監獄の学園 身体測定

【第3話】
 

「洋子さん、これくらいで泣いてどうするの。午後から身体測定でしょう。もっと恥ずかしいことをされるのよ」紀子は泣いている洋子を尻目に、脱いだシャツを着ていくが、胸の部分がくり抜かれているから乳房が飛び出ている。 「身体測定って、そんなに恥ずかしいのですか?」洋子も泣きながら水着に足を通していく。

「そうよ、体の隅々まで調べられるの。私達は昨日されたのよ」シャツを着込むとスカートを履いていく紀子だ。

「それから、この事は秘密よ」再び唇を重ねる紀子だ。
「いや、いや!」水着を着込んでいく洋子は手が放せず、首を振ることしかできない。
「まあ、いいか」紀子は機嫌よくビデオを止め、スイッチを切った。

照明も消して2人は職員室に向かって歩き出したが、洋子は紀子の言った言葉が脳裏に焼け付いて離れない。
「身体測定ってどんなことをされるのかしら?」職員室に戻っても不安が拭えない。

そして、午後になり、生徒達は下校して職員室に教師だけが残されている。
「身体測定を受けてないのは、桜井先生と田村先生だけですか?」校長が尋ねた。
「はい。昨日、他の先生は済ませました」
「そうですか。桜井先生に田村先生、行きましょう」

「行くって、どこへですか?」
「保健室ですよ」洋子と田村は、校長の井上に連れられて保健室に向かうと、その後を里美と恵理が後に続いている。
(あの2人も受けるのかしら?)気になる洋子だ。

ドアを開けて、中に入ると白衣を着た女性がおり「お願いします」洋子が挨拶すると「お手伝いに来ました」里美と恵理も保健室に入ってきた。

「始めますから、2人とも裸になって下さい」
(ここでヌードになるの?)驚く洋子に「早くしてよ、時間がないんだから」里美が機嫌悪く洋子に言うと、田村は慣れた様子で脱ぎだした。

上半身を脱ぎ終えるとズボンも脱ぎ、洋子も脱いでいくが田村の股間が気になっている。
田村がパンツを脱ぐと(す、すごいわ。あれがおチンチンなんだ!)大人の勃起した肉竿を初めて見る洋子は呼吸が荒くなっている。

(私も脱がないと…)洋子も水着を脱いで全裸になると、田村は洋子のヌード姿に肉竿がさらに膨らんでいた。
「あら、田村先生、去年よりすごいわ。長さは19センチ、一番太い部分が4.5センチもある!」田村の肉竿を恵理が巻き尺で計っている。

「堅さは何キロかしら?」中央付近に重りを下げて「す、すごいわ、5キロにも耐えている!」
「田村先生、桜井先生のヌードで興奮なさってるのね」
「わかりますか。実はそうなんです。桜井先生のピンクに割れた股間を見たら、こんなになってるんですよ」恵理に平然と言う田村だ。

恵理は用紙に記入してから「田村先生、新記録を作って下さいね」勃起した肉竿を口に含んだ。
(そんな、フェラなんかして!)全裸で立っている洋子は驚いて見ているが「あ、あっ、あー!」気持ちよさそうに喘ぎながら恵理の頭を押さえていく。

「先生、口で受けたら測定になりませんから、手でなさって下さい」保健医が恵理に注意すると「わかりました」注意を受けて田村の肉竿を手で擦りだした。

「桜井先生は、そこに足を垂らして座って!」言われたとおりに田村の正面にある4角の台に座った。
「仰向けになって」言われた通りに仰向けになっていくと「動かないでね」洋子の両手が台の足から出ているバンドで固定され、その後、足を開かされて両足も固定された。

「何をなさるんですか。恥ずかしから外して下さい!」足が開かれ、淫裂がパックリと開いている。
里美が淫裂の先端にある、ピンクの突起を指で捲ると「あ、あん!」洋子は喘ぎ声をあげてしまった。

「3ミリか、普通のサイズね」小さな真珠をノギスで計っている。
「やめてください!」抵抗しようとしても両手、両足が押さえられてどうすることもできず「割れ目の長さはいくらかな?」メジャーで計っていく。

その後で、洋子の肉襞を摘んで長さまで測っている。
(恥ずかしいわ。これが身体測定なの?)洋子はされるがまま耐えるしかなく「今度はオッパイよ」乳房を揉まれてからノギスがまた当てられた。
「乳輪が3.5センチで乳首が勃起した状態で1.2センチと」結果を記入していく。

その一方で恵理に肉竿を擦られていた田村が爆発しそうだ。
「でる、でる!」気持ちよさそうに叫ぶと「いいわよ、準備はできてるから」肉竿の先端に試験管が押し当てられ「うー!」うなり音とともに白い液体の噴射を繰り返していく。

「すごいわ。こんなに出して!」潤んだ目で見ている恵理だ。
「若い田村君は元気がいいね。僕は全然でなかったよ」校長も感心している。

「次は採尿します」洋子の淫裂が広げられ、尿道に容器が押し当てられた。
「いや、ここじゃいや。トイレで出させて下さい!」
「だめよ。不正を働かれたら私の立場がないの。はい、力をいれて!」洋子は堪えている。

「校長先生、この通りです。お願いします」
「こうなるだろうと、思っていたんだ!」井上は嫌がる洋子の両乳首を摘んで「早く出さないと痛いぞ」軽く潰した。

「痛い!」悲鳴を上げる洋子に「早く出すのよ、時間がもったいないのよ」里美もクリトリスを摘み「出します!」腰に力を入れると「ジャー!」洋子はみんなの見ているまで排尿を始めた。
(悔しいわ。何でこんな事をしなければいけないのよ)勢いよく飛び出す尿は、ボトルの半分ほどで止まった。

「はい。今度は四つん這いになって!」ベルトが外され、洋子は台の上で四つん這いになっていく。
「採便するから。もっと足を広げて!」
「いや、そんなのいや!」

「だだっ子みたいな事はしないの!」4人によって足が開かされ「痛くないようにするからね」保健医は肛門にワセリンを塗っていく。
「これにも塗らないと」ガラス製のスポイトにもワセリンを塗ると肛門から挿入した。

「ぬ、抜いて下さい!」息がつまるような衝撃が走り「いや、いやよ」声が震え、太股もブルブルと震えていた。
「あ、あー!」スポイトは全て入り込み、吸引をしていく。
「あ、あん、あん!」(いや、変な感じよ。やめて下さい!)喘ぎ声を上げていく洋子だ。

「採れたわ」スポイトが抜かれ「ハア、ハア、ハア!」荒い息づかいで俯せに崩れていく洋子だが「まだ、終わりじゃないのよ」再び立たされ、身長、体重、など、普通行われている測定が行われた。

その間に、田村も四つん這いになって採便が行われ「気持ちいい、俺ってホモのけがあるのかな?」「ないわよ。桜井先生のヌードで興奮するんだから正常です」保健医と話している。

そして、全てが終わったのは1時間後で、2人は脱いだ服を着て職員室に戻ってきた。
職員室に戻ると校長から全教員に訓辞が行われ、いろいろと注意を受けて「桜井先生、届きました。明日からの制服です」教頭が手渡す。

「欲しいのがあったら何でも伝票に書いて下さい。揃えますから」笑顔で言い「早速ですがこれが欲しいのですが。買おうと思ったのですが店がなくて買えないんです」書かれた伝票を遠藤に渡した。

「生理用ナプキンですか。だったら、ついでに生理用ショーツも必要でしょう。追加した方がいいですよ」
「そうですよね」顔を赤らめながら記入して(恥ずかしいわ、生理なんて言われると)それを渡すと「お先に失礼します」学園から寮に戻った。

洋子は寮の自分の部屋で制服を広げると「胸が見えてしまうわ」胸元が大胆にカットされている。
「確か、年数によって違うと言っていた…」スカートも丈が短く「アソコを見られてしまうかも」心配そうに制服を眺めていた。

「とにかく、着るしかないし」広げた制服をハンガーに掛けていると「洋子さんいるかしら?」紀子が現れた。
「あら、紀子さん。どうしたの?」
「ほら、お酒よ。手には入ったの」

「これも伝票で買えるんですか?」
「そうよ。ただし、数量に制限があるけどね」
「おつまみがあればいいのにね」
「贅沢はなしよ」洋子はリビングからグラスを2個持ってきた。

「私、弱いから薄めて飲みます」
「もったいないわ。最初はぐい飲みよ」紀子はグラスに少し注いだ。
「はい、洋子さん」
「ありがとう」(これだったら一気だわ)何も知らない洋子は一気に飲み込んで「ふー!」ため息を付く。

洋子が飲んだのはウィスキーで、酒に弱い洋子は酔いがすぐに現れた。
「あら、洋子さん。どうしたの?」フラフラする洋子に紀子が気付いた。
「だめ、酔ったみたい…」
「しっかりしてよ」紀子は洋子を引きずるようにベッドに運んでいく。

「洋子、続きを楽しもうね」意識が遠のく洋子の衣服を脱がしだす。
下着を許されてないので、スカートが脱がされると下半身が丸見えになっている。
「洋子、私の洋子!」紀子はパックリと割れた淫裂を舌でなめていく。
「オッパイも楽にしようね」洋子はシャツも脱がされ、生まれたままの姿でベッドの上で横たわっている。

すると「紀子、抜け駆けは許されないわ」突然、背後から声がする。
「許して、里美さん。我慢できなかったのよ!」
「そうはいかないわ。掟は掟よ!」「そうよ、順番が決まってるでしょう」恵理もおり、女性教師の皆が並んでいる。

「許して下さい!」震える紀子は着ていた衣服が脱がされていく。
「規則だから、男に抱かれてから洋子の相手をしなさい!」一番の先輩格の里美が言う。
「いや、男に抱かれるのはもういや。洋子とさせて!」
「オ○ンコしてきたら、洋子を抱かせてやるわ」恵理も言い放つ。

「連れて行きなさい!」
「いや、いやー!」叫ぶ紀子は乳房と淫裂を晒したまま、男子職員の住む別棟の寮に連れて行かれた。

それには「おや、及川先生。また抜け駆けですか、仕方ありませんね」男性は笑顔になって衣服を脱いでいく。
股間の肉竿が大きく膨らんでおり「いやよ、男は嫌い。触らないで!」叫ぶ紀子だが男子教師によって両手両足を押さえられ、開脚されてしまった。

「紀子。あんたの嫌いなおチンチンで可愛がってもらいなさい!」連れてきた女教師は犯される様子を見ている。
「及川先生、入れますよ。僕のは太いですからね」真っ先に田村が覆い被さり、淫裂に肉竿を押し込んで行く。

「いやよ。抜いて、いやよ!」悲鳴を上げる紀子だが「暴れるなよ。やさしくしてやるから」肉竿が根本まで入ると田村は肉竿のピストンを始め、すかさず「あ、あん、あん!」喘ぎ声をあげている紀子だ。

「紀子、おチンチンでオ○ンコを突かれる感じはどうかしら?」
「助けて下さい。もうしませんから…」
「去年も同じ事を言ったわよね」

「そうよ。たっぷりとチンポコでオ○ンコを突かれなさい」女教師は紀子を残して帰り、残された紀子は代わる代わる男性に辱められて「もう、抜け駆けしないから許して!」叫ぶ紀子だ。

 
 
 
 

 
toukou07
 
toukou

 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!mitinohosi
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA