ヘンタイ教師2 従順なヘンタイマゾ少女に変貌した唯を失神するまでイキ狂わせる

【第14話】

「よしよし、いい子ね~ たっぷりモミモミしてあげるう」
「はうう~ん! こ、こんな・・・・・・ああ~っっ!!」
「そんなに感じてくれるなんて、嬉しいよ」
 
未央はブラウス越しに、傍目では焦れったく思える程ごく軽く手を動かしているだけなのに、唯はもう感極まったかのごとき歓喜の悲鳴を張り上げ、さらに淫らな「おねだり」まで口にしてしまう。

「お、お願い、もっと強く! それから、チクビも揉んでえっ!」
「あらあら、欲張り屋さんだこと」
「うああ~っっ!! 未央ちゃん、いい、いい、最高よお~っっ!! アン、いく、いくううっっ!!」
「おっぱいだけでイッチャッタね。恥ずかしい子」
「イヤッ! やめないで、もっと、もっとお!」

未央が緩やかな乳房揉みを再開し、唯がウットリとその快感に目を細めたのを見届けた俺は、モジモジしている超ミニスカの美腰の前にしゃがんで手を伸ばした。

「アンッッ!!」
「おい佐々木。ココも痒いんだろ。それからコッチも」
「痒いい! 痒いよ、せんせえっ!」

俺が股間の前後をタッチしてやると、唯は引きつったような悲鳴を洩らした。

「ケツをガンガン振ってみな。痒い痒いマンコとシリノアナが擦れて、気持ち良くなるぞ」
「うああ~っっ!! いい~っっ!!」

すると唯は最早恥も外聞もなくせわしなく尻振りダンスを始め、股縄が疼き上がる前後ホールやクリトリスに擦れてくれる快感に我を忘れて歓喜の絶叫を張り上げると、次々に昇天していった。相変わらずゆっくりと乳房を揉みほぐしている未央が呆れたように言う。

「唯ちゃんって、こんなにエッチだったんだね。ビックリしちゃった」
「だってえ~! こ、こんなの初めて、ま、又イク、いっちゃうううっっっ!!!」
「よし、未央離れろ」

唯が立て続けに極めてしまい、ロリコンで制服好きである俺の劣情をこよなくそそる卑猥なミニスカ尻振りダンスで存分に楽しませてくれた。もう10回近く達したはずで、さすがに初めの頃の激しさは治まったが、それでも唯はガクガクと腰を前後に揺さぶって快感を味わうのが止められないでいる。未央がからかった通り、全く大したエロ娘ぶりだ。そして俺はこの不良娘の骨身にさらなる被虐の歓びを叩き込むべく正面からにじり寄っていくと、刺激がなくなって物足らなくなっているであろう双の乳房をムンズと掴んでやった。

「あ~っっ!! せんせえ、いい~っっ!!」
「おい佐々木。これは問題行動を起こしたお前に対する折檻なんだぞ。喜んでどうする。もう少し痛めつけてやろう」
「ギャーッッ!! 痛いい~っっ!!」

自分でもわけのわからない理屈を口にした俺は、唯の乳房を握り潰すかのように、力一杯ギュウギュウと絞り上げてやったのだ。これでは快感を覚えるわけはなく、ただひたすら激痛が走るだけだろう。ところが。

「も、もう止めてお願い! 痛いのおっっ!! いぐううううっっっ!!!」

唯は乳房を握り潰される苦痛に大粒の涙をボロボロこぼしながら、それまで以上の激しさで昇り詰めてしまったのである。

「このバカっ! 気をやりやがったな。お前にはもっときついお仕置きが必要と見える。おい未央、コイツのケツを思い切りしばいてやれ」
「わかった。唯ちゃん、お尻ペンペンだぞお~」
「コイツは少々痛くても歓んじまうマゾだからな。手加減せずに10発叩いてやれ」

未央も心得て、小柄な彼女にしては渾身の力を振り絞ると、パーン、パーン、と大きな打撃音を響かせながら、ムクムクと蠢く唯の尻をひっぱたいた。すると唯はしゃくり上げるような悲痛な呻き声で、やはり絶頂を告げてしまう。10発尻を叩かれる間に、3回も気をやってしまう有様だ。

「ケツをしばかれてもイクのか。どうしようもねえマゾ女だな、お前は。オラッ! 今度は脚を開いて立つんだ。よし、未央、今度はコイツの淫乱なオマタの間に、10発ケリを入れてやりな」

涙で顔をくしゃくしゃにしながらも従順に脚を開いた唯の股間に、後ろから未央の情け容赦ないキックがドスッ! ドスッ!
と鈍い音を立てて炸裂する。すると尻叩き以上のペースで唯は昇り詰めてしまい、10回ケリを入れられる間にどれだけ恥を晒したのかわからない程だった。俺は乳房から手を離し、もう完全に号泣している唯のあごをしゃくって言い聞かせる。

「わかったか、佐々木。お前はどんなに痛め付けられても気分を出しちまう、とんでもないヘンタイで淫乱などM女だ。わかったら返事しろ!」

すると泣きじゃくりながらコクリと素直にうなずく唯。俺はもうたまらなくなって、この美形の不良娘に痛いくらいの張り切りが治まらない股間の劣情を吐き出してやる事にした。首輪吊りから解放してグッタリと床の上に崩れ落ちた唯の股間から、未央と協力して股縄を調べると、やはり盛大に吐き出したラブジュースにまみれて体に同化したようになっており、引き剥がすのに苦労する程だった。ほとんど仮死状態に見えた唯はしかし、気持ち良い部分に強烈に喰い込んだ刺激コブが外れるのが感じるらしく、アンアンと愛らしく淫らなよがり声を聞かせてくれた。

ーー女ってのは全く欲の深い生き物だよな。あれだけイキ狂いやがったのに、まだし足りないのか

それは俺が未央の母親さつきと別れた頃、年を取るに連れてますますひどくなる彼女の淫乱さに辟易として抱いた気持ちでもあった。今でこそロリコンの俺の劣情をこの上なく煽ってくれる未央や唯だって、将来醜く年を加えながらその淫乱ぶりに拍車が掛かったとしたら、もう俺にはお手上げだろう。だからこそ今は、かわいいこの娘達に俺のありったけの欲情を浴びせてやらねばならない。
 
「よし未央。バックから突いてやれ。俺はコイツの口で一発抜くから」

両手を背中で束縛した唯をうつ伏せにしてケツを上げるポーズを取らせ、俺を興奮させる以外何の役にも立たない超ミニスカの尻から未央が凸凹の擬似ペニスで交わっていくと、淫らな鼻声で浅ましく歓びを叫ぶ唯。俺はその口を異常に興奮して劣情に凝り固まった怒張で塞ぐと、ブラウス越しでたわわに実った胸の膨らみに両手を掛けて、いわゆる3Pに突入した。もう完全に俺達の性の玩具と化したかのごとき唯の体の反応は素晴らしく、俺は情熱的にしゃぶってくれる口の中にあっと言う間に欲情のクリームを吐き出し、唯と未央も仲良く簡単に昇り詰めたようだった。 

それから未央と持ち場を変え、どぎつい刺激刻み入りデザインの避妊具を装着して貫いた俺は、唯のメチャクチャに良く締まる女性器を堪能し、未央もバイブの掛かる双頭ペニスをしゃぶらせて又しても極めてしまう。続いて再度持ち場を交代して、今度は未央のイボイボペニスに尻穴を犯させた。すると唯は、アナルバイブや股縄の結び目で鍛えた甲斐があったか、初めての肛門性交にも難なく順応してしまい、むしろノーマルなセックス以上に燃えてしまうようだった。さらにポジションを交代した俺も、唯のおちょぼ口みたいなかわいらしいアナルがすんなりとデカチンをくわえ込み、生ゴムのような強烈な締め付けを見せると同時に、打てば響くような感度の良さにも驚いた。

「おい佐々木。まんこがケツの方にも出来ちまったみたいだな」

そんなからかいにも唯は反応せず、夢中でチュパチュパと未央の擬似ペニスをしゃぶり上げながら、感極まって何も考えられない様子である。何しろ、しっかり腰を抱え込んで、クシャックシャtッと叩き付けるようにストロークを送り込むと、唯は手もなく気をやって、しまいにはほとんど一突き毎に昇天してしまうのだ。赤黒いギャルメイクの顔があまりの快楽で惚けたように緩み、もはや気の強い不良娘の面影は微塵も感じられない。「イキ地獄」とは正にこの事だ。だが、まだとどめが残っている。俺は唯の尻穴にくさびを打ち込んだようにグサリと貫いたまま、体をひっくり返して仰向けで俺の上に来る体勢に導いた。それから両脚を手でガッと広げてやると、口を犯している未央を呼んだ。

「未央、まんこの方に入れてやれ」
「サンドイッチファックだね。いいなあ、今度未央ちゃんにもやってね」
「バカ言え」

エロ娘未央もさすがにここまでは経験した事のない、前後ホールを同時に犯される過激なプレイだ。唯は何をされるか理解すると、未央の人造ペニスを抜かれた口で恐怖を訴えた。

「イヤッ! こ、壊れちゃう!」
「なあに、壊れやしないさ。気持ち良過ぎて頭がバカにならないように、気を付けろ」
「ほう~ら、入れちゃうぞ~」
「駄目えっ! 許してえ~っっ!!」
「これに懲りたら、二度とお母ちゃんを困らせたりするなよ」
「ぎゃ~っっっ!!!」

未央が超ミニスカをどけて無造作に挿入して行くと、唯はほとんど断末魔のような恐ろしい絶叫を張り上げた。

「俺は動けねえからな。未央、お前の方が動いてズコズコしてやれ」

ーーこれはすげえな。未央のチンポが俺のと当たってるのがわかるぜ

もう一つの穴を玩具で塞いで犯すプレイは日常茶飯事の俺も、サンドイッチファック自体は初めての経験である。未央は苦悶の悲鳴を上げる唯の口をキスで塞ぐと、ゆっくりストロークを始めたのだが、彼女のたくわえた凶器が不良少女の股間の内部で、薄い粘膜越しに俺のモノとぶつかって擦れる生々しい感触がしっかり感じ取れるのだ。動かずじっとしている俺でさえ、妙な気持ちになったのだから、唯はもうこの世のものとは思えない強烈な感覚を味わったに違いない。全身をピーンと海老反りにしてピクピク痙攣させた唯は、程なく完全に白目を剥いて失神してしまったのである。

 

 
toukou

 

 

この作品は、新・SM小説書庫2の管理人、二次元世界の調教師様から
投稿していただきました。 
尚、著作権は、新・SM小説書庫2 二次元世界の調教師様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

 

二次元世界の調教師様が運営されておられる
オリジナル官能小説サイトです。

女子高生を羞恥や快楽で調教するソフトSM小説を掲載しています。
豊富な実写コンテンツに更には、カープ・自作詰将棋・読書感想
柴田淳を始めとする好きな歌手について等々、多彩なサイトです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA