ヘンタイ教師2 股縄セックスの歓びによがり狂うヘンタイ娘未央(1)

【第2話】

さて、俺長島道雄は高校の保健体育の教員である。未央を「ヘンタイ」だとからかっているが、俺だって根っからの女好きで、それも成人に達する前の少女に欲情するロリコン気味のヘンタイだ。何しろこの道を目指したのも、俺にとって最も魅力的な年代の女子高生たちとお近付きになり、あわよくば一発、などと下心にまみれた動機からだったのだから、我ながら呆れてしまう。そもそも俺はガタイがデカく腕力には自信があるが、他には何の取り柄もなく、およそ女性にモテる要素を持ち合わせていない。顔は時代劇の悪代官みたいな悪党面で、体重百キロを超える相撲取りみたいなブヨブヨの肥満体。最近では後頭部もかなり後退してしまった。さらに口下手で根暗な性格でもあり、若い頃は全く女から相手にされなかった。仕方なく学生時代から女子高生コスのイメクラなどのお世話になっていた、情けない男なのである。

だが俺の邪念が天に通じたのか体育教師として赴任した初任校で、俺は一人の女子高生といい仲になる事に成功し、すぐに手を付けて孕ませ結婚してしまったのだ。それが未央の母親さつきである。さつきはとりたてて美形ではなく、当時女子高生としては幼い外見だったがなぜかなついてくれたので、すぐに気に入った俺は速効で彼女を落としたのである。教え子に手を出し出来ちゃった婚に持ち込んだ、その子供が未央なのだが、さつきはすぐに体を許してしまうくらいで、見た目と違い男好きな淫乱性の女だった。そんな彼女と結婚し、夜の生活でのめり込んでいったのがSMプレイだ。未央を出産した後も毎晩のように求めて来るさつきは次第にノーマルなセックスでは満足しなくなり、俺は見よう見まねで彼女を縛ったりさまざまな道具を使ったり、野外で露出プレイに興じたり、と趣向を凝らして歓ばせてやらねばならなかったのだ。それはそれで俺も楽しかったし、おかげでマニアックな縄掛けなどのテクニックも習得したのである。

だが、そんな幸せな生活は長くは続かなかった。俺のロリータ嗜好は変わらず、徐々に大人の女性として成熟していくさつきに魅力を覚えなくなって来て、止せばいいのに又しても教え子に手を出してしまったのだ。その頃はさつきとのアブノーマルなプレイも心のこもらないおざなりなものになっていたと思うし、彼女にもそんな俺の気持ちが伝わっていたのだろう、アッサリ別れ話がついた。さつきはその後すぐに再婚しやがったから、何の事はない、アイツの方も浮気していたのである。まあ、お互い様だ。その後、さつきは新しい夫との間で2人の男の子を産んでいる。未央は母親が引き取る事になったが、俺の方はこれに懲りて再婚する気もなかったから、仕方ないだろう。一人暮らしすら覚束ない俺に子育てが出来るわけがない。当時小学生の未央はどういうわけか俺の方になついていたから悲しがったが、月に1回俺に会っても良い、と言う条件で無理矢理納得させたのだ。だが、それはむしろロリコンヘンタイの俺には好都合だった。

ーーお、未央、気をやりたいのか

ジュバッジュバッと卑猥な水音をさせながら積極的に俺のイチモツをしゃぶり上げていた未央が、少し口を休めて切なげな上目使いで訴えて来た。すっかり男女の仲となっている未央が気をやりそうな事は、俺にはすぐ伝わる。彼女のサインに応じて我慢していた射精欲求を解放し、ドクドクと濃厚なザーメンを口内に流し込んでやると、未央もそれをゴクリと飲み下しながら体を弓なりに反らせてビクビクとおののかせ、気持ち良く絶頂に昇り詰めたようだ。コイツは父親の精液を飲まされるとひどく興奮するので、オナりながらおしゃぶりさせると、必ず上手にゴックンしながら一緒に気をやって見せるのだ。わが娘ながら、実にヘンタイでかわいい、最高の女だ。

実の所未央のこんな行為には年期が入っている。何しろ小学校高学年の頃から俺のナニをしゃぶりつけているのだ。月に一度だけなついているかわいい娘に会う事になった俺は、まるで未央とデートしているような気分になって、さらに手なづけるがごとく猫かわいがりしてやった。小遣いをやり欲しい物は何でも買ってやったのは当然だし、ママには内緒だよ、と釘を刺して、新しい父親になじめない、と言う相談を聞いてやったりした。そして俺はますますなついて来る未央と手を繋いで歩く事から始めて、胸やお尻を触る性的なイタズラを仕掛けてみたのだ。するとまだ生理も来ていないコドモだった未央が嫌がらないので、いかがわしい行為をどんどんエスカレートさせていったと言うわけだ。

小6の時には未央のファーストキスを奪い、この頃は既にかなり膨らんでいた乳房や、毛が生え始めていた女性器を直接弄り回して、しかもそれが気持ち良い事を教えてやった。未央によれば以来毎日数回のオナニーを欠かす事はなく、今ではすっかりイキ易い淫蕩な体になっている。そのせいだろうか、コイツの乳首とクリは高校生とは思えないほど発育していてデカい。今も自分の手で乳房を揉みしだいている未央だが、まるで括り出すように根元を締め上げている縄のせいで、プルンとこぼれんばかりに膨らみが張り出し、先端の乳首もツンと嫌らしく天に向かってそそり勃っているのだ。ノーブラだから薄手のブラウスの上からデカい乳頭が突き上げているのまでうっすらと見えており、ムチムチの淫らな太股を大胆に露出させているミニスカと言い、さぞかし思春期の男子に目の保養をさせている事だろう。生徒指導の主任としても、実の父親としても、本来はこんな破廉恥な格好は諫めてやるべきだろうが、もちろん黙認している。ちなみにうちの高校は地域で最も偏差値の低いバカ学校で、女子は過激なミニスカが当たり前。教師も事実上黙認している状態だ。もっとも皆黒いのをはきそれを露出させているわけで、未央のように白パンツを見せてしまうのは希少種である。未央は露出願望も強いマゾ女なので、俺がスパッツをはくなと命令してやっているのだ。階段の下から男子にスカートの中を覗かれると興奮するらしいから、股縄を仕込んでいる今日は、下手すれば気をやってしまうのではなかろうか。デカい尻をプリプリ揺さぶって見せ付けながら。

「んんっ! ん~っ!」

ーー何つうエロ娘に成りやがったんだ、未央。さすがアイツの娘なだけあるぜ

今も俺のザーメンをごっくんと飲み干してなおも残りカスを一滴も残さずしゃぶり取ろうと、悩ましい鼻声を洩らしながらクチュクチュと「お掃除フェラ」に励んでいるロリっぽいわが娘に、俺はそんな感慨を抱いた。もちろん実の父親である俺が小学校高学年の頃からたんまり淫行を仕込んでやったおかげではあるのだが、やはり外見までソックリに成長しつつある母親さつき譲りの淫乱な血が濃く流れているのだろう。嬉しそうに俺の肉棒にむしゃぶりついている未央は今イッテしまった直後なのにまだ、根元を括られ感度の増大した乳房と乳首を弄くり回し、ミニスカの腰をうねうねと蠢かせてデカクリやケツの穴に喰い込む股縄の刺激を楽しんでいるのだ。かく言う俺だって若い頃に負けない、飢えた猿のような性欲を保っている。でなければ、こんなエロ娘の相手を毎日朝夕こなせるものか。一発抜いてもまだ大丈夫なばかりか、ロリな外見のくせにAVギャルも顔負けのエロテクを誇る未央の「お掃除」のおかげで、俺の怒張はますます凶暴に猛り狂っていた。時刻はまだ30分以上余裕がある。
「よし、もういいぞ未央。縄を外してやるから、スカートをめくって脚を開いて立て」
「うんっ!」

もちろんただ外してやるだけではない。その後に本番が待っているので、未央も浅ましく鼻を鳴らしてそう答えたのだ。

「どれどれ」
「ああ~っっ!!」

両手でミニスカを上げて立つ未央の前にしゃがみ込んで、エロチックな赤い縄がキリキリと喰い込む股間に顔を近付けると、それだけで感極まったような大きな悲鳴が上がる。まだ何もしていないのに気が早いヤツだ。入り口のドアには中から鍵を掛けているが、コイツのデカいよがり声が外に洩れても困るので、俺はこの所おなじみのボールギャグと言う口枷を嵌めてやった。これは柔らかい穴開きボールを口に噛ませるもので、どんなに悲鳴を上げてもくぐもった呻き声にしかならず、しかも穴からダラダラとこぼれた涎が頬を濡らしてイジめられる気分を増幅してくれるスグレモノだ。

「んん~っ!」

未央のエロ声を封じてから改めて股間にしゃがみ込むと、なかなか良い具合に苦し気な呻きが聞こえる。お互い同意の上で辱められる事にマゾ女は興奮し苦悶して見せ、そんな媚態に男はますます奮い立つのである。これぞSMの醍醐味だ。そして未央の股間は彼女の悲鳴が決してオーバーではない事を示す惨状となっていた。

「おい未央。お前どんだけはしたないヘンタイなんだ。見ろ、歓び過ぎてベトベトに潮を吹きやがって、股縄がふのりみてえにふやけてるじゃねえか」
「んん~っっ!!」

股縄を含めて未央をいわゆる亀甲縛りに緊縛している赤い縄は、一般の物と違うソフトな素材で女性の柔肌を傷付けない配慮がなされた物だ。真にハードなSM愛好家なら、ケバ立った麻縄で雁字搦めにして女性を痛め付けるのかも知れないが、あいにく俺はそういう趣味ではない。あくまで羞恥と快楽で女を辱める事に血が騒ぐタチなのである。もし麻縄なんぞで未央のまだ幼いワレメちゃんを緊縛した日には、あっと言う間に血だらけになっちまうだろう。中学生の時コイツのバージンを奪った際にかなりの出血があって、俺は情けない事にビビってしまったくらい血は苦手なのだ。そう言えば、さつきは初めから経験ずみで、血を見た事はなかったな。

 

 
toukou

 

 

この作品は、新・SM小説書庫2の管理人、二次元世界の調教師様から
投稿していただきました。 
尚、著作権は、新・SM小説書庫2 二次元世界の調教師様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

 

二次元世界の調教師様が運営されておられる
オリジナル官能小説サイトです。

女子高生を羞恥や快楽で調教するソフトSM小説を掲載しています。
豊富な実写コンテンツに更には、カープ・自作詰将棋・読書感想
柴田淳を始めとする好きな歌手について等々、多彩なサイトです。
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA