凌辱された山村女医 診療所での辱め

【第7話】
 

その夜、香奈と康子は、なかなか寝付けず、眠りに付いたときは明け方だ。
「もう朝だわ。シャワーで眠気を飛ばすか…」康子はシャワーを浴びていく。
石鹸で丁寧に洗い、眠気を飛ばして「ふー!」体を洗い終えると、濡れた体をバスタオルで拭いていく。

「そうだった。あれを着ないと、いけないんだった!」
康子は、夫の清孝にだけしか見せられない、ブラジャーとストッキングを、取りだした。
「こんなのを、着るなんて!」カップがなく、枠だけのブラジャーを着込んでいく。

「いやらしいわ。オッパイが丸出しなんて…」姿見に写る、自分の姿が情けなかった。
さらに、レースのストッキングを履いて、ガーターベルトで止めた。
「清孝さん、ごめんなさい。でも、赤ちゃんはあなたの子を産むから許して!」うっすら涙で濡らしながら、普段着を着込んだ。

康子は診療所に入ると、真っ先に着替えていく。
「先生には、見られる訳には行かないし…」
衣服を脱ぎ、ストッキングとブラジャー姿になり、慌てて白衣を着込んで行く。

そこに、香奈が現れ「先生、今日も頑張りましょうね」声を掛けた。
「勿論、頑張るわよ」香奈も着替えだし、下着姿になると、ズボンを履き、上着を着込んでいく。
そして、いつもの女医姿になると、診察室に入って「あら、顔色がよくなったわ」診察室にいる患者と話しながら、診察していく。

こうして、次々と患者を診察して、患者も少なくなっている。
「先生、おばちゃんが最後よ」康子は、老女を診察室に案内していく。
「はい、そこに仰向けになって」なれた手つきで、寝かせた。

そして、康子が診察室から戻って来ると「姉さん、約束守ってる?」次郎が診療所に現れた。
「言われた通りよ。今は見せれないけど…」項垂れる康子は、昨日のことがあり、まともに次郎の顔を見れない。

「姉さん。楽しむために、コンドームも持ってきたよ」次郎は小さな袋を見せた。
「仕事中よ、そんなのできないわ。それに、昨日やったばかりでしょう?」
「昨日は、昨日さ。診察が終わったらやろうよ。イヤなら写真をばらまくからね」

「それだけはやめて。1回だけよ、約束して!」
「わかったよ、オ○ンコは今回限りだ。その代わり、兄貴とのオ○ンコを、たっぷり見せてくれよ」
(いやよ。セックスを見られるなんて、いやよ…)泣きそうな顔の康子だ。

康子と次郎が話し合っていると「康子さん!」診察室から香奈の声が聞こえ「ハーイ!」康子が診察室に入っていく。
「ちぇ、待つしかないか…」次郎は、待合室で康子の現れるのを待った。

しばらくして、最後の患者が香奈と康子に付き添われ、診察室から出てきた。
(私を犯した子だ!)香奈は次郎の顔を見て、顔色が青ざめている。
「先生、義弟の次郎さんと話がありますから、お先にどうぞ!」

「あら、悪いわね。言葉に甘えさせて貰うわ」香奈は急いで、着替えだす
「康子さん、何の話かしら?」白衣を脱ぎ、普段着になると「康子さん、お先に失礼します」香奈は診療所から出た。

「でも、気になるわ。一体、何の話かしら?」康子の家の前まで来た香奈は、歩くのをやめ「悪いけど、覗いて見よう…」いつもの癖で、診療所に戻った。
香奈は、職員用のドアをそっと開けて、中に入ると(康子さんが!)待合室を見て、香奈は声を出しそうになった。

「これでいいでしょう。これで!」康子が今にも泣きそうな顔で、白衣のボタンを外して、胸を広げていた。
(オッパイを、義弟に見せている!)香奈の心拍が高まっていく。
「綺麗だ、姉さん!」白い縁取りだけの、ブラジャーから飛び出た乳房を、次郎が掴んでいく。

「だめ、そんな事だめよ!」目を閉じる康子に「やりたいよ。姉さんとオ○ンコしたい…」次郎は堪えきれず、胸元が開いた白衣を下げていく。
(この前と同じ姿だわ。性器を丸だししている!)康子のストッキングとガーターベルトが目に留まっている。

「姉さん。俺を兄貴と思ってやってよ!」
「わかったわ。でも今回限りよ。もう、絶対にセックスはしないからね!」白衣を脱がされた康子は、次郎の服を脱がせていく。
(あんなに、堅くなっている!)覗き見している香奈も興奮している。

それとは知らず「姉さん、兄貴と同じくしてよ。フェラしてから、だっこでしようよ」
「わかったわよ」康子は次郎のそそり立つ肉竿を口に含んでいく。
「これを付けるから、最後までいいよね?」次郎は小さな包みを康子に渡した。

康子は、袋を開けて次郎の肉竿に被せていく。
(コンドームだわ。あれで避妊をする気ね…)肉竿をコンドームで包まれた次郎は、立ったまま、康子の淫裂に押し込んでいく。

「まだ早いわ。膣がまだ堅いのよ。まだ、早いわ…」
しかし、次郎は康子の右太股を抱えて、肉竿を奥へと進ませていく。
「入っている。次郎さんのオチンチンが!」閉じた目からは、うっすら涙を流している。

「気持いいよ。姉さんとのオ○ンコが最高だよ!」次郎の肉竿が、根本まで入り込み、ゆっくり動きだすと「許して下さい。清孝さん…」震える唇から、声がした。
次郎はそんな康子に、容赦なく追い打ちをかけえる。
「いや。これは、いや!」康子は、両太股を抱きかかえられてしまい、次郎の首に両手を絡め、落ちまいとすがっている。

「動かさないで。お願いですから、動かないで!」
康子の願いを無視して、肉竿が淫裂の肉壁をかきわけ、擦っていく。
「あ、あ、あー!」康子の体が後ろに反っていく。
「だめよ、子宮の奥まで突き刺される~!」淫裂が潤って行くのを、感じている。

(康子さん、気持ちよさそうだわ…)
覗き見していた香奈の手が、シャツの裾を捲り上げ、ブラジャーをずらして、乳房を掴んだ。
(気持いいわ。オナニーでも感じる)乳首を摘んでいく。 

一方、体を反らし喘ぐ康子は、膣深く義弟の肉竿で暖まり(噛んで。乳首を噛んで、次郎さん!)待っている。
「噛むよ、姉さん!」(いいわよ。でも、今夜だけだからね)返事をせず、黙った
ままだが、次郎は康子の乳首を噛み「あ、あ、あー!」康子の悲鳴が、診察室に響いていく。

(もっとして。康子のオ○ンコに、もっとして!)康子は理性が消えて、本能の性欲が次郎を求めている。
「行くからね」次郎は両太股を持ったまま、腰の動きを早めていく。
(許して、清孝さん。次郎さんのオチンチンが、凄くいいの…)口を開け、乳首を再び、噛まれた。

「行く、行く~!」康子の淫裂からは、滴るように淫汁が溢れ、次郎は腰の動きを一気に早めた。
「だめ、もうだめ。こんなのだめよ~!」途切れ途切れにやっと言えた。

しかし、次郎は腰の動きをやめず「う、うー!」うなり声を上げてから、腰の動きを停めた。
(膣の中が暖かい。射精したんだ、次郎さん!)
「下ろして。もう下ろして!」康子は顔を左右に振っていく。

「コンドームを付けているから平気さ。今度は、四つん這いでバックからだよ」
「許して。もう膣が痛いのよ」
「そんなはずないよ。ビッショリ、濡れているから、まだ平気さ」康子の太股を放すと、康子は床に崩れていく。

「姉さん、コンドームを取り替えてよ。このままだと、妊娠するかもよ」
「そんなのいや。次郎さんの子は、絶対産まないわ」萎縮した次郎の肉竿を掴み、コンドームを外すと「口でもしてよ、姉さん!」催促される。

(イヤだけど、仕方ないし…)精液で濡れた肉竿を、康子の舌がなめていくと、精液が拭き取られ、再び勃起していく。
「早くやろうよ。バックからだよ」
「許して。セックスは、もうイヤなの…」

「付けないなら、中に出してもいいんだね?」
「いや、お腹の中はいやよ」渋々、コンドームを取り付けると「姉さん、四つん這いだよ」康子は、四つん這いなった。

白いガーターベルトが腰に巻き付き、太股までのストッキングを吊っている。
「姉さん。この姿が素敵でいいよ!」次郎は淫裂を広げ、中を見ている。
(性器の中を見られている!)「見ないで。お願いだから、恥ずかしい部分を見ないで!」叫ぶ康子だ。

「ま、いいか…」次郎は両手で康子の腰を押さえ、肉竿を突き刺していくと「あ、あ、あー!」喘ぎ声を上げて体をくねくねさせている。
(気持ちよさそうだわ。康子さんが…)
覗き見をしている香奈の手も、ズボンを下げパンティの中に手を忍ばせ、淫裂を触っていく。

(気持いい。膣を触ると感じる…)うっすら目を閉じて、乳首を摘みながら淫裂を触っていた。

だが、「だめ、もう許して!」康子は言葉と裏腹に、淫裂から流れた淫汁で、ストッキングを濡らしていた。
「姉さん、オ○ンコが気持いいよ。オッパイも揉ませて!」
次郎は中腰になり、康子の背中に胸を合わせて、乳房を掴み揉んでいく。

「だめ、そんな事だめ!」肉竿が激しく動きながら、乳房を揉まれて「クシュ、クシュ!」淫裂が卑猥な音を出していく。
「姉さん、生でやらせてよ。そして、オ○ンコに僕の精液を出させて!」

「いや、絶対にいや。そんな事したら、死んでやるから!」あくまで、生での挿入を拒む康子だ。
「でも、姉さんのお腹に出したいんだ…」
「清孝さんの子を産むことになってるの。だから、それだけは許して!」喘ぎながら答えていた。

そして、次郎は2回目の噴射を行った。
(終わったわ。帰らないと…)香奈は気付かれないように、服の乱れを直してから診療所からでた。
診療所から宿舎に向かい歩いていくと「先生、見てたわよ。変態なのね!」真理の声だ。

「何を見てたのよ!」香奈は声を震わせながらも(もしかして、覗きを見られていたのかしら?)不安げに歩いている。
「先生はエッチが好きなのね。明日は、この前の下着を着るのよ。着なかったら村中に噂を流してやるからね」

「わかったわよ。あれを着ればいいのね!」(また、恥ずかしいことを、させる気だわ)それだけ言うと、早足で歩き出し、宿舎の中に飛び込んだ。
「ま、いいか!」名残惜しそうに、真理が香奈の後ろ姿を見つめていた。

翌朝、今度は香奈はストッキングを、ガーターベルトで吊っている。
「イヤだわ、こんな娼婦のまねごとなんて…」ブラジャーから乳房が飛び出し、真っ黒な絨毛が露になっている。
「でも、この姿にならないと…」諦めて、その上からシャツとスカートを履いて診療所に向かっていく。

(康子さんに気付かれたら困る…)香奈は慎重に、着替えをした。
「透けてないかしら?」白いズボンから黒のストッキングが見えないか、気になっている。

「これなら安心ね」確認すると、香奈は上着を着込んで、乳房を隠していく。
「痛いわ、乳首が擦れて痛い」敏感な乳首が白衣で擦れて、痛そうだ。
「我慢するしか、ないか…」

白衣を着込むと早速「康子さん、診察を始めるわ」「はい、先生」2人はいつのように、診察を行った。
小さな診療所から、診察を終えた患者が次々と出て行くが、遠くからバイクのエンジン音が聞こえてきた。
(あいつらだわ。また、辱められる…)顔が曇る香奈だ。

「先生、いるかー!」やはり、拓也で純一と、見たことのない顔もいる。
「先生、私の相談に乗って欲しいの」逸れに、真理もいた。
「先生、診察時間が終りましたから、私は帰らせて下さい」

そうね、私1人の方がいいみたい。康子さん、ご苦労様でした」康子が診療所から出て行き、香奈が残されている。
「先生、見せてよ。あの下着姿を!」香奈が1人になると、真理が言い出す。

「いや。ここでは、いやです!」拒む香奈に「あら、そんなこと言っていいのかしら?」ニヤニヤして香奈を見つめている。
「わかりました。ちょっと、待って下さい…」診察室を出ようとしたが「いいのよ、ここで見せるのよ」(人前で脱ぐなんて!)体が自然に、震え出す。

「拓也、先生恥ずかしそうだから、その子に手伝わせたら?」
「自分で、脱ぎます!」慌てる香奈に「真二、お前が先生のお手伝いをしろ!」拓也が言う。
「面白いな。女医さんを裸にできるなんて!」真二と呼ばれた子が、香奈の白衣のボタンを外しだした。

やめて、お願いです!」泣きそうな顔になっているが、容赦なくボタンが外され、上着が剥ぎ取られてしまった。
「ひょー。これが女医か!」
「見ないで下さい!」恥ずかしそうに、乳房を両手で押さえ、顔を背ける香奈だ。

「下はどうかな。オ○ンコ丸出しかも?」真二は、はやる気持でズボンを下げた。
「いや、許して下さい!」香奈は泣き声に変わった。
「これが女医さんか。町のソープ嬢と同じ格好じゃないか!」黒いストッキングとガーターベルトで下半身を覆っているだけだ。

「オ○ンコが真っ黒だぜ!」真二は興奮しながら、香奈の絨毛を触っていく。
「やめて下さい。もう許して!」香奈の泣き声が、診療所に響いている。

 
 
 
 

 
toukou07
 
toukou

 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!mitinohosi
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA