監獄の学園 歓迎会

【第5話】
 

1時間目の授業はヌードにされた事以外は。何事もなく行われて授業が終わった。
(言えない…。生徒に裸にされたなんて…)職員室に戻った洋子は。誰にも言わず次の授業に備えていると「どう、うまく行きましたか?」教頭の遠藤が声を掛けてきた。

「教頭先生。桜井先生はナイス・バディですから、うまくいったはずです」里美がいやらしく笑い(見られたのかしら。私がヌードにされたことを?)俯いたままの洋子だ。
「そうですよね。桜井先生はきっとアイドルになれます!」教頭の遠藤も笑顔だが(アイドルって、何の事かしら?)また心配事が増えた。

程なくして、授業の始まりを知らせるチャイムが鳴り「行くか!」は教師達が教室に向かい、洋子も担当の3年生の教室に向かって行く。
引き戸を開けて中に入ると「起立!」「礼!」「着席!」挨拶が行われて(また、ヌードにされるのかしら?)不安そうに挨拶を始めた。

すると「先生は新任なんだから、全てを見せて下さい!」言い出す。
「何をいってるのよ。そんなのできないわよ!」顔を強ばらせる洋子に「多数決で決めましょうよ。先生がヌードになるに賛成に人!」「ハーイ!」全員の手が上がり(さっきと同じ事をされる!)顔が強ばっていく。

「決まりました。先生、お手伝いします!」
「いや、いやー!」叫ぶが生徒に取り囲まれ、上着が脱がされていく。
「大きなオッパイだわ!」女生徒は乳房を揉みだし「やめて、いやー!」スカートも脱がされた。

「見ないでー!」洋子は前と同じく、全裸にされ開脚させられ「いや、いやよ!」淫裂が開いて肉襞が飛び出している。
「大人のオ○ンコはこうなってるんだ!」
「お前にはヒラヒラがないよな?」
「そうよ、これから発達するんだから!」洋子の淫裂を撫でながら話し合っている。

それが終わると、洋子は解放されて剥ぎ取られた制服を拾い集め(恥ずかしかったわ。ずっと裸にされるかかしら?)制服を着込むと授業を始めていく。
その後の授業も、洋子は教え子に服を脱がされ、全裸を生徒に晒している。
「先生、一回きりだから我慢しな!」着衣を許されたると、急いで制服を着込んでから授業を行った。

こうして、全ての授業が終わり「やっと、終わった!」教え子に全裸にされ、性器を見られてしまった洋子は憂鬱だった。
「桜井先生、初日はどうでした?」ニヤニヤしながら里美が聞いてくると「なんとかうまく行きました…」(言えないわ、教え子に裸にされたなんて!)うわずった声で答えている。
(ヌードにされたようね。モデル並の肉体だから当然かもね)じっと、乳房の膨らみを見ていた。

そこへ「皆さん、そろいましたね。新任の桜井先生の歓迎会を開きたいのですが、いかがでしょう?」校長の井上が言い出す。
「そうですよね、歓迎会を開かないと…」体育教師の田村もニヤニヤしながら言う。
しかし、女性教師達は洋子を見つめたまま黙っており(洋子を取られてしまう。でも拒めないし…)(可哀想だわ、洋子が…)そんな顔だ。
「今度の土曜日にしませんか。全職員でしましょう!」校長の案がまとまり、男性職員の棟で行うことに決まった。

しかし、翌日も洋子は教室で教え子に、服を脱がされ全裸にされていく。
「いや、いやー!」初めて見る洋子の裸身に教え子達は興奮していた。
(いや、こんなのいや!)泣く洋子だが、担当のクラスを一回りすると、全裸の要求はなくなった。
(よかった。もう、ヌードにされることはないのね)安心しながら授業を行っている。

そして、校長が提案した歓迎会の日が来た。
「理事長、わざわざお越しいただき申し訳ありません」校長が理事長の古川に挨拶しているが「いいから、いいから!」古川は機嫌がよい。

「理事長の古川です。新任の桜井先生ですね?」
「はい、桜井洋子です」丁寧に挨拶していくと(ほう、噂通りのオッパイだ。後でたっぷり楽しませてもらうぞ)制服から覗いた乳房の膨らみを眺めており(理事長は洋子が目当てだわ)里美は直感した。

そして、洋子の歓迎会が始まり、全職員が宴会場に集められ総勢40人ほど集まっている。
「それでは、桜井先生の歓迎会を始めたいと思います」教頭の司会で始まった。
理事長の古川も挨拶して乾杯が行われると、それを待っていたかのように、洋子を男性職員が取り囲んで話しかけている。

「桜井先生。好きなタイプは?」人並みな質問が浴びせられて、洋子もそれに答えていた。
(そろそろ、いいんじゃないか?)(そうですね。やりますか!)古川の顔つきを見た遠藤が「桜井先生、それではご挨拶をお願いします」
その声に(いよいよだぞ。早くヌードになれ!)男子職員はギラギラした目で洋子を見つめている。

洋子は立ち上がって挨拶を始めた。
「桜井君。新任の挨拶は全てを晒して挨拶をする事になっているんだ!」それには唖然とする洋子だ。
「そうなのよ、洋子さん。私も生まれたままの姿を男性職員に晒したの」里美も声を掛け「できません。そんな裸になるなんて!」震える声で叫ぶ。

「桜井君、君は我が学園のしきたりに従えないというのかね。だったら力ずくだ!」理事長の言葉が終わらないうちに男性職員が洋子に襲い掛かり「いや、やめて!」畳の上に押し倒されてしまった。
制服も乱れ短いスカートの裾が捲れ上がり、股間が丸見えになっている。

(アソコが見られている!)洋子も性器が丸だしになっているのに気が付いて「いや、やめて下さい!」叫ぶが、スカートが脱がされ、上着も脱がされて、乳房が揺れ動いている。
「やめて!」叫ぶ洋子だが、容赦なく生まれたままの姿にされてしまい「いや、見ないで!」泣きながら乳房と股間を両手で押さえて蹲っている。

「挨拶はどうした。バツを受けたいのか?」
(そうだわ、レイプされるんだ…)洋子は泣きながら立ち上がって「し、新任の桜井洋子です。皆様のご指導をお願いいします」両手で胸と股間を隠し、震えながら言った。

「ほら、両手を退けて全てを見せるんだ。それから挨拶だ!」理事長の古川が怒鳴り、洋子は泣きそうな顔で両手を後ろに組んだ。
(ほう、綺麗なピンクのオ○ンコだ。やりたくなったぞ)男性教師は股間を見つめ(見られている。恥ずかしい。性器を見せるなんて!)太股がブルブル震えている。

「こ、このたび、新しく赴任しました桜井洋子です。よろしくお願いします…」どうにか、途切れ途切れに言えた。
「桜井先生のオッパイは、かなり大きいがDですか?」意地悪く教頭が尋ねた。
「私のオッパイはCです。そんなに大きくありません…」乳房も小刻みだが揺れている。
(恥ずかしい。全裸を同僚の前に晒すなんて…)顔はおろか、全身も赤く染まっていた。

「桜井先生、お酌をお願いします」古川が立っている洋子に言う。
「は、はい、気が付きませんでした!」洋子は乳房と股間を晒したまま古川の前に座って、徳利を持った。
「違うよ、俺の言ってるお酌とは!」じれったそうに古川が言うと「星野君、僕にお酌して手本を見せてくれ」井上が里美を見つめた。

「あら、校長先生、私のでいいのかしら?」
「桜井君にもしてもらうよ、新人だから当然酌をしないと」意味ありげな様子だ。
「そうですよね、私のだけで満足するありませんもね」里美は井上の前に立ってスカートに両手を掛け、それを(里美さんも性器を晒す気なんだ!)黙ってみている洋子だ。

里美のスカートが落ちて、恥丘にはピンクの割れ目がある。
「いい、こうするのよ」里美は仰向けに寝ると、両足を開いて、徳利を持ち、自分の膣の中に酒を入れだし「そんな~!」驚きの声を上げた。

「校長先生。お召し上がり下さい」足を高く上げたまま、太股を開いていく。
「いいかね、桜井君、これがお酌と言うもんだ!」井上は里美の淫裂に口を押しつけていく。
「あ、あ、あー!」喘ぎ声を上げながら、ゆっくりと腰を上げていくと、里美の膣に入れられた酒が井上の口に入っていく。
(そんな~。アソコをなめられるなんて!)全裸で正座している洋子は震えがさらに大きくなった。

「桜井君、やり方がわかっただろう。早速お酌をしてくれ!」古川の目が輝いている。
「は、はい。お酌します…」洋子も仰向けになり(きっと、膣の中まで見られてしまう…)顔を背けて太股を広げていく。
「ほう、桜井君のオ○ンコは本当に綺麗だね。ヒラヒラの先端までもがピンクだ。バージンは違うね」
「言わないで下さい!」洋子は目を閉じて、徳利を自分の膣の入り口に押し当てた。

(見られてしまう。こんな恥ずかしい姿が!)持った徳利を横にしていくと「暖かい、膣の中が!」流れた酒が洋子の膣の中に流れていく。
「もういいかね、お酌は?」
「はい。理事長、私のお酌で召し上がり下さい」これ以上の辱めは受けたくないが、レイプはされたくなかったから、従っている。

「早速、桜井君のお酌で飲ませてもらうか!」古川は洋子の股間に顔を埋めて、舌で淫裂をなめだした。
それには「あ、あ、あっ!」喘ぎながら顔を左右に振り(だめです。そんな舌を膣の中に入れないで下さい)唇を噛んで声を上げまいと堪えている。

「洋子さん、腰も上げていくのよ」側にいる里美が見つめて言うと「恥ずかしくてできません…」
「やらないとダメなの。やるのよ」里美に言われれば逆らえず、ゆっくりと洋子は腰を上げていく。
「そうよ、そうするの」もう恥ずかしくて顔を背けたままだ。

古川は淫裂をなめると、ピンクの突起をも舌でなめ始めた。
すかさず「あ、あん、あん!」洋子の腰が動きながら喘ぎ声があがり(ダメです、そこはだめー!)声を出すまいとするが、その後も喘ぎ声を上げていく洋子だ。

洋子の膣の中に入れられた酒もなくなると「井上校長、あんなたも新任のお酌を受けなさい」言う。
「そうですね。桜井先生、お願いします」待ってましたとばかりに、井上は徳利を洋子に手渡した。
「はい。お酌させていただきます」
(こんな辱めはもうたくさんよ)作り笑いをする中で腰を横に動かし、井上の前で足を広げていく。

「ほんとだ。理事長、バージンのオ○ンコは本当にピンクが綺麗でいいですね!」
(そんな言い方しないで下さい)洋子は性器の全てを見られながら、膣の中に酒を入れていく。
「校長先生、新任の桜井です。お酌に上がりました…」
「これは、これは。せっかくですから戴きます」井上も洋子の股間に顔を埋め、膣の中に舌を入れていく。
(だ、だめ、そこはだめー!)洋子の喘ぎ声が上がっている。

「敏感なんですね、桜井先生のオ○ンコは?」
「いやー。そんなこと言わないで下さい」洋子はゆっくり腰を上げて、膣の中にある酒を出していき、それを井上が飲み干していく。
「理事長、私のお酌もいかがですか?」「私のお酌もどうぞ」恵理と紀子もスカートを脱ぎだした。

「そうだ。全員のお酌だ。順番に用意しろ!」その言葉に、女性の皆がスカートを下げ、下半身を露にしている。
「ほう、オ○ンコの競演だ。これはいい!」古川は機嫌よく、女性の股間に顔を埋めていく。
理事長だけでなく、遠藤、田村、後藤の教師も、同僚の性器を舌でなめだす。
「だ、だねよ!」「そ、そこはだめ!」喘ぎ声を上げながら腰を振っていく女性達で、洋子も男性の同僚に淫裂をなめられていた。

 
 
 
 

 
toukou07
 
toukou

 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!mitinohosi
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA