凌辱された山村女医 ドライブ

【第8話】
 

「先生、この前教えたろう。教えた通りにやるんだ!」拓也に言われ「いらっしゃいませ。お口でご奉仕しますから、私のオ○ンコをお買いあげ下さい…」泣き声で言う香奈だ。

「そうか。先生は売春もしてるのか。俺が買うから、やってくれ!」
「お買い上げいただき、ありがとうございます。オ○ンコ代として、2万を頂戴します…」

「わかった、ほら!」真二は財布から2万を取りだし、香奈の太股を覆うストッキングに、差し込んだ。
「早速、ご奉仕致します…」香奈は、真二のズボンを脱がせていく。
「ソープと同じだ。これはいいや!」興奮したのか、真二の肉竿が大きく膨らんでいく。

(いやよ。こんな事をするなんて!)うっすら、涙を滲ませ、肉竿を両手で掴み口に含んでいく。
「気持いいや…。フェラをして貰えるなんて…」目を閉じ、香奈の乳房を触り捲る真二だ。

「娼婦さん。真二がオ○ンコを欲しがってるわよ。早くして上げなさいよ!」
「わかりました…」香奈は、真二を診察用のベッドに仰向けに、寝かせた。
「これより、ご奉仕します。避妊薬を飲んでいますから、ご安心してオ○ンコにお出し下さい…」肉竿を掴むと、馬乗りになって、淫裂に導いていく。

「上手だよ。本物の娼婦だ!」
(違うわ、娼婦じゃないわよ。脅されてやっているだけよ…)香奈は腰をゆっくり下げていく。
「あ、あ、あっ!」香奈の淫裂に、肉竿が入り込んでいく。
(痛いわ。膣が裂けそう…)顔を歪め、肉竿の根本まで、淫裂に迎え入れた。

「さすがね。私の膣は、こんな太いのは無理よ」
真理の声に(バカにしないで。あなたこそ、淫乱なくせに!)唇を噛み、腰を動かしていく。
真二の肉竿が、肉襞をかきわけて、香奈の胎内に根本まで、出入りしている。

「これが、オ○ンコなんだよね?」気持ちよさそうに、顔がうわずっている。
「真二、女医さんとのオ○ンコよ。絶対に、出来ないのよ!」
「わかってる。2万は安いよ…」その間も、香奈の腰が動いていく。
「あらやだ、娼婦さんが、お汁を流している!」真理の言葉に、拓也も淫裂を見つめ「ほんとだ。女医さんは、根っからオ○ンコが好きなんだね」

「見ないで。お願いですから、見ないで!」香奈は乳房を揺らせながら、腰を上下に動かしていく。
「真二。どうせなら、だっこしろよ。俺もケツに入れるから!」拓也が言うと「いや、いやです。お尻はいやです」香奈は逃げようとしたが「金を払ったんだ。最後までやらせろ!」太股をしっかり押さえられて、逃げれない。

「いやー!」真二は、香奈を抱えて立ち上がり、診察ベッドから下りた。
「動かないで。お願いですから、動かないで!」淫裂の奥まで、真二の肉竿が入っており、香奈の尻が丸だしになっている。

「ここに、入れるの?」真理はその肛門を撫でだす。
「そうだ。そこは、締まりがいいんだぞ!」拓也はズボンを脱ぎだした。
「いや。お尻は許して~!」香奈の叫び声が、診療所に響いていくと「気持いいから、我慢するんだ!」拓也の肉竿が、香奈の肛門を押し広げていく。

「ヒー。裂ける~!」悲鳴と同時に、香奈の全身が震えだした。
「抜いて。お願いだから、お尻から抜い!」息が詰まるのを堪え、やっと言えた。
「そうは行かないよ。ほらー!」
「ヒー!」肉竿が一気に肛門の奥まで突き刺した。

「真二とドッキングだ!」薄い膣皮を堺に、肉竿同士がふれ合っているが、香奈は(お尻が、裂けるー!)口を開き、しっかり真二に抱きついたままだ。
「純一の言った通りだ。ケツもいいな」真二と拓也は、肉竿を動かしだした。
香奈は「あ、あ、あー!」悲鳴に近い声を上げるが、無視して肉竿は、登りつた。

「いや、いやー!」叫ぶ香奈の淫裂と肛門から、白い精液が流れ出ている。
(射精された…。膣とお尻に…)涙が自然に、流れ出ていた。
「オ○ンコは気持いいな!」放出を終えて、やっと香奈は自由にされた。

自由になると「オ○ンコを、お楽しみ戴けたでしょうか?」股間を両手で押さえ、泣きながら言う。
「凄く、気持ちよかった。今度の日曜日、お礼として、ドライブに連れてって上げるよ」服を着ながら拓也が言う。

(ヌードで、ドライブだわ…。そんなの、いかないわ…)怯える香奈だ。
「あら、いいわね。私もいくからね」真理もニヤニヤしなが言うと「日曜日は都合が合って、だめです」震える声で言う。
「そんなの、だめだ。イヤなら写真をばらまくぞ!」そう言われれば、どうすることも出来ず、項垂れるだけだ。

「決まりね。朝迎えにいくからね」はしゃぐ真理だ。
(行きたくない…。どうせ、辱める気なんだから…)股間を押さえる、香奈の指の間から、白い精液が流れ出ており「シャワーを浴びたいですが…」

「いいよ。浴びても!」香奈はシャワー室に入り、体を洗っている間に、拓也達は帰った。
「また犯された…。お尻も犯されてしまった…」淫裂だけでなく、丁寧に肛門を洗っていく。

そして、日曜日が来た。
「ピンポーン!」チャイムが鳴って「行きたくないけど…」渋々玄関に向かうと「先生、行こうよ!」真理が香奈の腕を引くようにして、外に連れ出した。
「よ、先生。今日は楽しもうぜ!」拓也は車を運転している。

「とにかく、乗ってよ!」香奈が乗り込むと走り出す。
香奈が乗った車は、小さな村を走り抜けて山道を走り、当然、行き交う車もない。
「先生。そろそろ、素っ裸になってもらおうか!」
「いや。ヌードなんていやです!」震えながら言う。

「イヤでもヌードだ。ヘア丸だしの素っ裸だ!」運転していた拓也はブレーキを踏み、車を停めた。
「いやです。許してください!」怯えながら言うが「いやでも、素っ裸になるんだよ!」香奈は拓也に、座席から引きずられ、外に出された。

「俺も手伝うよ」
「いや、いやー!」道路の上で、香奈の着ている服が、剥ぎ取られていく。
「やめて、お願いです!」シャツが捲り上げられ、ブラジャーから乳房がはみ出している。
そんな様子を「いいわね。日光浴なんて!」真理はニヤニヤして眺めていた。

「次郎、手伝えよ。こいつ、結構暴れるんだ!」拓也は香奈の抵抗に、手こずっている。
「しょうがないな。オ○ンコの丸出しといくか…」次郎も加わり「いや、いやー!」叫び声と共に、香奈の乳房、股間が露わになってきた。

「いい眺めだわ。青空の下でのヌードも悪くないわね。記念の写真も撮りましょうよ」真理の言葉に(ヌードを撮られら、もっと、ひどい事をさせられる…)「いや、いやー!」抵抗が自然に、強まっている。

それでも、拓也と次郎は、香奈が身につけているすべてを剥ぎ取り、生まれたままの姿にした。
「お願い、許して。もう許して!」香奈は両手を拓也と次郎に押さえられて、乳房と絨毛を隠せない。

「いい形だな。このオッパイはいいよ!」二人は空いた手で、乳房や股間を触っていく。
「いや、やめて、お願いよ。車が来るからやめて!」叫ぶ事しかできない香奈だ。

「ちょっと。オ○ンコやりたかったら後でしてよ。それより。ヌードになった記念写真でしょう?」
「そうだな。あそこまではすぐだから…」拓也は香奈から剥ぎ取った服を、車の中に放って、運転席に乗り込んだ。

「先生、早くしないと誰か来るわよ。素っ裸のままでなら、乗せてあげるけど…」
「乗せてください。このままでも、いいですから…」泣きながら、乳房と股間をしっかり押さえ、乗り込んだ。

「やばい。車だ!」
「いや、いやー!」拓也の声で、香奈は体を屈めて、足下で丸くなっていく。
(見られませんように!)背中を丸め、側を通り過ぎるのを待っている。
「ブー!」車は香奈のすぐ側を、音を立てて通り過ぎるが、体を震わせている。

そんな香奈の乳房を、真理が撫でだし(痛い!)乳首が両指で潰された。
「乱暴はやめてください…」香奈の目からは、涙が流れていた。
「あら、泣いているんだ。泣くならもっと後よ。これからが、本番なんだからね」
(これからが本番…。一体、どういう事かしら?)

そんな、不安の香奈を乗せた車は、山道を走ってから、広い駐車場で停まった。
「ここは、どこですか?」一面に芝生が生えていて、道を覆っている。
「ここからは歩きだ。いいね?」
「いやです。せめて、下着を着させて下さい…」

「そんなの、必要ないわよ。これで十分よ!」真理は香奈の首に、赤いナイロン製のスカーフを巻き付けていく。
「何をするのよ。やめてよ!」真理の手を押さえて抵抗すると「おとなしくするのよ。売女のくせに!」軽蔑の言葉が投げられる。

(売女…。違うわ、売春じゃないわよ、レイプよ、あれは!)また泣き出した。
「泣いてんのかよ。それは後でだ!」香奈は引きずられるようにして、乳房と絨毛を晒したままの姿で、素足のまま歩いていく。

香奈達が歩いて行くくと、粗末な建物が目に留まった。
「ここでするのよ。恥ずかしい事をね」意味ありげな事を言う真理に「やらないわ。恥ずかしい事なんかは、やらない!」声が震えている。

「それはどうかな。必ずやる事になるさ」
「そうよ。やらないと、生きていけない事になるかもよ」拓也達は、嫌がる香奈を無理に粗末な建物中に引き込んだ。

「いや、いやー!」嫌がる香奈だが、力任せで中に引きずられていく。
「苦しいわ。ゆるめて…」腕を引きずられるように、建物の中に入ると、中には純一がおり、それに、初めて見る顔の男もいた。
「主役のお出ましだが、客はまだか?」

「拓也、まだ早いよ。30分したら、大勢来るから心配するな」
「そうだよな。まだ時間が早いしな…」拓也も、自分に言い聞かせるように呟くと「準備はできているから、安心していいよ。それに、ここは山中だから、誰も来ないし…」ニヤリと笑う純一だ。

香奈が連れ込まれた建物は、倒産したホテルだった。
設備は揃っており、かなり痛んでいるが、使えない事はない。
(何をさせる気なのかしら?)不安な香奈を後目に、真理はテーブルのほこりを拭いていく。

「真理。今日は、お前もやってくれよ」
「私もなの?いやだなー!」
「お礼は弾むよ。それに、顔は隠していいから」拓也は真理に、サングラスを掛けてから、キスをした。
「拓也の頼みじゃ、断れないわね。やるしかないわね」テーブルを拭いていた雑巾をかたづけ、部屋から出て行く。

それと同時に、外から声が聞こえてくる。
(人が来る…。このままだと、ヌードを見られてしまう…)怯える香奈だが、話し声が大きくなってきた。
「返して、服を返してください!」体を震わせて言う。

「そうは、いかないな。今日は、あんたが主役だから」拓也は怯える香奈の両手に後ろに回して、手錠を掛けた。
「やめて下さい。お願いです!」全身が小刻みに震えていた。

しかし、叫ぶ香奈を後目に、外からの声が大きくなってきた。
「もう、いいかな。始めようか?」
「そうだね、行こう!」拓也と次郎が、香奈の腕を掴み外に連れ出そうとする。
「いや、見られるのはいや。ヘアだけは、見られたくない!」動こうとしない。

「ほら、行くんだよ!」純一も加わり、尻を押すと「いや、いやよ!」叫ぶ香奈は部屋から出された。
「いやよ。見ないで。お願いだから、見ないで!」
廊下には、見知らぬ男達が、乳房と股間を露わにした香奈を、食い入るように見ていた。

(見られている。オッパイと、あそこを…!)恥ずかしさで顔を背けたままだ。
「上玉だ。これなら文句はないぞ!」
「そうだな。こんな美人とオ○ンコした上に、写真まで撮れるんだからな」
(セックスと写真…。まさか、レイプされて、写真を撮る気の?)唇が、ブルブル震えている。

 
 
 
 

 
toukou07
 
toukou

 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!mitinohosi
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA