あや キックオフ あらら、口だけで出ちゃったぁ……

 

【第4話】

「あぁ~、やん……はぁん……あんぁん、あうっ……だめ……ゃぁん……」

鼻にかかった甘ったるい声を漏らすあや。
あやのつややかな声に英俊の下半身が敏感に反応し、いつしか膨張している。
男性が女性の秘所を愛でる時には二つの武器がある。
一つは『舌で舐める』という武器、もう一つは『唇で吸う』という武器。
男性がその女性を愛おしく思い感情が暴走を始めた時、激しく吸う傾向があるという。
いつしか英俊はあやの肉裂を音を立てて吸っていた。

「あぁっ、そんなっ……!ゃぁ~ん……だめぇ……そ、そんなことしちゃ……ああっ~……やぁ~ん!」

あまりに激しく吸ったため、あやは少し痛みを覚え顔をしかめた。
すぐに気配を察知した英俊は「ごめん!痛かった?」と謝ってすぐにクンニリングスを中止しようとしたが、あやは継続を求めた。

「つづけて……」
「うん」

今度は舌を使い肉裂を舐め上げていく英俊。
肉裂の上端にあるクリトリスに舌を滑らせ、円を描くようにしゃぶり始めた。

「ああっ!そんなぁっ!」

次の瞬間、まるで感電でもしたかのように、あやの腰がピクリと波打った。

(クリュンクリュンクリュン)

「あぁ~、ヒデ~、それすごい!あぁぁぁぁっ……」
「ここ気持ち良いのか?」
「うんうん、すごく、すごくいい……はぁ~ん……」

あやは鼻にかかった声を漏らしてる。

(ペロンペロンペロン)

クリトリスを舐めていると、肉裂からじわりと蜜が滴った。
肉裂ばかりか英俊の口周辺までもがびっしょり濡れていた。

「うわ~っ、もうびしょ濡れじゃん」
「ぃやん~、そんな恥かしいこと言っちゃダメぇ……」
「じゃあ、もっと言ってやろう。あやのオマンコびっちょびっちょ~」
「あぁん、恥ずかしい……もう~、ヒデのいじわるぅ~」
「クンニ、気持ちよかった?あやの喘ぎ声めちゃ可愛いし」
「もう……恥ずかしいからそれ以上言わないで……」

あやの股間から顔を覗かせ楽しそうに笑う英俊に、あやは目を伏せた。
英俊の唇を汚しているのが自分の体内から溢れでた愛液かと思うと、無性に恥ずかしくなってしまう。

「あやが気持ちよくなってくれたらオレは嬉しいよ」
「私だって……私だってヒデを気持ちよくさせたいよ……」
「……?」
「今度は私がヒデを気持ちよくしてあげる」

上体を起こし、英俊の身体を引き寄せた。
彼の膨れ上がった股間部分を右手でさすり、両目を大きく見開いた英俊を前にして頬を緩ませる。

「お願い。ヒデの大きなコレを私に舐めさせてください……」
「あや……」

固唾を飲んだ英俊は羽織っていたバスローブをゆっくりと脱ぎ捨てた。
バスローブの内側に収まっていたモノが勢いよく飛び出し、次はあやが息を飲む立場に変わった。
こんなにも大きなモノがもうすぐ自身の中に進入してくるのだと思うと、あやはドキドキと鼓動が高鳴った。

「っはぁっ……むんぐっ……ん、んぐっ……」

あやは口の中に収まりそうもない、英俊の大きな肉柱を咥え込んだ。
汗が混じっていたからかそれがしょっぱく感じながらも、先端を口に入れ根本を右手でつかむ。

「っく……あやの口ん中……すごく、温かい」

右手で肉柱を扱き、同時に舌で裏筋をなぞる。

今まで数えられるほどしかフェラチオをしたことはないが、男臭い香りに脳が痺れていくようだった。
英俊を気持ちよくさせようと必死になってしまう。

膣の中に溢れるほどの英俊の熱い精液を注いでほしい。
あやはただそれだけを願った。

「うっ、ん……んんっ!あや、き、気持ちいいよ!」

甘く上擦った英俊の声に、あやはより一層激しく扱き続ける。

「ふ、んっ…っ、うおっ…!……や、ば…イキ、そぉ……!」

肉柱が一段と硬く、そして大きくなった。
今にも発射してしまいそうなのか、あやの頭をつかみ、激しく腰を打ち付ける。
喉の奥に先端が当たり、あやは息苦しさを感じてしまう。
だが憧れの男が自分の手でよくなっているかと思うと、気分が高揚してならない。
あやは英俊の精液を搾り取るように、勢いよく口を窄めて吸い込んだ。

「くっ、うぐっ、っ、ん……ぁっ、ぁっ、ぁぁ……っぁぁ! うううっ……!」

勢いよく放出された白濁色の液体があやの口内に注がれる。
むせ返るような量の精液に圧倒されながらも、あやは大胆にも飲み込んでしまった。
飲みきれなかった少量のソレが口端からこぼれ落ちる。
手の甲で拭いつつ、あやは微笑んだ。

「えっへへ…ヒデの精液、すごく美味しかったよ。でも次は……私のココに入れて欲しいの」
「ええ~!?すぐにか!?いくらオレでもそりゃ無理だよ……ちょっと小休止」

あやは男の身体のメカニズムをまだよく知らなかった。
いくら若くても精液再生にはわずかな時間を要する。

あやはとにかくセックスがしたかった。
英俊が欲しかった。

「もちろん、入れてあげるよ。オレのコイツもまだまだ物足りないって言ってるからね」
「そうなの?聞こえるかな?もしもし~」
「バカ、コイツに耳を当てたって何もしゃべらないよ」
「だよね~」
「ったくあやは面白い子だな~」

 

 
toukou02
 
toukou
 
 
この作品は、愛と官能の美学 Shyrock様から投稿していただきました。
尚、著作権は、愛と官能の美学 Shyrock様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
ラヴラヴから凌辱ものまで多ジャンル官能小説取り揃え
体験談・投稿体験談・夜学問・官能詩
エロエッセイ・その他カテゴリー多数
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA