官能の国~Shy Land~3 第5話

【第5話】

 

メリーゴーランドから少し離れてから、国田はあやに尋ねた。

「メリーゴーランドにバイブがくっついているものって、たぶんラブホとか探したらあるとは思うんだけど、今回の場合は、それだけじゃなくて、外から観客に顔を見られることによって羞恥心を煽ることが目的だったんじゃないかなあ」
「そうですね。確かにそうかも。知らない人にアノ時の表情を見られるってすごく恥ずかしかったわぁ。途中に壁があるんだけど、気持ち的には、壁がないのといっしょで・・・。人によって差はあるでしょうけど、女性にはどこか露出願望があって、それが満たされたような・・・そんな感じがしましたわ」
「露出願望ね。ふうむ。『見られると恥ずかしい、でも見せたい』という気持ちだよね。男にはなかなか理解できないかもねえ」
「そうかしら。よく公園などでキスとかペッティングとかしているカップルがいるけど、あれも露出願望の一種じゃないかしら」
「それはちょっと違うんじゃない?」
「でも草むらに覗きがいるかも知れないわけで、それを承知でエッチなことをするんだから」
「いや、見られても仕方がないとは思うけど、決して見られたいと言う願望はないよ」
「そうなんだ。男性によっても色々な人がいますからね」
「ところで、次はどこに行きたいの?」
「ホ・テ・ル・・・」
「え・・・!?まだ1つしか廻ってないのに、もう行くの?」
「だって、私、したくなっちゃったんですもの」
「メリーゴーランドがあやの身体に火をつけちゃったって訳か。ははは~」
「ディルドとかバイブもいいけど、やっぱりねえ・・・」
「やっぱり何なの?」
「もう意地悪なんですね。あは、その先も言わせるのですか?」
「うん、聞きたいね」

あやは小声でつぶやいた。

「やっぱり、あなたのが欲しい・・・」
「でもさっきイッたんじゃないの?」
「イクことはイッたけど、それとは違うんですよ。やっぱりナマの男がいい」
「はははははは~~~」
「もう、笑わないでくださいよ~」
「だってそんな生々しいことを言うんだもの」
「ディルドやバイブがいくら精巧にできていても所詮は玩具。やっぱり男のモノとは違いますわ。あの微妙な弾力性とか、人肌の温もりとか・・・」
「そりゃそうだろうな~。でないと男がいらなくなってしまう」
「そんなことはないでしょうけど」

「あ、そうそう」
「何ですか?」
「そういえば園内にディルドショップがあったので、ホテルに行く前にちょっと寄って見ない?街の大人のおもちゃ屋さんや通販では買えない商品がいっぱいあるとか聞いたよ」
「面白そうですね、行きたいわ」

あやと国田は比較的出入り口に近いところにあるディルドショップへと向かった。
照りつける陽射しは厳しかったが、時折吹く爽やかな潮風が灼熱の夏における一服の清涼に感じられた。

【官能の国~Shy Land~3 完】

 
 

 
toukou02
 
toukou
 
 
この作品は、愛と官能の美学 Shyrock様から投稿していただきました。
画像(ありさ嬢)も 、Shyrock様のご好意によりお預かりしたものです。
尚、著作権は、愛と官能の美学 Shyrock様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
ラヴラヴから凌辱ものまで多ジャンル官能小説取り揃え
体験談・投稿体験談・夜学問・官能詩
エロエッセイ・その他カテゴリー多数
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA