凌辱された山村女医 ヌードショー

【第14話】
 

翌日、香奈は項垂れて宿舎を出るが、歩く姿も元気が感じられない。
(ここから逃げたい…。でも、ビデオと写真を撮られたから、逃げれないし…)歩いて行くと診療所が見えてくる。

「先生、おはようございます」わざとらしく、康子が声をかけてきた。
「おはよう」まともに、康子の顔をみれない。
「先生、今日もがんばりましょうね」康子はいつものように、香奈と診療所に入って行く。

診療所では、何も知らない患者が並んでいる。
「先生、着替えて早くしましょうよ」
「そうね。そうしましょう」2人は更衣室で白衣を着込んでいく。
「先生、5時までは女医さんですが、それ以後は、私の言いなりですから、わきまえて下さい!」

「わかりました…」元気なく返事をする香奈だ。
「わかればいいわ。先生、診察を始めますよ」
「お願いするわ、康子さん」こうしていつものように始まり、いつものように1日が終わった。

「先生、5時ですよね。これからは、私が主役ですからね」
「心得てます…」
「だったら戸締まりして。それから踊りの練習よ、衣装も用意しておいたし」機嫌のいい康子だ。

(悔しいわ。年下の子に命令されるなんて…)悔しさを堪えて、診療所の戸締まりをしていく。
「終わりました」
「だったら、始めるわよ。衣装を用意して置いたから着替えないと」服を見せた。

「こんな、派手なのを着るんですか?」
「これが普通よ。こんなのは派手でも何でもないわ。時間がもったいないから、着替えて!」康子に言われるまま白衣を脱いだ。

「下着もあるから、素っ裸になって!」香奈は黙って、シャツを脱いでいく。
「相変わらずね。もっと色っぽい方がいいのに…」
(勝手に決めないで。私はこれで充分よ!)唇を噛み、シャツを脱ぎ終えるとズボンも脱いで下着姿になっている。

「これを着て。これから練習よ」康子は紐の付いた下着を手渡した。
「恥ずかしいわ。こんなのを着るなんて…」
「文句を言わないの、とにかく着るのよ!」香奈はパンティを下げて、絨毛が見えてきた。
パンティを膝まで下げ、体を丸めて足をあげていく。

「先生、まだピンクね」(いやよ、性器なんか見ないで!)康子に淫裂を見られて体が小刻みに震えている。
右足をパンティから抜くと、今度は左足を上げて抜き、小さく縮こまったパンティが両手にある。

(今度はブラジャーだわ)パンティを床に落とし、ブラジャーのホックを外した。
「プチン!」狭いカップに収まっていた乳房が飛び出て行く。
(これで、フルヌードだわ。ヘアも丸出しのヌードになった…)恥ずかしそうに全裸になった香奈は、脱いだ下着を片付けていく。

全裸になった香奈は、康子が渡したパンティを履いていく。
(こんなの恥ずかしい!)小さな布地を淫裂に押し当て、紐を結んでいく。
(片方でも外れれば、性器が丸出しになってしまう…)結んでいる間は、淫裂が丸見えになっている。

(急いで隠さないと…)片方を結び終えると、急いでもう片方の紐を掴み結んでいく。
だが、小さな布地は淫裂を隠すのがやっとで、絨毛まで隠す事ができない。
「先生、ヘアがはみ出てますよ」
「言わないで、そんな事は!」両手で股間を隠す仕草に、乳房が揺れ動いている。

「ま、いいか。次は白いナイロンのスリップよ!」言われるままに着込むと、スリップから乳房が透けて見える。
「これなら、いいわね」満足したのか「その上には、これがいいわね」康子が着ていた白衣を着込んだ。

「いい、始めるわよ!」康子は振り付けをし、香奈も踊りを何とか覚え、30分ほどで一通り練習を終えた。
「今度は、音楽に合わせて踊って!」ラジカセから音楽が流され、それに合わせて踊り、音楽が終わった。

「先生、ここからは別な音楽よ」音楽が流された。
「音楽に合わせて、ボタンを外すのよ」
「それって、ストリップよ!」
「そうよ、ヌードショーだから当然ストリップよ。性器の中まで丸出しする特だしストリップをするのよ!」それには、香奈は声をあげられない。

だが、康子の言われた通りに、しなければならずず、衣を脱ぐと乳房が見えてきた。
「いい、肩紐を焦らすように脱ぐのよ。じっくりと!」肩から紐をずらしていくと乳房が見えている。

「そうよ、その調子よ」もう、片方も外すと、スリップが落ちて香奈の乳房が揺れ動いている。
「いい、オッパイを揺らすように踊るの。腰を振りながら!」
(いや、こんなのいやよ!)腰を振りながら、乳房を揺らせていく。

「そこで、紐を解くの!」(性器を丸出しにするんだ…)ゆっくりと、結び目を引いていく。
「いいわよ、色っぽくて!」結び目が解けて、股間が丸見えになった。
(これを、大勢の前でするなんて!)泣きたい気持ちを堪え、残された結び目も解いていく。

「そうよ、素っ裸よ。先生は素っ裸がお似合いよ!」全裸になっても踊らされ、時折、絨毛の中の淫裂が見えていく。
「先生、今日はこの曲だけど、明日は別な踊りも追加するからね。着物姿よ」
こうして、康子の指示で、診療時間が終わると、恥ずかしい踊りを練習させられた。

香奈は2週間ほど練習をした。
「大部上手になったわ。いよいよ、明日が発表会の日ね」わくわくする康子だ。
(いや、ヌードになんかなりたくない!)泣きそうな顔で、全裸になり乳房を左右に揺らせていた。

「先生、3部構成よ。最初は白衣で、2部が着物。最後はヘアを剃ってからのオナニーショーよ」
「オナニーはしたくありません。それにヘアも剃りたくありません…」
「性器を坊主にして詫びて貰いたいのよ。それに、口上の練習もしないとね」康子に言われ、項垂れた香奈は涙を流していた。

(ヘアを剃って、オナニーなんて!)声こそ出さないが、泣いていており、康子は原稿を渡し、それを読んで行く香奈だ。
「覚えきれないでしょうから、読みながらでもいいわよ」香奈は泣き声になりながら、渡された原稿を読み練習していった。

そして、いよいよ香奈の恐れていた日が来た。
「先生、行きましょう!」拓也達が迎えに来て、康子夫婦も迎えに来ている。
「先生、ヌードを見て欲しいんだってね。しっかり見てあげるからたっぷり見せてよ、惜しみなくね」清孝がニヤニヤしながら、香奈を見つめている。

(違うわよ、脅されてやるのよ。ヌードになんか、なりたくないのに!)俯いて唇を噛んだ。
「先生、行きましょうよ。打ち合わせもあるし」香奈は康子夫婦の車に乗って体育館に向かった。

「先生、村の皆が期待してますよ。自慢のオッパイを見てあげるって!」運転しながら清孝が言う。
「そうよね。ただで先生の裸を見れるなら、見ないのはバカよね」康子の言葉を黙って聞いている香奈だ。

程なく、車は体育館に着いた。
「すげえな、これじゃ、村の男は全員参加じゃないか!」
「そうね、大人は全員みたいよ」体育館の中は村民が大勢入っている。
(こんな大勢の前で、素っ裸になるなんて!)体が自然と震えていく。

「あ、先生だ。見てあげますから、出し惜しみしないでくださいよ!」村民から声が掛かった。
「大丈夫よ。先生は体の全てを見せるそうだから!」
「だったら、ヘアも丸出しにするのか?」

「そりゃあ当然よ。今時、ヘアを出さないとヌードとは言わないのよ」
「そうか。だったら、先生のあそこが見れるのか…」自然に笑顔になっている。
(勝手な事言わないでよ!)泣きたい気持ちを堪えて、楽屋に入っていく。

「先生、着替えないと」
「わかってます…」項垂れて、運ばれた衣装を選んでいく。
「急いでよ、急がないと」康子の言葉に、急いで服を脱いぐが、下着は着けてない。
「いいね、この姿が!」拓也は揺れている乳房を掴んだ。

「ダメよ。これから踊るんだから。終わったらしてあげて。先生の好きなセックスを!」康子は軽蔑した顔で言う。
(あなた達こそ、セックスが好きなくせに!)黙ったまま用意してある衣装に手を通していく。

「準備はいいわよ、進行をうまくやってね」
「任せてくれ。俺はこういうのが得意なんだから」拓也が村民が待っている舞台に立ち、なにやら話していく。

「出番よ、ほら」拓也が舞台から戻ってきた。
「わ、わかってます」震える体で白衣を着込んだ香奈が、舞台に向かった。
(まずは、口上だわ…)舞台に立った香奈は挨拶をしていく。

そして、最後に「今日は、前から念願だったヌード姿になりますから、私の全てを存分に味わって下さい…」震える声で言い、それと同時に音楽が流され、音楽に合わせて踊ると、村民が眺めている。

踊りは4分程で終わり、曲が代わった。
(脱げと言うのね…。ヘアを丸出しの素っ裸に…)顔は青ざめ、練習した通りにボタンを外していく。
「見えてるよ。オッパイが!」歓声が体育館に響き渡っていく。

香奈はボタンの外れた白衣を脱いでスリップ姿になった。
(見られているわ、オッパイが!)目を真っ赤にしながら、スリップを脱ぐと、乳房が揺れ動いている。

(これを外したら、性器が丸出しになってしまう!)顔を強ばらせ、練習した通りに、腰を振りながら結び目を引いた。
「オ○ンコだ、女医さんのオ○ンコだ!」信じられないと言った様子で、歓声が鳴り響いている。

(見られてしまった。性器が!)失望感を味わいながら、最後の結び目を解いて全裸になって踊っていく。

踊り始めてから、もう10分も経った。
音楽も鳴りやみ、幕が引かれていく。
「1部はこれで終わりです。準備ができ次第2部を始めます」再び拓也が舞台で説明し、その間に香奈は着物姿に着替えていく。

「準備はいいわよ。着替えも終わったし」着物姿になった香奈は、再び舞台に向かっていく。
「準備ができましたようです。それでは第2部の始まりです」拓也の挨拶で幕が開き、音楽が流れていく。

着物姿の香奈は音楽に合わせて踊っていく。
「いいね、着物姿も!」村民は香奈の姿をうっとり見つめていた。
(また、素っ裸になるなんて)音楽に合わせて踊る香奈は、顔が強ばったままだ。

音楽が代わり、香奈は練習した通りに帯を解いていく。
「いいね、色っぽいよ!」着物を脱ぎ終えると、襦袢も脱いで腰巻きだけの姿だ。
「オッパイがいいね、早く腰巻きも脱いで欲しいよ」香奈は性器だけを見ている村民に気が付いている。

(性器を見たがってる…)ゆっくり腰巻きを解いていく。
香奈は解けた腰巻きで股間を押さえている。
「早く脱げよ、オ○ンコを見てやるから!」屈辱の言葉に香奈は扇子を広げて股間を隠した。
(あそこの裏が、オ○ンコだ!)体育館の村民は扇子に目が集中している。

(これで踊るなんて!)音楽に合わせて扇子が動き、時折、絨毛が見えていく。
「もったいぶるなよ。早くオ○ンコ見せろよ!」それは香奈にも聞こえた。
(やるしかないのね!)扇子が退けられて、香奈は淫裂を晒したまま踊っていく。

「先生。どうせなら、オ○ンコが見えるように、ヘアも剃ってくれよ!」揺れ動く乳房と絨毛を晒す香奈に注文が付いた。
(勝手な事言わないで。性器を出して、踊っているのに!)泣きそうな顔になって踊っている。

扇子が時折、乳房と股間を隠していくが「隠すなよ、オ○ンコを見て欲しいんだろう。見てやるから、出し惜しみするな!」
体育館の村民は興奮していて、香奈への尊敬から侮辱と代わっていた。
(どうして、こんな事に!)涙を流しながら、乳房と絨毛を晒して踊っている。

 
 
 
 

 
toukou07
 
toukou

 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!mitinohosi
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA