日に旅行するから開けといてね」素っ気なく言う秋子だが「わかりました…」そう言うしかない。

会社で辱めを受けて自宅に帰ると、秀樹が先に帰っている。
「お父さん、どうしたのこんなに早く?」
「今日は母さんの命日なんだ。こうして供養しないと。でも、とんでもない事をしてしまったしな…」

「忘れて、お父さん!」
「そうは行かないよ。瑞穂、責任はお父さんが取るからね。母さんもわかってくれるよ」瑞穂を抱きしめる。
「いけないわ、お父さん!」
「今日はお母さんの代わりになってくれ。お願いだ!」

「わかった。今日はお母さんの代わりをすればいいのね?」
「そうだよ、お母さん」抱き付いて唇を吸う。
(お父さんが可愛そうだわ。私が我慢すればいい事だし…)瑞穂も唇を吸い返す。
「お父さん、一緒にお風呂に入ろうよ」
「そうだね、母さんとはよく入ったからな」2人は浴室に向かう。

「瑞穂、私が脱がせるよ」
「恥ずかしいわよ。お父さん」
「でも、いつもこうしていたんだから…」秀樹は瑞穂の服を脱がせて下着姿にした。
「もっと、色っぽいのにした方がいいよ。おとなしすぎるし」

「でも、持っていないの」
「母さんのがあるから着てみたら。合えば着ていいよ」
「わかった、後で調べるわ」下着が脱がされていく。
「瑞穂、ここが綺麗でいいよ」パンティを脱がすと無毛の淫裂を触っていく。

「今はだめ。お父さん、後でしましょう」
「そうだな、体を洗ってからにしないとな」ブラジャーも脱がして、全裸にした。
「今度は私がするわ」瑞穂も秀樹の服を脱がし、全裸になった2人は浴室で体を洗い合っていく。
「こうしていると、新婚時代を思い出すよ」狭い浴槽で2人は肌を寄せ合っている。

その後、バスタオルを巻いて2人は秀樹に部屋に入った。
「瑞穂、綺麗だ。お嫁さんにするからね」バスタオルを解いていく。
「お父さん。今夜はお母さんの代わりをするから、思った通りの事をしていいわよ」
「瑞穂、今日は母さんと呼ばせてくれ!」
「いいわよ、お父さん!」

「母さん!」瑞穂を押し倒し、股間に顔を埋めると「あ、あ、あ!」声を上げていく。
「変になっちゃう。そこはなめないで!」腰を動かすと「感じるかい、母さん?」「凄く感じるの。気持ちいいわ」

「そうみたいだよ。母さんったら、こんなに濡らして」指が膣の中に入っていく。
「お父さん、欲しいわ。早く頂戴!」
「何が欲しいのかな、お母さん?」
「オチンチンよ、お父さんのオチンチンを入れて!」

「お母さんはスケベだね。どれ入れるか」覆い被さって肉竿を押し込むと(痛くないわ。この前は痛かったのに…)肉竿を寸なり受け入れている。
そして、肉竿が動きだし「お父さん、いいわ。何か変な感じだわ…」快感が瑞穂を襲っている。

「母さん。今度は母さんが上だよ」体が入れ替わり瑞穂が秀樹を跨ぐ。
「こうすればいいのね?」腰を振ると、乳房が撫でられる。
その後、四つん這いに変わり「あ、あ、あ!」乳房を前後に揺らせながら肉竿のピストンが始まった。

「母さん、今度こそ大丈夫だよね。出来るよね?」
「きっと大丈夫よ、できるわよ」
「出したよ。母さん!」(熱くなっていく。子宮が熱くなっていく…)
「わかるわ、お父さん」母親の代わりを勤めた瑞穂の淫裂は、精液で濡れていた。


  

 
 
 
 

 
toukou07
 
toukou

 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!mitinohosi
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA