凌辱された山村女医 義弟の辱め

【第6話】
 

時計は8時を指しており、それを、恐れて康子が眺めていた。
「来ないで。お願いだから来ないで!」祈る康子の願いを打ち破るように「ピンポーン!」チャイムが鳴った。

「次郎さんだわ!」体を震わせながら「どちら様ですか?」と尋ねる。
「姉さん、僕だよ」聞きたくない声だ。
「今、開ける」康子は急いで玄関を開けて「入って!」次郎を中に迎え入れた。

「姉さん、早く見せてよ!」家に入るなり、康子の体を触りだした。
「いや、見るだけよ。約束して、次郎さん!」
「わかったよ。だから、ヘアヌードを見せてよ」目を輝かせる次郎だ。

「ここじゃ、いや。こっちよ」康子は次郎と共に、リビングに入ったが、薄暗い電球が灯されていた。
「これじゃ、見えないよ…」次郎は、大きな電球を灯した。
「こんなに明るいと、恥ずかしいの…」顔を強張らせる康子だ。

「この方が、よく見えるよ」次郎が康子のスカートに手を掛けると「自分で脱ぐから…」康子は恥ずかしさで、次郎の手を押さえた。
「わかった、任せるよ。それから、お酒貰うからね」サイドボードを勝手に開けて、ウィスキーをグラスに注いでいく。

(恥ずかしい。次郎さんにヌードを見せるなんて!)顔を赤らめ、康子はシャツの裾を掴み、一気に捲り上げると真っ白なブラジャーをしていた。
「姉さん。明日は、この前の下着だよ。ほら、オッパイが飛び出しているやつ!」

(あれは清孝さんの為よ。次郎さんには、見せないわよ…)黙ったままの康子に「着なかったら、約束を破るかもね!」次郎は脅しを掛ける。
「わかってるわよ。次郎さん」慌てて返事する。

シャツを脱ぎ終えると、スカートのホックを外してファスナーを下げていく。
白いパンティが覗き(これで、下着だけだ…)スカートを掴んだ手を放した。
康子の股間を、真っ白なパンティが覆っている。

「姉さん、パンティはいらないよ。ストッキングとガーターベルトが、お似合いだよ」
「わかってるわよ」顔を強張らせて、パンティに両手を掛けた。
(恥ずかしい。清孝さん、許して下さい!)目を閉じ、手を下げていく。

股間を覆った白い布が退けられて、絨毛に覆われた恥丘が見えてきた。
「いよいよ、オ○ンコ丸出しだね!」グラスを手に持ち、目を輝かせて言う。
「やめて。オ○ンコなんて。卑猥な言葉は、使わないでよ!」
真っ赤な顔の康子は、パンティを膝まで下げ、体を丸めて足を抜いていく。

(性器の中を、見られてしまうかも…)足を上げて、パンティから抜いた。
「見えた、お姉さんのオ○ンコが!」
「お願いよ。オ○ンコなんて、言わないで!」目が真っ赤に充血している。
(これで、性器が丸見えになってしまう…)震える足を上げ、パンティから抜き、両手には白い、縮こまった布きれだけが残されている。

康子の下半身を覆う布がなくなると「姉さん。ブラは僕に脱がせて!」
「自分でするからいいわよ」(オッパイと性器を触る気だわ)それで拒む康子だ。
「遠慮は、いらないよ!」次郎はブラジャーのホックを外し、剥ぎ取っていく。
「やめて。次郎さん、お願いだです!」康子が拒んでも、次郎はやめない。

「ほら、オッパイだ!」康子の乳房が露にされてしまった。
「これで、いいでしょう。ヘアヌードになったから…」康子は股間を、手でしっかり隠している。
「それじゃ、ヘアヌードじゃないよ。ヘアとオッパイが見えないし…」

「わかったわよ。見せるから、絶対に、変なことはしない約束よ!」
「わかってるさ。約束する」
(やるしかないわ。清孝さん、ごめんなさい…)目を閉じ、康子は両手を後ろで組んだ。

「いいね。ヘアとオッパイがいいよ!」康子の乳房と、絨毛に包まれた股間が、露わになっている。
(見られている…。次郎さんに、私の全てが…)全身が紅潮し、恥ずかしさで太股がブルブル振るえている。

その、康子の後ろに組んだ手が、次郎によって掴まれた。
「やめて。何をする気なのよ。変なことはしない約束でしょう?」
「変なことは、絶対にしないよ。僕は、姉さんとオ○ンコするだけだから…」康子の両手を後ろ手にして、縛りあげた。

「やめて。そんな事したら、大きな声をだすわよ!」
「大きな声を出してもいいけど、素っ裸姿が見られるよ。噂が、この村を飛び交うけど…」次郎はシャツを脱ぎだした。

(そうだわ。大きな声で叫んだら、清孝さんと、別れ離れになる…)
康子は、大きな声を出すのを諦め「やめて、お願いだからやめて!」泣きながら言うしかない。

「姉さん。僕は兄さんが羨ましいよ。こんな美人の姉さんと、毎晩オ○ンコできるし…」ズボンも脱ぎ、パンツも脱いで全裸になると、股間の肉竿が大きく膨らんでいる。

「いや、レイプはいや。お願いだから、やめて!」両手を縛られた康子は、首を左右に振って、拒むしかできない。
だが「いやー!」康子は床に押し倒され、乳房を掴まれた。

(オチンチンが、膣に当たっている!)そそり立った次郎の肉竿が、康子の淫裂を求め、捜している。
「わかった。セックスしていいから、コンドームを着けて!」
「持ってないよ、俺!」乳房を揉みながら言う。

「私の部屋の、タンスの中よ。上から2段目にあるわ」
「中に出さないから、このままやらせて!」
「いや。お願い、コンドームだけは着けて。セックスの相手をするから!」(次郎さんの子は産みたくないし…)康子は真剣な顔だ。

「わかったよ。持ってくるから、逃げないでよ」
「こんな素っ裸よ。逃げれないわよ」
「そうだな。もし逃げたら、あの写真をばらまけるし…」次郎は言われた通りに、コンドームを取りに行った。

「逃げたいけど、こんな姿を見られたら、只では済まないし。次郎さんとセックスするしかないわ…」観念する康子だ。
一方、次郎は直ぐに戻って「これを、着ければいいんだね?」勃起した肉竿にコンドームを取り付けると、薄い膜で覆われた。

「姉さん、行くよ!」(清孝さん、ごめんなさい。これしか、道がないのよ…)閉じた目から、涙が流れているが「あっ、あっー!」乱暴に入る肉竿に、悲鳴をあげた。
「ゆっくり入れて…。乱暴にしないでして!」

「姉さん。解いたら上に乗って、やってくれるかい?」
「いや、それはいやよ。清孝さんとしか、やれない…」
「だったら、我慢して」次郎は、乱暴に肉竿を突き刺し「ヒー!」膣の奥に肉竿が入った。

(痛い。膣が裂けそうだ…)顔を歪める康子だが、容赦なく肉竿を動かしていく。
「解いて。私がやるから、手を解いて!」痛みに耐えきれず、康子は叫ぶ。
「最初から、そうすればよかったのに…」次郎は康子を縛った両手を解いていく。

「これでいいね、姉さん!」康子を自由にすると、次郎は仰向けになった。
「こうすればいいのね?」馬乗りになった康子は、次郎の肉竿を掴み、自分から淫裂に導くと、腰を下ろしていく。

「姉さん、気持いいね。兄さんとは、毎晩してるんだね」目を閉じ、次郎は康子の乳房を掴んで揉んでいく。
(許して、清孝さん!)康子は、ゆっくり腰を動かしていく。

少しずつ、肉竿が康子の淫裂に吸い込まれて、肉竿の根本まで淫裂に入った。
「行くわよ。次郎さん!」
康子は目を閉じ、腰を激しく動かし始め「クシュ、クシュ!」淫裂から、特有の卑猥な音が出ている。

(清孝さん、許してね。こうするしかないのよ…)康子の淫裂は次第に熱くなっていき、腰の動きも速まった。
その動きに合わせ、次郎も乳房を揉むスピードを速めた。

(乳首を摘まないで。次郎さん…)両乳首を指で摘まれた康子は、顔を歪めながらも腰を動かしていく。
「あ、あ、あー!」今度は、上体を起こした次郎に、乳首が吸われた。
(いや、乳首はいやよ。敏感なんだから…)康子の乳首が膨らんでいく。

「姉さん。だっこでしようよ!」
「いや。あれは清孝さんとしか、したくない…」
「でも、オ○ンコが欲しがってるよ。ほらこんなに濡らして!」次郎は的確に指摘していた。

「姉さんはスケベだな。オ○ンコが好きなくせに!」
「ち、違うわ。好きでしてるんじゃないわよ、仕方ないからよ…」言い訳をする康子だが、次郎は康子の太股を抱きかかえて、立ち上がった。

「いやー。オチンチンが、膣の奥まで突いてくる~!」康子は両手で、次郎の首を抱いて、頭を反らせていた。
だが、次郎はゆっくり、肉竿を動かしていく。

「だめ。動かさないで、変になっちゃう…」次郎の肉竿が、ゆっくり康子の淫裂を擦りだした。
「やめて。お願いだから…」歯を食いしばり、声を出すまいと耐える康子だが、淫裂から淫汁がベットリ流れている。

「出そうだ。出すからね!」
「だめ、出さないで。お願いだから、出さないで!」叫ぶが、コンドーム越しに膣の中が暖かくなっていく。
(射精したわ。膣の中が暖かい…)康子は下ろされた。

「拭いてよ。姉さん!」
「わかったわよ」康子は萎縮していく、次郎の肉竿からコンドームを外した。
(こんなに、一杯出して…)コンドームの先端には、真っ白い液体が溜まっている。
(イヤだわ。何で、こんな事をしないといけないのよ…)康子は萎縮した肉竿をタオルで拭くが、すると、一気に膨らみだした。

(凄いわ。もう膨らんでいる!)若い次郎の肉竿が、再び、膨らんでいる。
「姉さん、一緒にお風呂に入ろうよ」
「だめ、それだけは許して。私は清孝さんの妻なのよ」
「オ○ンコしたんだから、いいじゃないか。もっと、して上げるから」次郎は背中から、肉竿で淫裂を突き刺していく。

「だめ、もう許して。私は、あなたの兄さんのお嫁なのよ!」
「わかってるさ、そんなこと。でもオ○ンコとは関係ないよ」肉竿は淫裂に入ってしまった。

「着けて。コンドームを着けてよ。お願いだから」
「わかったよ!」急いでコンドームを着けると、再び康子の淫裂を突き刺していく。
「四つん這いだよ。いいよね?」

「その代わり、優しくよ…」康子が四つん這いになると、パックリ割れた淫裂に、次郎の肉竿が、吸い込まれていく。
「あ、あ、あー!」喘ぎ声を上げながら、体を反らせている。
(清孝さん。膣の奥まで、次郎さんのオチンチンが、入ってしまった…)

康子は、喘ぎ声を上げながら、淫裂から太股まで淫汁を流している。
次郎の腰の動きに合わせ、垂れ下がった康子の乳房が、揺れ動いていく。
(きついわ、子宮がきつい!)腰の動きが速まり、次郎は再び放出を行い(終わった…)それと同時に、うずくまる康子だ。

「姉さん。背中を流してよ」
「いやよ。そんな事、できないわ!」
「やらないなら、オ○ンコしたのを、兄さんや近所に言うけど…」

「言わないで。今日のことは、誰にも言わないで!」
「だったら、今夜は僕が、兄さんの代わりだ」
(清孝さん、許して!)泣きながら康子は、次郎と一緒に浴室に入り、いやいや次郎の体を洗っていく。

「ここもだよ」先ほど、放出を終えた肉竿も丁寧に洗っている。
体を洗い終えると、今度は康子が次郎によって洗われていく。
「性器はいいわ、自分で洗うから!」
「遠慮しなくていいよ」

夫以外に、見せていけない部分を見られて、康子は体を震わせながら耐えた。
次郎は康子の隅々まで洗い、乳房も洗われていく。
「これで、姉さんとは夫婦だね?」
(違うわ。あなたは、レイプ犯よ…)次郎の言葉には、黙ったままの康子だ。

体を洗い終えると康子は次郎の濡れた体を拭いていく。
「お願い、もう許して下さい…」
「わかったよ。でも、下着はこの前のやつだよ。パンティも無しだからね」服を着込んだ次郎は、言い残すと出て行く。

「清孝さん、私どうすればいいのよ…」生まれたままの姿で、泣き続ける康子だが、その側には、次郎の精液が溜まった、コンドームがおいてある。

 
 
 
 

 
toukou07
 
toukou

 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!mitinohosi
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA