凌辱の温泉宿 新ホテルの営業

【第10話】
 

早紀と有紀が辱めを受けている頃、郁子も同じ事をされていた。
東京の高級マンションの一室で、夫婦が見守る前、郁子は西山のムチで打たれていた。
「このメス犬め。こうしてやる!」
「打たないで、お願いです!」悲鳴を上げながら、逃げまどっている。

「脱ぐんだ、素っ裸になるんだ!」
「脱ぎます。ですから打たないで…」泣きながら服を脱ぎだし、下着も脱いで全裸になった。

「足を広げろ!」両手を組み、足を広げると西山は容赦なく恥丘を叩き「打たないで。お願いです!」悲鳴を上げた。
「痛いのはイヤか?」
「はい。痛いのはイヤです…」

「そうか。だったら、気持ちいいことを1人でやるんだ!」
「そんなの、できません!」言い終わらない内に、ムチが乱れ飛んだ。
背中、乳房、腹と赤い筋ができて「やります。やりますから打たないで下さい」泣き声を上げた。

「最初からやれば、打たなかったんだ。とにかく、始めろ!」見知らぬ夫婦の前で郁子は淫裂に指を入れる。
(この年で、こんな事するなんて…)目を閉じ、ゆっくりと淫裂の中を動かしていく。

指は次第に動きを早めて「俺もやりたくなった」西山は郁子の乳房を鷲掴みした。
「うっ、私、が、お相手します…」途切れ途切れに言うと「だったら、やるんだ!」
西山のズボンを脱がせていく。
(人前でこんな事したくない…)イヤだが、下半身を露わにさせた。

その後、勃起した肉竿を口に入れ、唇で擦っていくと、膨らんだ肉竿が更に堅くなっている。
「いいぞ、それでいい。後は、お前が上でやるんだぞ!」西山は仰向けになり、その西山に馬乗りになって腰を振っていく。

「感想はどうだ?」
「気持ちいいです。膣が気持ちいいです…」乳房を握られて腰を振っていく。
「そうか。お前はスケベな女だな」乳首を潰した。
「うっ。その通りで、私はスケベな女です」顔を歪めて言い(何がスケベよ。あなたが言わせただけよ)腰を振り続けた。

やがて、西山がクライマックスを迎えて、噴射すると「出したぞ。お客さんに見せてやれ」「わかりました」立ち上がり、両手を後ろ手にした。
「それじゃ、見えないでしょう。広げるのよ」黙って見ていた女性が乳首を潰した。

「お、お許し下さい。直ぐやりますから」指を膣に入れて広げると、白い液体がドット流れ出て太股を濡らしていく。
「凄いね。ホントにやちゃったのか…」
「そのようよ・とにかく、淫乱なのね」夫婦はジッと淫裂を見ており(違います。これには訳が…)そう言いたかった。

暫く淫裂を晒していると「もういい。明日会社に来てくれ。そこで話そう」「わかりました。必ず伺います」話がまとまったようだ。
郁子と西山は服を着込むと、マンションから出てホテルに泊まった。

そして翌日、郁子と西山はホテルを出て、ビルの中に入った。
ビルの中は大勢のサラリーマンが働き、その中をかいくぐるようにして、ある会社の中に入った。

西山が受付で挨拶すると会議室へ連れて行かれ、暫くして昨日の男性が現れた。
「家内と相談したんだが、あそこは君に任せるよ。何時潰れるかわからないホテルだし、君の案に掛けるよ」
「黒岩さん、ありがとうございます。後はお任せ下さい」

「それより、もういちど素っ裸が見たいな。女が虐められるのを見ると興奮するんだよ」
「男だったら当然です。それでしたら、今日一日、素っ裸にさせてお手伝いさせましょうか?」

「いいね、お茶汲みをやって貰えるなら最高だよ。社員も喜ぶぞ」ニコニコ顔で話す2人だが(いやよ。どうして私がヌードにならないといけないのよ!)郁子の顔が強ばっている。

だが「聞いた通りだ。今すぐ脱げ!」命令される。
「許して下さい。いくら何でも、ここではお許し下さい」土下座した。
「ダメだ。言う事を聞かないなら、オ○ンコにピアスだぞ、それに乳首にも!」
「ピアスはイヤです。お許し下さい」

「だったら、どっちかを選べ。今すぐに!」西山は郁子を睨んでおり「ぬ、ヌードになります。今すぐに…」声を震わせボタンを外し出す。
「いいね。写真もいいかな?」

「構いません。ドシドシ撮って下さい」その言葉に、カメラを構えて脱いでいく郁子を撮りだした。
(撮らないで。ヌードは撮らないで!)そう願っても無駄で、パンティを脱ぐと、短い絨毛に包まれた淫裂がカメラに収まった。

(性器を撮りたがっているんだ…)悔しさに堪え、背中を丸めて脚を上げて下半身を丸出しにした。
「いいね。ブラだけの姿も」ブラジャーだけの姿も撮られた。
ブラジャーを脱ぐと、小振りな乳房が揺れている。

(フルヌードになったわ…。隠す物がない…)両手を下にして項垂れている。
「いいね、その恥じらいが…」また撮られた。
男性は数枚撮ると、郁子を会議室の外に連れだした。

当然、全裸で会社の中を歩くのだから、目に付いて「キャー!」「素っ裸だ!」悲鳴と驚きの声が上がっていく。
「見て。変態よ、ヘアまで手入れしている」
「露出癖があるのよ。聞いた事があるわ」女性社員は指差しヒソヒソ話している。

だが、男性社員は「いいね。オ○ンコ丸出しだなんて!」淫裂をジッと見つめ(見ないで、お願いですから…)郁子は視線を逸らせ、体を震わせている。
「みんな聞いてくれ。今日一日、この女性が皆に奉仕を願い出ている。だから許してやってくれ」

「奉仕と、おっしゃると?」
「お茶汲みもやるし、触わりたければ触っても言いそうだ。体のどこでもいいぞ」
「写真もいいんですか?」
「勿論だ。デジカメなら安全だな」
「わかりました。そこまでおっしゃるなら、奉仕して貰いましょう!」男性社員は笑顔になっている。

「それでは、私が最初に…」若い男性が乳房を掴み揉みだし「柔らかい。オッパイがこんなに柔らかいなんて…」信じられないと言った顔つきで揉んでいる。
「どれどれ、俺も!」別な男性は淫裂を広げて中を覗き「ほう。ここにチンポが入るんだ!」膣に指を入れて行く。
「俺も奉仕して貰わないと…」こうして、男性社員達は次々と触りだした。

(やめて。お願いです!)逃げ出したい気分だが、それで終わりではない。
触り終わると、写真が撮られていく。
「はい、笑顔になって!」ポーズを取らされ、カメラに収められていく。
(性器は撮らないで。お願いです!)そう思っても、容赦なく淫裂を撮られていく。

「イヤだわね、性器を撮らせるあんんて。女性の恥よね」女性社員達は軽蔑の目で見ている。
(私だってイヤなのよ)うっすら涙が流れていた。

写真を撮り終わると今度はお茶運びをさせられた。
「お茶です」「ありがとう、お礼にしてあげるね」乳房を掴まれ乳首を吸われた。
「あ、ありがとうございました」礼を言わされた。
こうして、郁子は4時近くまで全裸を晒して東京を後にした。

それから数日後、郁子親子と西山が借りたホテルへ引っ越した。
西山は営業開始に当たり、授業員を吟味して自分の言う通りに動きそうな者だけを残して、他は解雇した。

残った従業員を前に「郁子、お前が見本を見せてやるんだからな」西山が言う。
「そんな、見本だなんて…」項垂れて何も言えない。
反対に「女将さん、私達も一生懸命に働きますから教えて下さい」言われるが(言えない。裸になって体を洗うなんて)黙ったままだ。

そんな郁子に西山が「貴子さんだったな、郁子と一緒にやって貰うよ」
「わかりました。女将さんから教わります」と返事する。
「制服も、今日からは新しくするからな!」西山はなおも話を続け(もしかして、サービスもやらされるのでは…)早紀と有紀も不安になっている。

3人が不安を抱く中、営業開始の日が来た。
ホテルには西山が招待した客や知り合いが30人程で満員だ。
それには郁子も不安になって「西山さん、お願いですから、せめて下着だけでも着させて下さい」と頼み込む。

「バカ言うな。今までの通り素っ裸でやるんだ!」
「でも、ヌードの事を外に漏らされたら恥ずかしくて歩けません」涙が落ちていく。
「やらないなら、娘にやって貰うだけだが…」

「やります、ですから娘にだけは手を出さないで下さい」2人が犯され、処女を喪失したのを郁子は知らなかった。
だから、承知して貴子と一緒に男湯に入った。

「女将さん、何をするんですか?」貴子も不安になっている。
「体を洗ってあげるの。それがサービスなの」それだけ言うと着物を脱ぎだした。
「そんな、女将さん!」
「濡れちゃうでしょう。貴子さんも脱ぐのよ」
「そんな…」貴子は口を開けたままだ。

そんな貴子を後目に、着物を脱ぐと下着を着けておらず、いきなり全裸になった。
「お、女将さん…」貴子が目を丸くしている。
「これでサービスよ。貴子さんも脱ぐのよ」
「イヤ、裸なんてイヤ。私にはできない!」そう言って浴場から出て行く。

「私だって、裸はイヤ。でも…」手で涙を拭って、賑やかな浴槽へと入ると「おう。ここでもやってくれるのか?」全裸で現れた郁子に歓声が上がった。
「はい、今まで通りにサービス致します」石鹸を泡立て背中に擦りつけていく。

そして、背中を洗い終えると客と向き合い、首から洗いだす。
「相変わら、ずパイパンなんだね」数ミリに伸びた淫裂を触られ「は、はい。皆さんが喜びますから」返事すると「そうなんだよ。こんなになっちゃって」肉竿がそそり立っている。

「お抜きしますか?」
「頼むよ、女将」空いた手で乳房も触りだす。
(イヤ、触らないで!)黙ったまま肉竿を掴み擦っていくと「気持ちいいよ、女将…」客の乳房と淫裂を触った手の動きが早まった。

(やめて。痛いのよ。それより、早く出してよ)太股を広げ淫裂の奥まで見せて、手の動きも早めると「でる、でる!」先端から勢いよく液体が淫裂目がけて飛ぶ。
「よかったよ。このサービスは最高だね」笑顔になって言う。

「私もそう言って貰えれば最高です」付着した体液を洗い流し、隣の背中に石鹸を塗っていく。
「いいね、こんなサービスも」客もニコニコ顔になっている。

郁子が4人の客を洗い終えると、貴子と西山が入ってきた。
貴子は腰にタオルを巻き付け、手で胸を隠し、それに、泣いているのか目が赤くなっている。

「やるんだ!」貴子は胸から手を退け、石鹸を泡立てていく。
あまり形がよくない乳房だが、その乳房を揺らしながら、西山の背中を洗い「もっと強く!」「わかりました」泣き声で返事している。

背中を洗い終えると向き合い、西山はタオルを捲った。
真っ黒な絨毛に覆われた股間が見え「う、う!」と嗚咽を上げている。
「これくらいで泣くな。本番よりはいいだろう?」淫裂を触る。
「はい。セックスされるよりは、増しです…」

「だったら、郁子を見習ってやるんだ!」
「はい」貴子も首から洗い出し、勃起した肉竿を掴んで擦っていく。
「そうだ、気持ちいいぞ」西山も淫裂と乳房を触っている。

西山は、貴子のての動かし方が遅いのか「もっと早く!」と怒鳴った。
「は、はい、これくらいでいいですか?」手の動きを早める。
「そうだ、それでいい…」暫くして先端から放出された。
「今度は、お客さんの背中だぞ」
「わかりました」泣き声で返事をして、客の背中を擦りだした。

2人は客の体を洗い終えると、体を拭いてから服を着ていくが「う、う、う!」全裸を初めて晒した貴子は泣き続けた。
「泣いて、何になると思っているのよ。それより、宴会の準備よ!」
「わかりました」貴子は泣くのをやめ、服を着込むと2人は宴会の準備を始める。

そこに、真っ赤なワンピースを着た従業員が入って来て「そんな…」貴子は声を上げた。
着ていた服は、早紀や有紀が着せらとの同じく脇に切れ目が入っている。
それに胸の部分が楕円形にくり抜かれ、乳房が飛び出し、裾が前よりも短く、絨毛が見えている。

「私の方が、まだいいかも…」貴子は呟くように言い(そうかも知れないわ。でも、同じ事をされるから)冷めた目で郁子は見ていた。
そんな2人の前で、従業員は泣きながら料理を並べていくと、体を丸めるたびに尻が剥き出しになり、淫裂が丸見えになっていた。

郁子は従業員を見ていると「有紀と早紀がいない…」娘の2人がいないのに気づき「まさか、そんなはずは…」体が震えだした。

 
 
 
 
 

 
toukou07
 
toukou

 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!mitinohosi
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA