凌辱された山村女医 覗き見

【第1話】
 

「こら~。退きなさい。病人がでたのよ~!」白衣を着た女性が、道路に停まったバイクに向かって怒鳴った。
「うるさいな。ばばあ!」言い返したのは、髪の毛を金色に染めた男達で「退かないなら、行くからね!」そう言うと、女性はブレーキから足を離した。

すると、女性の乗った車がゆっくり進み、バイクに近づいていく。
「退けないなら、こうよ!」車がバイクを押しだし「この、くそばばあ!」バイクは仕方なく、左側に寄って道を空けた。
「今度は、こんな丁寧じゃないからね!」女性はそう言い残して、スピードを上げて走って行った。

「くそー。あのばばあ。いい気になりやがって!」
「形無しね、女医さんに掛かっては!」10人くらいの男女が笑った。
「仕返ししてやる、必ず!」それは、車に押されたバイクの、ライダーだ。

「先生、急がないと。もう、5分も立ってるわよ」
「わかってるわ。ほら、見えてきたわよ」正面に、昔ながらの家が見えてきた。
「先生、待っていましたよ。急いで下さい!」車を迎えに来た男が家に案内し、白衣を着た2人は、走るように家の中に入った。

「だめ。動かさないで!」倒れた老人を動かそうとする、家人を止めた。
「顔が赤いわ、内出血してる。降下剤が必要だわ。康子さん、注射よ!」
「はい、先生!」看護婦がバックから注射器を準備し、その間に女医が目の様子を調べて「行くわよ!」注射が打たれ、それを、心配そうに家人が見守っていた。

「命には別状無いけど、精密検査を受けた方がいいわ。MRIやCTで!」
「ここには、ないのですか?」
「MRIはないわ。CTも、あるにはありますが、技師がいないので、私がやるしかないのです…」

「だったら、先生にお願いできませんか?」
「自信ないんです。資格は持ってますが…」
「ぜひ、お願いします。町まで爺様を連れていくのは、大変なんですよ」
「わかりました、やってみます。でも、今日は無理ですから、明日にでもお連れ下さい。ゆっくりですよ。薬を用意しておきますから、取りに来て下さい」女医は家人にいろいろと注意して、診療所に戻った。

診療所に戻った2人は、安心したのかくつろいでいる。
「先生、よかったですね」
「でも、自信ないのよ。初めてだし…」不安げにCTの操作マニアルを読んでいる。

マニアルを読んでいるのは、山川香奈と言って独身の32才だ。
見合い話が合ったが断り、いまだに独身を続けている。
看護婦は沢田康子で、25才だ。この村出身で結婚している。

「先生、帰っていいでしょうか?」
「いいわよ。今夜もエッチするんでしょう?」
「はい、清孝さん凄いんです。四つん這いが好きで、オチンチンが、膣の奥まで突き刺さるんですよ」顔を赤らめながら、得意そうに康子が話し(バックからなんて不潔よ。人間のする事じゃないわ)それを、黙って聞いている香奈だ。

「先生、お先に失礼します」診療所から康子がでて行き、香奈1人残された。
香奈は「こうして画像を保存すればいいのね」CTを操作して画像を撮っていく。
「そうか。これでいいんだ!」画面には、寝台に置かれたファントムの輪切り画像が現れた。

「電圧がこれで、電流がこれか。それに、これがFC関数ね。老人だと、どれくらいかしら?」初めての経験に戸惑いながらも、時の経つのも忘れて、CT操作の練習をしていた。

「もう、こんな時間なんだ!」時計を見ると、もう10時を回っている。
「帰るか!」診療所の電気を消し、施錠をしてから出た。
香奈の住む家は村が用意してくれた一軒家で、診療所から歩いても5分くらいだ。

月明かりに照らされて歩くと、康子夫婦の住む家が見えている。
「今夜も、セックスをしてるのかしら?」帰り際に言った康子の言葉が気に掛かり、家に近づくと「あ、あ~!」康子の喘ぎ声が漏れてきた。

「凄いわ。四つん這いで、してるのかしら?」自然に興味が沸いてくる。
「悪いけど、覗いてみよう」常夜灯の点いた部屋から声がしており「あそこね」香奈は敷地の中に入っていく。

(窓が開いている…)そっと、手を伸ばしカーテンを捲ると(す、凄いわ。康子さんが馬乗りになっている!)
 康子と清孝は騎乗位でセックスしていた。

「康子、いいよ。いいよ!」
「清孝さん、私も気持いいの!」康子は両乳房を揉まれながら、腰を振っており「クシュ、クシュ!」淫裂から肉竿が抜かれる度に音が出ていく。
(あんなに、太いオチンチンが、入るなんて!)香奈は食い入るように見ていた。

やがて、康子が四つん這いになった。
「あん、あん、あん!」垂れ下がった乳房を揺らせながら、悶え声を上げていく。
(あれがバックね。オチンチンが膣の奥まで刺さると言っていた…)目を輝かせて香奈は見ていた。

そして(熱いわ。膣が熱くなっていく!)空いた手が、自然とズボンの上から、股間を撫で始めた。
(気持いいわ。触るだけでも、気持いい…)虚ろな目で、康子夫婦の行為を見つめていた。

やがて、康子は駅弁になった。
「きついわ、清孝さん!」
「我慢して。すぐ終わるから」清孝は康子の太股を押さえて、腰を動かしていく。
「あ、あ、あー!」清孝の首に両手を巻き付けたまま、体を反らす康子だ。
「行くよ、いくよ」
「来て、私のお腹に来て!」2人が叫ぶと同時に動きが止まった。

そして、淫裂と肉竿の隙間から、白い精液が垂れていく。
(射精だわ、あれが射精ね!)始めてみる光景に、興奮していく香奈だ。
「康子、よかったよ」康子が降ろされた。
「あなた、感じたわ」2人は、敷かれた布団に仰向けになり、休んでいく。

(終わったんだ。帰らないと…)香奈は名残惜しそうに、自宅へ向かい、家に入るなり、香奈は浴室に入っていく。
バルブをひねって、温度を調節しシャワーを浴びていく。

「凄かったわ。あんなに太いのが、膣に入るなんて…」火照った体を洗うと、返って、欲情が高まってしまった。
「私も、ここをされたい!」自然に手が股間に伸び、淫裂を撫でていく。
「あ、あ~!」初めての体験に、心地よい快感が全身を貫いた。

「これが、オナニーなのね…」指が、敏感なクリトリスを撫でていると「ハア、ハア!」呼吸も、自然と荒くなっている。
「ここも感じる…」清孝が、康子にしたように、鏡を見ながら、両手で乳房を掴んで揉んでいく。
「気持いいわ。オナニーが、こんなに気持いいなんて…」オナニーは、浴室ばかりでなく、布団の中でも行われた。

翌日、香奈は何もなかったように、診療所に入って行く。
「先生、お願いします」昨日の老人が、家族に付き添われて、診療所を訪れていた。
「康子さん、手伝って!」
「はい!」患者はCT室に運ばれた。
「いい。危ないから、動かないでね」患者をベルトで固定し、撮影が始まった。

「ピコ、ピコ、ピコ!」爆射音が操作室に響いていく。
それと同時に、モニターに画像が映し出された。
画像は、老人の脳の輪切り画像を、次々と映し出していく。
「よかったわ。軽いわよ。これなら障害が残らない!」初めてCTを操作して、安堵する香奈だ。

撮影が終わると、老人はCT室から、診察室に連れて行かれた。
「先生、いかがでしょうか?」付き添いが、心配そうに尋ねた。
「安心して。内出血は少しだけで、これなら手術の必要もないし、薬で治るわよ」
その言葉に「ありがとうございました!」礼を言う付き添いだ。

「でも、薬は毎日飲まないとだめなの。一日でも休めば、危険状態になるから、忘れないで!」
「わかりました。毎日飲むんですね?」強張った顔で、老人は家族と一緒に診療所から出て行った。
「先生、よかったですね、軽くて」
「ええ、私も安心したわ」笑顔の2人だった。

2人は、その後も患者の診察を続けて、5時に診療所から出た。
 自宅に戻った香奈は、食事を済ませくつろいでいる。
「遅いし、寝るか!」寝室のベッドに仰向けになった。

「康子さんと清孝さん、今頃エッチしてるわね」昨晩の事が思いだされ、自然と着ていたネグリジェのボタンを外していく。
「ハア、ハア!」香奈は、呼吸を荒立てながら、パンティを下げて下半身を露にしていく。

さらに、ブラジャーを捲り上げて、乳房も露にしている。
「ここが感じる…」ピンクのクリトリスの包皮を捲り、指で撫でだすが、何か物足りない。
「感じない…。エッチを見ないと感じない…」香奈は、昨夜のように見たかった。

乳房を揉み、淫裂を触るが「セックスを見たい…。このままじゃ、眠れない…」香奈は迷った末、遂に決心した。
ブラジャーを直し、ネグリジェを羽織り、起きあがると「パンティは、いらないわね」玄関から、薄暗い外に出た。

「いい感じだわ。気持いい…」パンティが無いので、股間がスースーしている。
康子と香奈の家は、近くで、少し歩くと「あ、あ、あー!」喘ぎ声が聞こえてくる。
(今日も、エッチしてる…)そっと近づいて、昨夜のように窓から覗くと(やってる。エッチしている!)康子が馬乗りになり、腰を振っていた。

「いいよ、康子、気持いい!」清孝は乳房を掴み、乳首を摘んでいた。
「清孝さん、だっこして。だっこでして!」
「だっこは、まだ早いよ。もっと、康子がしてからだ…」
「意地悪ね。欲しいのよ、奥まで突いて、欲しいの!」

「仕方ないな。康子はスケベな看護婦だからな」
「いや。そんな言い方イヤ、恥ずかしいわよ」
康子は、清孝の首に両手を巻き付け、太股を持ち上げられ、駅弁スタイルで腰を振っていく。

「正直に言わないと、やらないぞ!」
「やめないで。康子は、スケベな看護婦だから、やめないで!」顔を赤らめ、目を閉じている。

(凄いわ…。オチンチンが膣に入っていく…)窓から覗く香奈の淫裂が、熱くなって右手が裾を捲り、淫裂を触っていく。
(濡れてる。膣が濡れている!)息を荒くしながら、もう片手が乳房を撫でている。

そんな康子に、清孝の弟の次郎が、気がついた。
次郎は本宅に住んでいて、新宅の康子夫婦の家が見えている。
「あれは女医さんだ。これは面白いぞ!」次郎は、そっとカメラを撮りだした。
「無理だな。高感度カメラじゃないと…」諦めたのかカメラを退けた。
「明日は、必ず撮らないと…」この前の事を思い出し、ニヤニヤする次郎だ。

翌日も、香奈は康次郎が待ちかまえているとも知らずに、康子夫婦の行為を覗きに出かけた。
「来たな。待ってたぞ、先生。これからは、俺の言うがままにさせてやる!」

香奈の現れるのを待っていた次郎は、早速カメラを三脚で固定し、隠し撮りの準備を始めた。
「今度は、カメラが違うからな。わざわざ町まで行って、買ってきたんだぞ!」スイッチを押していく次郎だ。

そんな事が、あるとは知らない香奈は、着ていたネグリジェを脱いで、全裸になった。
「す、素っ裸だ。これはいい!」興奮しながら、次郎は丁寧にスイッチを押した。

だが「あ、あ、あー!」香奈は小さな喘ぎ声をあげ、乳房と淫裂を触っていく。
「スケベだな。指でオ○ンコを弄っている!」逃すまいと、次郎は望遠レンズの付いた、高感度カメラのスイッチを押していく。

撮られている康子は「あん、あん!」相変わらず、悶え声を上げている。
(四つん這いだ。いやらしいわ。あんなに、膣から蜜をだすなんて!)香奈の指の動きが、速まっていく。
「いく、いく、いくー!」康子は寸前だ。
「だす、だすよ。一杯だすよ!」清孝の動きが止まった。

(射精ね、精液が垂れていくわ…)康子の淫裂から、白い精液がポタポタ垂れている。
「よかったわ。清孝さん!」康子は「アハ、ハア!」荒い呼吸をしながら、萎縮している清孝の肉竿を、舌でなめていく。
(フェラだわ。あんなのをするなんて!)目を輝かせて見つめていた。

やがて、2回目の営みが始まり(もういいわ。興奮したし…)香奈は、脱いだネグリジェを羽織って、自宅に戻っていくが「凄いぞ。ばっちり撮れた!」興奮しながら、カメラを片づける次郎だ。

 
 
 
 

 
toukou07
 
toukou

 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!mitinohosi
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA