監獄の学園 性教育

【第15話】
 

冬休みが終わると学園もあわただしくなってきた。
「今年も頑張りましょう」始業式では訓辞を行う校長の井上で、それを並んだ教師達が聞いている。
始業式が終わりると、さっそく授業が始まり、洋子も授業をするため教室に向かっていく。
「起立!」「礼!」「着席!」挨拶を済ますと早速授業が始まった。

そして、放課後に校長と生徒会委員が職員室に入ってきた。
「皆さん。生徒会委員から、指導をお願いされました」校長の井上が居並ぶ職員に告げた。
「校長先生、指導ならやってますが?」教頭の遠藤も怪訝な顔をしている。
「普通の指導じゃないんです。性教育なんです」生徒会委員が言うと「性教育?」職員室に驚きの声があがっていく。

「そうなんです。僕たち、寄宿舎に閉じこめられているので、セックスに関しては無知なんです」生徒会委員が恥ずかしそうに言うが(なに言ってるのよ。私をレイプしたくせに!)怒りの顔の女性教師達だ。
「そこで、性教育をお願いすることになりました。これは保健医の伊藤さんを中心に行います」

「わかりました。私が計画を立てて、いいんですね?」
「はい、構いません。皆さん、伊藤先生の決めたことに従って貰えますね?」
「従います」洋子達職員は、後で後悔することになるとも知らずにそう答えた。
「早速計画を立てます。あなたにどれくらい知ってるか確かめさせて」美子は生徒会委員達と職員室からでて行った。

翌日の放課後に、美子は職員室で性教育の計画を説明していくが「いやです、セックスなんかできません!」泣き声で叫ぶ恵理や洋子達女性教師達だ。
「僕だっていたやだよ。あれは見せるもんじゃないよ。それに緊張してると起たないかも知れないし」恥ずかしそうに男子教師も言う。

「だからいいのよ。生徒の前でセックスのやり方を教えるの。それに体位や方法も」
「それって、やりすぎではないでしょうか?」新任の弘子が尋ねると「それくらいしてあげないとだめなの。避妊や体位を知らないし」美子は気にする様子もなくモデルの組み合わせを発表していく。
(僕は桜井先生と本番か。恥ずかしいけど、ただでオ○ンコできるんだから我慢するか…)顔が微笑む男子職員達で(いやよ、なんで3人と教え子の前でセックスしなければいけないのよ)泣きそうな顔になる女性教師達だ。

「いいですか。このような組み合わせで、授業として取り扱います」校長に言われたら逆らえないから黙って頷く洋子達だ。
「私が講師をやり、明日から行います。場所は和室で行いますから、このスケジュールの通りにお願いします」美子が言うと「担任の先生方は早速、明日に説明をお願いしますよ」校長も言う。
「わかりました」こうして打ち合わせが終わったが、最初は洋子の名前が乗っていた。

「理恵さん、私はこんなのやりたくない。売春婦と同じよ」
「私だって、やりたくないわよ」恵理も泣きながら言うと「おや、嫌がってますね。でも、やらないと規則違反で罰則を受けますよ」ニヤニヤしながら相手をする男子教員が話しかけた。 
「セックスがイヤじゃないんです。妊娠が心配なんです」とっさに恵理は嘘を言う。

「それなら心配ないわよ。避妊も指導するし、用具は私が全て用意して置きます」美子も言い(そんな事しなくてもいいのよ。セックスをしたくないだけなのに!)俯く恵理や洋子達だ。
「いいですね、先生方は性器を綺麗に洗って下さいよ、教え子の前で恥を掻かないようにお願いしますよ」そう言い残して美子は職員室から出て行く。
「もう、逃げれないわ。やるしかない…」諦めてる女性教師だ。

そして、恐れていた性教育の時間が来た。
「行きましょう、桜井先生!」
「わかってるわよ」強がる洋子だが、小刻みに体が震えている。
洋子は美子と共に和室に向かうと、教え子達が和室に入って行き(見られながらセックスをするなんて…)震えながら和室の中に入った。

「待ってましたよ、桜井先生!」相手をする男子教師が声を掛け、和室の中を見て驚いた。
「そんな~!」中央に50センチくらいの高さの台が作られ、布団が敷かれてある。
(見える…。膣に入った所を見られる!)顔色が真っ青になっている。
その台を取り囲むように生徒が座り「桜井先生、準備をお願いします」洋子が声を掛けた。

「わかりました…」洋子は震える手で上着のボタンを外しだす。
胸が開いてブラウスが見え、生徒達はそんな様子を眺めている。
(恥ずかしいわ。ヌードは我慢できるけど、性行為を見せるなんて!)震えながら上着、ブラウスと脱いで上半身を露にした。

洋子の乳房が露になり、恥ずかしさで膨らんだ乳首が目立っている。
(洋子さん、かなり恥ずかしそうね)真っ赤な顔の洋子を見つめる美子だ。
その後、洋子はスカートも脱いで全裸を教え子に晒し「いい体つきだな。僕は満足ですよ」相手の男性も全裸になっているが、肉竿が萎縮したままだ。

「始めるます。まず、女性はオチンチンを撫でて、男子はオッパイか、オ○ンコを触るの」
(オ○ンコなんて言わないでよ!)洋子と相手の教師は美子の言った通りにしていく。
(フニャ、フニャだ…)柔らかい肉竿を掴んで撫でだすと、相手も洋子の淫裂を撫でていく。

「その後キスをするの」言われた通りに、お互いの性器を触りながら唇を重ねていく。
教え子は、それをじっと見ていたが、男子生徒の股間が膨らんで「いい、これは授業だからオナニーはしないで。わかったわね?」美子は生徒に釘を刺し、その言葉に頷く生徒達だ。

「ほら、オチンチンが堅くなってきたでしょう。赤ちゃんが欲しくないときはここで、コンドームを着けてね」美子は洋子にコンドームを手渡す。
(こんな事までするの?)洋子は振るえる手で、渡されたコンドームを勃起した肉竿に被せて行く。

「このままだと痛いから、ゼリーを膣の中に塗った方がいいわ」
(恥ずかしいわ。膣に指を入れるなんて!)恥ずかしさを堪え、渡されたゼリーを指に付け淫裂の中に塗っていく。
生徒達はそんな様子を逃すまいと見ている。

「はい、ここから性行為よ。よく見て、最初は正常位です」美子に言われ、洋子が布団に仰向けになると、上に相手が乗った。
(膣に、オチンチンが入っていく…。恥ずかしい…)洋子の淫裂に肉竿の先端が入っている。
「一気に入れると膣が痛いの。ゆっくりと繰り返すの、よく見てなさい!」相手はゆっくりと肉竿を淫裂に出し入れして、そして、ゆっくりと奥へ、奥へと押し込まれていく。

(ダメ、奥に入れないで。入り口だけで、しましょうよ!)洋子がそう思っても、肉竿が根本まで入り込んできた。
「ほら、膣が濡れているでしょう。もう平気よ。これから激しくしてもいいの」
その言葉に肉竿が激しくピストンを始めて「あ、あ、あ~!」堪えきれず、喘ぎ声を上げた。

「オッパイを吸いながらする方法と、キスをしたままの方法があるけど、任せましょうね」美子が言い終わらない内に乳房が吸われた。
(ダメよ。感じていくから、やめて下さい!)自然と洋子の体が反っていく。
「ほら、背中が浮いてきたでしょう。気持ちよくなるとこうなるの。桜井先生は気持ちいいのよ」美子は生徒に解説しているが「クシュ、クシュ!」淫裂から音が出始めた。

「次は女性が上になる騎乗位よ。はい、やって!」洋子は結合したまま、相手に抱き起こされ、馬乗りになった。
「これでは、男性はオッパイを触るの。やさしくよ。特に乳首はやさしくよ」洋子の乳房が両手で撫でられていく。
(感じている…。見られているのに…)恥ずかしさを堪え、洋子は腰を上下に振っていく。

「これは、向かい合う方法と、背中を向き、オ○ンコを相手に見せる方法があるの。男性の好みで選んでいいの」
(いや、オ○ンコなんていわないで!)洋子はそれでも腰を振っているが、淫汁が流れだし、相手の太股を濡らしている。
「ほら、見て。これが愛液です。女性が気持ちいい時にオ○ンコから流す汁です。おシッコじゃないからね」その言葉に生徒達が頷く。
(言わないで。そんな事言わなくていいわ…)乳首も摘まれ、体が後ろに反って乳房が変形している。

「洋子さん、我慢して。これは授業なんですからね」美子は意地悪そうに言うが(だめ、我慢できない。行きたいのよ)自然と喘ぎ声を上げるている。
そんな洋子に「はい、今度は四つん這いよ、バックからする後背位です」不満を感じながら、四つん這いになり、腰を押さえられ肉竿で突かれていく。

「あ、あ、あ~!」喘ぎ声を上げながら首を左右に振っていくと「これは一番深い結合なの。女性の子宮の奥まで突き刺すから、赤ちゃんができたら、絶対にしちゃダメよ!」美子が話している間にもピストンが繰り返されていく。
「ピシャ、ピシャ!」お尻と股間のぶつかる音が部屋の中に響き渡り(だめ、きついわ、子宮の中がきつい!)洋子の垂れ下がった乳房が前後に動いている。

その後、洋子はいろいろな体位でセックスをさせられて「これが最後。よく見ておきなさい。赤ちゃんができたらする体位です」洋子は横向きになり、相手の胸が背中にくっついている。
「これだと、結合が浅いけど、オチンチンに感じる体位です。男性はオッパイを掴んで揉みながらします」洋子の乳房が掴まれ揉まれていく。

「これが最後だから、2人とも行ってもいいわよ」その言葉を待っていたかのように、肉竿の動きが速まって「あ、あ、あー!」悶え声をあげながら洋子の体が反っていく。
(摘んで、乳首を摘まんで!)その願いが通じたのか、ピストンされながら乳首が摘まれて指で転がすようにされていく。

(もう限界だわ…)「いく、いくわ、いくわ!」「僕も限界だよ、だすからね!」2人は絶頂を迎え、ピタリと動きが止まった。
「これが射精よ。コンドームを着けているからいいけど、もし着けてなかったら赤ちゃんが産まれるのよ」美子の言葉に頷く生徒達だが、2人は「ハア、ハア!」と荒い呼吸をしたまま動かない。

「この後の手入れが肝心なの。特に女性はね」美子は洋子に指示を出し、洋子は淫裂に入った肉竿を抜きながら体を起こしていく。
「見てみなさい。これが精液よ」コンドームの先端には、白い液体がタップリ入っている。
それを洋子は剥がしていくが、萎縮した肉竿にも白い精液が付いている。

「手入れをするのも女性のエチケットです。タオルで拭く方法もあるけど、口でしてみます。俗に言うフェラチオです」それには、生徒の間でどよめきが上がり(したくないわよ。フェラなんて!)躊躇する洋子だ。

「これは授業です。協力して下さい!」
「わかりました…」洋子は目を閉じて、萎縮した肉竿を舌でなめだした。
(苦いわ、精液が!)我慢して、精液で汚れた肉竿をなめていくと、綺麗になっていき、精液は舌で拭き取られた。

「皆さん、どうでしたか。よく理解できましたか?」
「はい、わかりました。でも、女性のオ○ンコの中を解説して下さい」男子生徒が言うと女生徒は真っ赤な顔になって俯いている。
「そうね、性器の中を知っておいた方がいいわね。洋子さん、起きて!」美子に言われて、洋子は立ち上がった。

「洋子さん、性器を広げて見せないと…」
「恥ずかしいわ。中を見せるなんて!」
「言ったでしょう、授業だって!」美子に言われ渋々足を開き、両手で淫裂を広げていく。

「これがクリトリスよ。女性の一番敏感な部分なの。男性がなめる時はこうしてね」美子はピンクの突起を指で掴み捲っていく。
「ほら、剥けたでしょう。オチンチンと一緒よ。これをなめるのをクンニと言うの」指で撫でていく美子だが(ダメ、美子さん!)腰を動かしながら耐える洋子だ。

それでも「ここが尿道よ。おシッコはここからでるの」指が今度は尿道を掴み「ひー!」顔を歪め耐える洋子は(やめて下さい、こんな辱め…)体が小刻みに振るえている。
「その、ぽっかり空いたとこに、オチンチンが入ったんですよね?」
「そうよ。ここが膣よ。俗に言うオ○ンコ。ここから赤ちゃんが産まれるの」

「でも、小さいよ。赤ちゃんの頭って、10センチもあるよね?」不思議そうな男子生徒だ。
「いい質問ね。オ○ンコはゴムように伸びるの。だから平気なのよ。でも、限度があってここが裂けて生まれるの。それが陣痛よ」指で膣を広げる美子だが「恥ずかしいから、もう許して下さい」我慢の限界で洋子は泣き声になっている。

「そうね、もうお終いにするわ」その言葉で「洋子先生、性教育のモデルをしていただきありがとうございました」一斉に生徒達は礼を言い、それと同時にチャイムが鳴った。
「はい、教室に戻って下さい」美子の言葉で生徒達が教室に向かい、3人が残された。

「桜井先生、楽しかったでしょう?」
「楽しく何かないわ、恥ずかしかったわよ。セックスを見られたのよ!」泣き声になっている洋子だ。
「僕は楽しかったです。桜井先生とセックスができたんですから」相手の教師は笑顔で脱いだ制服を着込んでいく。
「そうよね。ただでセックスが楽しめたんだからね」その言葉に、洋子は唇を噛み締めて、ブラウスを着込んでいく。

制服姿になると、洋子は職員室に戻ったが「どうだったの、洋子さん?」次の授業が性教育の弘子が尋ねた。
「恥ずかしいわ。セックスを見られながらするなんて、耐えられない!」泣きそうな顔で言うと「でも、気持ちよさそうだったわよ。洋子さんの顔が!」美子は意地悪く言う。
「そんなことありません。感じませんでした!」恥ずかしさに、洋子の顔が赤らんでいく。

「ま、いいか。次は弘子先生、お願いしますよ」
「は、はい!」怯えながら返事をする。
そして、チャイムが鳴り、弘子は美子と一緒に職員室から和室に向かった。
和室の中には生徒が並び、弘子が現れるのを待っていた。

(何で、セックスを見せないといけないのよ!)体を振るわせて制服を脱いでいくと「可愛いオッパイだわ。私と同じくらいかな」女生徒が冷やかす。
「まじめに見なさい。これは授業なんだからね!」美子は釘を刺し、弘子は洋子がされたのと同じ事をされている。

「これが、騎乗位なの。女性が男性に求める体位よ」美子の説明に泣き顔で腰を振り、淫裂深く肉竿を吸い込んでいた。
(いや。こんなの、いやよ!)叫びたいが、どうすることもできず、乳房を掴まれながら腰を振っている。
弘子も恥ずかしさに耐えながら、教え子の前で性行為を晒した。
女性教師達はこうして、1週間、毎日1回、教え子の前で性教育のモデルをした。

 
 
 
 

 
toukou07
 
toukou

 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!mitinohosi
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA