クロス・ラヴ(第2節) エッチな椅子

 

【第2話】

球「ありさたち今頃どうしてるかな~?」
浩一「うん、そうだな。おそらく激しくもつれ合ってるんじゃないかな?」
球「にゃっ、いやらし~」
浩一「どうして?いやらしいの?」
球「だって『もつれ合ってる』なんて言うんだもん~」
浩一「じゃあ、どう言えばいいんだ?」
球「『愛し合ってる』とか『いちゃついてる』とか・・・」
浩一「ぷっ!ヤツらそんな生易しいものじゃないよ、きっと」

球たちが想像したとおり、ありさと俊介はちょうどその頃浴室で第1ラウンドを開始していた。
球と浩一はありさたちとは違ってゲームを愉しんでいた。
とはいっても単なるゲームではなくてある賭けをしていた。
球が勝てば浩一が球にあるエッチな奉仕をしなければならない。
反対にもし浩一が勝てば、球が浩一の腰を10分揉まなければならない。
結果は球の快勝だった。

球「にゃっ、何を注文しようかな~?」
浩一「あんまり無理なことを言うなよ」
球「そんなの~、ダメダメ~!だってわたしが勝ったんだもの~」
浩一「仕方ないなあ、何でも言ってくれ」
球「ふふ、浩一ったら開き直ったのかな?あっ、いけない、風呂のお湯が溢れているかも知れないので、ちょっと見てくるね」
浩一「あ、忘れてた。すまないね」
球「ルンルンルン~♪」

球が浴室に入ると湯はすでに溢れそうになっていた。
球は慌てて湯を止めた。
その時なにげに浴室に置かれていた椅子が目に入った。

球「にゃっ?何、この椅子??」

球は椅子が奇妙な形をしているのに気付いた。
大きさはふつうと変わらないのだが、座る部分が7センチほど縦に開口していた。

球「?」

球は首をかしげた。

球「ふぅん?この椅子どうして座る場所が開いているんだろう?もしかしたら・・・」

球はすぐに部屋に戻り浩一に椅子のことを告げた。
既に浩一は脱ぎ始めておりTシャツとトランクス姿になっていた。
浩一は球の話でその椅子が何に使うものか分かったようで、ニヤニヤとしながら球とともに浴室へ向かった。

そして椅子を見てこっくりと肯いた。

浩一「やっぱり」

浩一は相変らずにやついている。

球「ねえ、浩一、この椅子って何に使うものなのよ」
浩一「分からないか?」
球「分からないよ」
浩一「これはだな、え~、巷では『スケベ椅子』と申しまして、大変ありがたいものでございま~す」
球「ふざけないでちゃんと説明してよ」
浩一「いや、冗談じゃなくてマジで『スケベ椅子』って言うんだよ。これはね、座ったままでアソコやお尻を洗うためにあるんだよ」
球「へ~、そうなんだ。ワクワク♪」

 
toukou02
 
toukou
 
 
この作品は、愛と官能の美学 Shyrock様から投稿していただきました。
尚、著作権は、愛と官能の美学 Shyrock様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
ラヴラヴから凌辱ものまで多ジャンル官能小説取り揃え
体験談・投稿体験談・夜学問・官能詩
エロエッセイ・その他カテゴリー多数
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA