あや キックオフ 初めてのお姫様抱っこ

 

【第2話】

まだ3月だが短く刈り込まれた芝が美しい。
おそらく寒冷地芝草のベントグラスが植えてあるのだろう。
海からの風は右から左に吹き、パターを構えるあやの頬を撫でる。
打ち寄せる波の音を聴きながら、あやはパターを小さくスイングした。

(コツン……コロコロコロ……コトンッ!)

「おおっ!ナイスバーディー!あや、すごく上手いじゃないか!」
「ええっ?ナイスバディー?いやぁ、それほどでも無いんですけど~」
「バカ、ナイスバーディーって言ったんだよ」
「あ、そうなんですか。波の音でよく聞こえなかったもので」
「天然ボケか……」

ふたりはパターゴルフを楽しんだ後、ペンションに戻り熱いシャワーで汗を流した。
風呂から上がったあやは着慣れないバスローブを羽織って英俊の前に現れた。
英俊はあやの肩を抱き寄せそっと唇を近づけた。

「やだぁ~、先輩~。何だか照れますよ~」
「……」
「先輩、ゴルフも上手いんですね。あの構えなんかベテランのゴルファーみたいで」
「あや、その話題は後で話そう……」
「え?」
「あや……」

(チュッ……)

英俊は半ば強引にあやの唇を奪った。

「先輩……」
「あや……」

(チュッ)

次の瞬間あやの身体がふわりと浮いた。
英俊があやの背中と膝に手を回し抱え上げていたのだ。

「え?え?これってもしかして、これってお姫様抱っこ!?」

思いがけない英俊の突然の行動に、あやは大きな目を一層大きく見開いた。

「あぁ、これがお姫様抱っこか~」
「何をうっとりしている」
「だって女の子なら誰でも憧れるお姫様抱っこですよ~?」
「へ~、憧れるんだ」
「先輩~、さすがですね~」
「どうしてだ?」
「だって私を軽々と抱え上げるんだから~」
「別に大した事じゃないよ」
「私、重いでしょう?」
「いいや、全然」

英俊は抱きかかえたままあやの唇にキスをした。
それに応えるあや。
あやの表情がかなり神妙になっている。
唇を重ね合わせながら英俊は一歩一歩ベッドに近づく。

「あや、オレはもうお前と同じ部員じゃない。それに高校生でもない」
「はい、そうっすね」
「だから」
「はい」
「あや、あのなあ……」
「はい?」
「あや、いい加減、その丁寧言葉はやめてくれないか?」
「だって先輩なんですもの」
「それは昨日までのことだ。さっき言ったようにオレはもう高校生じゃなくて卒業生だ」
「でも先輩は先輩ですから」
「みんなの前ならそれでもいいだろう。だけどここはホテルだぞ」
「はい、そうっすね」
「お前、分かってるのか?」
「何が……ですか?」
「男と女がホテルに二人でいるってことがどんな意味なのかが」
「……」
「オレとお前は今からセックスするんだぞ」
「や~ん!先輩のエッチ~!そんな恥かしいこと……」
「アホか……全く……」

ベッドまで辿り着いた英俊は少し乱暴にあやを下ろした。

「あ!先輩!後輩をそんな乱暴に扱っていいんですか!?」
「いや、オレは何も乱暴になんか扱ってない」
「え~ん、先輩が私を放り投げた~」
「そんな……ちょっとした弾みで」
「先輩」
「なんだ」
「お詫びに私を抱きしめてください……」

あやは急に甘えた仕草で英俊に抱擁をせがんだ。
それに応えるべく英俊はあやの横に寝転んだ。

(チュッ)

「あや、好きだ……」
「先輩、私も大好きです」
「あや、お願いだから、その先輩って言うのをやめてくれよ」
「あっ、そうだったですね。ごめんちゃ。じゃあ、ヒデ……」
「あや……」

(チュッ、チュッ、チュッ……)

「あや、舌を出して」
「え?舌ですか?」

あやは言われたとおり、舌をペロリと出した。
すると英俊も同じように舌を出し、あやの舌に合わせて来た。

(ペロペロ、ペロペロ……)

舌を絡めている間に英俊の手は伸びあやのバスローブの胸元に滑り込んだ。

「あ……」

あやは一瞬怯みキスを中断させる。
その隙に英俊は再び唇を奪った。
唇と唇が重なり合い、先程よりも濃厚なくちづけが展開された。
バスローブの中に滑り込んだ手は量感のある乳房を弄った。
あやの乳房の大きさは相当なもので、英俊の大きな掌でも包み込めない。
男と言う生き物は女性の乳房に触れると、本能的に『揉んでみたい』という衝動に駆られる。
英俊は弾力性に富んだ乳房の感触を指で楽しんだ後、本能のままにあやの乳房を揉み始めた。

「あぁん~……せんぱい~……」
「まだ言ってる」
「えへへ、つい口癖で言っちゃうんですぅ~」

あやは悪戯っぽく舌をペロリと出して詫びる仕草を見せた。

「まぁいいけどさ。ムード出ないだろう?」
「そうっすね。気をつけます~。せん…じゃなかった、ヒデ……そこすごくいいですぅ」
「オッパイを揉まれるってそんなに気持がいいのか?」

 

 
toukou02
 
toukou
 
 
この作品は、愛と官能の美学 Shyrock様から投稿していただきました。
尚、著作権は、愛と官能の美学 Shyrock様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
ラヴラヴから凌辱ものまで多ジャンル官能小説取り揃え
体験談・投稿体験談・夜学問・官能詩
エロエッセイ・その他カテゴリー多数
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA