バレンタイン~白い幸福~ 濡れて可愛い

 

【第4話】

仰向けで寝転ぶイヴに重なった車井は愛撫をしながらゆっくりと下がっていった。
左手で美尻を撫で右手は腹部を愛でる。
臍から下に降りた指はまもなくパンティに掛かった。
だけどまだ脱がせようとはしない。
パンティの上からの愛撫はこんもりと小高い丘に到達した。

(あっ……)

3本の指を使ってまるでエステマッサージのように丁寧に腹部を撫でた。
やがてその指は小高い丘下方の窪みへと下りていった。
その奥にある肉の感触を愉しむかのように執拗に指が這い回る。

「ああっ……そこは……」

車井は指の腹で窪みをゆっくりと押してみた。
クロッチの上からだというのに、その柔らかな感触は指に吸いついてくるようだ。
愛撫を繰り返しているうちに、わずかだが中央に薄っすらと染みが現われ、軽く押しただけなのに凹みが残った。
染みができた部分を何度も擦っているうちにくっきりと縦線が現われた。
脱がしていないのに女性器の形が浮き彫りになっている。何と卑猥な光景だろうか。

「もう濡れて来たみたい。とてもかわいいよ」

と車井はつぶやいた。

「恥ずかしい……」
「ん?でも、濡れてきてかわいいって、俺、変な日本語使ったかな。ははは~」
「うふっ、でも何となく分かる気がします」
「そうなの?じゃあ、もう一度いうかな?濡れてかわいい」
「あぁん……いやぁ……」

車井はイヴのよく引締まった両足を広げ股間に顔をうずめ、すでに染みが浮かんでいる部分に唇を這わせた。

「ああんっ!」

イヴが火がついたように声をあげた。
車井はイヴの声には反応せず尚も薄い布の上に舌を這わせた。
下から上へ……上から下へ……入念に……綿密に……

「ああ……だめ……だめっ……そこだめ……」

イヴは無意識のうちに否定ではない否定形言葉を連発した。
車井はイヴのパンティを脱がさずに、クロッチ部分を片側に寄せ陰裂に指を割り込ませた。

「あぁっ……いやっ……」

サーモンピンクの陰裂からはすでにおびただしい蜜が溢れていた。
車井は指で撫でたり陰裂を広げたりして観察している。

「いや、見ないで……お願い……」

車井はクロッチの隙間から覗いている陰裂に舌を挿し込み内部をえぐるように旋回させた。

(ピチャピチャ……ピチャピチャピチャ……)

車井はわざとイヴに聞こえるように音を立てて秘裂をしゃぶりあげた。

(ベチョベチョベチョ……ベチョベチョベチョ……)

「ああん、いやん~、音やめてぇ……恥ずかしいから……あぁ、変に……なりそう……ああ~ん……」
「早乙女さん、どうしたの?」
「ああっ……そんなぁ……いじわるぅ……」

車井がパンティに指を掛けたとき、ついにその瞬間が訪れるのかとイヴは胸ときめかした。
憧憬していた車井との一夜……とばりがもうじき開く。

(ついに、車井課長の前で私のすべてを晒すんだわ。すごく恥ずかしい……でも嬉しい……すべてを、すべてを見てもらいたい……)

車井がイヴのパンティを下ろすと、比較的薄めの茂みが目に入った。
ゆっくりと指を這わせ探索するかのように茂みをかき分けた。
茂みの奥には愛らしい薄紅色の真珠が顔を覗かせていた。

 
toukou02
 
toukou
 
 
この作品は、愛と官能の美学 Shyrock様から投稿していただきました。
尚、著作権は、愛と官能の美学 Shyrock様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
ラヴラヴから凌辱ものまで多ジャンル官能小説取り揃え
体験談・投稿体験談・夜学問・官能詩
エロエッセイ・その他カテゴリー多数
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA