凌辱された山村女医 凌辱

【第3話】
 

「そうは、いかないぜ。オ○ンコ丸出しの素っ裸を撮らないとな!」香奈は太股を開いたままで、黒い絨毛に覆われた股間の中に、ピンクの淫裂が覗いている。
「パチン、パチン!」スイッチ音が響いていく。

「もっと、中まで撮らないとだめよ。膣の中も!」笑いながら真里が言う。
「お前がやれよ。女だから!」真理は言われた通りに、香奈の淫裂を指で広げた。
(見られてしまった…。性器の中を…)パックリ開いた淫裂は、中が見えている。

「ほら、これがクリちゃんよ。撮らないと!」
「いや、やめてお願いです!」叫ぶが「パチンパチン!」(撮られた…。性器の全てを…)力が抜けていく香奈だ。

「オ○ンコだけじゃ、つまんないわよ。拓也、オッパイも揉んであげましょうよ。私はクリちゃんを可愛がるから!」
「面白い、やろう!」
「やめて、お願いです!」両手両足を押さえられた香奈は、どうすることも出来ずに叫ぶだけで、乳房を揉まれ、乳首も吸われていく。

(オッパイが、吸われている…)香奈は目を閉じたが「いや、いやー!」目をハッキリ開け、腰が浮いた。
「感じるのね。ここが?」真里がニヤニヤしながら、クリトリスを指で撫でていた。
「お願い、許して!」悶えて腰が動き回っていく。

「いやだー。おばさんったら、汁まで流している!」真里の指が、香奈の淫汁で、ベトベトに濡れている。
「言わないで。女性ならわかって。お情けです!」涙を流しながら、叫ぶ香奈だ。

「そうよね。行きたいなら、行ってもいいわよ。ちゃんと、行かせてあげるから」真里の指の動きが、速まり、拓也も乳首を軽く噛んでいく。
「だめ、だめー!」淫裂から流れ出た淫汁は、診察台のシーツを濡らしている。

(我慢しないと、だめだわ…)耐えるが、次第に腰が浮き、背中も反っていく。
「あ、あ、あー!」遂に、香奈が喘ぎ声を上げると「おばさん、オチンチンで行こうよ、どうせなら」真里の言葉に「いや、レイプはいやよ!」叫ぶ香奈だ。

「面白い、本番か…。どうせ、使い古しのオ○ンコだから、やるか!」
リーダーの拓也は、ズボンを脱いで、下半身をむき出しにした。
二十前の拓也の肉竿は、脈々と血管が浮かび上がり、堅く膨らんでいる。

「拓也、すげえな。俺より大きいぞ。それに、くびれがいいな!」次郎も下半身剥き出しにしている。
「悪いが先生。使い古しオ○ンコの、味見させてくれ!」
「いや。入れないで、お願いよ~!」叫ぶ香奈だが無駄だった。

拓也は勃起した肉竿を密で濡れた淫裂に押し込んでいく。
「入れないで、それ以上入れないで!」叫ぶが、肉竿は長年守っていた香奈の封印を突き破った。
「ヒー!」香奈は悲鳴をあげ、体を震わせている。

それと同時に、淫裂から真っ赤な鮮血が流れていく。
「やだー。おばさん、その年でバージンだなんて!」真里は、香奈の淫裂を見て叫ぶが「う、う、う!」処女を拓也に奪われた香奈は、両手両足を押さえられたまま、嗚咽を上げている。
(バージンを奪われた…。こんな子供に…)涙を流す香奈だ。

「やだー。おばさんが泣いてる!」真里は、喪失で泣いている香奈を笑っている。
(悔しい。喪失を笑われるなんて…)泣いている香奈だが、拓也の肉竿は動きを停めず「クシュ、クシュ!」湿った音が、淫裂から出ている。
「先生、オ○ンコの締まりがいいな。とても、ババアのオ○ンコとは信じられないよ」鮮血で汚れた肉竿を動かし続けていく。

「拓也、俺もオ○ンコをやりたいよ」
「わかった。交代しよう」拓也は次郎と交代した。
「あ、あ、あー!」喪失した香奈の淫裂を、今度は次郎の肉竿が突き捲っている。
(だめ。そんな乱暴にしないで。優くしないと膣が痛くなるのよ…)

しかし、香奈の淫裂からは前にも増して淫汁が流れ出ていく。
(気持ちいいわ。喪失したけど、膣が感じる…。これがセックスなのね…)
初めての体験だが、次郎の肉竿に合わせて腰が動いていく。

「おばさん、気持いいの。オ○ンコが動いているわよ」
「言わないで。女だったらわかるでしょう」呼吸を荒立てながら、腰が動いていた。

「出そうだ。出そうだよ!」
「いや、お腹の中はいやー!」
「先生、膣内がイヤお口でしないと」あさっさり言う真里に「フェラなんて、出来ないわよ!」喘ぎながら言う香奈だ。

「だったら中出しだ。いいんだな、ガキが出来ても?」
「します、お口でします…」
「よし、向きを変えろ!」
香奈は診察ベッドで四つん這いにされた。

「やるんだよ、ほら!」香奈は淫汁と血で汚れた、肉竿を口に含んだ。
「う、うー!」(咽が詰まる!)次郎は、香奈の頭を両手で押さえ腰を振っていく。
「いいわね、その姿。ほら、撮りなさいよ1」
「わかってるよ」(いや、こんな姿は撮らないで!)叫びたくても、声にならない。

「俺もやりたいな。変わってよ!」カメラで撮り捲っていた純一は、カメラを渡し、下半身を急いで露にしていく。
「同時プレイよ。それって!」
「3pだよ」純一は、香奈の腰を両手で押さえ、淫裂を肉竿で突き刺していく。

(きつい、膣の中がきつい!)顔を歪め、体を反らせていく。
「ほら、撮ってやらないと!」真里にせかされ、スイッチが押されていく。
(いやよ、こんな姿は撮らないで!)

しかし、次郎と純一は腰を動かしていく。
(だめ、やめて。お願いだからやめて!)香奈の、膣と口の中で、肉竿が動き回っている。
「ケツにもやるか!」香奈の肛門に、純一の指が入って(ヒー!)香奈は身震いを始めている。

(抜いて、指を抜いて!)口を肉竿で塞がれ、声にならず「う、う、うー!」うめき声となっている。
「お尻に指が入ると、気持ちいいんだ!」真里は身震いをしている香奈を、ニヤニヤ眺めている。

「真理。お前にも、やってやろうか。俺のチンポで!」
「いやよ、お尻は絶対にいや。痛いだけって、雑誌に書いてあったから…」
「そうとは、限らないぞ。このババアは、こんなに濡らしているからな」拓也は香奈の股間を撫でて言うが(やめて、お願いだから、触らないで!)声を出せない。

その間にも、次郎が登りつめてしまった。
「う、うー!」動きを停めて、香奈の頭を押さえたまま動かない。
(射精された…)咽の奥に、ネバネバした液体が漂っていく。
「スッキリした。交代でやろうよ、このおばさん相手に!」
射精を終えると、血管の浮き上がった肉竿が、一瞬にして萎縮していく。

「どれ、俺もいくか!」
「いや、いやー!」純一の肉竿が、淫裂から肛門に変わった。
「抜いて、お願いだから抜いて…」香奈の口から、糸を引いて精液が流れ出ていく。

「フィニッシュだ!」「ヒー!」純一は腰の動きを一気に早めて(裂ける…。お尻が裂ける…)肛門からも精液が漏れだした。
「いいね、その姿が!」辱められたいる香奈は、どうすることも出来ない。
「いや、お尻の中に出すなんて!」香奈の肛門から白い精液が流れ出てきた。

「ハア、ハア!」放出を終えた純一が、肉竿を抜くと同時に、どっと、香奈は崩れ俯せになっていく。
「真里、ババアのオ○ンコを綺麗にしろ。それから、またオ○ンコだ!」
「拓也はセックスが好きね。私は嫌いよ、セックスなんか!」真里は言われた通りに、香奈の淫裂を綺麗にし、喪失した印の鮮血も拭かれた。

「よし、今度は駅弁だぞ」香奈は拓也に、抱きかかえられた。
「許して、もう許して!」両手で拓也の首を抱き締めたが、体が後ろに反っている。
(膣の中にオチンチンが入っている。しかも、こんな子供のオチンチンが…)目を閉じ、拓也のされるがままにするしかない。

「ヒー!」拓也は太股を抱えたまま、腰を振り乳首を噛んだ。
「だめ。噛まないで、乳首を噛まないで!」言葉と裏腹に淫裂からは、淫汁が再び流れていく。
「おばさん。俺にも、ケツへ出させろよ!」

「やめて。お願いですから、お尻はやめて!」抱かれた香奈の肛門に、次郎の肉竿が入って「ヒー!」体が振るえている。
「抜いて、お願いだから抜いて!」叫ぶが、淫裂と肛門の同時攻撃が始まり「あ、あ、あー!」香奈は、拓也の首に腕を絡ませたまま、されるがままだ。

「気持いい。次郎のチンポコがあたるぞ!」
「拓也のチンポコも堅いな」薄い膣皮を隔てて、肉竿同士がぶつかっていく。
「あ、あ、あー!」(抜いて、オチンチンを抜いて!)喘ぎ声を上げながら耐える香奈だ。

「でる、でる!」次郎の肉竿が遂に爆発し、白い液体が肛門から流れ出ていく。
「だすぞ。もう1回だすからな」
「やめて、お腹の中はいや。何でもするから、許して!」叫ぶが、拓也が爆発した。
(お尻と膣に射精されてしまった…)グッタリして、拓也の首を抱きかかえている
香奈だ。

放出が終わると、香奈は下ろされた。
「あら、こんなに出して。直ぐ洗わないとだめよ」
真理が、フラフラする香奈をシャワー室に連れていく。

「ほら、綺麗にしないとだめよ」立った香奈の膣に、シャワーを浴びせると、精液とお湯で溶けた鮮血が流れ出てきた。
(犯された…。子供に犯されてしまった…)香奈は呆然として、真理に淫裂を綺麗にされていく。

真理が丁寧に洗い終えると「終わったわよ」再び、診察室に戻ってきた。
「今度は、おばさんが上に乗ってやってよ」純一が仰向けになった。
「いや。そんなの、いや!」
「イヤでも、やるんだよ」
「いやー!」香奈は無理に馬乗りにさせられ、肉竿を吸い込んでいく。

「動かないで!」顔を歪める香奈だが、下の純一が腰を振っていく。
「ほら、おばさん。やるんだよ!」純一が乳房を握り絞めた。
「わかったから、オッパイを潰さないで!」顔を歪め、自ら腰を振りだすと「いいね、この姿も!」スイッチが押され、カメラに収った。

香奈は、こうして、拓也達に次々と犯された。
「先生、今夜も素っ裸で覗きをやってくれよ。待ってるからな」拓也達は散々辱めて、診療所から出て行った。

「犯された。犯されてしまった…」誰もいない診察室のベッドに仰向けになり、泣き続けた。
「う、う、う!」嗚咽を上げ、涙を流す香奈の乳房が波打っている。

だが、香奈は、さらに恥ずかしい思いを、しなければならなかった。
宿舎に戻ると浴室に入り、体を綺麗に洗い、全裸姿で時の過ぎるのを待っている。
「時間だわ。行かないと…」香奈は、全裸姿で玄関を開け、外に出た。
(どこかで、見ているのね。私の素っ裸を…)体が小刻みに振るえている。

それを見て「行くわよ。ほら素っ裸よ!」真理が香奈を指さして言う。
「今日もやるのかな。オナニーを?」
「たぶんやらないよ。オ○ンコを散々されたから…」薄笑いを浮かべて、乳房を揺らす香奈を眺めていた。

同じように、香奈も、そっと窓から覗き込み中を見ている。
(だっこしてしている…。オチンチンが見える…)康子の淫裂に、清孝の肉竿が食い込んでいた。
「行きたいの。あなた、いかせて!」体を反らせながら、悶え声を上げている。

「康子。オ○ンコから、お汁が流れているぞ!」
「言わないで。あなた、気持いいの。早くいかせて!」
「スケベだな、今度は、診療所でオ○ンコしようよ」
「先生がいない時にね、私も白衣を着たままセックスされたいし」喘ぎ声を上げる康子だ。

「明日、しようよ。日曜日だから誰もいないし」
「いいわよ。明日も、私のお腹に、たっぷり出してね」
「今日も出すよ。出すからな」清孝の動きが停まった。
「暖かいわ、清孝さんのエキスが温かい!」駅弁で抱かれた康子の淫裂からは、白い液体が流れ出ている。

(白衣を着たまま、セックスするなんて、いやらしいわ)
覗き見をしている香奈の指が、散々辱めを受けた淫裂を触っている。
(レイプされたけど、気持いいわ。私も本物のセックスをしたい…)康子と清孝の営みを見ながら、指が膣の中を掻き回している。

 
 
 
 

 
toukou07
 
toukou

 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!mitinohosi
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA