凌辱された山村女医 露見

【第13話】
 

「奥様、私一回でいいから、SMをやりたかったんです。特に、サドに惹かれるんです…」
「香奈さん、聞いたでしょう。あなたはマゾになるのよ!」

「いやよ。そんなのできないわ!」
「いやでも、やるのよ」香奈の両手が、後ろに回され、赤い紐で縛られていく。
「やめて、何をする気なのよ!」
「先生とちょっと楽しみたいだけなのよ」赤い紐は両手を縛り終えると、首に伸びていく。

「やめて。いけないわ。やめて!」首から伸びた紐が、真下に落ちて恥丘を通り、お尻から背中を通って元に戻っていく。
「痛いわ。紐が性器に食い込んで痛いの。解いて!」

「我慢して。もうすぐ終わるから…」縦が終わると、今度は横に紐が捲かれた。
「やめて。オッパイが、痛いのよ!」乳房を絞るように、赤い紐が乳房に巻き付いている。

「終わりました。奥様!」
「いい眺めだわ。これもいいわね、これからは、これにしましょうか!」恵子は赤い紐が巻き付いた香奈の裸体に、妖しい目を輝かせている。

そんな様子に気づいたのか「奥様、これをどうぞ!」メイドは鞭を差し出し「これは痛いだけで、皮膚を傷つけません。ですから本気でやってもいいです、奥様」
「そうなんだ。やってみるわ」恵子は渡された鞭で、香奈の乳房を打った。

「ヒー!」悲鳴を上げる香奈の両乳房を、赤い筋が走っていく。
「ほんとね、赤くなるだけだわ。今度は、あなたの敏感な部分よ」
「いや、性器は打たないで!」香奈は腰を引くが、恵子の鞭が見事に淫裂に当たって「ギャー!」悲鳴と言うより、断末魔と言った感じだ。

「あら、お漏らししたみたいね」香奈の淫裂から尿が流れている。
「始まったばかりなのに…。本番はこれからなのよ」恵子は、なおも鞭で香奈を打っていく。
「打たないで、お願いですから打たないで!」泣きながら言う香奈は、医師の尊厳が消えている。

「そうはいかないのよ。楽しまないとね」恵子は香奈の縛られた乳房を、両手で鷲づかみした。
「う、ぅぅ!」息が詰まり呻き声をあげていく。
「柔らかくていいわね。女医にしては、いいオッパイよ」さらに爪を立てていく。

「奥様、私もしていいですか?」
「いいわよ。性器とお尻をたっぷり、可愛がりなさいね」
「はい、奥様!」メイドの2人も新たに加わり、3人で香奈を辱めていく。
「やめて、いやよ。お尻と性器はいやー!」診察室に香奈の悲鳴が響いていた。

そのころ、早退した康子は用事を済ますと、香奈の事が気になっていた。
「先生、大丈夫かしら?」心配になり、診療所に戻ると「あら、まだ患者がいたかしら?」診療所には靴がある。

「先生、いますか!」康子の声が診察室にも響いている。
「康子さんだわ。お願い、こんな姿を見られるわけには行かないの。解いてください!」
「そうだけど、こんな姿もいいわよ。お漏らしした姿を見せるのも…」

「いやよ、そんなのいや!」両手を後ろ手に縛られて、どうする事もできない。
「先生、いるんでしょう?」何も知らない康子が、診察室に入ってきて「先生!」康子の悲鳴に近い声が診察室に響いていく。

「見ないで。お願いですから見ないで!」両手を後ろ手に縛られ、紐で乳房を縛られた姿が、康子に見られている。
「あら、看護婦さんね。あなたも一緒に楽しまない?」」恵子はわざと康子の前で、鞭で香奈の乳房を叩き「ヒー!」香奈は顔を歪め、悲鳴を上げた。

「ほら、ここも欲しいでしょう?」淫裂とお尻に指が入っていく。
「指を抜いて。お願いです、抜いて下さい!」腰を振るが、逃げる事ができない。
「もっと、欲しいでしょう。オッパイにも!」鞭が振られた。

「ヒー!」乳房にまた赤い筋ができて「せ、先生!」康子は体を小刻みに震わせ、見守っている。
(どうして、先生が裸になって縛られているのよ…)見守る康子には、考えられないことだった。

恵子達の辱めは、1時間ほど続いた。
「香奈さん、また楽しませてね」香奈を散々いたぶった恵子達が、引き上げようとすると、今度はバイクのエンジン音が聞こえてきた。
(次郎さんだわ、気づかれないといいけど…)康子も気がかりだ。

「よ、先生!」康子の心配した通りで、拓也と次郎が診療所に入ってきた。
「すげえ。先生にそんな趣味があったのか!」
「これには、訳があるの。お願い解いて」
「そうね。後で訳を教えないといけないわよ、香奈さん!」恵子達が診療所から出て行った。

「先生、どうしてこんな姿になったの?」紐を解きながら康子が尋ねるが(言えないわ、私からは言えない!)黙ったまま項垂れる香奈だ。
「姉さん、俺から説明しようか?」次郎が言い出した。

「知ってるの、次郎さんが訳を?」
「勿論だよ。教えてあげるから、後でお礼が欲しいな」
「そんならいいわ。お礼なんて、できないし…」(体を求める気ね!)顔が強ばる康子だ。

「だったら、ただで教えるか。女医さんは、兄貴と姉さんのセックスを、覗き見してたんだよ」
「う、嘘よ、そんなの嘘よ!」信じられず、体を震わす康子だ。

「ホントだよ、セックスを見ながら、オナニーまでしてたんだよ」
「本当ですか、先生?」康子はうずくまっている香奈に尋ねた。
「ご免なさい。悪気で覗いていたんじゃないの。私も寂しかったの…」

「ホントに、オナニーをしたのね?」
「ご免なさい、謝ります」泣き叫ぶ香奈だ。
「診療所でのセックスも覗いていたの?」顔を赤らめて尋ねた。
「はい、見てました…」項垂れて言う香奈子だ。

「許せないわ。清孝さんとのセックスを見ながら、オナニーだなんて不潔よ!」真っ赤な顔で怒り心頭の康子だ。
「姉さん、そんなに怒るなよ。許してやれよ、姉さんだって、なにか一つくらい言えない事があるだろう?」

「でも、セックスを見られたのよ!」
「だったら見ていろよ。俺が、先生とやるからさ」
その言葉に「いや、許して。セックスは許して!」慌てる香奈だ。

「そうね。見ておきながら、見られるのはいやだなんて、許せないわ。無理してでも、セックスしなさいよ!」
「先生、聞いた通りだ。オ○ンコさせて貰うよ」拓也と次郎は、着ている服を脱ぎだした。

「許して。セックスは許して!」泣き叫ぶ香奈だが、2人は生まれたままの姿になった。
「まずは、俺からだ!」拓也が香奈に襲いかかった。

「いやよ。許してください!」香奈は四つん這いにされ、腰を両手で押さえられている。
「行くよ、先生!」拓也の肉竿が淫裂に押し込まれ「ヒー!」悲鳴を上げ、頭を左右に振っていく。

「姉さん、僕もしたいよ。ここで…」次郎は康子に抱き付く。
「だめ。もう、しない約束よ!」
「でも欲しいんだ。オ○ンコが…」次郎は康子のスカートの中に手を入れた。
「だめ、やめて!」康子は拒んでも、診察台に押し倒された。

「わかったわ。今日じゃなくて、後でしましょう。それに、絶対に清孝さんには言わないでよ」仕方なしに、承知した。
「そんな、事わかっているよ」次郎は康子のシャツの上から、乳房を触っていく。

一方の香奈は「いや、もう許して!」相変わらず悲鳴を上げている。
「拓也さん、一杯出してね。罰を受けさせないと」
「許して、康子さん。もうしないから!」詫びを入れるが、康子は許さず「ピタ、ピタ!」股間と淫裂のぶつかり合う音が、診察室に響いている。

そして、「うー!」遂に拓也の放出が始まった。
「許して。お願いですから、許してください」香奈の淫裂から、ポタポタと精液がしたたり落ちていく。
(射精されてしまった。子宮の中に…)避妊薬を飲んでいるとはいえ、膣の中への射精は屈辱だ。

「次郎さん。あなたも、先生とセックスを楽しんで!」
「それじゃ、お言葉に甘えまして…」今度は次郎が香奈を犯していく。
その間に「拓也さん、拭いてあげるね」汚れた肉竿を康子が丁寧に拭いていく。

「康子さん、今度は僕とセックスをしませんか?」
「ダメ、私は人妻よ。不倫はしないのよ」
その言葉は、香奈にも聞こえている。

(何が『不倫はしないわ』よ。義弟と楽しんでいたくせに!)次郎に乳房を揉まれながら、淫裂を肉竿で突かれる香奈は叫びたかった。
だが、それを言ったらすべが終わってしまうから、黙っている。

「先生、相変わらず素敵だよ。思い切り出すからね…」
「許して、膣の中は許して。代わりに、口で受け止めます!」
「仕方ないな。その代わり、先生が上でやるんだよ」体制が入れ替わり、香奈が馬乗りになって、腰を振っていく。

「上手だね。先生、どこでそんな事を覚えたのよ」
「言わないで、そんな事を!」香奈の淫裂から音が出ていき、次郎は揺れ動く香奈の乳房を掴んでいる。

「先生、限界だ。でそうだよ!」
「出さないで、口でするから…」慌てて、香奈は馬乗りをやめて、肉竿を口入れると同時に「うー!」次郎の精液を受け止めた。

2人の放出で香奈は解放され(終わったわ。これで…)香奈は康子の顔をまともに見られない。
「先生、これで終わりじゃないわよ。もっと恥ずかしい事をして貰うからね」康子も、香奈を乳房を鷲づかみし「ヒー!」悲鳴を上げる香奈だ。

「姉さん。どんな事をさせるんだい?」
「そうね。罰として、素っ裸になって村の中を歩くなんて、どうかしら?」康子は得意げに言うと「許してください。ヌードで村の中を歩くなんてできません…」大粒の涙を流して、土下座していく。

「姉貴、いきなりでは無理だよ。それには、お披露目をしてからでないと…」次郎がニヤニヤしながら言う。
「それって、どういう事なの?」
「まずはヌードショーでもして、先生の恥ずかしい姿を見て貰ってから、素っ裸になって暮らして貰うんだ!」

「それなら、村の人達も納得するし、ヌードショーも面白いわね。でも、どこでするのよ、場所がないわよ」
「あるよ。誰にも気兼ねなくやれる場所が…」
「それって、まさか村の体育館では?」
「そうだよ、その通りさ。あそこなら広いし、大人なら全員は入れるから」

思わぬ言葉が次郎から飛び出した。
確かに、体育館は1000人が楽に入り、施設も整っている。
「許して、大勢に裸を見せるなんてできません!」泣き声がさらに大きくなった。

「先生、やって貰うわよ。私達夫婦の営みを覗いてオナニーしていたんだからね」
「それに、先生とはオ○ンコのやり放題だよ。先生は避妊薬を飲んでいるから、安心して出せるし」次郎と康子の言葉に泣きながらうずくまる香奈だった。

「それより、先生に踊りを教え込まないと、いけないよ…」
「それは私に任せて。診療所で、たっぷりと鍛えてあげるから」康子は自信ありそうだ。

「そうだよな。姉貴は踊りも習っていたんだよな」
「ふふふ、看護婦見習い時代に、嫁入り修行に習ったから本格的よ。衣装も私が選ぶわ」
「口上はたっぷり教え込まないといけないよ。覗きを反省させないとね」

「そりゃ、当然よ。罰をたっぷり味わってもらうわ」こうして、香奈に対する辱めが決まった。
「先生、明日から踊りの練習よ。衣装も準備して置くからしっかりやるのよ」
(いやよ。ヌードなんていやよ!)ただ、泣いている香奈だ。

 
 
 
 

 
toukou07
 
toukou

 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!mitinohosi
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA