凌辱の温泉宿 代理出産

【第16話】
 

郁子親子は、自分たちを犠牲にして亡くなった前川の温泉宿を守り抜いた。
黒岩は郁子達と約束した通りに、温泉宿の名義を郁子に変更し、自分たちの別荘代わりに使うことも決めた。

それから暫く経って、黒岩夫婦が温泉宿を訪れ「いらっしゃいませ」着物姿で3人が出迎えた。
それを見た黒岩は「なんだ着ているのか。今から素っ裸だ。脱ぐんだ!」3人に言う。

「そんな、ヌードになるだなんて…」
「ここの管理人になったら、俺の言うことを聞くんだ。イヤなら出ていって貰うぞ」
「わかりました、ヌードになります…」郁子親子は玄関で脱ぎだす。

着物を脱ぐと下着を着けていた。
「何だ、色気にないのを着て。どうせ着るなら、もっと色っぽいのにしろ!」
「そうよね。この前の黒いストッキングは受けたわ。今日からは、あれだけにしましょうよ」
「そうだな、あれは受けたから、あれにするか」勝手に決めた。

親子は2人の前で下着も脱で行き、パンティ、ブラジャーと脱いで全裸になった。
股間には生えかけた絨毛が生い茂っている。
「いいわね、ヘアはそれくらいがいいわよね」典子は淫裂を触っていくが、項垂れたままだ。

「郁子さん。管理人だったら、主人が来たのよ。案内して!」
「申し訳ありません。こちらへどうぞ!」乳房を揺らせながら黒岩夫婦を案内し、その後ろを早紀と有紀が歩いている。

郁子が夫婦を案内し、一息ついていると西山と山崎が訪ねてきた。
「いいね。この裸が最高にいいよ」山崎が有紀の乳房を掴んで吸いだすと「ちょっと待て。それは無しにしてくれ!」黒岩が止めるように言う。

そう言われれば、手を退けるしかない。
「黒岩さん、どうかしましたか。変ですよ」
「訳はこれから話す。お前達は出ていってくれ!」郁子親子は言われるまま、部屋から出て調理を始めたが、その間、4人の話がもつれているらしく、大きな声が郁子にも聞こえている。

「お母さん、何なのかしら?」早紀が不安そうに尋ねた。
「心配は要らないわ。直ぐにまとまるから」不安を消そうとしている。
やがて、西山と山崎が機嫌悪そうな顔をして部屋から出てきた。
「お食事は?」「帰る。もう来たくない!」吐き捨てるような言葉を吐いて帰った。

それと同時に、典子が現れた。
「お風呂に入りたいの。2人で手伝って!」
「手伝うって?」
「夫の体を洗うのよ。私も洗って欲しいの」
「わかりました。ご一緒します」不安に思いながら、夫婦と一緒に浴場へ向かう。

浴場では早紀が黒岩を、有紀が典子の体を洗っていく。
「典子、体で洗って貰ったら?」
「体で、ですか?」
「そうだ。有紀、自分の体に石鹸を塗って抱き付くんだ!」

「そんな事、私やったことありませんから…」
だが「面白そうね。やって貰うわ」典子が言うからにはやるしかなく、自分の前面に漏れなく石鹸を塗って泡立てた。
「それでいい。まずは、背中から抱き付くんだ!」言われるまま体を押しつけた。

乳房が背中に当たり、潰れたまま体を押しつけながら、ゆっくりと動かしていく。
「くすぐったい。オッパイが背中を擦るとくすぐったいわ」
「でも、いい感じだろう。オ○ンコも洗って貰え!」
「わかった。前も洗ってね」
(いやよ。こんな事風俗店でやる事よ)イヤながら、体を動かしていく。

「早紀。お前もやるんだ!」
「わかりました」早紀も有紀同様に、体に石鹸を塗ってから黒岩に抱き付いた。
「いいね。気持ちいいよ」一瞬にして、肉竿が膨らんでしまい、2人は背中を洗い終えると向き合って抱き合う。

「典子。レズみたいで、変な感じだろう?」
「そうなの。オッパイがくすぐったいし、性器も擦られて燃えちゃう…」
「俺も何だ。こんなにカチカチだ!」勃起した肉竿が、早紀の淫裂を擦っていき(お願い。オチンチンは入れないで…)そう、祈りながら体を擦りつけている。

浴場で体を洗い終えると部屋に戻ると「お食事の用意が出来ています」郁子がお膳を用意する。
「2人だけじゃ、つまんないよ。お前達のも、運んでこいよ」
「そんな。使用人が一緒に食事だなんて、許されません!」

「気にしなくていいわよ。言った通りにしなさい!」
「わかりました。ご一緒させていただきます」郁子は自分たちの食事を運んできた。
「まずは、乾杯だ!」機嫌良く黒岩が音頭を取り、それに合わせていく。

乾杯が済み、和んでくると「有紀と早紀に、頼みがあるんだ」黒岩が切り出した。
「頼みとおっしゃいますと?」
「俺の子を産んでくれ!」早紀と有紀は、持ったコップを落としそうになった。

「な、何とおっしゃいましたか?」郁子も信じられないのか聞き返す。
「俺の子を、産んでくれと言った!」
「そんな。奥さんだっているのに、娘に子を産めだなんて…」郁子は泣き声だ。

「お願い、産んで欲しいの。産んだら責任はこっちで取るから、夫の子を産んで欲しいの」典子も泣き声で頼み込む。
「奥さん。もしかして、子供を…」郁子はそれだけ言って、言葉を止めた。

「そうなの、産めないの。だから産んで。私がちゃんと育てるし、あなた達を親と認めるから」突然の事に2人は黙ったまま顔を見合わせた。
「でも、結婚もしてない子に、代理出産なんて…」
「イヤでもやって貰う。今まで西山から借りた金は、俺が引き継いだからな」

「そんなの、酷いわ。金でそんな事をさせるなんて!」3人は泣きだした。
「何と言おうが、産んで貰う。今夜から布団は3枚敷くんだ。まず、早紀が一緒だぞ」黒岩の固い決意には逆らえない。
それに、金も返す当てもなかったから、3人はただ泣くだけだ。

「泣くな。産んだら、ちゃんと跡取りとして認めるし、籍も入れる!」泣きじゃくる早紀を抱きしめた。
それには「わかりました。そうさせて貰います」泣きながら返事する。

食事が済むと、片付けをして布団を引いていく。
「早紀。まずはお前の口でやるんだ!」浴衣を脱いでいく。
言われた通りに、早紀は膝を付け、露わになった肉竿を口で擦り出す。
「ウグ、ウグ!」口を動かす度に、固さが増した。

「もういい。やろう!」布団の上に押し倒して覆い被さった。
「優しくして下さい。痛いのはイヤですから…」
「わかっている。こうだろう?」肉竿が、今までになくゆっくりと動いていく。
「私にもさせて。オッパイにするから」典子も加わり、乳房を揉みながら乳首を吸い出し「あ、あ、あ~!」堪えきれず声を上げた。

それは当然、郁子と有紀にも聞こえた。
「お母さん、姉さんがセックス始めたわよ」
「そうみたいね。考えようによっては、これでいいのかも知れないね…」
「でも、シングルマザーよ。そんなのイヤだわ」
「……」有紀の返事に郁子は黙ったままだ。

その沈黙を破り「出すぞ。オ○ンコでしっかり受けとめろ」黒岩の声が聞こえる。
「姉さん、大丈夫かしら。薬は飲んでいないし…」
「有紀は飲んでいるの?」
「ううん、飲んでいないわ。明日したら、間違いなく妊娠する…」
「そうなんだ…」その後沈黙が続いた。

その沈黙を破り「ダメ。四つん這いはイヤです!」早紀の声が聞こえ「四つん這いでやっているんだ…」布団を被った有紀の手が、股間に伸びていく。
(明日は、私が声を出す番だわ…)濡れた淫裂の中を指が動きまわっている。

そして、翌日は有紀が黒岩に抱かれている。
「ダメ。そんな事されたら、ダメ!」典子に乳房を吸われながら、黒岩がピストンして「あ、あ、あ~!」有紀も歓喜の声を上げている。

黒岩夫婦は、日曜の昼には東京に戻り、それと入れ替わり、西山と山崎が訪れた。
「今夜は、特別なお客だ。とにかく来るんだ!」
「借りたお金は、黒川さんが返したはずですが…」

「利息をまだ貰ってない。とにかく来るんだよ」ヤクザまがいに連れだし、3人はホテルに連れて行かれた。
ホテルに入ると「わかっているだろうな。脱ぐんだ!」命令する。

「もう、人前ではヌードにならなくていいはずです!」
「そうは行かないんだ。イヤでも裸になるんだ!」西山と山崎は嫌がる3人の服を剥ぎ取りす。
「やめて、イヤです!」抵抗しても無駄で、次々と脱がされ全裸にされた。

「ほう、丁度剃り頃だな。パイパンオ○ンコには、もってこいだ!」
「こっちもだ。今日は面白いぞ」早紀と有紀の股間を撫でだす。
「触らないで、イヤです!」その瞬間、頬を打たれ「態度がでかくなったな。俺がお前を女にしてやったのを忘れたのか?」西山は早紀の乳房を鷲掴みし「うっ!」息苦しさに声も出ない。

「わかったな。素直に言うことを聞くんだ!」3人は四つん這いにされた。
「動くなよ。これを入れるからな」肛門から浣腸液が送り込まれる。
「イヤ。もう、お尻ではイヤです!」
「ケツがイヤなら、オ○ンコでいいのか?」

(どっちもいやよ、オチンチンを入れられるなんて…)黙り込んだ。
浣腸剤は直ぐに効果を現し「と、トイレです…」急いで排出を済ませ、浴室で体を綺麗にしてから戻ってきた。

戻ると、3人は大広間に連れ出された。
そこにはカメラを持って客が待ちかまえている。
「イヤ、写真はイヤ!」手で胸と股間を押さえ、蹲った。

「今更尻込みするな。これから特別ショーの開演なんだから」西山と山崎は3人の両手を縛り上げ、鴨居から吊した。
その後、右膝も縛り吊り下げられ、淫裂が露わになると「撮らないで!」3人は叫ぶが客は淫裂を晒した3人を撮っていく。

「記念写真の感想はどうだ?」
「解いて。こんな事しなくていいはずです!」
「そうは行くか。今度はパイパンオ○ンコにしてやる!」絨毛にスプレーが吹き掛けられ伸ばされていく。

「剃らないで、ヘアはイヤです!」何も出来ず、されるがままだ。
「まずは、郁子からだ」ベットリした絨毛にカミソリが当てられ「ジョリ、ジョリ!」動きに合わせて赤黒い地肌が見え、それに肉襞も見えてきた。
その様子をカメラが撮って行き「やめて。撮らないで!」郁子は首を振ることしかできなかった。

郁子の絨毛はあっけなく消え去り、パックリ口を開いた淫裂が丸見えだ。
「次は娘の番だからな!」早紀にスプレーが吹き掛けられ手で伸ばされていく。
「やめて、剃らないで!」叫んでも無駄で、伸ばされるとカミソリが動き出し、絨毛を消し去り、それもカメラが撮り「う、う、う!」嗚咽を上げる事しかできない。
その後、有紀も絨毛を剃られて淫裂を剥き出しにされた。

絨毛を剃り終えると、2人はズボンを脱いでいく。
「イヤ。セックスはイヤです!」
「オ○ンコはしないよ。ケツでやるんだ!」

「お尻でも、イヤです!」
「イヤでも、やるんだよ」下半身を剥き出しにすると、早紀と有紀の肛門にワセリンを塗っていく。

「洋子、お前も手伝うんだ。郁子とやってもいいから!」
「わかったわ。これでやればいいのね?」バイブを持った。
「やめて。そんなの、入れないで!」

「そうは行かないのよ。まずはここに入れるね」郁子の淫裂に、ゆっくりバイブが入るとスイッチを入れ、振動させる。
「だめ、いや~!」悲鳴と同時に腰が動きだし、その様子がカメラに撮られていく。
「撮らないで。お願い~!」叫んでも、かめらのスイッチが押されていく。

やがて、郁子の淫裂から淫汁が流れ出した。
「気持ちよさそうね。こんなに濡らして」
「よくない。こんなのよくない!」首を振っても、心地よい振動に膣から淫汁を流している。

それを見ていた西山が「早紀。お前ともやるからな!」肛門に肉竿を押し当てた。
「イヤ、お尻はイヤ!」逃れたくても、西山の肉竿がゆっくり入ってきた。
「ヒ~!」息が詰まる思いに「ダメ。入れないで、ダメ!」体を痙攣させるが、肉竿はなおも入り込む。

「早紀、全部入ったぞ!」
「抜いて。お願いです…」顔を歪めるが、肛門に入った様子がカメラに撮られる。
(撮らないで。お尻に入ったのは撮らないで…)目を閉じたまま、首を左右に振っていく。

「有紀。俺もやるからな!」山崎も有紀の肛門に肉竿を押し込んで「いや~!」痛みに悲鳴を上げた。
「暴れるな。痛いのは最初だけだ!」なおも押し込み、全部入るとピストンを始める。
「いや、いや~!」悲鳴を上げたが、肉竿の動きは止まらず(撮られている。お尻にオチンチンが入ったのを…)有紀も閉じた目から涙を流している。

カメラはそんな姿も撮って、それに肉竿は動きを早めていく。
「気持ちいい。出すぞ!」動きを停めて「イヤ~!」腸内に噴射され悲鳴を上げた。
肉竿が抜かれると、肛門から液体が落ちていく。
「撮らないで。お願いです!」首を振るが、屈辱な姿がカメラに収められた。

 
 
 

 
toukou07
 
toukou

 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!mitinohosi
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA