凌辱の温泉宿 接待

【第12話】
 

早紀と有紀は、帯を解き赤い腰巻き1枚で、乳房を吸い合い「あ、あ、あ~!」声も上げていく。
「いいね。俺にも手伝わせれくれ!」それまで、黙ってみていた黒岩が早紀の腰巻きを解きだした。

「そんな、自分でしますから…」慌てて抑えたが「気にしなくていいよ。手伝わせて欲しいんだ!」紐を解いて早紀の下半身を剥き出しにし「いいね。これくらいのヘアが丁度いいよ」恥丘や淫裂を触りだす。

「見るだけの約束です。お願いですから、手を退けて下さい」
「堅い事言うな。あんた達はお金が欲しいんだろう?」平然と言い、今度は有紀の腰巻きも解き出した。

「やめて下さい!」有紀は手で押さえるが、強引に脱がして「お前の生え具合もいいよ」有紀の淫裂も触り出す。
「やめて。触らないで下さい!」逃げまどう有紀だ。

「いいよな。その初々しさが何とも言えない。この子が可愛いね」黒岩は有紀に覆い被さった。
「イヤ。イヤです、レイプしないで!」
「レイプはしないよ。これは取引だ。金を払うからやらせて貰うだけだ!」嫌がる有紀の両手を押さえて、腰巻きの紐で両手を縛った。

それを見た早紀が助けようとすると「そうはいくか。おとなしくしていろ!」早紀を西山が抑え、有紀同様に両手を縛って自由を奪う。
「黒岩さん、これで邪魔は入りませんよ」

「そのようだな。この子の可愛いオ○ンコを見ると、チンポが疼いてね」淫裂を広げ中を覗く。
「イヤ、やめて。イヤ!」有紀は抵抗できず、足をバタバタするしかない。

「黒岩さん、そっちでいいんですか?」
「とりあえずはこっちだ。できるようだったら、そっちともやるからな」淫裂を覗くと浴衣を脱いでいく。

「約束が違います。レイプしない約束です!」
「レイプじゃない。お前達を買ったんだ。一晩だけだけだが…」浴衣を脱ぐとパンツを脱ぎ、股間の勃起した肉竿が波打っている。

全裸になると有紀に覆い被さった。
「やだ。やだ~!」淫裂を肉竿が押し広げ悲鳴を上げている。
「やめて。有紀にはしないで、私が相手しますから…」

「そうか。だったら、俺がお前の相手だな!」西山も脱ぎだした。
「有紀にはしないで。やるんだったら、私として!」
「そうは行かないな。2人とやるからな」黒岩は腰に力を入れて密着し「ヒ~!」有紀は悲鳴を上げ、体を震わせていく。

肉竿を押し込むと、ゆっくりピストンを始める。
「やだ、やだ~!」嫌がる有紀に唇を重ね、乳房も揉みだす。
同じように、早紀の淫裂にも肉竿が入り「あ、あ、あ~!」喘ぎ声を上げている。

黒岩と西山はピストンを早めた。
「早紀。オ○ンコに出したいが、いいか?」
「イヤ。出さないで、イヤです!」

「それだったら、口でやるか?」
「やります、口でしますから、膣の中に出さないで下さい」
「本当にやるんだな?」念を押すと「はい、約束します」西山が爆発寸前の肉竿を早紀の口に押し込むと「フグ、フグ!」不自由な姿勢で口を動かしている。

「お前はどうする。オ○ンコに出されたいか?」
「口でします。ですから出さないで…」
「わかった。やらなかったら、ただでは済まないからな」黒岩も有紀の口に肉竿を押し込んだ。

「ウグ、ウグ!」2人は自分を犯した肉竿を口で擦っていく。
程なく、肉竿の先端から放出が始まり(イヤ、射精なんてイヤ!)咽の奥まで届いている。
放出を済ますと、2人の手が解かれた。

「これはレイプじゃないぞ。取引だ」10万を渡し、早紀は黙ったまま受け取った。
「それにしても、いい体つきだ。俺の女にしたいな」黒岩は早紀の乳房を揉みだす。
「いや。もうやめて!」手を振り払うと「イヤか、仕方ないな。その変わり、明日は俺と付き合え!」

「仕事があるから無理です…」
「早紀、それは心配するな。残った者でやるから。それに有紀も付き合うんだぞ!」
「いいね、2人の方が面白いし」笑顔の黒岩だが、2人は黙ったまま着物を着ていく。
「いいな、明日は付き合うんだぞ!」西山が念を押すと(いやよ、でも行かないと…)黙ったまま首を縦に動かし、部屋から出た。

翌日、郁子達従業員は、お客を見送ると次の準備を始めた。
「早紀に有紀。黒岩さんと付き合うんだ!」西山に連れられ、車に乗ると一緒にホテルから出て行くが、2人を心配そうに郁子が見守っている。

4人が乗った車は温泉街から外れた寂しい道を走っていく。
「この先に面白い所がありましてね」西山はハンドルを握って言う。
走ってから5分ほどして、古びた建物の前に来た。

「黒岩さん、ここは昔、別荘だったんですよ」
「ほう、別荘ですか?」
「そうなんです。とにかく入りましょう」西山を先頭に古びた建物に入っていくが、中は人の気配が全くない。

「黒岩さん、ここなら安心ですよ。あれをしても…」
「気が利くね。前からやりたかったんだ、一度でいいから」
「それでしたら、思い切りいいですよ」西山と黒川の目が異常に輝き「やめて。変な事したら声を出すからね!」怯えて姉妹は抱き合う。

「何も怖がらなくていいよ、写真を撮るだけだから。ただ、裸の写真だけどね」
「イヤ。もうヌードはイヤです!」
「イヤでもやって貰わないとね。痛い思いはイヤだろう?」前もって隠して置いたのか、西山はムチを取りだし振い「ヒュ、ヒュ!」空を切る音が響いていく。

「わかっただろう。痛い思いがイヤなら服を脱ぐんだ!」
「イヤ。ヌードは、イヤ!」
「だったら、痛い思いをしろ!」西山がムチを振り「ギャー!」「ヒー!」すかさず悲鳴が上がる。

「脱げ、脱ぐんだ!」黒岩もムチを振りだし「脱ぎます。打たないで!」その言葉でムチの動きが止まる。
早紀と有紀は、泣きながら服を脱ぎだすが、2人とも下着は着けていなかった。

程なくして、生まれたままの姿になると「いいね。このオッパイが!」黒岩は有紀の乳房を鷲掴みして爪を食い込ませ「ギャー!」すかさず悲鳴が上げる。
「痛いか。だったらここだ!」乳首が潰され「ギャー!」また悲鳴を上げた。

「やめて。有紀に乱暴はしないで!」早紀が助けようとした。
「心配するな。お前もやるんだから」早紀が抑えられ「うるさいやつだな。お前からやるぞ!」黒岩は早紀の両手を押さえ、縛りだす。
「何するのよ。放して!」叫んでも両手首が縛られ、鴨居から吊り下げられた。

「これで、おとなしくなるな。今度はお前だ!」有紀も手を押さえられ「いや、いや~!」叫んでも容赦なく、早紀と同じように両手首を縛られ、鴨居から吊り下げられた。

「いい眺めだ。ここにもやるぞ」早紀の乳房に紐を巻き付けていく。
「イヤ、オッパイはイヤ。痛いからやめて!」悲鳴を上げても乳房が縛り上げられ変色していく。
「最高にいい。こんな気分は初めてだ!」興奮気味の黒岩は有紀の乳房も縛り上げた。

その後、2人の太股も縛って引き上げ、淫裂を剥き出しにしている。
「いいね、これを撮りたかったんだ。オ○ンコの競演をね」黒岩はカメラで2人を撮りだす。
「撮らないで、性器は撮らないで!」首を振り叫んでも容赦なく撮られた。

「さてと。これからが本番だ!」撮り終わるとムチで乳房と尻を叩き出す。
「ヒー!」「イヤー!」悲鳴が響いていくが、それでも「ピシャ、ピシャ!」ムチが振られ2人の体には赤い筋ができていく。
その痛みに耐えかねて「打たないで。何でもしますから…」泣きながら言う。

「そうか、何でもするか?」
「はい。何でもします…」
「約束できるか?」
「は、はい。約束します」

「わかった。それなら痛いのはこれくらいにしてやる」ムチが仕舞われ、縛った足や両手も解かれた。
やっと自由が戻った2人は、乳房も解いて服を着ようとした。

「待て、服は着るな。それよりも、これを着ろ!」西山は袋を放り、その袋から取りだした2人は顔が強ばった。
「何でもすると言ったはずだ。着けろ!」その言葉に渋々着けていく。

袋の中には、青みを帯びたナイロン製のワンピースが入っており、2人は黙って頭から潜り、足下に伸ばすがワンピースは何の役目もしておらず、ピンクの乳首や淫裂が丸見えだ。
これでは、全裸と言った方が正しい。

「いいね。こんな姿で外を歩くのを撮りたいよ」黒岩は2人を撮っていく。
(外ではイヤ。お願いだから、中だけにしてください…)項垂れた姿がカメラに収まっていく。

「外ですか…。でしたら、この先にいい所がありますよ」
「案内を頼むよ」
「わかりました。行きましょう」西山は2人に脱いだ服を持たせ、外に出させた。

「服は車にしまえ!」言われるまま脱いだ服を車に入れ、2人を隠す布はなく全裸同然で行くしかない。
「行くぞ」西山の後を追い、2人は歩いていく。

そこから、5分ほど歩くと観光客が数人で写真を撮っている。
「2人で並んでくれ!」黒岩の言葉に体を震わせて、前に進むと「キャー!」「ヌードよ、フルヌードよ!」スケスケを着た2人に悲鳴が上がる。
(何も、声を出さなくていいのに…)項垂れたまま並んだ。

そんな2人に「恥を知らないのかしら?」「そうよ、ヘアまで剃っているわ。きっと変態よ」何も知らない観光客は2人を指差しヒソヒソ話している。
一方、カメラを構えた黒岩はポーズを取らせ(そんな事を人前でするなんて…)嫌々ワンピースの裾を持ち上げ、下半身を剥き出しにしていく。

「いいよ、それがいい!」ピンクの割れ目に、黒岩の股間が膨らみ「黒岩さん、お元気なようですね。私が撮りましょうか?」
「そうですね、ここはお願いしますか」カメラを渡して有紀の後ろに立った。
そして、チャックを引き下げ肉竿を取りだし、淫裂に押し込む。
(イヤ。こんな所ではしたくない…)首を振っている。

それは観光客にも見えている。
「お、オチンチンが…」淫裂にはしっかり肉竿が食い込んでいた。
「もっと裾を上げろ。オッパイを揉むから!」
(イヤ。もう、やめて下さい!)涙を流しながら、裾を首まで持ち上げた。

「見て、本気でやる気よ!」黒岩は乳房を揉みながら腰を動かしだした。
「変態よ。人前でセックスだなんて変態よ…」そう言いながらも、最期まで見届けようと、動こうとはせずにジッと、結合部を見ている。

やがて、黒岩が登りつめ放出をした。
「射精よ。見て性器から精液が…」淫裂から液体が流れ出てきた。
「いいですね。しっかり撮りましたから交代しませんか?」
「そうですね、交代しましょう」放出で汚れたままの肉竿を仕舞い込み、変わって西山が早紀の背中に立った。

「わかっているだろうな。お前とやるからな!」
(いやよ。セックスはイヤです!)泣き顔をしながら裾を首まで持ち上げ、乳房を掴まれた。
その後淫裂に肉竿が押し込まれていく。

「またやっているわよ。変態同士が…」指差しながら見ていた。
黒岩もそれをカメラに収め、西山は腰の動きを早める。
(出さないで。お願いですから!)そう願うが、早紀の胎内には暖かい液体が漂っていく。

「見て。また射精よ、大丈夫かしら?」
「変態のすることだからわからないわよ」淫裂から流れ出た精液を見つめて言う。
「いいのが撮れましたよ。これは傑作でしょうな」2人並んで精液を垂らすのを撮ってご機嫌な黒岩だ。

「今度は別な所で撮りたいですね」
「それでしたら、この先に露天風呂がありますよ」西山が歩き、その後を早紀と有紀が追うように歩いていくと「全く恥知らずね」後ろから罵声が聞こえる。

4人が暫く歩くと河原があり、湯気が立っていた。
「あそこですよ」指さす先には釣り客が数人いる。
「オ○ンコも洗わないとな…」
(言われなくとも、わかっています)2人は黙ってワンピースを脱いで、淫裂を洗いだす。

それに気づいた釣り客が「素っ裸だ!」声を上げた。
その声に、一斉に2人を見つめ「オ○ンコ丸出しだ!」と声を上げだす。
(黙っていて、お願いですから…)その見守る前で丁寧に淫裂を洗うと、その姿を黒岩が撮っていく。

「何だ、ヌード撮影か。俺もおかしいと思ったよ。でも、でかい乳しているね」2人の乳房を見ている。
(見なくていいのに…)釣り客が見ている中、淫裂を洗うと浴槽に浸った。

暫くして「もういいぞ。今度は別な所がいいな」
「それでしたら、こっちへ!」西山歩き出し、早紀と有紀は濡れた体のまま、ワンピースを手に持って一緒に歩いていく。
「見ろよ、パイパンだ。オ○ンコ剃っているよ」2人の淫裂が釣り客にも見え、4人は来た道を歩いて戻った。

 
 
 

 
toukou07
 
toukou

 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!mitinohosi
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA