凌辱の温泉宿 2人の喪失

【第7話】

郁子は酔った客の相手を済ますと、真っ先に浴場で淫裂を洗った。
「イヤ。もういやよ…」泣きながら幾度も淫裂を洗い、洗い終えると泊まり客の布団を敷いていく。

しかし、こんな事が長続きする訳がなかった。
噂を聞きつけ、旅行業者は斡旋を打ち切った。
固定客がいなくなったから、当然客が減り、経営にも支障が出ている。

西山や郁子もそれは知っており「何とかしないと…」だが、いい考えなど思い付かない。
そんな苦労が重なったせいか、郁子が体調を崩して入院したが、娘の2人には手持ちの金などない。

「困ったわ。何とかしないと…」金がない2人は西山に借金を申し出た。
「借金か。いいよ。その変わり、やって欲しい事がある」目を輝かせて言い出した。
「郁子が入院したから、たまっているんだ。2人とやりたくてね」早紀の胸を撫でていく。

「そんな、セックスはイヤです!」
「オ○ンコじゃなくてもいいよ。ケツでやらせてくれ」
「汚いです、お尻でだなんて…」
「洗えばいいじゃないか。それから、写真も撮らせてくれ」

「また、ヌードですか?」
「そうだ。今度は2人で素っ裸だ。しかも、野外で!」
「そんな。外でのヌードだなんて、イヤです」
「だったら、貸せないな。この話は無いと思え」そう言われれば従うしかない。

「わかりました。ヌードもお尻も我慢しますから、お貸し下さい」
「やらせてくれるなら貸してやるよ」機嫌良く早紀のシャツを捲りだした。
「そんな、有紀が見ています」俯いている。
「大丈夫さ、有紀ともやるから」動じる事もなく、早紀の乳房を露わにして揉んで行くと「ん、ん~!」呻き声を上げていく。

西山は乳首も吸い、有紀のシャツも巻くって乳房を露わにした。
「いいね、姉妹と楽しめて」乳房を揉み、乳首を吸う。
西山は2人の乳房を満足行くまで味わうと「ほら、これでいいか?」金を渡す。
「ありがとうございます。これを払ってきます」礼を言い2人は病院へと向かった。

早紀と有紀は病院へ支払を済ませ、郁子を見舞うと宿屋に戻ってきた。
「戻ったか、まだ時間があるな。早紀脱げ!」
「今からですか。夜ではいけませんか?」
「夜は客で忙しいから無理だ。今やる!」そう言われれば脱ぐしかない。

シャツ、スカートと脱いで全裸になると、早紀は四つん這いを命じられ、肛門から浣腸される。
「う~!」肛門を痛みが襲い、冷たい液剤が腸内を漂う。

薬剤は直ぐに効果を現し「と、トイレです…」腹を押さえて飛び込み、腸の中を綺麗にしてから戻ってきた。
「これを塗れば、痛みも少ないからな」肛門にワセリンを塗り、それが済むと仰向けに寝た。

「わかるよな、やるんだぞ」言われれまま、馬乗りになり肛門に肉竿を押しつけた。
「う~!」裂ける痛みに耐えて、ゆっくりと腰を下げ「いいぞ。気持ちいい!」肉竿が全て肛門に入り込んだ。
(裂ける~。お尻が裂ける~!)息苦しさを堪えて、腰を振り始めた。

「有紀、お前はオ○ンコを触らせるんだ!」見ている有紀に命じ、有紀は急いでスカートを脱ぎ、パンティも脱いで西山の顔を跨ぐ。
下からは淫裂が丸見えで、その淫裂を指で広げて膣を触っていく。
(イヤ、触らないで…)跨いで立たされた有紀の太股が、ブルブル震えている。

「有紀、ここは何だ?」淫裂の中にある1センチ程度の固まりを摘んだ。
「お、オシッコです、そこからオシッコします…」恥ずかしさで声が震えている。
「そうか、オシッコか。だったら、ここは?」ポッカリ穴の開いた膣に指を入れた。
「ち、膣です…」

「膣ね、何の穴だ?」
「お、オチンチンを入れる穴です…」
「そうか、チンポね。俺のチンポを入れるか?」
「イヤです、チンポはイヤです!」

「そうか。それならここでやろうな」肛門を指先で触っていく。
その間も早紀が腰を振っており「気持ちいいぞ。出すからくっ付けろ!」早紀が尻を密着させると(そんな、お尻に出されるなんて…)不快な液体が体内を漂っていく。

「出したぞ、綺麗にしろ!」早紀は西山から降りて、汚れた肉竿をタオルで綺麗に拭いた。
「ついでだ。風呂に入ろう!」西山と一緒に風呂に入り、汚れを落としてから少ない宿泊客の準備を始めた。

それから数日が経った。
その間も2人は交代しながら西山に肛門を犯されて、それに郁子の体調も大部よくなっている。

「郁子がもうすぐ退院だな。その前にあの2人の体を頂かないとな…」
「そうだな。俺もあのバージンが欲しいよ」西山と山崎は2人の体を奪う悪企みを練り上げ、そして実行した。

西山は郁子から立て替えた借用書を2人に見せた。
「これは、お前達には見せるなと郁子がいっていたが、万が一もあるから」わざとらしく言うと「こんなに、借金したんだ…」2人は見るなり黙り込んでしまう。

「そこで相談だが、お前達のバージンをくれたら、半分にしてやるぞ」
「そんのイヤです。体を売るなんて不潔です」
「不潔か。そう言われてもいい。お前達とオ○ンコやれるなら」目を輝かせている。

それを見て、2人は危険を感じたか部屋から出ようとした。
「待て、どこへ行くんだ。逃げても無駄だぞ!」出ようとすると山崎がおり、洋子もいる。
「出てどうするんだ。それより、ここで気持ちいい事やるんだ!」西山は早紀に抱き付き「いや、いやです!」悲鳴を上げるが抑えられた。

「洋子。後は頼んだぞ」
「わかっているわ。まずは明るくしてからね」部屋の電球を点けてビデオを構える。
「準備はいいわよ、どっちからする?」
「俺からだ。この子とやりたかった」山崎は有紀を押し倒した。

「イヤ、イヤ!」手足をバタバタしても「いいね、この抵抗がいいよ」有紀は服が脱がされていく。
「イヤ、やめて。訴えてやるからね!」
「その前に金を返せ。返せないなら、お前の体で返すんだ!」興奮気味に有紀のシャツを脱がせ、ピンクのレースのブラジャーが覗いている。

「こんなの、必要ないのにな」ブラジャーが脱がされ豊満な乳房が揺れていく。
「いいね。Cカップの乳もいいな」乳房を掴み、揉んでいくと「いや、いや!」その手を振り払おうとした。
「暴れるな、おとなしくしろ!」有紀の手を押さえ、後ろ手に縛った。

これでは手が効かず「これでよしと。今度はオ○ンコの番だな」スカートに手が掛かる。
「いや、いや~!」足をバタバタしても、スカートが引き下げられた。
「お揃いか。どうせなら黒がいいのに…」スカートを脱がすとパンティに手を掛けた。

「やめて、有紀に手を出さないで。セックスしたいなら私として!」そばにいる早紀が助けようとする。
「そうは行くか。お前はお前、有紀は有紀だ」西山が早紀を抑え「そう言う事だ。素っ裸になって貰うぞ」パンティが引き下げられ、無毛の淫裂が現れた。

「いいね。このパイパンがいいんだよ」ピンクの割れ目を触っていく。
「やめて、お願いです!」泣き叫んでも「いいね、これが。たまらないな」有紀を丸裸にすると山崎も服を脱ぎだす。

「どれ、今度は早紀の番だな」
「いや、いやです!」早紀も抵抗したが無駄で、シャツ、スカートも剥ぎ取られ、下着も脱がされ全裸になった。

その上、両手を有紀のように後ろ手に縛られた。
早紀と有紀は乳房と無毛の淫裂を露わにしたまま、何もできない。
「綺麗よ。私も加わりたいわ」ビデオを撮っている洋子も興奮している。

有紀と早紀は両手を縛られたまま、足を開かされビデオに撮られていく。
「よし。まずは、姉の方から頂くぞ!」早紀が押し倒され「いや、いや~!」叫ぶが西山が覆い被さり、足を開かされていく。
「いいね。この初々しさがたまらないよ」不自由な姿勢でズボンを脱ぎ、下半身を剥き出しにし、勃起した肉竿で下腹部を突き刺していく。

西山が肉竿を掴んで、先端を膣腔へと押し込むと「いや、、いや~!」早紀は気が狂ったかのように抵抗した。
「暴れるな。直ぐに終わるぞ!」それを、抑えてなおも押し込み「ヒ~!」遂に早紀が長年守ってきた封印が破られ、真っ赤な鮮血も流れている。

「バージン破りもいいね。この快感がいいよ」満足げに肉竿をピストンしていく。
だが、処女を喪失した早紀はショックで呆然としたままで、開いた目からは涙が流れていく。

やがて、西山がクライマックスを迎えて放出を始め「う~!」唸り音と共に身震いして早紀の胎内へ放出した。
「洋子、うまく撮ったか?」犯し終えた西山の股間が、返り血で赤く染まっている。
「勿論よ。今度は妹の方ね」
「そうだな。俺が頂く番だな」今度は有紀が山崎に押し倒された。

「いや、いや!」叫んでも容赦なく、淫裂を肉竿が犯していく。
「おとなしくしろ。一回キリだから!」山崎は一気に根本まで押し込み「ギャー!」悲鳴と共に、有紀も処女を失い鮮血を流していく。
「いいね、これならもっとやりたいよ」血で汚れた肉竿がピストンしている。
こうして、処女を失った2人は胎内に体液を噴射され、グッタリしている。

「起きるんだ。オ○ンコを洗わないとダメだろう?」西山に言われ立ち上がった。
フラフラしながら2人は浴場へと向かい、勿論、2人も一緒について行く。
浴場に入ると、2人は犯された淫裂を洗いだし「う、う、う!」犯された悔しさが込み上げ嗚咽を上げている。

「まだ泣いているのか。それくらいで泣くな!」2人も血で汚れた肉竿を洗いだし、肉竿を洗い終えると、再び相手を変えて抱き付いた。
「いや。いやです!」「いや。痛いからイヤ!」叫ぶが、タイルの上に押し倒して覆い被さる。

「いいね。このオッパイが」
「こっちも最高だよ」まず乳房が掴まれ、そして吸われていく。
「いや、いや!」抵抗しても掴まれた乳房からは手が離れず、むしろ強く握られていく。

やがて、淫裂にまた肉竿が押し込まれ「抜いて。お願いです!」膣が無理に広げられ悲鳴を上げた。
「我慢しろ。痛いのは最初だけだ。後で気持ちよくなるから」勝手な事を言い、肉竿をピストンして「う~!」呻き声を上げ、辱めに堪えている。

浴場でも犯された2人は、西山と山崎が出て行った後も淫裂を洗っていく。
「もう、戻れないのね」泣きながら名残を消そうとしているが、消せる物ではない。
そこに「何時まで洗っているのよ。仕事でしょう?」洋子が怒鳴り込み「今、上がります…」急いで浴槽から出た。

浴場から出ると、2人は着物を着てお客の準備を始め、慣れた手つきで調理もしていく。
「やっているな。張り切るのは構わないが、今日は5人しかいないよ」
「5人だけですか?」
「そうだ。ここは10人が泊まらないと赤字なんだよ」西山の話に返す言葉が見あたらない。

「物は相談だが、今夜から2人とも裸になってくれないか?」西山の言葉に顔が引き吊っている。
「いやです。もうヌードは許して下さい!」もう泣き声だ。
「いやなら、お前達のビデオを流すが、いいかな?」
「やめて。それだけはやめて下さい!」

「だったら、裸になってくれないか。客の前で2人が抱き合えばいいよ。オ○ンコも見せて」
「そんな、抱き合うなんて…」
「簡単だよ。お前達にレズをやって貰いたいんだ。姉妹レズで喜んで貰わないと、この先真っ暗で見通しも立たないし」

「そんなレズをしろと、急に言われても…」
「これを見ろ。このビデオの通りにやればいいんだ」アダルトビデオを早紀に渡す。
「頼んだよ。それがいやなら、喪失ビデオを流すからな」言い残すと去っていく。

「有紀、やるしかないよね」元気のない声だ。
「いやだけど、あのビデオを見られるのは、もっといやだし…」2人は暫く黙ったままだ。
「とにかく、これを見てからにしようよ」
「そうよね。どうやるのわからないし」部屋に戻り、渡されたテープを再生した。

画面では、2人の女性が服を脱がせ合い、乳房と淫裂を触り合う。
それを、食い入るように見て「有紀、こうやるのね?」首の隙間から手を入れて乳房を掴んだ。
「そ、そうみたい…」西山や山崎の時とは違う感触だ。

「ここにもやるんだ」淫裂を触ると「うっ!」呻き声を上げ体が動いて「ね、お姉さん。膣を触られると変な感じよ」そう言い、有紀は早紀の唇を吸う。
「う!」思わぬ行為に早紀も戸惑ったが、拒もうとはしない。

「有紀。私にもやるのよ」
「こうね?」有紀の手が、早紀の乳房を掴み揉み出し「そうよ。それでいいのよ」呼吸を荒くしている早紀だ。
やがて、画面ではシックスナインになり、淫裂を指で広げてなめ合い「性器を人前でなめるなんて…」2人は顔を強ばらせ見ている。

こうして、ビデオは45分程で終わった。
「こんな事までしないといけないなんて…」溜息が流れている。

 
 
 
 
 

 
toukou07
 
toukou

 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!mitinohosi
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA