監獄の学園 ヌードモデル

【第8話】
 

トップアイドルに選ばれた洋子は、早速、翌日から生まれたままの姿にスカーフという服装で登校しなければならなかった。
「こんな、素っ裸だなんて!」鏡に写る自分の姿に落胆しながら、カミソリで股間と脇の下の体毛を剃っていくと、股間は綺麗に剃り上げられて、脇の下も体毛のかけらも見えない。

「行くしかない…」生まれたままの姿にスカーフを付けて部屋から出ると「おはよう、洋子さん!」里美がからかうように股間の撫でる。
「おはようございます」返事をすると「お似合いよ、洋子」恵理も現れ、お尻も撫でられる。

洋子は同僚に体を撫でられてから登校すると、校舎に入ると職員室に向かうが、生徒会委員に呼ばれ「さっそくですが、授業前にガス抜きをお願いします」言われる。
「ガス抜きって?」
「先生、男っていうのはオチンチンに精液がたまるんですよ。それを抜かないと体に良くないんです」

「セックスしろというの、私に?」怯える洋子に「やだな、セックスなんて。先生のヌードを見ながら抜くだけですよ。精液を!」
「それって、もしかしたらオナニーなの?」
「そうです。マスターベーションともいいますが…」

「いやよ、オナペットなんて。ヌードは見るだけにしてよ!」
「そうはいかないんですよ、規則ですから。とりあえず、今日は3年1組からです」
(オナペットなんていやらしい。それに、不潔よ!)嫌がる洋子だが、規則と言われれば逆らず、生徒会委員の後を追うように、乳房を揺らせながら廊下を歩いていく。

「ここです」洋子が教室に入ると「トップアイドルのお出ましだ!」教室の中に歓声が上がった。
「先生はここに座って下さい」教壇の教卓が退けられイスが用意された。
洋子はそれに座り、股間を両手で押さえると「先生、後ろに倒れますよ!」イスが倒れて洋子の下腹部が突き出されていく。

「先生。手を退けて、足を広げてください」
嫌だが(私は教師よ。ストリッパーじゃないわよ)恥ずかしそうに足を開いていく。
「準備の出来た方から抜いて下さい!」それを待っていたかのように、ズボンを下げる男子生徒達だ。
「いや、そんなの見たくない。しまって!」叫んでも教え子は、大きく膨らんだ肉竿を一斉に擦りだした。
(私のヌードを見ながらオナニーしてる!)生徒に肉竿をよく見ると(いろいろの形があるんだ。先端が大きいのや、ずんぐりもある!)顔を赤らめながら見ている。

「先生。私も抜きますから、先生も抜いて下さい!」女性徒もスカート捲って無毛の淫裂を撫でだした。
「そんな~!」唖然とする洋子に「先生も抜いて下さい。そうすれば楽になりますから」
「それも規則なの?」
「まあ、そんなところですかね」
「わかったわ。やればいいのね」洋子は両手の指で淫裂を撫でだした。

(あの、オチンチンが一番太くて、長そうだ…)教え子の肉竿を見ながら指で膣の中を掻いていくと「ハア、ハア!」呼吸が次第に荒く早くなっていく。
(気持ちいいわ。オチンチンでされても、こんな感じなのかしら?)指の動きを速めていくと「いく、いくー!」男子生徒達が次々と我慢できずに放出を始めた。

(白い精液が吹き出している!)放出の終えた肉竿を押さえた手からは、白い液体が漏れている。
「先生。いく、いく!」女性徒も登りつめた。
(終わったわ、これで終わりだ…)

全員が満足したのか「先生、ありがとうございました」洋子は生徒達に礼を言われ、職員室に戻ると朝礼が始まろうとしていた。
「桜井先生、トップアイドルの感想はいかがですか?」校長の井上が乳房と淫裂を見つめながら尋ねた。
「いいわけありません。こんなフルヌードで人前に出るなんて」泣き出しそうな声で応えていく。

「でも、桜井先生のオッパイと性器は絶品です。ぜひ、お相手したいです」いやらしい顔で言う井上に(不潔だわ。セックスのことしか考えてない何なんて。私の気持ちもわかってよ!)黙ったままだ。
朝礼は5分ほどで終わっり、授業に備えていくと、授業開始のチャイムが鳴り、洋子も全裸姿で出席簿と教科書を持って教室に向かう。

教室に入ると「起立、礼、着席!」生徒との挨拶が行われ授業が始まった。
生徒達は全裸姿の洋子に一瞬驚きの顔だが、洋子は顔を赤らめていつものように教科書を読んでいく。
しかし、生徒達は揺れ動く乳房とピンクの淫裂が気になっている。

(見られている。オッパイと性器を!)生徒達の視線が、いやと言うほどわかっている。
(性器のヒラヒラが大きいわ。私のもあんなに大きくなるのかしら?)(あそこに、俺のチンポが入るんだ!)大人の性器を初めて見たのか、ジーッと声も出さず見つめている。
(そんなに見ないでよ!)洋子は恥ずかしさに(性器を隠した方がいいかも…)股間を空いた手で、何気なく隠していく。

しかし、黒板に字を書く時はどうすることもできない。
(性器の中まで見られてしまうかも…)尻を生徒に向け、前屈みの姿で黒板と向き合っていく。
手が動く度に、洋子の大きな乳房が揺れ動き、太股から覗く割れ目が、生徒の目に入り込んでいく。
(性器が見られているわ。きっと、はみ出しているヒラヒラも見られているはず…)洋子の顔がスカーフと同じく赤くなっている。

(お尻の穴は、ああなってるんだ!)(あれがクリトリスか!)男子生徒は股間を膨らませて授業を受け(いやだわ、オチンチンを膨らませるなんて。私はオナペットじゃないのよ)見ない振りをして授業を続けていく。
それは教師としての責任からで、生徒達も時間が経つに連れ、洋子の全裸姿に慣れたのか、乳房や淫裂にも目をくれず授業を受けていた。

(よかった。オチンチンも収まったみたいだし…)洋子はどうにか、初めてのフルヌード授業を終えると、職員室に戻っていく。
乳房と尻を揺らせながら廊下を歩いていると、生徒会委員からまた声が掛けられた。
「先生、モデルをお願いします。放課後に伺いますから」

「モデルって?」
「詳しいことは放課後に説明します」そう言い残して廊下を走っていく。
「何のモデルかしら?」洋子は思いめぐらせながら職員室に戻った。

「洋子、ヌードの感想はどうかしら?」
「里美さん、もう死にたいくらい恥ずかしかった。教員を辞めてしまいたい…」
「それは無理よ。あなたは契約したでしょう、もし辞めれば契約違反であなたのヌード姿が雑誌を賑わすわよ」
「そんな事いやです!」泣き声になっている。

「でしょう。だから、我慢しなさい。今夜、ゆっくり話し相手になってあげるから」里美は洋子の淫裂を指で撫でながら意味ありげに言う。
「わかりました。我慢します、ヌード写真を乗せられるよりは、この方がましですから」洋子はその後も全裸姿で授業を行うが、生徒達は乳房と淫裂に驚き眺めていたが、平気で授業を行っている。

そして、放課後になった。
「先生、早速ですがモデルをお願いします」廊下で声を掛けた生徒会委員が、職員室にいる洋子を迎えにきた。
「何のモデルなの?」
「行けばわかります」洋子が尋ねてもそれしか言わず、不安だが乳房を揺らせながら生徒会委員の後を付いていく。

廊下を歩き、小さなドアの前で止まり「ここです、入って下さい」生徒会委員はドアを開けた。
洋子がドアから中に入ると、カメラを持った生徒が大勢いる。
「ヌードモデルなの?」
「はい、そうです。なっていったって、トップアイドルですから」

「写真はいやです。後で脅されるかも知れないし…」
「それは平気です。この学園内だけですから」
「でも、困ります」洋子は乳房と淫裂を手で隠し、泣きそうな顔になった。
「秘密は守るわよ。ただし、外へ漏れない秘密だけど。でも学園内はオープンですよ」紀子が現れた。

「紀子さん、どうしてここに?」
「私は写真部の顧問なの。なって下さるわよね、モデルに?」
「でも、恥ずかしいわ。ヌード写真なんて…」
「だったら、私と一緒に、ヌード写真を撮りましょうか?」
「先生も、ヌードになってくれるんだ。ぜひお願いします!」紀子もヌードになると聞いて喜ぶ部員だ。

「それなら、撮って貰う!」紀子は着ていた白衣を脱ぐが、下は制服を着ている。
制服の上着を脱ぐと、洋子が着ていたブラウスと同じで、胸の部分がくり抜かれていて乳房が飛び出している。
(紀子先生も、オッパイを出していたんだ!)洋子は紀子の乳房を見つめている。

(嬉しいわ。子が私のオッパイを見るなんて。もっと見てね)紀子はブラウスのボタンを外し、乳房を揺らせながら脱いでいくと上半身を隠すのがなくなった。
「紀子先生のオッパイも綺麗ですね」
「あら、それってお世辞なの?」スカートに手を掛けて部員に言う。
「顧問にお世辞言っても仕方ないでしょう。ホントに綺麗なんですよ」

「あら、ありがとう!」紀子はファスナーを下げてスカートを脱いだ。
「恥ずかしいけど、私のオ○ンコは少し黒ずんでるの。笑わないでよ」
「先生、オ○ンコって知ってるんだ!」
「知ってるわよ。女性の性器と、セックスの事をオ○ンコと言うんでしょう?」
「そうなんです。でも、よく言えますね、オ○ンコなんて!」
「部員の前でだけよ。他では絶対に言わないわ。オ○ンコなんて卑猥な言葉は!」聞いていた洋子の方が恥ずかしくなっている。

「これでいいかしら?」全裸になった紀子は洋子の正面から乳房を掴み、持ち上げていく。
「いいですよ、そのポーズ!」
(洋子のオッパイが楽しめるんだから、ヌードなんか平気よ)笑顔の紀子だが(恥ずかしい。生徒が見ているのよ、紀子さん!)乳房を触られている洋子は、顔が真っ赤になっている。

(ふふふ、うぶね洋子は!)紀子は大胆にも、乳房を揉んでいくと、それに合わせて閃光が瞬いた。
「洋子先生も紀子先生のオッパイを掴んで下さい!」部員が指示した。
(そうよ、それでいいのよ。つぎはオッパイを揉ませるのよ)紀子の狙い通り、部員が指示したので満足だ。

洋子が紀子の乳房を掴むと、閃光が瞬いていく。
「はい、オッパイを揉んで!」
(恥ずかしいわ。これじゃ、レズよ)こわばった顔で紀子の乳房を揉み出す洋子だが(そうよ。洋子、次は乳首を摘むのよ)対照的に笑顔の紀子だ。

「紀子先生。洋子先生のオッパイを吸って下さい!」
「こうね」紀子は洋子の乳房を揉みながら乳首を吸いだし「ダメ、そこはだめー!」喘ぎ声を上げながら、洋子が崩れていく。
(ふふふ。公認のレズだから楽しいわ)紀子も乳首を吸ったままマットの上に崩れていく。

それには「すごいな、これってレズだよな?」「そうだ。レズだよ、初めて見る!」カメラを持った写真部員の肉竿が膨らみ、ズボンの下から持ち上げていた。
(あら、オチンチンが膨らんでいる。可愛いわね、もっと膨らませてあげる)紀子は仰向けに寝ている洋子の太股を開かせ、指で淫裂を撫でだした。

「だめよ、教え子が見ているわ。だめよ、いけないわ!」淫裂を撫でている手を押さえた。
「せっかくだから、見せてせてあげましょうよ。いやなら、私のをしてくれる?」
「そうさせて。しているほうがいいし…」洋子は体を起こし、紀子の淫裂を指で撫でだした。

「すげえ。オ○ンコに指が入っていく!」「でちゃったよ!」慌てて股間を押さえる生徒がいる。
(ふふふ、お漏らししたのね。可愛いわ。私もお漏らししたいわ)紀子は膣の中が潤っていくのを感じた。
(思い切って、やってみるか!)紀子は体を起こし、洋子を抱きしめて押し倒した。

「の、紀子さん!」不安な顔の洋子に唇を重ねると「う、うー!」(ダメよ、教え子の前よ。辞めましょうよ!)逃げようとするが、舌を押し込まれた。
(仕方ないわ。やるしかない…)洋子も舌を絡ませていく。
洋子と紀子の乳房が重なって潰し合い「いいですね、それも!」閃光が瞬いた。

「洋子、いいでしょう?」
「いいわ。もう、どうなってもいい!」紀子は顔を紀子の股間に埋め、舌で淫裂を撫でだし「あ、あん、あん!」腰を動かす洋子だ。
「レズだ、本物のレズだ!」生徒達は股間を濡らしていた。

(いやよ、射精したなんて。オナペットじゃないのよ、もう出さないで!)しかし、洋子も紀子の舌で悶え声をあげて「あ、あん、あん!」腰を浮かせ、淫裂から淫汁を流している。
教え子の前にも関わらず、洋子の悶え声が写真部部室に響いていた。

 
 
 
 

 
toukou07
 
toukou

 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!mitinohosi
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA