凌辱された山村女医 全裸

【第2話】
 

それから数日後、診察時間間際に、次郎が診療所を訪れた。
「あら、次郎さん、どうしたの?」
「きょっと、お腹が痛くて…」照れくさそうに、康子に話しかけた。
「先生、ちょっとお願いします」次郎は康子に連れられて、診察室に入った。

「姉さん、恥ずかしいから、2人きりにさせてよ」
「なに言ってるの。家族でしょう、義理だけども」
「でも、裸を見られるのは恥ずかしいよ」
「わかったわよ、先生。お願いします」康子は診察室を出ていき、香奈と次郎だけが残された。

「はい、ズボンを下げて!」
「先生、それよりもこれを見て欲しいんだ」次郎はポケットに隠し持った写真を数枚撮りだし香奈に手渡した。
「何なのよ。そんな、大事なの?」何気なく見たが、香奈の顔が一瞬にして青ざめてしまった。

「よく、撮れているでしょう。夜なのに…」
「どうやって撮ったの、夜なのに!」声が震える香奈だ。
「高感度カメラで撮ったんだ。わざわざ、町まで買いに行ったんだぜ。レンズも苦労したよ、特殊だから」得意げに次郎は話していく。

「それで、何の用なの?」怯えて言う香奈に「今夜も、やってよ。覗き見を!」
「いやよ。そんなのできないわ…」
「だったら、この写真を村にばらまいても、いいのかな?」
「やめて、それだけややめて!」泣き声になっている香奈だ。

「だったら、やるよね。覗きを?」次郎の言葉に、黙って頷く香奈だ。
「その方がいいよ。今日は記念として、素っ裸は家からだよ」
「いや、それはいやよ!」首を左右に振る香奈だ。
「姉貴に見せていいのかな。オ○ンコを覗き見する先生を?」遂に堪えきれず香奈は涙を流してしまった。

「わかりました…。フルヌードで行けば、いいんですね?」
「ああ、それでいいよ」次郎は、項垂れる香奈の白衣の上から、胸を撫で始めた。
「やめて下さい。見られます!」
「いいじゃないか。誰もいないんだから」

次郎は大胆になり、首から手を忍ばせ、ブラジャーをずらして、乳房を掴んだ。
「柔らかい。これがオッパイか、こんなに柔らかいんだ!」大人になって、初めて知った乳房の柔らかさを、味わっている。
「もうやめて。お願いです…」香奈は、次郎の手を押さた。

「ま、いいか。今夜は楽しみに待っているからね。それから、避妊薬を飲んでおいた方がいいよ、万が一もあるし」それだけ言い残すと、次郎は写真を大事にしま
い込み、診察室から出ていき、外から次郎と康子の話声が聞こえてきた。
(フルヌードで外に出るなんて!)生まれたままで、外を歩く自分の姿を想像し、俯いたままの香奈だ。

暫くして「先生、ありがとうございました。次郎も元気になりました」康子が入ってきた。
「ああ。医師としては当然ですよ…」
「明日も、来るんですってね?」
康子の言葉に「ええ。明日も診た方がいいと思って!」香奈も合わせた。

(明日も来るなんて…。また、オッパイを触られてしまう…)元気が、なくなっていく香奈だ。
「先生、患者が、いませんから閉めますよ」
「お願いします」康子は診察室の戸締まりを始めると(避妊薬と言っていたわね)康子がいない間に、薬品室から避妊薬を取り、ポケットに忍ばせた。

「先生、終わりました」
「それじゃ、帰りましょうか」何食わぬ顔で返事をして、2人は診療所からそれぞれの自宅に帰って行く。

自宅に戻った香奈は、真っ先に避妊薬を飲んだが、落ち着きがない。
「フルヌードで、外に出るなんて…」全裸の姿を想像し、首を左右に振っていく。
しかし、容赦なく時間が過ぎていく。

「もう、10時だわ…。行かないと…」覚悟を決め、ズボンを脱ぐと、淡いブルーのパンティが見える。
「これも脱ぐのね」シャツの裾を捲っていくと、お揃いのブラジャーだった。

下着姿になり、両手で腰のゴムを掴んで下げると、黒い絨毛が露になってきた。
「ヘアを出して歩くなんて…」膝まで下がったパンティから、片足ずつ上げて下半身を丸出しにした。

パンティを脱ぎ終えると、両手を背中に回して、ホックを外した。
カップが緩み、乳房の膨らみがはみ出していく。
「これで、フルヌードになった…」震える両手を下げると、支えをなくしたブラジャーが、手首に絡まっていく。
その、最後のブラジャーも脱いで、香奈は生まれたままの姿になった。

「やるしかないわ…」震えながら、玄関を開けて、外に出ていく。
(誰にも、見られませんように!)祈る思いで、康子の家に向かって歩き出す。
そんな香奈を、月明かりが照らし、青白い裸体が浮かび上がっている。
歩く度に、乳房が揺れ動き、股間の絨毛が輝いている。

全裸で歩く香奈を、次郎の部屋から、拓也達が眺めていた。
「ほんとだ、素っ裸ぞ!」
「もっと、撮れないか。ヘアヌードを!」拓也が次郎に言う。

「大丈夫だよ。明日は土曜日だから、午後からは女医さんの、ヌード鑑賞会と行こうぜ!」
「いいね、女医さんのヌード鑑賞会か…」拓也達は香奈の全裸姿を眺めていた。

一方、香奈は「どこかで、見ているんだろう…」恥ずかしさを堪え、康子の部屋を覗き込んだ。
「あん、あん、あん!」相変わらず、康子と清孝が全裸で抱き合っている。

(やるしかないわ!)香奈は乳房を揉みながら、淫裂を指で触わりだす。
「ほら、始まったぞ。オナニーだ!」拓也達も、香奈のオナニーを食い入るように見つめていた。

康子と清孝の性行為は、30分ほどで終わった。
康子の淫裂からは、白い精液がポタポタと流れ出ていく。
(帰らないと…)香奈は、乳房と股間を両手で覆い、自宅に戻ろうとしたが「そんな~!」家の前では、次郎達が待ちかまえていた。

「凄いな。女医さんは素っ裸が好きなんだ!」
「違うの、これには訳があるの…」恥ずかしさで、香奈の声が震えている。
「どうせなら、オッパイとオ○ンコを見せてくれよ。そうでないと、朝までここから退かないからね」

「やめて、それだけは…」
「だったら、オッパイとオ○ンコを見せてよ。見せるだけでいいから」
「約束よ、見るだけだからね」震える香奈は、両手を乳房と股間から退けた。

「オッパイが大きくていいね。ババアの割には、形もいいよな!」
32才の香奈だが、乳房は形が崩れて無く、張りもありまだ若い。
「オ○ンコもいいな。真っ黒なヘアもいいし…」
「言わないで下さい…」両手を後ろでむ香奈の太股がブルブル震えている。

「いいね。真っ黒なヘアが!」割れ目を帯状に覆っているが、決して、他人より多い方では無い。
「先生よ、ヘアを剃ってるのか。普通よりも、少ないんじゃないの?」
「言わないで下さい。そんなことは…」涙を流し、泣き出してしまった。

「ま、いいか。今夜はこれくらいで!」拓也達は、香奈を残して去っていく。
残された香奈は急いで家の中に入り、玄関で泣き崩れ「う、う、う、う!」声が外まで聞こえ、夜遅くまで、泣き続けた。

翌日、香奈はいつものように、診療所に向かっていた。
「先生、おはよう」康子が声を掛けてきた。
「おはよう、康子さん!」2人は、いつものように診察を始めていく。
「今日は土曜だから半日ね。私、清孝さんと町へ行くの」

「あら、羨ましいわ。デートなんて!」
「先生も、いい人見つけないと、行き遅れてしまうわよ」
「わかってるんだけど。いないのよ…」あっさり言う香奈だが(私だって、お嫁に行きたいわ。でも、無理なのよ…)意味ありげな顔をしている香奈だ。

土曜日なので、診察時間は12時で終わり、康子の夫が現れた。
「清孝さん、待って、すぐ終わるから…」
「康子さん、気にしなくていいわよ。後は私がするから」
「すみません。お言葉に甘えさせて貰います」康子は清孝と一緒に、診療所から車で走って行く。

それと、入れ替わって、拓也達の乗ったバイク数台が、診療所に入って来た。
「ここなの、面白いのが見れるって!」女性もいる。
「ああ、ここだ。とにかく入ろう!」拓也達が診療所の中に入って来た。

「あの、何か用で?」拓也の顔を見た香奈の体が、震えだした。
「女医さん、どうしたの。震えるなんて?」連れの女性も、香奈の様子に気付いた。
「真里、そんなことより、早く上がれよ。鍵は、しっかり掛けておけよ!」
拓也の言葉で、5人近くが診療所の中に入り込んできた。

(脅すつもりさわ、この私を…)顔が強張らせながら、診察室に入って行く。
診察室に入るなり「女医さんよ、昨日の続きをしようぜ。明るいところで!」拓也がニヤニヤしながら言う。
「いやです。こんな大勢の前で、なんて!」顔を左右に振りながら答えた。

「こんな、写真もあるんだがな…」次郎は、香奈が全裸でオナニーする写真を、ちらつかせた。
(脅迫している…。この私を…)香奈の歯が、ガチガチ鳴っている。

「やらないなら、それでもいいよ。この写真が、どうなってもいいのなら…」
「わかったわ。やるから、それだけは、やめて!」泣き声になっている。
「そうだ。やればいんだ!」拓也達は目を輝かせ、香奈を見つめた。

(やるしかないわ…)香奈の震える手が、白衣のボタンを外しだす。
「あら、女医さんのストリップなの?」連れの真里が声を掛けた。
(言わないで。そんなことは…)恥ずかしそうに、ボタンを外し、上着を脱いだ。

「ほう、ブラジャーだけか。スリップは着けてないのか!」上半身が、ピンクのブラジャーだけになった。
(ズボンを脱いだら、パンティ姿になってしまう…)震える手が、脇のホックを外して、ズボンを下げた。

「あら、お揃いね。年甲斐も無く、ピンクだなんてね!」侮辱した言葉が投げられ(何で、こんな事をしなければならないよ。こんな子供の前で!)唇を噛んで、ズボンを脱いだ。

「いよいよだな。早く脱いで、オ○ンコを見せろ!」
(いやよ。性器は見られたくない!)香奈の震える手が、パンティを下げていく。
「あら、ヘアが少ないのね!」真里の言葉に「言わないで、お願いです!」股間を手で隠してしまった。

すると「脱ぐんだよ。早くオ○ンコを見せろよ!」容赦ない言葉が掛けられ、香奈は涙を流しながら、パンティを脱いで、下半身を露にしている。
それを「いいね。少ないヘアのオ○ンコも!」拓也達は笑いながら見ている。

(これを脱いだら、フルヌードだわ…)股間を晒しながら、両手を背中に回して、ホックを外すと、両手を下げ、紐を脱いでいく。
「あら、大きいわね。オッパイ、触りたいな!」

「いや、触らないで。お願い!」ブラジャーを脱いだ香奈は、両手で股間と乳房を押さえ、うずくまった。
「触りたいのは、俺達も一緒だ。触りたかったら、お前も素っ裸になってからだ」
「いやよ。恥ずかしいわよ、ヌードだなんて!」

「だから見るだけだ。今日は、記念写真を撮るだけだ!」
(写真…。そんな~!)香奈は立ち上がり、診察室から逃げようとした。
「そうは、行かないぞ。押さえろ!」
「いやー!」香奈は、診察用のベッドに仰向けに寝かされ、両手、両足を押さえられた。

「これがオ○ンコか…。年の割に綺麗だな…」
「見ないで。お願いです!」叫ぶ香奈の全裸姿が「パチン、パチン!」カメラに収められていく。
「撮らないで。お願いですから、撮らないで!」叫ぶ香奈の悲鳴が、むなしく診察室に響いている。

 
 
 
 

 
toukou07
 
toukou

 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!mitinohosi
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA