クロス・ラヴ 道玄坂のカフェ

 

【第1話】

4人が集まる時は道玄坂にあるカフェと言うのが定番になっていた。
みんなの通学経路やバイト先を考えると新宿の方が便利なのだが、ありさと球お気に入りのランジェリーショップが偶然渋谷周辺に集まっていたこともあって遊ぶときは渋谷界隈が多くなっていた。
俊介と浩一も彼女たちといっしょにランジェリーショップに入ることに最近は抵抗がなくなっていた。
女性下着には男性下着にはない美しさ、キュートさ、そしてセクシーさがある。
それらが店内に所狭しと飾ってあるのを目の当りにできるのだから、彼らにとってはまさに目から鱗の心境であった。
ランジェリーショップという特殊空間は、男性が入店すると冷たい視線を浴びせられることが少なからずあるものだが、屈託がなく明朗さに溢れた彼ら4人に嫌な視線を送る者は皆無であった。

ありさと球とは高校時代からの親友であり、進学後もその仲の良さは変わることがなかった。
ありさは2年前にあるスポーツジムで俊介と劇的な出会いを果たした。
以来2人は急速に接近し、今では誰もが羨むような仲睦ましいカップルとなった。
1年前、当時元彼と別れて落ち込んでいる球を励ますため、ありさは俊介にコンパ開催を依頼した。
その時に球の前に現われたのが長身でスポーツマンの浩一であった。
球と浩一は出会ったその日に双方とも一目惚れしてしまい、その後とんとん拍子に進行し、今ではありさ達に負けないくらいの熱愛カップルになってしまった。

4人はそれぞれカップルでデートを行なうことが多かったが、時々ダブルデートを愉しんだ。
特にスポーツ、遊園地、映画鑑賞の時は必ずといって良いほど4人だった。
今日も封切りしたばかりの映画『ハリハリ・ポッター』を4人で観た後、カフェで正月旅行の打合せを行なった。

球「にゅう~、それじゃ温泉に行くことで決まりだね?」
ありさ「にゃんにゃん~、ありさも温泉行きたいな~」
俊介「あれ?ネコは風呂が嫌いじゃなかったのか?」
ありさ「もう!ありさはネコじゃないもん!ぷんにゃん、ぷんにゃん!」
球「でも、ありさは限りなくネコに近いもんね。人間とは呼べないよ。まあネコミミってとこかな?」
ありさ「もう、球までがそんなひどいことを言うんだからあ~、大嫌い!(バリバリ!フ~~~)」
球「ひゃあ~!引っ掻かないでよ~!」
浩一「あ、ちょっと待って」
俊介「浩一、どうしたんだ?」
浩一「いや、温泉も悪くはないんだけど、よく考えてみると親父の別荘があったぞ。別荘だったら宿泊賃もいらないし小遣いがかなり浮くことになるぞ」
球「にゃっ?別荘を持ってるの?」

 
toukou02
 
toukou
 
 
この作品は、愛と官能の美学 Shyrock様から投稿していただきました。
尚、著作権は、愛と官能の美学 Shyrock様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
ラヴラヴから凌辱ものまで多ジャンル官能小説取り揃え
体験談・投稿体験談・夜学問・官能詩
エロエッセイ・その他カテゴリー多数
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA