凌辱された山村女医 パーティ

【第11話】
 

レンタルの用具を返し終えると、車に乗り込み、あの連れと一緒に、車を走らせた。
香奈は「どこへ行くのかしら?」不安そうに、乳房と股間をしっかり隠している。

先導している車は、人気のない別荘地へと向かっている。
「あそこか。あそこは有名人が暮らす別荘なんだ!」拓也は慣れた様子で、車を追った。

先導車は拓也の思った通りの道を走り、格式が高そうな建物の前に着いた。
前の車が中に入り、降りると、拓也達も倣って降りていく。
だが、相変わらず香奈だけは、乳房と股間を露わにさせている。

「こちらです…」案内され、正面玄関から中に入ると「お帰りなさいませ」若いメイドが2人いた。
「ヘアヌードだなんて!」「素っ裸よ!」全裸の香奈に、メイドも驚いている。
(見ないで、恥ずかしいから…)うなだれて、乳房と股間を晒したまま、別荘に入った。

恵子は「ヌードに、驚かないで。私もヘアヌードになるのよ。あなた達もヌードよ、脱がないと…」そう言って、メイドと一緒に入って行く。
「奥様、恥ずかしいです…。ヌードになって、男の前に立つなんて…」
「大丈夫、男もヌードよ。見たいんでしょう、オチンチンを?」
「はい、見たいです。ですが、こちらも見られますから…」顔を赤らめてる。

「そんなのだめよ。オチンチンを見たかったら、あなたもオッパイとあそこを見せないと。私は見たいから、ヘアヌードになるのよ」恵子は、2人のメイドを連れて、自分お部屋に入った。

「奥様、もしかしてヌードのパーティですか?」
「やっと、わかったみたいね。でも、成り行きでは乱交に成るかもよ」服を脱ぎながら言うと「私も脱ぎます。参加させてください!」乱交と聞いてメイドも出たがってる。
「あら、楽しみたいの?」

「はい。一度でいいから、男にオッパイを吸って貰いたいんです。それに、あそこも触って貰いたいし…」
「私も脱ぎます。オナニーより、本物のオチンチンでして貰いたいし…」2人のメイドも服を脱ぎだした。

エプロンを、脱ぎボタンも外していくが、恵子は下着姿になっていた。
さらに、パンティ、ブラジャーと脱いで全裸になった。
恵子の乳房は大きくなく、手のひらに収まってしまうくらいの膨らみしかない。
だが、乳首は大きく膨らんでいる。

「これを履けば、どうかしら?」ベッドに腰を下ろし、黒の長いストッキングを履いていくと、絨毛の中の淫裂が、口を開いている。
「奥様、セクシーです。それなら、旦那様もいちころです…」メイドも、下着を脱いで全裸になった。

2人の乳房は恵子と違い、大きく膨らんみ、絨毛は綺麗に手入れされ、短く刈られて、ピンクの割れ目が覗いている。
「そうかしら。でも、あなたが言うのなら間違いないわね」恵子は笑顔で、別な足にもストッキングを通していく。

「私は、これでいいでしょうか?」メイドも真っ白な、太股までのストッキング姿になった。
「あら、それもいいわね。ここが可愛いわよ」恵子はメイドの乳房と淫裂を、代わる代わる撫でていく。

「奥様、興奮してきました。乳首が堅くなっていきます…」2人の乳首が膨らんでいる。
「そうね、興奮するわね。それから、これを膣の中に入れるといいわ、痛くないし」チューブを手渡す。

「ゼリーですね、滑りが良くなるように…」
「そうよ。それから膣の中に射精されたら必ず言ってね、ホルモン剤も用意してあるから」
「はい、避妊は奥様にお任せします」俯いたまま乳房と股間を晒す2人のメイドだ。

「それじゃ、行きましょうか」3人は恵子の部屋から、香奈がいるリビングに向かった。
「あなた達は、コーヒーを入れてね」
「はい、奥様」メイドの2人はコーヒーをカップに注いでから「それじゃ、入るわよ」3人はドアを開けて中に入った。

「ヌードだ!」「ヘア丸出しだ!」拓也達は、全裸姿に驚きの声を上げた。
(ふふふ、驚いているわ、それに、あんなにオチンチンを膨らませて!)してやったりと行った顔の恵子だ。

「ここでは邪魔が入りませんわよ。続きを楽しみません?」恵子は小さな乳房を拓也に押しつけ、股間を触っていく。
「いいんですか。旦那さんの前ですよ?」

「かまわないよ。その代わり、この子といいかな?」誠二は香奈が目当てで、大きな乳房を掴んでいる。
「そう言う事でしたか…。いいですよ、僕もこの子と楽しみますからね」純一と次郎はメイドの2人を抱きしめて、唇を重ねていく。

「うれしいわ。優しくしてね」
「わかっているよ。それより、まずは口でしてよ!」拓也達は急いで、ズボンを脱ぎだした。
(堅いわ。あれがオチンチンなのね)
(痛くないかしら。いつも、指でしかしてなかったし)頬を赤く染めて3人の肉竿を見ている恵子達だ。

「こうすれば、いいのね?」恵子は、床に両膝を着けて、拓也の肉竿を掴み、口で吸い込んでいく。
「私もします」それを見ていたメイド達も、膝を床に付けて両手で肉竿を掴んだ。

「堅くて暖かいわ!」目を潤ませて見つめていると「やって、早くやってよ!」催促された。
「はい。すぐやります」堅く勃起した肉竿を口で吸い込んでいく。

「僕もだ。早くやってよ!」
「は、はい」拒む事が許されない香奈は、誠二の露わになった肉竿を口に含んだ。
「気持ちいいよ、こんな事をされるなんて…」4人の男達は、乳房を掴みながら肉竿をしゃぶらせていた。

「ヌチャ、ヌチャ!」口の動きに合わせて音がでている。
「今度は、あなたが私のあそこにして。それからしましょうね、セックスを…」
「わかりました」拓也は慣れた手つきで恵子を肘掛け椅子跨がせ、太股を肘掛けに乗せた。

「恥ずかしいわ、性器の中まで見られてしまうわ。あなた、恥ずかしいから見ないで!」恵子は淫裂を拓也の舌でなめられていく。
それに、小振りな乳房も掴まれ、揉まれていくと「いいわ、感じる、見られながらなんて、感じる…」うっすら目を閉じ、体を反らせている。

「私にも、お願いです…」
「わかっているよ」次郎と純一も、メイドが向かい合うようにして、肘掛けを跨いで座らせた。

「恥ずかしいわ、性器の中を見られるなんて…」
「でも、変な感じだわ。見られていると、凄く気持ちいい…」メイドも乳房を揉まれ、淫裂の中を舌が動いていく。

「あなたも、ですよ!」香奈も同様に肘掛け椅子に座らされ、乳房を揉まれながら淫裂を舌で、かき回されて「いいわ、いいわよ」「入れて、早くオチンチンが欲しい」部屋には女性達の悶え声が響いている。

「そろそろ、行きますか?」
「入れて、早く欲しいの」恵子は拓也の肉竿を掴み、自分の膣に迎えていた。
「入れて、奥まで入れて!」息を荒立て叫ぶと「ズ、ズル、ズル!」肉竿が淫裂に吸い込まれて「あ、あ、あー!」悶え声をあげる恵子だ。

その悶え声に刺激され、次々と淫裂に肉竿が押し込まれた。
「いいわ、いいわよ。これがセックスなのね!」
「気持ちいいわよ、もっとして!」4個の淫裂が肉竿で突かれ「クシャ、クシャ!」「ネチョ、ネチョ!」「ピシャ、ピシャ!」それぞれ違う音が出ている。

だが(痛い、膣が痛い。もう限界よ、これで5人目だし…)香奈だけは顔を歪めて耐えていた。
やがて、肉竿の動きが早まっていく。

「頂戴、エキスを頂戴!」
「いいんですね、射精しても?」
「いいわ。避妊薬用意してあるから射精しても大丈夫よ。いっぱい頂戴!」恵子は淫裂から汁をタラタラ流して悶えている。

「わかりました。出します…」拓也は腰の動きを停めたたが、肉竿と淫裂は深く結合したままだ。
「暖かい、子宮の中が暖かい。射精されると気持ちいいわ、あなた…」虚ろな顔で叫ぶ恵子だ。

それに吊られ、次々と放出が始まっていく。
「いいわ、いいわよ。膣の中がいいの」メイド達も淫裂から蜜と精液を垂らし、勿論、香奈の子宮深くにも、誠二の精液が噴射された。
(また射精された。こんなのいやよ)淫裂から流れ出た精液が、椅子の上に垂れ落ちていく。

「もっと頂戴、今度はあなたの精液が欲しいの」
「私も欲しいの、あなたのが」恵子とメイド達は別な相手を選び指名している。
「僕は、もう無理だよ。若くないし」誠二は萎縮していく肉竿を抜いて、妻の恵子の背後に回り乳房を掴んだ。

「吸って、乳首を吸ってあなた!」誠二は黙って小さな乳房を掴み、揉みながら乳首を口に含んだ。
「いいわ、あなたいいわ。もっとセックスさせて、いいでしょう?」恵子の手は次郎の肉竿を掴み、擦っている。
「したかったらいいよ。オッパイは僕がしてあげるから」

「ありがとう、あなた」恵子の手の動きが早まり、次郎の肉竿が一気に膨らんだ。
「もう大丈夫でしょう、入れて、奥まで入れて!」恵子の淫裂に今度は次郎の肉竿が入っている。

同様に2人のメイドに淫裂にも肉竿が入って動いて「あん、あん、あん!」悶え声が再び響いている。
(淫乱よ。あなた達は、淫乱よ!)黙ったまま、香奈は両手で流れ出る精液を塞ぎながら眺めていた。

こうして、3人の淫裂には3人分の精液が送り込まれてしまった。
「気持ちよかったわ。あなた…」
「僕もだよ。またしたくなったよ」
「奥様、私もです」興奮しながら話し合っている。
「それより、シャワーで膣を洗わないと」
「私もそう思ったの。子宮の中がベトベトするし」

恵子は香奈も連れ、4人一緒にシャワー室に入って淫裂を洗いだした。
「丁寧に洗った方がいいわ。避妊薬もあるけどエチケットだしね」4人は丁寧に淫裂の中を洗っていく。
「出たわ。こんなに出た!」4人の淫裂からは、次々と精液が流れ出てくる。

「これで良しと…」淫裂を洗い終えると、全裸のままリビングに戻ってきた。
「待って、薬を持ってくるから」恵子は自分の寝室に、薬を取りに行き、しばらくして戻ってきたが、申し訳なさそうな顔をしている。

「ご免なさい。薬は1人分しかないの…」
「そんなー。妊娠しちゃうの?」泣きそうな顔になるメイドだ。
「安心して。射精後3日以内に飲めば妊娠しないの。この村には、診療所があるって聞いたわ。明日もらいに行きましょう」その言葉に、ホッとするメイド達だ。

「これ、あなたが飲んで。無理を頼んだから」香奈にホルモン剤を渡した。
(診療所に来たら、必ず身元がばれてしまう…)怯えるように、香奈は渡された薬を飲んでいく。

「これで良しと。今度は食事の準備ね」
「はい、奥様」メイドの2人は相変わらず、生まれたままの姿で準備をしていく。
乳房を揺らせ、淫裂を晒しながら乱れたテーブルを直して、ワインと料理を運んできた。
「飲酒運転になるけど、ここにはお巡りさんはいないし…」拓也達も生まれたままの姿で、グラスに注がれたワインを飲みながら料理に箸を付けていく。

「今日はおかげで楽しめました。ここにいる間はずーっと楽しみたいですね」香奈の乳房を揉みながら誠二が言うと「僕もです。こんな綺麗な奥さんと楽しめるなら」拓也は恵子の小さな乳房を揉みながら言うが「お上手ね。お世辞が…」恵子もまんざらでなかく、拓也の肉竿をしっかりと握り、擦っている。

それを見ているメイドの二人も、テーブルに料理を置き終えると「楽しかったわ」やはり肉竿を掴み、擦りだし「僕もだよ」乳房を掴み言葉を返していく。
「どうでしょう。また来週楽しみませんか?」
「いいですね。今度は泊まり込みで楽しみましょうよ」
「それはいいですね、泊まりでしましょう」

(いやよ。もう、セックスなんかしないからね)項垂れて聞いている香奈だったが拓也の決定には従うしかない。
ワインを飲み、出された料理を食べ終えると皆が脱いだ服を着ていくが、香奈だけは、相変わらず素っ裸のままだ。

「どうも、ごちそうになりました」拓也達は礼を言ってから別荘から出た。
「まいったな、3人からオ○ンコをせがまれたよ」
「信じられないよ。ただで、オ○ンコできたんだから」
「それに、オ○ンコの中に噴射だぜ」満足しきった3人は笑顔で話していた。

だが(明日で終わりだ…。かならず、ばれてしまう…)黙ったまま、乳房と股間を手で押さえる香奈だ。

 
 
 
 

 
toukou07
 
toukou

 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!mitinohosi
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA