凌辱された山村女医 全裸のゴルフ

【第10話】
 

「泣いたって、だめだよ。やらないと!」
「できない。そんな事!」
「やらないなら、兄貴に言おうかな。エッチを、覗き見していたって!」

「それは、言わないで。やるから言わないで!」泣き顔の香奈は、指を淫裂に入れて広げてく。
「ほう、オンコも綺麗だな」シャッターが押されていく。
(こんな姿まで撮られるなんて…)俯いたまま、淫裂を男達に晒した。

撮影はそれで終わったが、辱めは終わってなかった。
「今度は、ゴルフをしようぜ!」拓也の言葉に体が怯えた。
「できません。やった事が、ありません!」これ以上、裸を晒したくない。

だが、そんな事が通用する訳がなく「素っ裸で、コースを回るだけでいいよ。プレイは俺達だけでするから、心配しなくていいよ」
「見られてしまいます。ヌード姿が…」震える香奈に「平気さ。日光浴を楽しんでいると、言えばいいよ」

(そんな言い訳、通用するわけないのに…)しばらく考えて「私もゴルフをします。どうせ、ヌードならゴルフをします…」力無く言う香奈だ。
「その方がいいよ。早速、行こうよ」拓也達は香奈を車に押し込み、走り出した。

道路はあまり整備されておらず、幅が狭い道路を走り、10分ほどでゴルフ場に着いた。
「恥ずかしいから、せめて、顔だけは隠させて!」

「そうだな。素っ裸姿を見られたら困るだろうから、サングラスを付けて、顔を隠してもいいよ」次郎は真理が付けていた、サングラスを渡した。
(これなら誰だかわからないわ)香奈はバックミラーを覗き込み確認する。

「ほら、もうすぐだ!」運転する拓也が言うと、ゲートが見え(ヘア丸出しの裸を見られる…)香奈がブルブル震えている。
車はゲートをくぐり、駐車場に入るが、日曜日だというのに、混んではおらず(良かった。客が少なくて)ホッとする香奈だ。

一行は車を降りて、クラブハウスに向かって歩いていく。
「先生、レンタルするけど足のサイズはいくつ?」
「24センチです」答えると「わかった、借りてくる」次郎はレンタルコーナーに向かった。

「俺、コースの手続きをするから」純一もクラブハウスの中に入って行き、香奈と拓也だけが残された。
(恥ずかしいわ。ヘアヌードだなんて…)いつ人が現れるか知れないクラブハウスの前で待っていた。

(どうか、誰にも見られませんように!)祈る香奈だが「す、素っ裸だ。オ○ンコ丸出しの素っ裸だぞ」大きな声があがった。
(見られてしまった…。ヘアヌードを…)香奈は体を震わせ、鼓動が早まっている。

その叫び声に、ハウスから数人出てきて「ホントだ、素っ裸だ、オ○ンコが丸見えだぞ!」「真っ黒なヘアだな、オッパイも大きい!」次々とハウスから人が出てきて、香奈を取り囲んでしまった。

(見ないで、恥ずかしいから見ないでよ!)体が震えて絨毛もそれに合わせ震えている。
「いいね、健康的な素っ裸も!」
「そうだよな。こんなに大胆にされると、いやらしさが消えて、いいよな」股間と乳房を見ている。

(オ○ンコの中が見たいな。ショットの時は足を開くから丸見えだぞ…)取り囲んだ男達は、香奈のショット姿を想像して、股間を膨らませている。
(いやらしいわ。私の性器を想像している。いやだけど、必ず見られてしまう…)サングラスをしているから気づかないが、香奈の目は真っ赤になっていた。

そこに「ちょっと、通してください!」香奈を取り囲んだ人垣を退けて、次郎と純一が、やっと現れた。
「すぐに回れるよ。10分後にスタートだ」
「はい、これがシューズだよ」香奈にゴルフシューズが渡された。

「中で、履き替えよう」
「ここでさせて。せっかくの日光浴だし…」
(中に入ったら、もっと見られてしまう…)そんな考えがよぎって、人垣の中で靴を履いていく。

背中を丸めて腰を浮かせると、乳房が垂れ下がり、さらに大きく見える。
「お、オ○ンコ…!」その言葉に、香奈の背後に人垣が動き「凄い。オ○ンコが…」後は声にならない。
(性器の中を、見られている!)香奈も、それは知っていた。

乳房を揺らせ、淫裂を晒しながら紐を結び、右足が終わると左足を履いていく。
(やりたいな。あのオ○ンコに、一回でいいからチンポを入れてみたい…)膨らんだ肉竿が、さらに膨らんでいった。
(性器なんか、見ないでよ!)体を震わせながら、やっとシューズを履き終えた。

「よし、いこうぜ!」拓也の言葉で、一緒にコースに向かった。
「ここはセルフだから、キャディはいないよ」ゴルフバックをカートに乗せ、押してファーストホールのスタートに来た。

そこには、これからスタートのアベックがいて「素っ裸だ。お、オ○ンコが丸出しだ!」声をあげ驚いている。
「いやらしいわね。自信があるからって、ヘアやオッパイを出すなんて!」連れの女性は、軽蔑の目で香奈を見ている。

「すみません。どうしても、素っ裸でゴルフがしたいと言って…」拓哉が謝った。
「気にしなくていいよ。僕はかまわないから」男性はそう言うが「あなた、変態でしょう。素っ裸を見せたいなんて!」香奈をにらみ付けて女性が言う。

「違うんです。日光浴をかねて、ゴルフがしたいんです…」
「そう、日光浴ね。男を喜ばせるためじゃないのね?」意味ありげに、薄笑いをして女性がショットし「ナイス!」連れがお世辞を言った。
「乗ったようね」「ああ、乗ったようだよ」2人はスタートから、ボールが落ちた所へと向かった。

「今度は俺たちだ。先生よ、コースごとに、一番良かった奴の、オチンチンをしゃぶってくれよ」
「そんなの、できない。大勢が見ているのよ!」
「だからいいのさ。この青空の下で、フェラもいいと思うけど…」

「賛成、俺もフェラがいいと思うよ」
「そんな事言っても…」口が濁っていた。
「決まったな、先生フェラだからね」(いやよ、そんなの、したくないわよ)黙ったままの香奈だ。

「よし、最初は俺だ!」拓也がスティックの上にボールを載せた。
先ほどスタート台にいた2人連れも、2打目を打ってグリーンへと向かい、コース上には誰もいない。
「行くぞ!」拓也はドライバーで第1打を打った。

「ヒュッ!」クラブは見事にボールをとらえ、コースのど真ん中に落ちた。
「ナイスだな」
「ああ、フェラが掛かっているからな」
「俺も負けないぞ!」純一や次郎も正確にボールをとらえ、コース上に落ちていく。
「最後だね」香奈が残された。

そこに、次のスタート組が現れた。
「ホントだ、素っ裸だぞ」
「いやらしいわ。性器の丸出しなんて、最低よ!」香奈はそれでもショットを放った。

「ほら、性器がパックリ開いたわよ」
スタート台から消えるまで、声を出さないのがマナーだが、女性は香奈の全裸姿に軽蔑の言葉を浴びせた。
(好きで、素っ裸になった訳じゃないのに…)うっすら、涙が流れた。

ボールを追い、コースを歩いてやっとグリーンに乗った。
「拓也が勝ちみたいだな」カップには、拓也のボールが1番近かった。
「わからないさ」次郎がパターを打つ。ボールは弧を描いてカップインした。
香奈もパターを打ったが3打も掛かった。

「これを入れないと、ボギーだし」拓也は慎重になりすぎ、カップインしない。
「くそー!」返しを打ってファーストホールの決着がついた。
「早くフェラして貰いたいな」弾む気持ちで、勝った次郎が次のスタート台に向かっていく。

「先生、やってよ」次郎はスタート台で、チャックを下げ、肉竿を取りだした。
「俺が先頭か…」拓也がその間にスタートの準備をしている。
(やるしかないわ)香奈は膝を芝生に付けて、次郎の肉竿を口に含んだ。
「オッパイはいいよな?」残った純一は、背中から香奈の乳房を掴み、揉んでいく。

「キャー。オチンチン、しゃぶっている!」次のチームが追いついた。
(見ないで、お願いです…)恥ずかしさを堪えて、肉竿を口で擦っていく。
「俺もやって欲しいな…」連れが、女性を抱きしめ、ささやいた。

女性は、次郎の肉竿を目を輝かせて見つめ「汚くないかしら、オチンチンって?」
「平気さ、見てご覧よ」
(見ないで、こんの見ないでよ)香奈がフェラしている間にも、拓也と純一がショットを終え、香奈の番になった。

(もう、どうなってもいい!)乳房を大きく揺らせて、やけ気味でショットしたが、しっかりボールを捕らえている。
最後に次郎がショットして、第2打を打つため、カートを押して移動する。

「いいだろう。フェラも?」スタート台に残された男性が、女性の胸を撫でながら言うと「少しだけよ。汚いから…」踏ん切りがつかない女性だ。
その間にも、4人は次々とショットを放ち、グリーンに乗せていく。

「これからが勝負だぜ」皆が同じ打数で、グリーンに乗った。
「先生からだよ、一番遠いし」
「わかってるわよ」乳房を揺らせ、パターを思い切り放つと「コトン!」信じられない事が起こった。

「入ったよ、一回で!」
「待てよ、先生が勝ったらどうなる?」
「クンニさ。オ○ンコを、舌でなめるやつだよ!」
「そうか、次の成績の奴だよな」拓也達が次々とパットを放つが皆が2打だった。

「決まったな。皆で先生のオ○ンコをおしゃぶりだ!」
(いや、そんな事して欲しくないわよ)俯いたまま乳房を揺らせて、スタート台に向かっていく。

「先生、オ○ンコなめるからね」
「やめて、恥ずかしいのよ」香奈は足を開き、両手を後ろで組まされた。
「だめ。そこはだめ!」敏感なクリトリスが舌でなめられ、乳房も揉まれている。
「やってる、やってる!」次の客が追いつき「性器をなめている!」あの女性もしっかり見ている。

「見ないで。こんなの見ないでください…」気持ちよさそうに、喘ぎながら言う。
「交代だ。今度は俺の番だぞ!」ショットを放った後、香奈の淫裂を代わる代わる舌でなめ回して「あ、あ、あー!」乳房を揺らせて、喘ぐ香奈だ。

それには「あの子達を誘って、一緒にしようよ…」男性が囁くと「恥ずかしいわ、見られるのよ」女性が恥ずかしそうに言う。
「だからいいのさ。お互いに、見ながらやると興奮するし…」
「わかったわ。別荘に誘うのはあなたよ。私は恥ずかしくて、できないし…」
「わかってるよ。任せなさい」2人は、香奈がクンニされる様子をじっと見ていた。

4人は次々とコースを回り、最終コースとなった。
「あのー、よろしかったら、私の別荘でご一緒に食事でもいかがでしょうか?」
「いいんですか。見知らぬ私たちで?」
「あなた達なら、お願いできると思って、お誘いしたんです…」

「わかりました。最終コースは一緒にプレイしましょう」
「そうして貰えればたすかります。私は斉藤誠二と申しまして、これは家内の恵子です」
「恵子です」スラックスを履いた恵子がお辞儀をし(年増だけど、可愛い顔だな)拓也達3人は恵子を見つめている。

話がまとまったので、一行は次々とショットを放ち、純一が勝った。
「ここでは無理よ、後でしょう、後で!」
確かに、クラブハウスからは香奈の全裸姿を見たさに、大勢が出ている。

「私の別荘ではどうでしょう。あそこなら、誰にも邪魔されないし…」
「そうですね。お言葉に甘えさせて貰います」プレイが終わると、ハウスに向かって歩いていく。
「いいね、揺れ動くオッパイが!」香奈の乳房が円を描いて揺れていた。
「オ○ンコも最高さ、あのヘアを剃ってあげたいよ」勝手な事を言うギャラリーだ。

そして、ギャラリーは香奈を取り囲み、じっと見ている。
「見ないでください…。こんなヌードなんか…」恥ずかしそうに、頷いたままだ。
「俺、レンタル返してくるから靴を脱いでよ」

「わかったわ」香奈は、体をかがめて、お尻をあげている。
(性器の中を見られている!)香奈の思ったとおりに、背後に回って、代わる代わる口を開いた淫裂を見ている。

「いいね、オ○ンコが…」ギャラーの股間が皆、膨らみきっている。
(今度は左ね…)右の靴を脱ぎ終えると、左足も脱いでいくが、その間も香奈の淫裂を眺め続けるギャラリーだ。

 
 
 
 

 
toukou07
 
toukou

 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!mitinohosi
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA