凌辱された山村女医 再会

【第12話】
 

車は山道を戻り、夕暮れ近い道を走り村に向かっていた。
ライトを点けた対向車が見えると、香奈は慌てて体を丸めて身を隠していく。
それを数回繰り返して、香奈の宿舎の前まできた。

「服を着させて!」怯えて体が震えている。
「先生は素っ裸が似合うから、そのまま降りてよ!」
「まだ、明るいし、誰かが、きっと見ているはずよ」
「すぐじゃないか。たった50メートルだぞ!」
「でも、ヌードを見られたら困る…」奥歯をガチガチ鳴らして言う。

「いやでも、やるんだよ!」拓也は香奈の脱いだ下着と衣服の全てを持って、車から降りた。
「返して、返して下さい!」手を伸ばして掴もうとするが無理で、拓也は玄関を開けて、持っていた服の全てを中に放った。

「先生。降りないなら、これから、たまり場にでも行くかい?」
「いや、もう裸を見られたくない!」車から降りて走っていく。
(見ないで、誰も見ないで!)乳房を揺らせ、絨毛を晒して走っていく。

普通なら、わずか10秒も掛からないが、香奈にとっては長い時間だ。
「あっ!」足を絡ませ転んだ。
(痛い!)全裸姿を人に見られたくないので、痛さなどかまっておれず、泥が体についたまま、起きあがり、また走り出した。

拓也は意地悪く、香奈が近づくと玄関を閉め「開けて、お願いあけて!」(見られる、フルヌードが見られる!)玄関を開けて中に転がり込むと「フー!」ホッとしている余裕などなく、玄関を閉めて鍵を掛けた。
拓也は「先生、楽しかったぜ!」外から声を掛けて車に戻り、走り去る音が聞こえた。

「とにかく、汚れた体を洗わないと」急いで浴室に入り、バルブを回すと、勢いよくお湯と水が浴槽に流れ「今日も、レイプされてしまった…」元気なく石鹸を泡立てて、汚れた体を洗っていく。
丁寧に淫裂の中も洗い「もう、綺麗になった」汚れた体を洗い終えると、浴槽に入り、体を温めてからベッドに転がり込むと中は暖かく、眠り込んでしまった。

翌朝、香奈はいつものように、診療所に向かっている。
「おはようございます」看護婦の康子が、元気よく声を掛けてきて「おはよう」香奈も挨拶をする。

「先生、今日は月曜日だから混んでますよ」
「そのようね、早く始めましょうか?」
「はい、先生!」診察が始まった。廊下で並んでいた患者達が次々と診察室に入ってくる。

「どうなさいました?」いつものように問診して診断し、そして世間話に代わっていく。
「先生、昨日若い女性が素っ裸で、ゴルフをしていたそうですよ」患者は得意げに言う。

「素っ裸でなんて!」(それは私だわ。間違いなく噂が広がっている!)恥ずかしそうに顔を赤らめた。
「本当ですよ。オッパイとアソコのヘアまで、出していたそうですよ」
「そんな事、恥ずかしいわ」

「先生が恥ずかしがっても仕方ないですよ。その子が恥ずかしがらないと。全くの変態なんだから…」得意げに言う患者だ。
(変態じゃないわよ。無理矢理されたのよ)叫びたい気持ちを堪えている香奈だ。

「あら、その話なら私も聞いたわ。性器まで丸出しにして、女性の風上にも置けないわ、先生!」
「そんな事があったの?」鼓動を早め聞き流す香奈だが、動揺は隠せなかった。

「先生、しっかりしてよ。ここを間違えてるわよ!」
「ご免なさい。ちょっと熱があって!」カルテに書いた処方箋の薬量を間違えてしまった。
「先生,今日は要注意よ」
「ありがとう、康子さん」康子に励まされようやく昼になった。

「先生、午前はこれで最後です」
康子は何も書かれていないカルテを3枚用意して「斉藤恵子さん、中へ入ってください」と叫ぶと「はい!」返事が聞こえた。
(斉藤恵子…。これで全てが終わってしまうかも知れない…)全身が強ばる香奈だ。

「こちらです」康子は恵子を診察室に連れてきた。
「どうなさいました?」まともに顔を見られず、下を向いたままだ。
「ちょっと、火遊びをやりましたので。この年で恥ずかしいんですが…」恵子も恥ずかしそうに言う。

「避妊用の女性ホルモンがお望みですね?」
「はい、その通りです…」
「でしたら、処方します。それから副作用もありますから注意してくださいね」
「それから、射精される前に飲む避妊薬も、お願いできませんか?」
「わかりました…」香奈は下を見たままカルテに書いていく。

「先生、どこかでお会いしてません?」横顔が気になり恵子が声を掛けた。
「さあ?」顔を上げない香奈に恵子は疑問を感じた。
(変だわ。医師だったら、患者の顔を見て確かめるはずなのに…。もしかしたら昨日の香奈さんでは…)

「ところで、香奈さんは年がおいくつで?」
「32です」
「そう、香奈さんは32なのね!」
(しまった、ばれてしまった!)黙ったまま、うっすら涙を浮かべている香奈だ。

「泣かなくていいわよ。何もしないわよ、私だって楽しかったし。それより今度も来てね。昨日のように…」目を輝かせ、白衣の上から胸を撫でている。
「やめて下さい。ここは診療所ですから…」力無く言う香奈だ。
「そうよね、ここは診療所だしね。それに女医さんだしね」
(脅しているわ、私を脅している!)体を震わす香奈だ。

「先生、薬出すんですか?」そこに、何も知らない康子が診察室に入ってきた。
「これを、お願いね」
「はい、わかりました」康子はカルテをもって薬品室に入っていった。

「ここは5時で終わりでしょう。後で楽しませてね。メイドも一緒によ」
「旦那さんは、どうなさいます?」
「平気よ、今夜は遅いから」(恥ずかしい事をさせられるわ。きっと!)項垂れたままだ。

「いい、5時に来るからね」恵子が診察室から出ていくと、代わって、あのメイドが入ってきた。
「あら、ここの女医さんだったんだ!」メイドも、驚きの声を上げた。

「ホルモンが欲しいんでしょう。避妊予防薬と一緒に…」開き直ったのか、香奈が言うと「そうです。それに見せて欲しいの。女医さんの、オ○ンコ!」その言葉に「できないわ、そんな事なんか…」顔が引き吊っていく。

「見せないなら、言っちゃおうかな。素っ裸でゴルフをしたのは、診療所の女医さんだって!」
「言わないで、それだけは言わないで。見せるけど、ちょっとだけだからね」香奈はスカートを捲り上げ、パンティを両手で掴んで、下げた。

「これが、たっぷり男を知った性器ね…」指で絨毛をかき分け、淫裂を見ている。
「もう、いいでしょう?」
「ねえ、このヒラヒラの先端が黒ずんでいるけど、どうしてなの?」
「痛いわ、掴まないで。それは年と共に黒ずむの。メラニン色素が多くなるからピンクが消えていくの…」

「へえ、セックスのやりすぎとは違うのか!」
「セックスとは関係ないの。年を取れば、あなたのヒラヒラも黒ずむわよ」香奈は振りきり、両手でパンティを戻していく。

「ま、いいか。でも、待ってるわよ、日曜日!」メイドが出ていくと代わって、二人目のメイドが入ってきた。
「ホントだ。昨日の女性は女医さんだったんだ!」

「あなたも避妊薬でしょう?」泣きたい気持ちを堪えて言う。
「そうよ。ピルも欲しいの。これからは、副作用の少ないピルを飲まないと…」香奈の胸を悔いるように見ている。
(今度はオッパイだわ。きっと!)香奈の予想が的中した。

「先生、このオッパイ、整形なの?」手が白衣のボタンを外してシャツの裾を捲っている。
「整形はしてないわ。生よ」
「ホントかな。調べさせて」ブラジャーのホックが外された。

「柔らかいわ、こんなオッパイ初めてよ」香奈の豊満な乳房を揉んでいる。
「やめて。こんなのを見られたら、ここには、居れなくなってしまうのよ」顔を背けて、露わになった乳房を、拒むことなく揉ませている。

その時「せ、先生!」康子の悲鳴が聞こえた。
「誤解しないで。乳ガンの指触検査を教えているのよ」慌てる香奈だ。
「そうなの、オッパイをそうするの?」
「そうなの。大部わかったでしょう」ブラジャーのホックを直して服を直していく香奈だ。

「先生、ありがとうございました」メイドは診察室から出ていった。
「これ、お願いね!」
「はい、わかりました」康子は処方箋に書かれた薬を取りに診察室から出ていく。
「見られてしまったわ。オッパイを触らせている所を!」体を震わせていた。

午前中は、恵子達が最後で後は昼食だ。
「先生、私にも教えてください、乳ガンの検査を…」
「いいわよ、食べ終わったら教えてあげるわ」(ばれてないかしら?)心配で、昼食も喉を通る量が少なかった。

食事が済むと香奈は康子の胸を触っていく。
「ここを、こうするの」乳房の膨らみを、ゆっくり触っていく。
「気持ちいいわ。夫とは違った感じでいいわ…」うっすら目を潤ませて言う。

「遊びじゃないのよ。これは!」
「わかっています」康子の乳首が大きく勃起している。
「先生、今度は私に、先生のオッパイを調べさせて!」
「いいわよ、お願いするわ」香奈も白衣を脱ぎ、シャツを捲り乳房を露わにした。

「こうすればいいのね?」康子が香奈の乳房を掴みゆっくり揉んでいく。
(変な感じだわ、康子さんからオッパイを揉まれると…)香奈の乳首が大きく膨らんでいる。

「わかったでしょう。やり方が…」
「はい、わかりました」返事する康子は名残惜しそうに乳房を触っている。
(もうやめないと)香奈は康子の手を退かして、服を直した。

そして、いつものように、午後の診察が始まったが、訪れた患者の診察は3時で終わった。
「先生、今日は終わったみたいですね」
「そのようね、康子さん」

「先生、4時で帰っていいでしょうか,用事がありまして…」
「帰っても、いいわよ」
「すみませんね」香奈の許しを貰った康子は、4時に診療所から出ていき、香奈一人が残っている。
「5時に来ると言っていたけど…」恵子達の事が気になっている。

その思いが的中し「先生、いますか?」恵子とメイドの3人が診療所に現れた。
(来たわ、何をする気かしら?)怯えて黙ったままだが、そんな事などお構いなしに診察室に入ってきた。

「あら、一人なのね。その方が、いいかも…」
「そうですよ、奥様。邪魔も入らないし」恵子達の目がギラギラ輝いている。
「なにか、用でも?」
「あるわよ。女医さんと楽しみたくて」
「楽しむと言っても、何もないわよ。ここは診療所だし…」

「それがあるのよ、立派なおもちゃが」(まさか、私を辱める気では?)恵子の言った言葉に怯えた。
「そうよね、こんな立派なおもちゃがあるし」メイドも薄笑いを浮かべている。

「それって、私の事ですか?」声が震えている。
「そうよ、あなたがおもちゃなの。早速だけど昨日と同じく、フルヌードになりなさいよ」
「いやです。どうして、フルヌードにならなければならないのよ!」

「ならないなら、それでもいいわ。でも、オッパイとヘア丸出しで、ゴルフしたのが、ばれるかもよ」
「脅すんですか、私を?」

「あら、脅すなんてとんでもない。女医さんはヌードになるのがお好きだから、どうぞと、言ってるだけなの」
(脅しよ、私にヘア丸丸出しのヌードになれと。秘密を守るためにはヌードになるしかないわ、誰もいないし…)香奈は覚悟を決めた。

「わかったわ。脱げばいいんでしょう?」
「そう、ヘアとオッパイ丸出しのヌードにおなり!」恵子達3人は香奈を見ている。
(悔しいわ、こんな形でヌードになるなんて)悔しさを堪えて白衣を脱いでいく。

白衣の下は、スラックスとシャツを着ている。
「先生、明日は生で白衣を着ません?」とんでもない事を言う恵子だ。
「それは許して、そんな事がばれたら、首になってしまうの…」恥ずかしさを堪えて下着姿になった。

「あら、横縞なの。若作りなのね」(大きなお世話よ。あんたには関係ないでしょう!)その横縞のパンティから脱いで、下半身が丸出しになった。
(これを脱いだら、もう脱ぐのがない…)恥ずかしさを堪え、ブラジャーのホックを外して両手を下げていく。
「いいわね、こんな姿が!」香奈は項垂れ、乳房と絨毛を3人に晒している。

 
 
 
 

 
toukou07
 
toukou

 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!mitinohosi
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA