凌辱された山村女医 全裸の生活

【第16話】
 

宿舎に戻ると香奈は浴室で体を温めていく。
「明日から、全裸で生活だなんて…。ヘアを剃った姿で…」力無く体を洗った。
洗い終えると、濡れた体をバスタオルで拭き、乳房と股間を晒したままベッドの上で仰向けになった。
「疲れた。とにかく、眠い…」いつしか香奈は眠りについてしまった。

翌朝、香奈はシャワーを浴びてから宿舎を出た。
「恥ずかしいわ。裸だなんて…」ローヒールの靴を履いて、玄関から出た。
「先生。どうして、素っ裸ですか?」事情を知らない女性が驚きの声を上げた。

「知らないの。先生は裸を見て欲しいから、今日から素っ裸で暮らすそうよ」
「病気ね。先生は病気なんだ…」
「違うのよ、本気で裸を見て欲しいんだって。それに、あれも好きなんだって!」

「あれって、なあに?」
「セックスよ。独身だから、覗きをしながら、指で慰めているんだって!」村民達は全裸姿で歩いていく香奈を見て話し合っていた。
(好きじゃないわよ。覗いてオナニーをしたのは間違いないけど…)項垂れて歩いて行く。

香奈が歩くたびに、乳房が振り子の用に揺れ、ピンクの割れ目も形を変えていく。
そんな香奈を村民が取り囲んだ。
「オ○ンコがいいね。先生、指で広げて見せてよ」
「こうですか?」村民に言われて、指に淫裂を入れて性器の中まで晒していく。
「どう、今夜オ○ンコしてあげるよ。たっぷりと!」乳房を代わる代わる揉まれていく。

「セックスは勘弁してください。オッパイは触っていいですが、オ○ンコは見るだけにして!」恥ずかしそうに顔を背け、淫裂を晒している。
「先生、お尻はいいよね?」「ひー!」指が肛門から押し込まれた。
「ダメ、そこもだめです」顔を歪め、取り囲んだ村民を振り切るようにして、診療所に飛び込んだ。

「先生、今日から素っ裸ですか。見てあげますよ」診療所には、村民が多数待合室で待っている。
(いや、見ないでヌードなんて!)村民はヘアの剃られた淫裂を、食い入るように見ている。

「先生、患者が多いから始めるわよ」
「は、はい」香奈は康子の言われるままに診察室に入った。
「はい、これを着ていいから」康子は香奈に白衣を手渡し、それを受け取り腕を通していく。

(ボタンがない。これじゃ、丸見えだわ。性器もオッパイも!)慌てる香奈だが「斉藤さん、中へどうぞ!」康子の声で男が入ってきた。
「どうなさいました?」白衣を手で押さえている。

「疼くんです、ここが!」男はズボンとパンツを脱いで下半身露わにした。
「あら、元気ね。オチンチンが!」康子はニヤニヤしてみている。
「先生、抜きたいんですよ」

「そんなの、できないわ!」拒む香奈に「やってあげなさいよ。斉藤さん、ここに寝て!」勝手に康子は診察台に仰向けに寝るように言う。
「いや、セックスなんていやです!」泣き声えになっている。

「手でなら、いいでしょう。性器を見せながら…」
(やるしかないわ。性器を触られるけど…)香奈は患者の前に立ち、体を屈めて肉竿を掴むと、白衣が開いて無毛の淫裂と、揺れる乳房が隙間から見えている。

(熱いわ。オチンチンが、熱い!)香奈は肉竿を手で握った。
「気持ちいい、オッパイも触らせてくれ!」やはり乳房が掴まれた。
(こんなの、いやよ。こんな事なんか!)香奈は嫌々ながら、手の動きを早めた。

男も乳房ばかりでなく、淫裂も指で触って「でるよ、だすよ!」香奈の握った肉竿から、白い液体が噴水のように噴いている。
「あらあら、こんなに出して。今夜は奥さんと、楽しみなさいよ!」

「それが、だめなんだ。生理でやらせてくれないんだよ!」脱いだパンツとズボンを着終えると診察室から出ていく。
こうして、香奈は白衣から乳房と淫裂を晒しながら、診察を続けた。

時間もどんどん過ぎ、訪れた患者も診察を終えると帰り「もう終わりだわ」康子がそう言うと、急に吐き気を感じ「お、おえー!」診察室で吐きだした。
「康子さん。もしかして、赤ちゃんでは?」心配そうに香奈が声をかけた。

「先生、診察できますか?」
「専門外だけど、何とかできる…」
「だったら、診て下さい」
「いいわ、診てあげる」香奈は康子の体を診察していく。

「尿も検査したほうがいいわね」香奈は康子に採尿器を手渡すと「ここで出すわ」誰もいない事をいい事に、康子はスカートを捲りパンティを下げた。
(やりすぎたんだわ。あんなに黒ずんで!)淫裂が露わになり、はみ出した肉襞の先端が黒ずんでいる。

康子は香奈の目など、気にもせず、屈んで淫裂に押し当て、「ジャー!」と放尿した。
「これでいいかしら?」黄金色に染まった尿を香奈に手渡した。
「薬を入れるわ」尿に妊娠検査薬を入れた。
「間違いないわ。3ヶ月目よ。ホルモンも反応しているし」
「本当なのね、清孝さん言わないと」浮き浮きする康子だ。

だが、香奈は浮かれている場合でない。
白衣を脱いで、生まれたままの姿で帰らなければならない。
診療所の戸締まりを終えると、2人はそれぞれの自宅に戻っていく。
「明日もその格好よ、わかってるわよね」
「わかってます」香奈は康子と別れて宿舎に向かって歩き出した。

その背後から「うっ!」香奈の口にハンカチが押し当てられ、倒されてしまった。
(何をする気なの、やめて!)倒したのは2人連れで、顔をすっぽり目出帽で覆っていて、誰だかわからない。
「う、う、うー!」香奈は仰向けにされ脚を開かされた。

(いや、レイプなんていやー!)首を振って拒む香奈の淫裂に、熱く燃える肉竿が押し込まれていく。
(犯された。見知らぬ男に…)押し込まれた肉竿が、ピストンを始め、その間に、もう一人が乳房を掴んで揉んでいく。

(いやよ、乱暴にしないでー!)肉竿はただ欲望を満たすように動くだけで、そして、膣の奥に噴射した。
(レイプされたあげく、射精されるなんて…)淫裂から精液がこぼれていく。

一人が終わると二人目が香奈を犯していく。
(う、う、う!)首を左右に振って拒むが、無理に肉竿を突き刺してきた。
(痛い、オッパイを掴まないでよ!)両乳房を掴まれながら、子宮深く肉竿で突き刺さされ、そして肉竿の動きが停まり精液を噴射された。

男達は犯し終えると去って、香奈一人が残されている。
「犯されてしまった…。見知らぬ男に…」フラフラしながら立ち上がると、淫裂からはドロドロとした精液が流れていく。

(体を洗わないと…)泥が体に付いたまま、淫裂を押さえて歩くが、指と指の隙間からは精液が流れていく。
香奈は避妊薬を飲んでいたから、妊娠の心配はないが、誰だかわからない男に犯された事が、ショックだった。

宿舎に入ると、泥と精液で汚れた体を洗っていく。
「こんな事をしていたら、毎日レイプされてしまう…。こんなのもういや!」泣きながら体を洗った。

だが、そんな事で許されるわけがなく、翌日も生まれたままの姿で、宿舎をでて診療所に向かうが、その裸を目当にして、村民が取り囲んでいく。
「いいね、オッパイが!」乳房が掴まれていく。
「性器だけは、触らないでください!」
「わかってるよ、見るだけさ」(いや、膣をそんなに見ないで!)項垂れたままの香奈だ。

その間にも、お尻も触られていく。
「指は入れにないで!」肛門に指が当たり腰を引いた。
「先生、今度はヌードショーをいつやるんだい」乳房を撫でながら言う。
「わかりません、そのうちです…」言葉を濁して、診療所に向かって歩いていく。

診療所に入ると、康子が笑顔で話しかけてきた。
「先生、またやりましょうよ。ヌードショーを楽しく」
「許して、もう恥ずかしくてできないの」ボタンのない白衣を着込んでいく。
(どうしよう。言った方がいいかしら?)香奈は昨日の事を言うか、言わないか迷っていた。

そして、診察時間が過ぎると戸締まりをしていく。
「先生、私清孝さんと話があるから、先に帰っていいわよ」
「わかりました」香奈は先に診療所を出るが(また、セックスをする気だわ。赤ちゃんがお腹にいるのに…)乳房を揺らせて帰っていく。

(そうだわ。また、レイプされるかも知れないし…)周りを慎重に見ながら宿舎に戻り「良かった、誰にも合わなかったし…」ドアを開けると、その瞬間「あっ!」引き倒されるように、中に連れ込まれた。

「いや、いや。やめて!」中には村の高校生4人がいた。
「オ○ンコやらせてくれよ。見るだけじゃつまんないし…」
「いや、いやー!」全裸の香奈は4人に寝室へ運ばれベッドに寝かされた。

「先生。やってくれよ、上に乗って!」
「できないわ、私は女医よ。娼婦じゃないのよ!」
「娼婦だよ。金は払うからやれよ」高校生達はナイフをちらつかせた。
「わかったわ。やればいいのね。その前に薬を使わせて」香奈は引き出しからゼリーを取りだし、淫裂に塗っていく。

(痛いよりは、気持ちいい方がいいし…)指で丁寧に塗っていく。
そして、下半身露わになった高校生を跨いで馬乗りになった。
「誰にも言わないで。お願いだから、セックスした事は言わないで!」
「勿論さ。その代わり、中に出させてよ」香奈は黙ったまま肉竿を掴み、淫裂に導いていく。

「あ、あ、あー!」ゼリーが効いて、すんなり肉竿が吸い込まれた。
「これがオ○ンコなんですね、先生!」喘ぐように言いながら、香奈の乳房を掴んでいく。
(セックスは初めてだわ。童貞なんだ…)腰を振っていく。
「気持ちいいよ。これがオ○ンコなんだ!」香奈の淫裂からも「クシュ、クシュ!」と音が出ていた。

それと同じく、診療所でも康子が全裸にされていた。
「お願い。許して、次郎さん。赤ちゃんができたから、許して!」両手で乳房と股間を隠していた。

「できたのか。わかった、これが最後だ姉貴。その代わり、オ○ンコの中に出してもいいだろう?」
「ホントに最後よ。今度、体を求めたら、清孝さんに、うち明けるからね」
「わかってるよ」康子も次郎に馬乗りになり、肉竿を淫裂に迎え入れていく。

「気持ちいいよ。毎晩、姉貴はオ○ンコしてたんだね?」
「いや、オ○ンコなんて言わないで、セックスと言って!」腰を振りながら乳房を揺らせている。

「気持ちいいよ、姉貴とのオ○ンコが!」
「だから、言わないで。オ○ンコって!」乳房を掴まれ、目を閉じ虚ろな顔になっていく。
(清孝さん、騙してご免なさい。仕方ないの、これは!)詫びる気持ちで腰を振り「クシュ、クシュ!」康子の淫裂から蜜が流れ出て、音が鳴っている。

「姉貴出すよ。出すからね」
「いいわ、これが最後よ、約束だからね」康子と次郎は動きを止めた。
「暖かい、子宮の中が暖かいわ」
「姉貴、素敵だよ」次郎は体を起こして、唇を重ねた。
「ダメ、私は清孝さんの妻よ。人妻だからだめ!」顔を反らせた。

その弾みで、淫裂と肉竿に隙間ができ、精液が流れ出した。
「次郎さんたら、こんなに出して!」康子はティッシュを淫裂に当てて、次郎から降りると、胎内に放出された次郎の精液が一気に吹き出した。
それをティッシュで拭いていく。

「ねえ、次郎さん。これからはセックスの処理は、先生にお願いして」丁寧に淫裂を拭きながら康子が言う。
「そうだな。姉貴とはこれが最後だから、先生か真理とオ○ンコするしかないね」ズボンを直しながら言う。
「そうして、その方がいいわよ」康子は脱いだパンティ、ブラジャーと着込み、通勤着を着込んだ。

そして「次郎さん、また先生のヌードショーをしましょうよ!」
「俺もそう思っていたんだ。今度はSMなんていいんじゃないかな、ほら、別荘に住んでいる、奥さんとメイドも楽しめるし…」
「そうよね、SMショーも面白いわ。清孝さんにも、セックスさせてあげて。誰とでもいいから…」

「いいのかい。そんな事させて?」
「だって、私が次郎さんと不倫をしたんだから、罪滅ぼしをしないと…」康子と次郎はショーの計画を練っていた。

だが、そんな事を知らない香奈は、四つん這いにされて犯されていた。
「もう許して、何回も出したでしょう。もう許して!」香奈は4人に2回づつ噴射され、3回目の放出だ。
淫裂から流れ出た精液が太股を濡らしていく。

「ダメ、限界だ、だすぞ!」
「許して、もう出さないで!」若い高校生達は、淫裂に思う存分、放出を繰り返し「だめ、もうだめ!」崩れていく香奈だ。

 
 
 
 

 
toukou07
 
toukou

 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!mitinohosi
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA