官能の国~Shy Land~3 第4話

【第4話】

 

鈍い音が鳴り響く。

(ヴィィィィィ~~~ン・・・ヴォォォォォ~~~ン・・・)

ディルドだけではなく、乗り物自体も上下に揺れているため、相乗効果となって、想像以上に激しい振動があやの内部を駆け巡った。

「いやぁん!すごい!あぁん、どうしよう~!はふぅん~、あぁん~」
「ふふふ、ギャラリーがこっちを見ているよ」
「え?ほんとなの?恥ずかしいわ・・・でも、あぁん!」

あやは揺られながら、外部に目をやった。
外部とボックスとの間にそこそこの高さの壁はあるものの、あやの上体が上昇した時には、壁の上から外部にいる人たちの顔が見えた。
身体が揺れているため、はっきりと顔を確認することはできなかったが、おぼろげに輪郭がうかがえた。
向うもこっちを見ている。

(見られている・・・)

あやは羞恥に悶えた。
幸いにも首から下が見えないため、あやが何をしているのかは分からないはずだ。
ただ、あやの表情から、淫らな行為を行っていることは容易に想像ができる。

「は、恥ずかしい・・・あぁん、でも、あぁん~・・・あああっ、どうしよう~・・・」

(ヴィィィィィ~~~ン・・・)

若いカップルがあやを見て、笑顔で何か語り合っている。

振動による肉体的快感と、見られることによる羞恥心・・・
ふたつが奇妙に絡み合って、快楽がさらに増幅していく。
そればかりか、国田の指までが“あや責め”に加わり、乳房を揉みしだく。

あやが上り詰めるのに、多くの時間を要しなかった。

「ああっ、もうだめ!イクッ、イクッ、イクッ・・・」

(ヴィィィィィ~~~ン・・・)

「いやぁん!だめっ!イクッイクッ・・・イク~~~~~~~~~~~~~~~・・・」

態勢を反り返らせるあやに、後から国田が手を添えた。
あやは悩ましい声とともに、ついに達してしまった。

国田はスイッチを切った。

「はぁ・・・・・・・・・」

深いため息があやの唇からこぼれた。
ベッドの上なら、快楽の後の余韻に浸りたいところだが、乗り物の上ではそうもいかない。

「あは、いっちゃったぁ・・・」

あやは照れ臭そうに微笑んだ。

「もしかしたら僕より良かったんじゃないか?」
「あはは、そんなぁ~」
「でもすごく感じてたみたいだよ」
「うん、確かにすごかったわ」

あやは乗り物から降りながらそうつぶやいた。

「ちょっと妬けるな」
「あはは、メリーゴーランドに妬いたって仕方ないのに」
「それはそうなんだけど。ははは」

国田は下着をあやに手渡しながら微笑んだ。
あやは衣装の乱れを直したあと、コンパクトミラーを覗いた。
キスのあと口紅が取れてないか確かめるあやのいつもの仕草だ。
国田はその間、ちょっと退屈そうにしている。

身支度を整え終えたあやはぽつりとつぶやいた。

「お待たせ。じゃあ行きましょうか」
「うん」

ボックスの扉を開いた。
係員が屈託のない笑みで出迎えた。
何か照れ臭い。
あやも国田も係員と顔を合わさないようにしながら、そそくさとメリーゴーランドを後にした。

 
 

 
toukou02
 
toukou
 
 
この作品は、愛と官能の美学 Shyrock様から投稿していただきました。
画像(ありさ嬢)も 、Shyrock様のご好意によりお預かりしたものです。
尚、著作権は、愛と官能の美学 Shyrock様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
ラヴラヴから凌辱ものまで多ジャンル官能小説取り揃え
体験談・投稿体験談・夜学問・官能詩
エロエッセイ・その他カテゴリー多数
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA