いや! そんなもの挿れないで タンポンをしゃぶる店長

【第4話】

 

「じゃあ、こんな風にしたらどうかな?」

タンポンは入れたままにして、まるで貝合わせをするように割れ目を閉じ合わせ大陰唇を揉む松野。
その奇妙で卑猥な行動に衣葡は眉をひそめた。

「な、何をするんですか……」
「見てのとおりだよ。オマンコだって凝るだろうからね」
「そんなところ凝りません……変なことやめてください……」
「そうつれないことを言わなくても。ほれ、こうして揉んでるとだんだん柔らかくなって来たじゃないか」
「あっ……いやっ……」

大陰唇マッサージの最中も割れ目の真ん中からタンポンのヒモが垂れ下がっている。
その光景は実に淫靡なものであった。
衣葡の場合体型はスリムだが、意外にも大陰唇は肉厚であり恥丘も比較的ふくよかな方である。
左手で大陰唇を揉みほぐし、右手は恥丘を包み込むように撫でた。
恥丘は恥骨を守る柔らかい脂肪組織の肉趾で、手のひらで包むようにして『そっと揉む』のが効果的であることを、女遊びに長けた松野は十分知っている。
つまりクリトリスや膣に触れなくても、その周辺を愛撫するだけで十分女性は感じる生き物なのである。
衣葡は不本意ながら松野の手練手管にその肉体を委ね、芳醇な悦楽の指攻めに次第に陶酔していくのであった。

「はあぁ……いやぁ……やめて……ください……はうぅ……」
「ぐふふ、かなり感じてきたみたいだな。どれ、タンポンの湿り具合はどうかな?ぼちぼち抜いてみようか」

松野はヒモを引っ張りタンポンをゆっくりと引き抜いた。
タンポンは衣葡の愛液でしぼると液が滴るほどじゅくじゅくに濡れている。

「あっ……」
「どれ、どんな味がするかな?」

驚いたことに松野は引き抜いたばかりのタンポンを、あんぐりと口を開け咥え込んだ。
松野の異常とも思われる行動に衣葡は唖然としている。

「恥丘をちょいと揉んでやっただけなのに、もうこんなにぐっしょりにして。見掛けによらずスケベなお嬢さんだね。ふうむ、蜜はなかなかいけるよ」
「そんな変なことをするのはやめてください!」

「やめて」と言われると、殊更ふざけて音を立てて吸う松野。

「こりゃぁ美味い」
「まるで変態だわ……」
「変態ってか?私にとってそれは最高の賛辞だよ。ぐふふふふ」
「……」

衣葡から何と言われようが一向に悪びれる様子もない。

「さて、タンポンも抜いたことだし、ぼちぼち穴をほじってやるか」

松野は卑猥な言葉を平然とつぶやきながら、大陰唇を大きく開き色素の薄い小陰唇とその中身を晒す。
中身は美しいサーモンピンクでしっとりと濡れている。

「う~ん……実に美しい。こんなきれいなオマンコを見るのは何年、いや何十年ぶりだろう。ぐひひ、涎が止まらなくなってきたぞ」

松野は舌なめずりをしながら、だらしない顔を更にぐしゃぐしゃにして注意深く観察している。
割れ目はさらに大きく開かれ、恋人にすら見せたことのない秘密の奥地を見知らぬ初老の男に晒そうとしていた。

「う~ん、いくら見ても見飽きることがないぞ」
「店長、俺にもちょっと見せてくださいよ~」

衣葡を抱える役目を果たしている糸田がついに痺れを切らせた。

「そんなにせっつくな。後からたっぷりと見せてやるから今はしっかりと押さえてろ」

割れ目をこじ開け覗き込んでいた松野は、指を割れ目に潜り込ませると肉芽を揉み転がし蜜壺を抉った。

「いやぁ……そんなことやめてください……!」

衣葡の羞恥心をかき立てるため、松野はわざと音を立てて蜜壺を抉り続けた。

(グチョグチョグチョ……)

逃げるすべもなくシクシクと泣きじゃくる衣葡。

「おや?指ぐらいじゃ物足らないと泣いているのかな?もっと太い物が欲しいのかな?」
「いや……もう、やめて……お願い……もう許して……」
「おい、糸田。おにぎりコーナーの横に行って太めのソーセージを持って来てくれ」
「一番太いやつっすね。了解!」

松野には従順な糸田は指示を受けるとすぐに売り場へと駆けていった。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

「これでいいっすか?」
「うん?二本持って来たのか」

糸田が売り場から持ってきたものは、直径約三センチメートルのサイズと、直径約五センチメートルの極太サイズのソーセージだった。

「ぐふふ、こうして改めて見てみると、ソーセージっていやらしい形をしているな」
「店長、それは考えすぎっすよ。もともと食べ物なんだから」
「そんなことは分かってる。食べ物だが女を歓ばせる道具に早変わりする」
「ふつうは変わんないっすよ。変えるのは店長ぐらいのもので」
「うるさい」

その間、衣葡は床にうずくまり両手で胸を隠して怯えている。

「お嬢さんがソーセージをお待ちだぞ」
「おっ!やっと俺の出番っすか?」
「たっぷりと可愛がってあげろよ」
「へへへ、俺に任せてください!じゃあ、足を開いて~」
「いやっっっ!そんなの無理です!そんなの入りません!」
「入るか入らないかはやってみないと分からないじゃないの。さあ、足を開いて!」
「いや~~~!」
「泣いても無駄だよ。万引きしたあんたが悪いんだから」
「やってません!万引きなんかしてません!」
「証拠があるのにしてないと言われてもね。糸田、気にしないで早く入れようか」
「は~い!」
「やめて……許して……そんなの入れないで……」

 
 

 
toukou02
 
toukou
 
 
この作品は、愛と官能の美学 Shyrock様から投稿していただきました。
尚、著作権は、愛と官能の美学 Shyrock様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
ラヴラヴから凌辱ものまで多ジャンル官能小説取り揃え
体験談・投稿体験談・夜学問・官能詩
エロエッセイ・その他カテゴリー多数
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA