駐輪場

加藤氏は60歳。退職後、駅前の駐輪場の仕事に就いた。
仕事は料金徴収と掃除だ。
最近は料金徴収はほとんどない。
定期利用券を見れば用が足りるからだ。
高校生、OLの利用者が多い。
ここに自転車を置いて電車通勤、通学に変わるのだ。

あの娘が来た。
毎日の利用だから自然と顔を覚える。
この時間だからたぶん帰宅だ。
いまどきの若い娘にしてはその娘は礼儀正しい。
加藤氏に頭を下げる。
きちんとした服装が高校生らしい。
どこかの高校のセーラー姿のその娘の顔を見るのが加藤氏の楽しみ。
重そうなカバンを持ちながら自分の自転車のところに行く。
どこに住んでいるのかも、どこの学校なのかもよく知らないが、それで良いのだ。
毎日、丁寧な挨拶を交わしてくれるだけで、何か心がなごむ。

自転車を押しながら少女がまた入り口を通る。
挨拶しながら自転車に乗る。

(あっ、落ちた)

黒っぽいビニールのカバンが荷台から滑った。
気づかないのかそのまま自転車が走っていく。
「あっ、落ちたよ~」と言う前に少女はずいぶん先に走って行ってしまった。

(しようがないなあ)

加藤氏は警備室を出ると、荷物を拾いに行く。
ぱっと袋の口が広がっている。

(タオル?)

白いタオルが入っている。
湿っぽい。
きれいに折り畳んだタオルを少し広げると中身が見える。
紺色の水着。
まだ濡れている。

加藤氏はハッと周りを伺う。
誰も見ていない。
袋を持ってあわてて警備室に戻った。
外から見えない窓口の下でもう一度袋を広げた。
懐かしいようなプールの消毒の匂い。
水着の裏の肌色の布地がちらっと見える。
また周りを伺う。
誰も来ない。
見ていない。
少年のように緊張しながら加藤氏は手を中に差し入れる。
かなり濡れている。
それは少女が若鮎のように今日泳いだことを示している。
少女の濡れ髪が頭に浮かぶ。
でもなぜか袋の中から水着を出すことは、はばかられた。
中で探った。
意外と薄い生地。

加藤氏には高校の水着のことは分からないが、その2つのゴムのカップがどこに当たるかはすぐに分かった。
優しい少女の小さな胸を隠すため。
指ですっと触れた。
きっとこの辺が、小さな乳首だと想像しながら。
間違いなくそこにゴムは当たっただろう。

薄手の紺の水着はプールの水を吸って重い。
少女の身体に触れていた布地をたどっていくと、その部分にすぐにたどり着く。
何があるわけではない。
透けないように肌色の布がパンツのように貼り付いている。
そこはたぶん少女の大切な部分に触れていたのだ。
まだ生娘の少女の身体を包むように人目から隠していたのだ。
そこを垣間みただけで加藤氏には十分だった。
その上、よく見ると細い細い縮れた黒い糸のようなものがついている。
下の毛のようなもの。
短い縮れ毛をじっと見た。
肌色の布地は全く汚れていない。
塩素で洗濯したばかりのようにただ濡れている。

急にそれが何か大切なことのように加藤氏には思えてきた。
何もしない方がいい。
まだ少女の優しい挨拶を受ける権利は失いたくない。
たとえばれなくても良心の呵責は感じたくない。
加藤氏は袋を閉じると落とし物の箱にそれを運んだ。

【駐輪場 完】

toukou02
 
toukou00
 
toukou
 
 
 
この作品は、愛と官能の美学 Shyrock様から投稿していただきました。
尚、著作権は、愛と官能の美学 Shyrock様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

ラヴラヴから凌辱ものまで多ジャンル官能小説取り揃え
体験談・投稿体験談・夜学問・官能詩
エロエッセイ・その他カテゴリー多数

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA