いや! そんなもの挿れないで 目には目を タンポンにはタンポンを

【第3話】

 

松野ははだらしなく相好を崩しながらクロッチに指を這わせた。

「なあ、あんたほどの美人だったら、彼氏のモノをいつも咥え込んでいるんだろう?」
「そんな変なことをを言わないでください……」
「さあ、スカートもパンツも全部脱がせてあげるよ。ブーツだけそのままと言うのもエロくっていいかもな」

許してくれと哀願する衣葡を松野と糸田は猛然と襲いかかった。
しかし車谷は呆然と見つめ立ち尽くしていた。

「おい、車谷、おまえも手伝え」
「店長……いくら何でもそれは拙いんじゃないですか……」
「おまえは私のやることにいちいちケチをつけるのか?」
「ケチを付けるわけじゃないですけど……」
「この忙しいときに横合いからつべこべ言うな!手伝わないなら陳列でも片付けてろ!」

松野に一喝された車谷は無言で事務室から出て行った。

「ふん、何だあいつ、女に興味がないのか?おい、糸田。お前の馬鹿力で後ろから抱え上げて足を開かせるんだ」
「どんな感じにするんすか?」
「幼い女の子がお母さんに抱えられておしっこする時の格好だ。分かるな?」
「そんなの見たことねえけど、だいたい分かりました。じゃあ」

糸田は松野の指示に従い、衣葡の太股裏側に手を宛がい抱え上げると強引に足を開かせた。

「これでいいっすか?」
「おおっ、丸見えじゃないか!実にいいポーズだ。そのまましばらく抱えてろ。がっはっはっはっは~!」
「いやっ!いや~っ!恥ずかしい!早く下ろしてください!お願いです!」
「それは無理な注文だね。どれ、どんな匂いがするかな?」
「いや~~~~っ!」

松野は衣葡の秘所を間近で観察し、陰部の匂いを嗅ぐ仕草を見せながら言葉を続けた。

「おお、久しぶりに若い女の香りだ!匂いを嗅ぐだけで立ってきたぞ。がっはっはっは~」
「いや、そんなことやめてください……」
「それにしても見事な割れ目だね。色素も薄く黒ずんでなくてきれいだし。まるでオマンコの芸術品ってとこだな」
「み、見ないで……」
「この芸術品のようなオマンコに免じて警察へ連絡するのはやめてあげるよ。しかし万引きの償いはちゃんとしてもらわないといけないね。お嬢さん、あんたは『目には目を歯には歯を』と言うことわざを知っているかね?」
「……」

松野がつぶやいた言葉は衣葡を震撼させた。

「あんたはタンポンを盗んだ」
「盗んでません!」
「まだしらばくれるのか?」
「本当です!信じてください!盗んでなんかいません!」
「ポケットから出てきたんだ。いい加減罪を認めるんだな」

いくら無実だと訴えても信じてもらえない。
どうしたら信じてもらえるのか方法が思いつかず、衣葡は途方に暮れてしまった。

「タンポンを盗んだのだから、タンポンでお返しをさせてもらう」
「……?」
「私は女性がタンポンを入れる場面を見たことがない。糸田、おまえはあるか?」
「全然ないっす」
「だろうな。そこでだ。今からあんたがタンポンを入れるところを見せてもらう。ただし挿入するのは私だ」
「ここでタンポンを入れるなんて絶対に無理です!仮に入れるとしても自分で挿れます!」
「ダメだ。私が入れてあげる。糸田、どうだ?おまえもタンポン挿入場面を見たいだろう?」
「もちろん見たいっす」

糸田は場違いな明るい笑みを浮かべている。

「よし決まりだ!タンポンをるぞ!おい糸田、足を閉じないようしっかりと押さえてるんだぞ」

松野はパッケージからアプリケータータイプのタンポンを一本取り出し衣葡に見せつけ、わざと恐怖心を煽った。

「このタンポン使いたかったんだろう?代わりに私が入れてあげるよ」
「そ、そんな!今は必要ありません!お願いです、やめてください!」

泣きべそをかきながら哀願する衣葡だが、松野の耳には入っていない。
松野はタンポンの外筒のミゾ部分を親指と中指で持ち、外筒の丸い先端を衣葡の方に向けた。

「やめて!入れないで!お願いです!許して~~~!」

衣葡が泣き叫んでも松野は黙殺しタンポンの挿入準備に取りかかる。

「さあ、入れてあげるよ。男にタンポン挿し込まれるのは初めてかな?ぐひひひひ……」

外筒の丸い先端を膣口にあてがい、外筒をゆっくりと押し込んでいく。

「いやぁぁぁぁ……!」

膣に食い込んでいくタンポンを見つめ、松野は満足そうな笑みを浮かべた。
内筒と外筒が重なるまで人差し指で内筒を押し込む。
タンポンはしっかりと膣内に挿入された。
タンポン挿入後、紐を引っ張らないようにしてゆっくりとアプリケーターを引き出した。
取り出しヒモが膣口から垂れ下がっている光景が、それ見つめている男たちにとっては淫猥で刺激的だ。

「ぐふふ、挿入完了だよ。どうだね?私のような親父にタンポンを詰め込まれる気分は」
「……」
「たまには男に挿し込まれるのも気分転換になっていいだろう?」
「良い訳がありません……」
「ふん、正直だな。がはははは~」

糸田は衣葡を抱きかかえながら、身体を折るようにして後方から覗き込んでいる。

「お願いです……こんな恥ずかしい格好はもう許してください……」
「いや、まだダメだ」

松野は挿入したタンポンをゆっくりと出し入れを繰り返した。

「ぐふふふ……どうだね?タンポンでピストンされる気分は?細すぎて全然よくないかな?」
「いやぁ……やめてください……あぁぁ……お願い、やめてぇ……」

 
 

 
toukou02
 
toukou
 
 
この作品は、愛と官能の美学 Shyrock様から投稿していただきました。
尚、著作権は、愛と官能の美学 Shyrock様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
ラヴラヴから凌辱ものまで多ジャンル官能小説取り揃え
体験談・投稿体験談・夜学問・官能詩
エロエッセイ・その他カテゴリー多数
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA