バレンタイン~白い幸福~ 意外な贈り物

 

【第1話】

早乙女イヴは現在24才で華岡物産に入社して4年経つが、その美貌にも拘わらずこれと言った恋人はできなかった。
凛としたその美しさと口数の少なさが近寄りがたいような印象を与えているのかも知れない。
学生時代から付合っていた彼氏はいたが、卒業後遠距離になったこともあって次第に疎遠になっていた。
そんな中、稀に男性社員からアプローチはあったがイヴはかたくなに断り続けていた。
実はそれには訳があった。
イヴには社内で密かに想いを寄せる男性がいた。
それは直属の上司ではないが、同じフロアの車井という課長であった。
車井は数年前離婚し、現在は俗にいう“バツイチ”であった。
彼はイヴよりも14歳年上であったが、若手社員にはない落着きと渋さがありそれがイヴにとっては堪らない魅力であった。
職場は違ったがあるプロジェクトが切っ掛けとなり、ふたりは度々話す機会があった。
会議が長引き帰りが遅くなってしまった夜、車井から食事を誘われ、その後も時々酒やお茶に誘われる機会が増えた。
しかし車井からはそれ以上求めてくることはなかった。
自分に好意を寄せてくれているのか、それとも友達感覚なのか……イヴは車井の真意を量り兼ねていた。
食事等に誘ってくれるのは嬉しいのだが、イヴとしてはいつしか心のどこかでそれ以上のものを求めていたのかも知れない。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

まもなくバレンタインデーがやってくる。
ダンディで女性社員から評判のよい車井の元には、きっと多くのプレゼントが届くことだろう。
一体どれだけの女性たちから受け取るのだろうか。
イヴは元来そんな注目を集める男性を好まなかったが、車井のことは別だと思った。
日頃世話になっていることもあり、何かプレゼントをしたいと思った。

(何がいいかなぁ……)

イヴは他の女性たちが贈るであろうものとは少し違ったものを贈りたいと思った。

(インパクトのあるもので、私の気持ちを分かってもらえるものって無いだろうか?)

正直以前付き合っていた男性に対してはそこまで悩むことはなかった。
世間の女性がするようにデパートの特売コーナーでチョコレートを買って渡した。

足が棒になるほどあちこちの商業施設を歩き回り、誘われるようにデパートの女性下着売場にたどり着いた。
そのときイヴの脳裏にひらめきが走った。

(そうだ!私を食べてもらおう)

おそらくチョコレートは嫌というほどもらうだろう。
その中の1人にはなりたくない。
それならば下着を渡して自分を食べてもらえば良い。
まるでホワイトデーのプレゼントのようだが、心理的な衝撃はかなり大きいはずだ。
しかし失敗すれば元も子もない。
のるかそるかこの際賭けてみよう。
お茶だけのお付合いに終止符を打ちたい。
イヴはそう考えた。

下着選びは真剣そのものだった。
やはり色は白だろう。
女性が自身の好みで選べば白よりも色物や柄物が上位を飾るが、男性の好みの1位は白だと確かある女性誌に載っていた。
エッチ過ぎても品位を損なうし、かと言って股上深めのものも硬すぎて面白味に欠ける。
清楚でちょっぴりセクシーなものが良いだろう。
子供っぽくなく、でもあまり慣れた女性とは思われたくない。
下着のブランドはどこが良いだろうか。 
ビキニもいいが、キャミソールも捨てがたい。ああ、迷う……
車井の視線を想像しながら下着を探すのも興奮するものだ、とイヴは思った。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

結局、比較的堅い目の白上下を購入し、家に持ち帰って一旦包装を解いた。
購入時ブラジャーは試着できるがパンティの試着はできないもの。
イヴはパンティを試着したい衝動に駆られたが、さすがにそこは思いとどまって、お気に入りの香水を1滴垂らし、もう一度きれいに包装をし直した。。
さらに一見チョコレートに見えるように上からさらにラッピングを重ねた。
仮に他の人に見られても義理チョコにしか見えないだろう。
上司に義理チョコなんてどこにでもある話なのだから。

 
toukou02
 
toukou
 
 
この作品は、愛と官能の美学 Shyrock様から投稿していただきました。
尚、著作権は、愛と官能の美学 Shyrock様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
ラヴラヴから凌辱ものまで多ジャンル官能小説取り揃え
体験談・投稿体験談・夜学問・官能詩
エロエッセイ・その他カテゴリー多数
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA