凌辱された山村女医 剃毛と本番

【第15話】
 

やっと音楽が終わった。
香奈は楽屋に戻ってきたが(今度は性器の中まで見られてしまう…)顔が緊張していた。

「先生、舞台に道具を用意して置くよ」拓也は次郎と純一に運ばせていく。
(見られながら、ヘアを剃るのはいや…)項垂れ黙ったままだ。
「今度は丸出しでよ。踊りはいいから、口上を間違えないでね」康子が念を押すと(言いたくない、あんな恥ずかしい事なんて!)体が震えている。

そんな香奈にはお構いなしに、時間が迫っていく。
体育館の方からは「早く見せろよ。見てやるから!」声が掛けられていた。
「先生、急いで!」(いや、こんなの着たくない!)渋々、用意されたストッキングを履き、腰にガーターベルトを巻き付け、吊り上げている。

「いいね、真っ黒なストッキングとガーターは娼婦みたいで」
「あなた、私も今夜着てみようかしら。楽しいわよ」康子は清孝の股間の反応を確かめていく。
(堅いわ、先生のヌードに興奮してこんなに膨らんでいる…)ニヤニヤして股間を撫でていた。

ストッキングを履くと、同じく黒い色のカップのないブラジャーを着けていく。
豊満な乳房が下から持ち上げられて、さらに大きく見えている。
「お似合いね。それなら、娼婦と間違えられるかもよ!」康子は軽蔑の言葉を掛けて「う、う、うー!」堪えきれず泣きだしてしまった。

「泣いてどうするんだ。夫婦の生活を覗いたくせに!」清孝が怒鳴った。
(そうよ、覗いたのがいけなかったんだ…)後悔しても、どうする事もできない。
「先生、出番だよ、やらないと」
「わかりました」小さな声で返事をして舞台へと歩いた。

舞台に立つと「先生、いいよ。そんな売春婦みたいな格好も」「素っ裸よりも興奮するよ」歓声が響いていく。
そんな歓声を尻目に「村の皆さん、大事な話があります…」香奈は康子に教わった口上をしゃべり出した。

すると「何だろう?」体育館が静まりかえっていく。
「実は、私は覗きをしてました。夫婦の夜の生活を覗いていました…」泣き声になっている。
「それを見ながら、指でオナニーをして、セックスの処理をしていた悪い女医です」
そんな香奈の口上を黙って聞いていく。

「そこで、お詫びと言っては変ですが、私は坊主になります…」
その言葉に「えっ。坊主に?」どよめきが体育館にあがった。
「勘違いなさらないでください。坊主は坊主でも頭ではなく、性器を坊主にします」やっと言え、香奈の目からはポタポタ涙が落ちていく。

「剃るんだってよ、オ○ンコを!」
「見たいよ、オ○ンコの剃る様子を!」香奈とは対照的に歓声が上がっていく。
「剃るなら早く剃ってくれ。ついでにオ○ンコの中も広げて見せてくれよ」
「そうだ、オ○ンコの中も見せろ!」

「そり終えましたら、皆様にじっくり見て貰いますから、まずは坊主のオ○ンコをご覧下さい」
泣きながら香奈は、舞台に用意された椅子に腰を下ろして、太股を開いていく。
「いいぞ、オ○ンコが見えるぞ!」香奈の股間からは絨毛に包まれた、ピンクの裂け目が見えている。

(見られている、性器の中まで!)震えながら、絨毛に石けん水を塗っていくと、立っていた絨毛が肌に密着して倒れていく。
石けん水を充分含んだのを確認すると、香奈はカミソリを右手に持ち、股間に押し当てた。

「ジョリ、ジョリ!」カミソリが動き、股間の地肌が見えていく。
(恥ずかしいわ、ヘアのない性器だなんて!)震える右手だが、そんな香奈の動きを村民がじっと見ている。
「いよいよ、オ○ンコが丸出しだぞ!」
「そうだな、あの女医が素っ裸になった上に、オ○ンコの毛を剃るんだからな…」期待で股間を膨らませている。

香奈は村民が見守る中、カミソリを動かし続けている。
(ここを剃ったら、性器が丸見えになってしまう!)恥丘の障害物は全て剃り上げられ、淫裂を囲む部分だけが残されていた。
「いよいよだ。オ○ンコが見えるぞ!」残り少ない絨毛が消されて、ピンクの割れ目から飛び出した肉襞が見えてきた。

(見られている、無毛の性器を!)項垂れ、なおもカミソリを動かしていく。
「見えるぞ、先生のオ○ンコがしっかりと!」大きな声が静まりかえった体育館に響いていく。
(見られている、死にたいくらい恥ずかしい!)香奈は自らの手で、股間の絨毛全てを剃ってしまった。

「皆様、これで坊主です。お約束の性器の中もお見せします…」震えながら、淫裂に指を入れて広げていく。
ピンクに染まった内部が丸見えになっている。
「いいぞ、早く次をやれ!」罵声に怯える香奈だ。

「それでは、私が覗きをしながらしていた、オナニーを始めます…」
そう言うなり、指で絨毛の消えた淫裂上部にある、クリトリスを指で触っていく。
包皮を指で捲り、露わになった小さな真珠を撫でて「あ、あ、あー!」香奈の喘ぎ声が響いていく。

「すげえ、あんな事をしていたのか!」香奈のオナニーに、村民も興奮して盛り上がっていた。
香奈は村民の見守る中で、淫裂に入った指の動きを早めていく。
(気持ちいいわ、恥ずかしいけどけど気持ちいい!)大勢に見られながらもオナニーをして行く香奈だ。

(これで、終わりだわ)香奈はそう思っていたが、間違いだった。
舞台には、全裸になった拓也と次郎が現れた。
「いや、いや。こんなの違う!」香奈はオナニーをやめて、股間を押さえている。
「いやでもやって貰わないと。オ○ンコを見ていたんだから、今度はオ○ンコしているところを見せる番だ!」

「いや、いやよ。犯さないでー!」叫び声が響く中、香奈は四つん這いにされてしまった。
「入れないで、お願いよ!」村のほとんどの男が見守る中で、香奈は拓也に犯されて、首を振って叫んでいる。

「静かにしろよ、これで口封じだ!」前に立った次郎が、香奈の口の中に肉竿を押し込んだ。
(いや、こんなの見られたくない!)舞台で香奈は淫裂と口に、二つの肉竿を迎え入れしまった。

拓也と次郎は息を合わせて肉竿を動かしていく。
(ダメ、動かさないで、いやよー!)膣の中に入ると同時に、喉の奥にも肉竿が入ってきた。
「これも、触ってほしいんだろう?」香奈の垂れ下がって、揺れ動く乳房が2人に掴まれ、肉竿の動きに合わせて揉まれていく。
「やりたいよ、先生とのオ○ンコが!」見ている皆が興奮している。

その興奮を一手に受けて、拓也と次郎は肉竿の動きを早めていく。
(出さないで、せめてものお情けよ。射精はしないで!)そんな願いなど通用しなかった。
「中だしだ、オ○ンコの中に出したぞ!」
「フェラも出したぞ、見ろよ」口と淫裂から糸を引いて精液が流れていく。

(見られている…。射精された性器を…)射精を受けた香奈は、仰向けにされて足を開かされていく。
「村民の皆さん。先生は皆さんの精液を体で汚されたいそうです。ただ、オ○ンコと口は無理ですから、オッパイを揉みながら噴射してください」

(いやよ。触らないで、お願いよ!)香奈はブリッジする形で、開脚したまま椅子に縛られた。
「順番です。オッパイを揉みながら、溜まったザーメンを先生目掛けて噴射して下さい」
(そんな~。精液を体で受けるなんて…)拓也達の言葉に理性が消え、本能丸出しになった村民は、列を作り香奈の前に並んだ。

「オ○ンコを触りながらもいいんだろう?」
「オ○ンコの中に、指を入れない限りいいですよ」香奈は乳房と淫裂を触られながらオナペットの役目をしている。
「いや、私はオナペットじゃないわ、オナニーなんかしないで!」

香奈の叫び声を無視して、香奈の乳房と淫裂を触りながら、香奈を犯している想像をして肉竿を擦っていく。
「いやー、いやー!」逃れる事のできない香奈は、乳房と淫裂に肉竿から噴射した精液が飛び散っていく。

「許して、もう許して!」噴射を終えると交代して、また乳房と淫裂を触られ、精液を吹き掛けられて、体には精液がびっしりと糸を引いている。
それでも香奈の乳房と淫裂を触りながら、村民は精液を香奈に噴射してく。
「う、う、う!」嗚咽を上げる香奈の体は、髪の毛から膝まで精液がびっしりと付いている。

こうして、香奈のショーが終わり「先生、良かったでしょう。見て貰えて!」ニヤニヤしながら村民達は体育館から引き上げた。

「こんなに精液が。洗ってらっしゃいよ、シャワーがあるから」康子に言われ香奈はシャワーを浴びて精液を洗い落としていく。
(もういや、こんな事させられるなら死んだ方がいい!)丁寧に体に付いた精液を石鹸で洗い落としている。

村民に掴まれた乳房と性器も洗い、10分ほど康子達の所に戻ってきた。
「先生、これからは服は着なくていいわ。生まれたままのオッパイと性器を丸出しで暮らすのよ」
「許して、康子さんに清孝さん。謝りますから素っ裸のままは許してください…」泣きながら言う。

「許さないわよ。清孝さんとのセックスを覗き見していたんだから」康子は香奈の髪の毛を掴むと「ひー!」悲鳴を上げている。
「診療所だけは、裸を許して下さい…」
「あら、女医としてのプライドがあるのね。いいわ、診療所では着てもいいわよ、白衣を」康子は乳房を鷲づかみし「ひー!」また悲鳴を上げる香奈だ。

「姉貴、いじめは後でいいから、もう帰らないと…」
「そうよね、先生はそのままで帰るんだからね」康子の言葉に項垂れて脱いだ服をかたづけていく。
「行くよ、康子」康子達は楽屋から駐車場に向かうと、まだ村民が残っていた。
それは、香奈の全裸が見たかったからだ。

「いいな、女医さんのオッパイとオ○ンコは!」股間を膨らませてみている。
(見ないで、お願いよ、見ないで!)脱いだ服で、前を隠して車に乗り込んだ。
香奈が乗ると清孝は車を走らせ、5分くらいで自宅に戻って来た。

「先生、内に寄っていきなさいよ」(また、恥ずかしいことをさせる気ね)康子の言葉に、一緒に車を降り、3人は康子達の家に入っていく。
「先生、見たいでしょう。私達のセックスを?」
「見たくもありません。もう見たくありません…」項垂れ力無く答えた。

「遠慮するなよ、見せてやるから。オナニーもしていいぞ!」清孝は香奈の前で服を脱ぎだし、康子も脱いでいくが(いや、こんなのいやよ)目のやり場がない。
「あなた、して。オ○ンコの中にいっぱい頂戴!」「わかってるよ、康子のオ○ンコが最高だから」衣服を脱いで2人は全裸になった。

「行くよ、康子」康子は四つん這いになって腰を押さえられた。
「いいわ、いいわよ、オチンチンがいいの。もっとして!」
「康子はスケベだな。それでも看護婦か?」
「そうよ、康子はスケベな看護婦なの。オ○ンコも大好きな看護婦よ!」康子は香奈の顔を見ている。

(いや、見つめないで、オナニーしている姿なんかを…)香奈は足を開き、乳房を揉みながら、淫裂を触っていた。
「あなた、感じるわ。見られていると感じるの…」
「俺もだ。凄くいいんだ。今日は何回も出すよ」腰の動きが早まっていく。
(変態よ、あなた達夫婦こそ変態よ)オナニーをしながら眺めていた。

清孝は徐々に登り詰めていく。
「だすからな、康子!」清孝は康子の尻に密着している。
(射精だわ、射精が始まった!)康子の淫裂から白い液体がポタポタ落ちていく。
「あなた。もっと欲しい!」
「少し休まないと無理だよ」肉竿が萎縮していく。

「先生の口で膨らませてもらうのよ」康子が、途切れ途切れに言うと「そうだな、やれ!」汚れた肉竿が香奈の口に押し当てられた。
「う、う、ぐ!」香奈は言われたまま、肉竿を唇で擦っていく。

「あなた、堅くなったわね、今度はだっこして!」
「わかってるよ」康子は抱きかかえられ、駅弁で結合していく。
(凄いわ、オチンチンが膣に食い込んでいる!)香奈は結合部をしっかり見つめていた。

「いいわ、あなた。子宮の中が気持ちいいのよ」康子は清孝の口に乳房を押しつけ抱きついている。
「俺もだ。先生しっかり見ろよ。出すから!」清孝は康子の太股を激しく振り「あん、あん、あん!」淫裂から蜜が流れている。

「出すよ、出すぞ!!」清孝は2回放出を行いやっと終わった。
「先生、帰りは素っ裸だからね」
「わかってます…」香奈は生まれたままの姿で、宿舎に向かった。

 
 
 
 

 
toukou07
 
toukou

 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!mitinohosi
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA