監獄の学園 余興

【第6話】
 

洋子の歓迎会は、時間の経過と共に酔いが回り、にぎやかになってきた。
「理事長。もう、熱くて我慢できません、脱いでいいでしょうか?」
「脱いでいいよ、星野君。なんなら、俺が脱がせてあげようか?」
「申しわけありませんね、手伝って下さい」酔った里美は性器を晒しながら古川に寄りかかった。

「ほら、こんなに酔って!」古川はニヤニヤしながら上着の里美の上着のボタンを外していく。
「ほう、星野君は綺麗なオッパイを持ってるんだね」乳房がくり抜かれた穴から飛び出している。
里美は上着が脱がされ、全裸になると古川の太股に頭を付けて仰向けになっている。

「理事長。そんなことされら感じちゃういます」里美は古川に両乳房を揉まれていく。
「感じたら、やらせてくれるか?」
「冗談はいやですよ。理事長は新任の桜井先生のオッパイが目当てでしょう?」
「そうだよ、よくわかるね」
「だって、理事長ったら、洋子のオ○ンコとオッパイしか見てないんだもん!」笑い声が上がっている。

だが(いや、そんなに見ないで!)顔を伏せたままの洋子に「いらっしゃい、洋子。理事長がお話があるんだって!」
(いやよ、行きたくない!)洋子はいやだが、先輩に逆らったら仕返しが恐いから、仕方なく、里美の側に座った。
「洋子、両手でオッパイを持ち上げなさい」

「こうですね?」洋子は仕方なく乳房の下に手を入れて持ち上げた。
「理事長、やりたいんでしょう。やったらどう?」里美はニヤニヤしている。
「すまないね、桜井君」
「さわらないで、理事長!」洋子の両乳房が古川に掴まれた。

「理事長、楽しいでしょう?」酔った里美は洋子の股間を触りだす。
「里美さん、やめて下さい!」叫ぶ洋子に「いいじゃない、やらせてあげなさいよ!」理恵も田村に上着が脱がされて乳房が露になっている。

「そんなの、いやー!」洋子は仰向けに寝かされ、両乳房を古川が掴んで乳首を吸い、淫裂を里美の舌がなめていく。
「だめです。変になっちゃうからやめて!」(膣と乳首を吸われて感じていく…。声がでたら笑われちゃう…)耐える洋子だ。

「里美さん。ずるいわよ、洋子を独り占めなんて!」
「あら、あんたもしたいの、洋子と?」
「勿論よ。順番で洋子としましょうよ」
「そうね。理事長、よろしいでしょうか?」
「よし。女は、みんな素っ裸になって楽しませるんだ!」
古川の言葉で、女性教師の皆が上着を脱ぎ、全裸になっていく。

「可愛いオッパイですね」
「ダメよ。優しく触ってくれないと。乱暴は嫌いなの」
「だったら、こうですか?」「そ、そうよ、そこを吸って!」乳房を揉まれながら乳首を吸われ「い、いいわ、いいわ」悶え声を上げている。

そんな中で、保健医の美子は古川に抱きついた。
「理事長、私を見てくれないの?」
「見てるよ。ちゃんと」
「信じられない。あんなに可愛いと言ってたくせに」
「本当だよ、伊藤君」古川は美子の乳房を撫でている。

「ねえ、理事長。本当に可愛いと思ってるなら、ここでしましょうよ、エッチを!」
「いいのかい。皆に見られるぞ?」
「私は構わないわよ。避妊薬を飲んでいるから、お腹で理事長のエキスを受け止めてもいいわよ」
「わかった。エッチを楽しもう!」

古川はズボンを下げたが「理事長、元気がありませんわ、勢いを付けないと」パンツを脱いで露になった肉竿を美子が手で擦りだした。
「ほら、元気になっていく」
「さすがだ。保健医はエッチも鍛えられてるんだね」
「当然です。理事長、最初は私がします」

「ああ、頼むよ」古川は皆が見守る中で仰向けになり、肉竿を突き立てている。
「行きますよ!」酔った美子はその肉竿を手で自分の淫裂に導き、腰を下げていく。
「うー!」肉竿が美子の淫裂に吸い込まれて(入ったわ、根本まで!)美子はゆっくりと腰の上下運動を始めた。
(凄い、あれがセックスなの?)初めて見る大人の行為を見守る洋子で、男子教師も見守っている。

「あ、あ、あー!」喘ぎ声を上げながら美子は腰を激しく動かし「クシュ、クシュ!」卑猥な音が淫裂から出ている。
「いいよ、美子!」古川は乳房を揉みながら、気持ちよさそうな顔をしていると、古川が登りつめ「うー!」古川の肉竿が爆発した。

「理事長、楽しかったですか?」
「最高によかったよ」美子は淫裂に肉竿を入れたまま体を倒し、胸と胸を重ねていく。
「理事長。私、お給料が足りなくて困るんです。あと3万上げて貰えません?」古川の顔を両手で撫でながら甘える美子だ。

「わかった、上げてやる。しかし、校長と教頭も同意せんとな…」
「そうですわね。これから楽しい事をしてきます」淫裂から古川の精液を垂らしながら、美子は校長の井上の肉竿を淫裂で吸い込み、腰を振っていく。
すると、井上も美子の淫裂に噴射し、その後、教頭も噴射していく。

その一方で、洋子は里美に体の隅々まで撫でられている。
それは男子教師も見ており「すごいぞ。オ○ンコが綺麗でいいね」「チンポコが堅くなっているよ」皆が股間を膨らませている。
楽しんでいるの美里だけではなく、恵理や紀子も男の前で乳房を揉み合い、淫裂をなめ合っている。

それを見せられては、男が黙っているわけがなかった。
「やらせて下さい。溜まってるんです!」
「いやよ。男はいやなのよ!」甲高い声が響いていく。

「みっともないわ、飢えた雄犬みたいにして。したかったらしてあげるわ、いらしゃい!」保健医の美子が四つん這いになって、尻を男子教員に向けたが、淫裂からは白い精液が流れている。
(中に出してもいいんだ。だったらオ○ンコしてやる!)美子の淫裂に肉竿が突き刺さり「いいわよ、もっと、突いて!」喘ぎ声を上げだした。

それと同時に「里美君、なんかやってくれないか。新任の桜井先生には、あれをやらせたまえ!」
「はい、理事長!」里美は美子のセックスを見ている洋子に「いい。あなたが一人で行くの」
「行くって?」
「お、な、に、ー!」
「そんな、人前でオナニーなんかできない!」酔った洋子だが、まだ意識だけはしっかりしていた。

「いやなの。だったら、理事長のおちょこになる?」
「また、性器にお酒をいれるんですか?」
「いいえ。酒も入れるけど理事長の指が入るの。アソコもきっと、前より触られるわよ」
「お、オナニーします!」

それを確認した里美が「皆様、これから新任の桜井先生のショーを始めます」と言い出す。
「いいぞ、やってくれ!」男性の目が洋子に集中し、無毛の恥丘に集中している。
「それでは、やります…」洋子は腰を下ろして、足を開いていく。
(見られている…。膣の中を…)洋子の淫裂が口を開いて尿道までもが見えている。

洋子は皆が見守る中、指で肉襞の先端にある突起を指で包皮を捲った。
「クリトリスが綺麗だ!」興奮する声を聞きながら、赤い顔の洋子は、もう片手で半透明の真珠を撫でていく。
「洋子、手伝って上げるわ」背後から無防備な乳房を里美が掴んで揉んでいく。

「だめ、感じてしまう。だめよ!」乳房を揉まれて声が上擦っている。
「私にもさせて!」恵理も加わり、里美の掴んでいる乳首を吸いだす。
洋子は2人に乳房を掴まれ、淫裂の中が熱くなり(だめよ。オッパイが気持ちいい。声がでちゃう…)洋子は膣を自分の指で触りながら、乳房に心地よい刺激が与えられて「あ、あー!」溜息が上がり、淫裂からは淫汁が流れていく。

「桜井君、もういっぱい、お酌をさせてもらうよ」古川は洋子の淫裂を広げて、膣の中に酒を注いでいく。
「あ 、熱いです。膣の中が熱くなってきました!」アルコールと熱燗のせいで腰を振っている。
「桜井君、いいね。オ○ンコが開いたり、閉じたりしている!」洋子の膣の肉襞がピクピクと動き、膣が閉じたり開いたりしている。

古川は淫裂に口を付けて、流れ出る酒を飲み、洋子は「はあ、はあ!」息を荒立てながら、淫裂から酒を出していく。
古川は酒がなくなると、クリトリスを舌でなめだし「だめ、そこはだめです!」敏感な所をなめられて腰が動いていく。

「理事長、私にもお酌をさせて下さい」恵理が淫裂を古川に差し出した。
「田端君か。君のオ○ンコも綺麗だしな」パックリ開いた淫裂に徳利から酒を入れて「あ、あっ!」恵理は喘ぎ声を上げて腰を振っている。

「いい眺めだ。これが何とも言えん!」パクパク動く膣に見入って口を付けていく。
「あん、あん!」恵理も悶え声をあげて「そ、そこは敏感な部分ですから」腰が動いている。
「ここがだめなら、ここにさせてくれ!」乳房を掴み、乳首を吸いだし「そこならいいです」乳首を吸われ、指が淫裂を掻き回していく。
「及川さん、私にもさせて下さい」
「田村先生がですか?」紀子も乳首を田村に吸われて、歓迎会は乱交を帯びていった。

 
 
 
 

 
toukou07
 
toukou

 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!mitinohosi
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA