薄幸の星の下に 浴室

【第1話】

「今度、新しく入った諸星瑞穂君だ。みんなよろしく頼んだよ」課長の中畑が6人の部下を相手にして話している。
「諸星瑞穂です。新人ですのでよろしくお願いします」真新しいスーツを着た女性がお辞儀していく。

彼女は今年採用された新人の諸星瑞穂だ。
瑞穂は福祉施設出身で、両親の顔すら知らない。
小さい時に町に捨てられた。
その時、弟も一緒に捨てられたが、その後の行方がわからない。
ただ、近所に住んでいるらしいとの情報が、施設から知らされていた。

瑞穂は8才の時に養子になって秀樹の子となったが、15歳の時に秀樹の妻を亡くし、秀樹と2人暮らしをしている。
高校を卒業すると、秀樹は瑞穂に大学も行くように進めたが、迷惑を考えて就職を選び、この会社に入社した。
このように、瑞穂は暗い過去を持っているが明るく振る舞っており、それは普通の女性と何ら変わりない。

「瑞穂さん。これからは秋子と呼んでね」
「はい。秋子さんですね?」
「そう、秋子でいいわよ」
「僕ともよろしくね」三田も瑞穂に声を掛けてきた。

「勝夫さん、私がこの子の指南役をするから、手をださないでね」
「秋子、そんな事しないよ。僕は秋子を愛しているから」勝夫は秋子の肩を抱いた。
「こら、ここは会社だ。自宅でやってくれ!」上司が怒鳴った。
「すみませんでした。注意します」三田は中畑に謝って、自分の席に戻っていく。

「秋子さん、三田さんといい仲なんですね」
「あら、わかったの。実はそうなのよ」恥ずかしそうに答える。
「羨ましいわ、私もいい人が欲しいな」
「そんな事より、まずは仕事。はい、これを計算して!」秋子は瑞穂に仕事を教えていく。

瑞穂はどうにか初日を終えて自宅に帰った。
瑞穂の家は郊外の一戸建で、秀樹が建てた家だ。
「ただいま帰りました」家に入ると、先に秀樹が帰っていた。

「瑞穂か。どうだった、初めての会社は?」心配そうに声を掛けてくる。
「みんないい人よ、私も溶け込めそう」上着を脱ぎ、エプロンを着ながら言う。
「そうか、それはよかったな」
「お父さん。それより、お腹空いたでしょう。すぐ作るからね」瑞穂は自宅の戻る途中に買った野菜を調理してく。

秀樹はもうすぐ定年を迎える年で、寂しさが顔に刻まれている。
そんな2人だけの食事を済ますと、くつろいでいく。
「お父さん、お風呂沸いたわよ」
「そうか、だったら入るか!」秀樹は着替えを持って浴室に向かう。

その間に瑞穂は明日の朝食の準備をしていく。
「そうだわ、お父さんの背中を流さないと…」瑞穂はエプロンをしたまま、浴室に入っていく。
「お父さん、背中を流すね」
「ああ、頼んだよ」ゴツゴツした背中を、石鹸の付いたタオルで擦っていく。

「久しぶりだな。こんな事は…」
「そうね、久しぶりだわね」背中を擦り洗い終えると、お湯で石鹸を流す。
「はい、今度は前よ」
「いいよ、自分でするから!」

「遠慮しないで。家族だから平気でしょう?」
「そうだな、瑞穂に言われると母さんに言われているみたいだな」秀樹は振り向き、瑞穂と向かい合った。
石鹸の付いたタオルで、首、胸、腕、お腹と擦っていく。

(オチンチンだわ。どうしようかしら?)考えたが、それを掴み擦っていく。
(イヤよ、堅くなってきた。お父さんのオチンチンが膨らんできた!)肉竿を掴んだが暖かい。
「まだ膨らむんだな。何だか自信が沸いたぞ。今度ソープでやってくるか!」

「ダメよ、お母さんを裏切っちゃ。そんなイヤらしいことしないで!」肉竿を急いで洗い、お湯をかけた。
「男はみんなこうだよ。女がいないとダメなんだ!」
「私がお母さん代わりをするから、裏切らないと約束してよ」
「お前は母さんの味方か。わかった、約束するよ」ニコニコしながら言う秀樹だ。

秀樹の体を洗い終えると、瑞穂はリビングでくつろいでいる。
「オチンチンが、あんなに太くなるなんて!」初めて見た肉竿に興奮が治まらない。
「痛いだろうな、あんなのが入ったら…」妄想にふけっていた。

そこへ「瑞穂、上がったよ、いい湯だった」風呂から秀樹が上がってきた。
「あら、上がったの。今夜も飲むの?」
「少しだけだ。ビールがいいな」
「はい、持ってきます」冷蔵庫からビールを持ってきて「私もお風呂に入るね」
「勝手にやっているから、そうしなさい」瑞穂は自分の部屋に戻って着替えを取りだした。

「今度はもっと刺激的なのを付けないと。大人になったんだから」白いパンティとブラジャーしか持っておらず、その中から選ぶと、パジャマの中に丸めて浴室に向かう。
浴室に入ると服を脱ぎ、パンティ、ブラジャーも脱ぎ、乳房と股間が露わになっている。
「オッパイがもっと大きくならないかな?」鏡を見ながら乳房を揉み、乳首も摘んで刺激を与えていく。

その瑞穂の裸身が、曇りガラス越しに秀樹が偶然見てしまった。
(もう、大人の体になっているんだ!)ガラス越しに黒い絨毛が見えている。
(あそこが、オ○ンコなんだな!)まだ現役の肉竿が膨らんでいく。
また、乳房も見え、ピンクの乳首が透けている。
(オッパイも大きい。こんなに育ったんだ)養女の裸身を曇りガラス越しに見ている。

そんな事とは知らず、浴室に入って体の隅々まで洗っていく。
「パシャ、パシャ!」水音が外にいる秀樹にも聞こえている。
(風呂に入っているのか…)秀樹はリビングに戻ってビールを飲みだすと、暫くしてから瑞穂がパジャマ姿で戻って来た。

「お父さん、私にも頂戴!」
「ダメだ。大人になったらいいけど、まだ子供だからな」
「意地悪!」笑顔になっている秀樹だ。

瑞穂は家事を済ますと自分の部屋に入っていく。
「もう、寝ないと…」ベッドに潜り込み、横になったが、秀樹の肉竿が目に浮かぶ。
「あんな太いのは入ったら、きっと裂けちゃうわ」自然と手がズボンを引き下げ、パンティの中に入っていく。

「あっ!」指が絨毛を掻き分けて、淫裂をとらえた。
「ここに入るんだ。あれが…」想像しながら、膣の入り口を撫でていくと「ん!」敏感な突起をとらえた。
「気持ちいい。こうするといいわ…」パンティも引き下げ、股間を露わにすると指で触わり続けた。

翌朝は何事もなかったように、朝食を作り秀樹と一緒に家を出ていく。
会社では「おはようございます」挨拶をしながら秋子の言われるままに仕事をしている。
勤務をしてから1ヶ月程経ち、次第に瑞穂も慣れて気持ちにゆとりが出来てきた。

「どう。今度、飲みに行かない?」秋子がいない隙に三田が声を掛けた。
「秋子さんと一緒ならいいけど、1人ではイヤです」
「何だ、秋子の監視下に置かれているのか!」三田は席に戻っていく。

しかし、三田は諦めることなく、それが数回繰り返され、渋々に仕事が終わってから喫茶店での待ち合わせを承知した。
「待ったかい?」三田は入るなり瑞穂の隣に座り「どう、会社慣れた?」そっと、腰を撫でながら言う。

「はい、大分慣れました…」瑞穂は腰をずらしていく。
「それはよかったね」なおも手が伸びて、スカートの中に入って行く。
(だめ。やめて、お願いだからやめて!)恥ずかしくて声を上げれず、項垂れたままスカートに入った手を押さえている。

「会社で困った事があったら、なんでも言ってくれよ」手が股間を触っていく。
(いや。だめ、そこはだめ!)三田の手がパンティをずらしだし「やめて下さい!」小さな声で言う瑞穂だ。
それでも手が伸びて、淫裂を触りだし(性器を触らないで!)俯いたままの瑞穂だ。

そこに「勝夫さん、何しているのよ!」秋子の声がする。
「何もしてないよ。ちょっと遊んでいただけだよ」言い訳をする三田だ。
(よかった、秋子さんが来てくれて!)ホッとする瑞穂だが、これが、これから起こる悲劇の始まりだった。

「瑞穂。あんた、どうして勝夫さんと、ここに来たの?」
「誘われまして…」
「私と勝夫さんは、いい仲なの知っていたわね?」
「はい、知っていました。でも、断り切れなかったんです…」
「そんな言い訳け通用しないわ。もう子供じゃないのよ!」きつい言葉に泣き出した。

「勝夫さんも勝夫さんよ。こんな小娘を相手にするなんて!」
「つい、誘惑されてね。機嫌直して、秋子!」
「そうか、やはりね。勝夫さんは私だけよね」
「そうだよ、秋子!」白々しく肩を抱きしめていく。
「瑞穂、この落とし前を必ず付けるのよ。やらなかったら承知しないからね」睨みながら言い放ち、秋子は三田と一緒に出ていった。
「落とし前と言っても、私は何も悪い事してないのに…」涙を拭いて自宅に向かう。

家に戻ると秀樹が先に帰っていた。
「あら、もう酔って」リビングで寝ている。「お風呂には入ったんだ!」秀樹はパジャマに着替えていた。
「私も入ろう」瑞穂は着替えを持って浴室に入っていく。

服を脱ぎ、全裸になって体を洗うと「パシャ、パシャ!」水音が家に響いている。
その音で秀樹が目を覚まし「誰だろう、風呂に入っているのは?」秀樹が浴室を覗くと「!」ガラス戸が開いたままで、声を出せない。

中には乳房を揺らせ、淫裂を洗っている瑞穂がいる。
「瑞穂、やりたいよ!」ズボン、パンツを引き下げ、下半身を剥き出しにすると、中に入って行く。
「お、お父さん。何をする気なの?」慌てて、乳房と股間を隠してうずくまった。

「瑞穂、綺麗だ。やらせてくれ!」秀樹はうずくまった瑞穂の腕を掴んで引っ張る。
「やめて。お父さんやめて!」股間を押さえていた手が引かれ、真っ黒な絨毛が露わになっている。
「オ○ンコだ。やらせてくれ!」まだ酔いが醒めてない秀樹の手が淫裂を触っていく。
「ダメ。お父さん酔いを醒まして!」手を退けようとするが、力負けしている。

瑞穂は浴室から連れ出されリビングに連れてこられ「いや、いやー!」ソファーに押し倒された。
乳房を掴まれ、肉竿を押し込まれてくる。
「だめ、だめ!」酔った秀樹の肉竿は元気良く膨らみ、瑞穂の淫裂を貫いて「ヒー!」悲鳴を上げていた。

秀樹は「瑞穂、瑞穂!」乳房を揉みながら腰を密着させ「うー!」激痛が走って悲鳴を上げ、淫裂から鮮血が流れていく。
(レイプされた、お父さんにレイプされた…)一気に力が抜けるが、秀樹は肉竿のピストンをしていく。
「う、う、う!」肉竿が淫裂を突き刺す度に顔を歪め、呻き声を上げている。

そして、クライマックスを迎えた。
「いや、いやー!」瑞穂は膣の中に暖かい液体を感じ「イヤよ、お父さんの子を産むなんて…」筋となって涙が流れていく。
だが「ふー!」射精を終えた秀樹は、また眠ってしまった。

瑞穂は「う、う、う!」淫裂を押さえながら浴室にまた入り「もう戻れない。傷物になってしまった…」涙は止まらず、むしろ増えていく。
お湯で犯された淫裂を洗い、鮮血と精液を洗い出していく。

幾度も幾度もそれを繰り返して、やっと満足したのかバスタオルを体に巻き付け、着替えを持って部屋のベットに潜り込んだ。
「犯された…。お父さんに…」布団を被って明け方まで泣いていた。

瑞穂は一睡もせずに朝を迎え、下着と服を着込んで家事をしていく。
「瑞穂、大変な事をしてしまったな。謝るよ」起きてきた秀樹も目を腫らしている。
「もういいわよ。戻れないし…」
「妊娠は大丈夫か、もし出来たら俺が責任取るよ」

「大丈夫よ。処女喪失の時は妊娠しないんだって!」
「でも、万が一があるだろう?」
「洗ったから大丈夫よ。もう忘れて」泣きたい気持ちを堪えて家事をしている瑞穂だが(もう、お嫁にいけない…。傷物になってしまったし…)うっすら涙を滲ませていた。
  

 
 
 
 

 
toukou07
 
toukou

 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!mitinohosi
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA