私の身体を捧げます アナルに染み込む白い体液

shy468-02

46860-01

kannou468-4


【第11話】

 

「そろそろ終わらせないと、本当にやばいかもね」

「ひぐ、ぐぅ……そんな、誰かに見られたりしたら……」

吉村の腰が豪快に前後していた。
無防備なまま生贄のように差し出されるヒップを目がけて、ヌラヌラとテカる肉棒が優子のアナルを目指してねじ込まれる。
肛門の括約筋を引き伸ばし、内臓の粘膜までえぐり取るかのように深く深く突き貫かれる。

「その時は、素っ裸にさせた優子を囮に、僕だけ消えさせてもらおうかな。驚いてる生徒を相手に、ヌードデッサンのモデルでも買って出るなんて、どうかな?」

「はぁ、はい……隼人君がぁ……んはぁ、そう言うなら」

男として最低な物言いを、冗談ぽく語る吉村であった。
それを悩ましく上ずった喉で、真に受けたように応える優子でもあった。
だがその間も、彼女の尻穴は好きなように犯され続けている。

(もっと絞めつけたら……ダメ、お尻の穴が麻痺しちゃって、ぜんぜん力が入らないの)

腸壁をこすり撫でる肉棒からの刺激。
排泄器官を、セックスの道具として弄ばれる汚辱感。

挿入当初のひりつく痛みは、初体験のセックスと同じく霧のように消え失せていた。
けれども取り残されたような、わだかまりにも似た感触はいったい何なのか?

いつしか棚板にしがみつき、ただ一方的に男のセックスに付き合わせられながらも、優子は思った。
突かれるたびに背中のラインが湾曲し、ぶら下がるだけの乳房を制服の中で揺らせながら、思考の鈍る頭で考え続けていた。

「こっちの穴なら出しても構わないよね。妊娠なんて有りえないからさ」

「い、いいよ……はぁ、隼人君の精液……ふぅ、優子のお尻に……」

直腸の粘膜を削り抉られながら、優子は応える。
胸を掻き毟られるような、どうしようもない背徳感の刺激を覚えながらも、沸々と煮え立つ切ないモノも混ぜ込ませて。

「僕に優子の身体を自由にさせてくれるなら、その間は……ううっ……」

「ひやぁ、掛けられてるぅ……優子のお腹の中にぃ、んんふぁっ、ピュッ、ピュッってぇ……」

とても大切なことを両耳が聞いた気がする。
けれども優子は、内臓に沁みこむ男の体液の感触だけを意識していた。
崩れ落ちそうになる身体を懸命に支えながら、男が残した体温だけを感じていた。

「あっ?」

教室の扉が開かれていた。
顔を覗かせた下級生らしい少女が揃って立ち竦み、二人の姿を唖然とした目で見つめていた。

「もう、こんな時間か。結局、先生に頼まれてたデッサンの教本、ここには無かったようだね。ねぇ、川口さん」

「えぇ、そうだね。きっと先生がどこか他のところに置き忘れたのかも。行きましょ、はや……ううん、吉村君」

大きくまくり上げられていたスカートは、下ろされる途中であった。
行為の最中、足元から抜き取られていたパンティーは、小さく丸められ、吉村の手の中へと。

そして白々しいセリフを残して、二人は身体を離した。
しっかりと匂い立つように漂う男女の体臭を意識しながら、美術教室を後にする。
なんともいえない表情で見送る女子生徒から逃れるかのように、どこか足早の歩みで。

(やだ、垂れてきてる。隼人君の精液が下の方まで)

アナルセックスの名残りが、優子の内腿を汚していた。
歩くたびにそれはたらたらと流れ落ち、足首までを覆う白いソックスに沁みこんでいくのだった。

 
kanrinin01
 
toukou
 
 
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA