凌辱の温泉宿 新しいサービス

【第13話】
 

4人は車の所まで戻った。
「服は着なくていい。そのまま乗れ!」
「そんな、ヌードのまま乗るなんて、イヤです」
「約束したよな。何でもやると!」そう言われれば何も言えず、スケスケのワンピースで前を隠して座わり、西山は走らせた。

今度は今までと違い、車が行き交う道を走っているから、後ろの席に座った2人は顔を強ばらせたままだ。
走り出して5分ほど過ぎ、正面に建物が見え「あそこが、何だかわかるよな?」西山は早紀と有紀に言う。

(まさか、あそこでヌードを撮るのでは…)奥歯がガチガチ鳴りだすが、そんな2人を無視するかのように、駐車場に停まる。
「着いた。降りるんだ」
「お願いです。服を着させて下さい!」早紀は泣き声になっている。

「約束したはずだ。素っ裸だ!」
「西山君、そうムキにならないでくれ。これだけ言うんだから、あれをここで着せようよ」ニヤリと黒岩が笑う。
「そうですね。そうしますか…」西山はトランクから袋を取りだし2人に渡す。
 「これを着けるんだ!」渡された2人は袋を開けて中から取りだしたが(いや、こんなの着たくない…)見るなり落胆の顔に変わる。
入っていたのは、黒いストッキングとガーターベルトだ。

「早くしろ!」急かす西山に、渋々足を通していくと「いいよ。いいじゃないか!」太股を黒いレースが覆う。
その後は腰にガーターベルトを巻き付けて、ストッキングを吊っていく。
「着けたか。行くぞ!」2人も車から降りて建物の中に入った。

建物の中からは、女性の声が聞こえている。
(ヌードを見られたらどうしよう…)ブルブル震えながら歩いていくと、その震えに乳房も揺れていた。

やがて、ガラス越しに踊る集団が見えてきた。
「いいか。お前達も仲間に入るんだぞ」
「許して。あれは旅館組合の人なんです…」早紀は泣き「そうなんです。ヌードを見られたら仲間外れにされます…」有紀も泣いている。

「それが、どうした。仲間外れにされても、どうってことない!」取り合おうとはせず「いいか、踊っているのを撮るからな」そう言うとドアを開けて入った。
入るなり「ぬ、ヌードだわ!」全裸の2人に声が上がり「そんな、前川さんの娘さんが素っ裸だなんて…」踊りが停まって2人を見つめている。

暫く沈黙が続いたが「私達も一緒に練習させてください…」蚊のなるような声で頼み込む。
「練習はいいけど、裸よ。服を着てからにしないと」
「イヤ、このままでいいんだ。2人の綺麗な体を撮りたくてね」西山が口を開いた。

その言葉に「ヌードを撮るんですって…」ヒソヒソと話されていく。
「そうなんです、記念に残そうと思いまして…」
「でも、性器を撮られるわよ。ヘアがないから写るのよ」
「気にしません。全てを撮るつもりですから」
「それならいいけど…」顔が曇っていく。

「とにかく、一緒に練習させてくれよ」
「西山さんがそこまで言うなら構いませんが…」そして音楽に合わせて女性達が踊り出し、それに合わせて2人も踊り出した。
乳房が左右に激しく揺れ、淫裂もパックリ口を開いて「いいよ、凄くいい!」満足そうに黒岩がスイッチを押していく。

時間が立つに連れ、2人は汗で体が光ってきた。
他の女性も汗で光りだし、それを見てリーダーらしい女性が「はい、今日はここまでにしましょう」音楽を止め、それと同時に皆床に座り込む。

だが「早紀に有紀、ここでやるんだ。あれをな!」西山はレズをやるように言う。
(いや、それはいやです!)目に涙を溜めたまま、2人は立ち上がり唇を重ねていく。
「キャー。変態だ!」「レズよ、姉妹はレズだったのよ!」また視線が集まる。

しかし、2人はやめる訳には行かず、乳房を掴み合い吸い出し「あ、あ、あ~!」声を上げて、淫裂も触り合いだす。
「気が狂ったのよ。父親を亡くしたから…」見ている女性達はヒソヒソ話しながら見つめている。

(違うわ、無理矢理やらされているのよ!)叫びたいができず、シックスナインの体位で淫裂を舌と指で撫で合う。
黒いストッキングが、白い乳房と淫裂を引き立てて、そんな2人を黒岩が撮りまくる。
2人は15分ほどレズをさせられ、充分撮ったのか「帰るぞ」西山が声を掛ける。

その言葉で立ち上がり一緒に部屋から出た。
すると「変態よ。前川さんの娘さん達!」後ろから指差しながら叫んでいる。
(もう、仲間に入れて貰えなし、組合にも入れて貰えない…)項垂れた2人は涙を落としながら歩いている。

その後、4人は車でホテルに戻ってきた。
だが、早紀と有紀はストッキングとガーターベルトだけを着けているだけだ。
車を降り、ホテルにはいると郁子が形相を変えて駆け寄ってくる。
「そんな、裸だなんて。何かされなかった?」その言葉には黙ったままで「そんな、娘には手を出さないと約束したのに…」声を上げて泣きだした。

「手は出さなかった。その変わり、チンポでやったぞ。オ○ンコしてくれと頼まれてな」
「嘘よ、レイプしたんでしょう?」
「だったら、娘に聞けよ!」

「早紀。嘘よね、レイプされたんでしょう?」
「ううん、私もセックスしたかったから頼んだの…」項垂れて言う。
「嘘よ、嘘と言って。有紀もレイプされたのよね?」
「違うわ、私もセックスしたかったの」項垂れて言う。

「そんな、セックスがしたかったなんて…」郁子の泣き声が大きくなり(ご免なさい、こう言わないと…)項垂れた2人も涙を流している。
「郁子、そう言う事だ。それより、準備しろ。お前達もだぞ!」その言葉に有紀と早紀は中に入って行く。

それから数日後、郁子は旅館組合から呼び出しを受けた。
「きっと、ショーの事で呼ばれたんだ…」それを西山にも告げると「なあに、除名されたって関係ないさ。勝手にさせろ!」西山は開き直っている。

郁子は不安な面もちで組合の会合に出ると「前山さん。お宅はいつから変態旅館になったんですか?」組合長から早速言われた。
「変態と言っても、あれはあくまでショーですから…」言い訳を並べるが、聞いて貰えるはずはない。

「そんな事だから、変態が娘に移るんですよ。素っ裸で踊ったり、レズをしたりして…」それには堪えきれず泣きだし「それには事情がありまして…」
「そんな事言っても無駄です。とにかく除名ですからね!」組合長から除名を言い渡され、ホテルに戻った郁子は西山にそれを告げる。

「思った通りだな。これでこっちも派手にやれるな」
「でも、娘にはもう手を出さないで下さい…」
「そうは行かない。俺が女にしたんだから一生俺に付き合って貰わないとな」

「ですが、人前での裸だけはやめて下さい」
「そんな事言ったら、ショーにならないぞ。ショーでこのホテルが成り立っているんだからな」そう言われれば逆らえない。

西山は何を考えたか、夕方に5人の女性を連れてきた。
「いいか、歩合制だ。受けなかったら減らすからな」
「わかっているわよ。こっちだって、商売でやっているんだからね」自信ありげだ。
「それならいい。頼むからな」そう言って、郁子と一恵がいる男湯に連れて行く。

女性達は、恥ずかしがることなく一糸まとわぬ裸になって中に入った。
新しく現れた5人に客も喜んでいる。
「お洗いしますね」石鹸を泡立て自分の胸に擦りつけて、その後体を客に擦りつけて「いいね。まるでソープみたいじゃないか!」客は笑顔になっている。

背中を洗い終えると向き合って抱き合い、勃起した肉竿が淫裂に当たっている。
「ダメ、オチンチンは入れないで。口でしてあげるから!」そう言いながら体を上下していく。

それを見た郁子は呆然とし(できない。私にはいくら何でも、できない…)口を空いたままだ。
同じように、一恵も呆然としている。

女性達は体を洗い終えると、言った通りに客を立たせ、肉竿を口で擦りだし「あ、あ~!」客は気持ちよさそうな声を上げていく。
それを見て(イヤ、私はいやよ!)郁子は外に出て行き、同じように一恵も外に飛び出した。

「どうしたんだ。まだ終わってないだろう?」
「できません。口でなんて…」郁子が言う。
「だったら、オ○ンコでやるか?」
「いくら何でも、売春と同じです…」
「それもイヤか。だったら、ショーをやって貰うぞ。2人で素っ裸の踊りをな!」
(口でやるよりは、その方がいいです…)黙ったままだ。

そして、宴会が始まり、恒例のショーが行われた。
従業員の1人が全裸になり、絨毛を剃られ、その後は早紀と有紀のレズショーが行われていく。
そして最後に、郁子と一恵の全裸の踊りで宴会を盛り上げてる。

サービスは西山の考えていた通り、客に受けて予約も入り盛況で、反対に断る事もあった。
それを、温泉組合側は良くは思わず、出入り業者に圧力を掛け、仕入れが止まり営業がおぼつかない。

だが、西山は動じず、金の力をまざまざと見せつけた。
隣町の別な業者に頼み、今まで通りに営業し、それに、湯元から湯権を買い取ろうとしている。

それには、旅館組合も慌てて連夜の会議を開いて策を練ったが、不況で資金不足の現状ではどうする事もできず、組合長達幹部が和解を申し出て来た。
西山も、争うのはイヤだから和解する事にしたが、今後は一切ホテルに干渉しない事を約束させて和解した。

だが、組合からの除名はそのままで、西山はそんな事など気にもせずに、今まで通りにサービスを続けた。

そんなある日、西山は洋子が受け持っていた、温泉宿の経理に疑惑を感じた。
「おかしい。いくら何でも、倍も仕入れが違うとは…」仕入れが水増しされている可能性がり、山崎に頼み込んで極秘に調査を重ね、水増しの証拠を掴んだ。

洋子は西山に問いつめられても、認めようとはしない。
しかし、山崎が掴んだ証拠を見せられては、どうしようもない。
「洋子。どうなるかわかっているよな?」
「許して。もうしませんから!」詫びを入れたが許されない。

「そうは行くか。仕置きだ!」洋子は全従業員の前で、着ていた着物を脱がされていく。
「イヤ、イヤです!」叫んでも容赦はなく、下着も脱がされ全裸にされ、両手を後ろ手に縛られてしまった。

西山は洋子を縛り上げると、髪の毛を掴んで振り回し「ギャー!」悲鳴を上げていが「これくらいで済むと思うな。もっと思い知って貰わないとな!」髪の毛を掴んだまま洋子を引き出し、外に連れ出した。
「いや、いや~!」全裸の洋子は嫌がるが、髪の毛を掴まれたどうする事もできない。

西山は洋子を車に乗せると走りだした。
それを、不安な面もちで見ていたが、それから数時間後に2人がホテルに現れ「ピアスよ、乳首と性器に…」金色に輝くリングが両乳首と淫裂に取り付けられている。

「それだけじゃないぞ。洋子のオ○ンコは、永久にパイパンになったからな!」
「だ、脱毛ですか、性器を?」
「そうだ。一生このままだ!」ピンクの地肌を触ると「う、う、う!」縛られたまま泣いている。

「泣くのは早い。今夜から洋子もショーをやって貰うからな!」乳首に付けられたピアスを引っ張った。
乳房が円錐状に変形して「ヒー。痛いのは許して下さい…。もうしませんから、許して下さい…」顔を歪めて言う。

「そうはいくか。皆もよく見るんだぞ!」今度は淫裂のリングを引き「ギャー!」前にもまして悲鳴が大きくなった。
(見せしめだわ。逆らったらこうなるんだ…)変形した淫裂を見て、皆がそう感じた。

そして、宴会が始まり、いつものように従業員は、乳房丸出しのワンピースで酌をして回る。
そこに、両手を後ろ手に縛られた洋子が山崎に連れてこられたが、口には声が出せないように口枷がしてある。

「この、あばずれ女め!」ムチで叩き「う~!」痛みに呻き声を上げても、容赦なく叩かれ、全身に赤い筋ができていく。
その迫力に、客も皆黙り込んでしまった。

むち打ちが済むと「よし、罰の仕上げだ!」無理矢理座らせ腰を持ち上げた。
「う、う~!」首を振って拒むが、西山はズボンを引き下げていく。
そこで「本番だぞ!」やっと歓声が上がった。

その歓声に答えるかのように、山崎の肉竿が淫裂に入っていく。
根本まで入り込むと、ピストンが始まり、洋子は「う、う、う~!」乳房を揺らせながら呻き声を上げている。

やがて、山崎の動きが停まり放出が始まった。
「中出しだ!」淫裂から流れ出る精液に歓声が上がり、それと同時に洋子の閉じた目からも涙が流れていく。 

 
 
 

 
toukou07
 
toukou

 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!mitinohosi
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA