凌辱の温泉宿 納骨

【第6話】

葬儀が済んで暫く経ってから「実は、前川さんにお貸ししてまして…」付き合いのあった人達が、次々と借用書を持って訪ねて来た。
「もう少し待ってください。必ずお返ししますから」と郁子は頭を下げた。

だが、返す当てなどなく、仕事をしていても気になって、落ち着きがない。
「郁子、何かあったのか?」西山も気づいて「実は…」郁子の話を黙って聞いてから「わかった。行こう!」郁子を連れて山崎の元へと向かった。

西山が山崎に全てを打ち明けると「そうですか。私もあそこが気に入っていますから何とかしましょう」協力を申し出る。
3人は話し合い、西山と山崎が温泉宿を買い取り、借金を払う事にし、不足分は郁子親子が労働して返す事にした。

話しがまとまると、西山と山崎は借金を返して回り、宿の名義も変えた。
それに、西山は住まいを変え、郁子達と同じくし、翌日から営業も再開された。
「今日から、再開だ。みんな頑張ってくれ!」西山の言葉に、郁子親子や洋子も頷いている。

夕方になると宴会が始まり、洋子は例の真っ赤な服を着ている。
「いいね、これが!」脇からはみ出した乳房が掴まれている。
郁子は踊りながら着物を脱いで、全裸を晒して踊り、宿屋の方も次第に活気が戻ってきたが、郁子は全裸踊りに嫌悪を感じている。
だが、借金を払って貰ったからには、西山の言う通りにするしかない。

やがて、前川の49日の法要が来て、郁子親子と西山達で墓に遺骨を納めた。
「郁子。ここで亭主と決別しろ!」それは、西山の愛人になる事を意味している。
「わかりました。最後のお別れさせてください」墓の前で拝む。

「西山さん。どうせなら、ここであれを…」
「そうですね。誰もいませんし、やりますか。郁子、裸になるんだ!」
「イヤです。どうして、裸にならないといけないのよ!」
「イヤでも、やるんだ。脱ぐんだ!」西山は嫌がる郁子の喪服を脱がしていく。

「やめて。お母さんに、何するのよ!」早紀と有紀が郁子を助けようとするが「お前達は黙って見ているんだ!」早紀と有紀は、山崎と洋子に抑えられて、助ける事ができない。
「やめて、お願いです!」叫ぶが郁子は喪服が脱がされ、白い襦袢も脱がされた。

郁子は下着を着けられないから、乳房と淫裂が剥き出しの全裸にされ「まずは、こうしてと…」墓石を抱いたまま、両手首が襦袢の紐で縛られる。
それが済むと「娘も一緒だ。ここで決別して貰う!」「イヤ、ヌードはイヤです!」早紀は逃げようとしたが、抑えられた。

「やめて、イヤです!」早紀も喪服が脱がされ、同じように有紀も脱がされていく。
「やめて。お願いだから、ヌードは私だけで許して。娘には手を出さないで下さい」墓石を抱えたままで、どうする事もできない。
「そうは行かないの。ここで親子のヌードを撮るの」洋子はカメラで撮っていく。

「やめて、いやです!」叫んでも喪服が脱がされ「何だ、着けているのか。これからは着けるな!」ベージュの下着も脱がされた。
「イヤ、イヤです!」叫んでも容赦なく全裸にされ、2人は墓石に背中を押しつけられて、両手を後ろ手に縛られた。

「いいね。これがバージンのオ○ンコか!」無毛の淫裂が眩しい。
「やめて、触らないで!」手が効かず、口しか動かせない。
「安心して、バージンは奪わないわ。その変わり撮るからね」全裸を晒した写真が撮られた。
「親子の素っ裸競演もいいね」西山と山崎は、乳房と淫裂を触りそれも写真に撮られ「う、う、う!」泣いている2人だ。

「遊びはこれまでだ。郁子、やるぞ!」西山はズボンを引き下げ、郁子の腰を押さえる。
「イヤ、ここじゃイヤ。せめて、帰ってからにして下さい!」
「そうは行くか。死んだ亭主にもオ○ンコを見せてやらないと、冥土にいけないぞ」強引に淫裂に肉竿を押し込だ。

その痛みに「ヒー!」郁子は悲鳴が上がて「お母さん!」それを見て2人が叫ぶ。
「いいね。母親思いの娘を持って…」肉竿を押し込んだ西山が、ゆっくりとピストンを始めると「あ、あ、あ~!」喘ぐような声を上げだした。

「どうだ。気持ちいいか、俺のチンポが?」
「こんなの、よくない…」そう思っていても、次第に淫裂が濡れていく。
「見ろよ。お前の親はオ○ンコされて、気持ちいいってよ!」山崎は有紀が気に入ったのか、乳房を揉んでいる。

しかし、有紀は黙ったままで、何も言わない。
「まあいいや。いずれお前もオ○ンコやる身だからな」両乳房を掴み、乳首を吸いだすと「う!」瞬間だが体が硬直した。

それでも山崎は吸い続け、淫裂を触りだすと「イヤ、性器はイヤです。そこはイヤです!」腰を振って逃れようとしている。
「あら、触られるのがイヤなんだ。でも、いずれは誰かとやるのよ」洋子は相変わらず写真を撮っている。

一方、西山は徐々に登りつめ「出る、出る!」そう言うと、動きを停め「いや~!」悲鳴を上げるが、郁子の胎内には液体が噴射された。
「気持ちよかった」満足そうに肉竿を抜くとドット精液が漏れ、それを洋子が撮った。
「撮らないで!」叫んでも後の祭りで、撮られた郁子の手が解かれ自由になる。

「そうだ。私がやるから撮って!」何を思ったか、洋子は西山にカメラを渡し、早紀の乳房を揉みだし「イヤ、やめて。レズなんて、イヤです!」悲鳴が上がる。
「嫌がらないで。これからは、可愛がってあげるから」乳首を吸うと「あっ!」敏感な部分を吸われ声を上げた。

「面白いや。これを逃す手はないな」西山はカメラに撮っていき「郁子、お前も、下の娘とやるんだ!」
「そんな事できません。娘とレズだなんて…」

「やらないなら、俺がこの子とオ○ンコやっちゃうぞ!」山崎も脅すと「わかりました。有紀、ごめんね」淫裂から精液を流したまま、有紀の乳房を掴んで乳首を吸いだす。
「いいね、親子のレズもいいよ」笑顔になってスイッチを押していく。

郁子は、有紀の淫裂もなめさせられた。
「イヤ。お母さん、そんな事しないで!」両手が効かないから、郁子のされるがままだ。
(許して。こうしないと有紀の処女が奪われるのよ)詫びながら、クリトリスや膣をなめた。

同じように、早紀も洋子の舌で淫裂がなめられている。
「いや、いや!」首を振って叫んでも、洋子の舌が離れない。
「もういいだろう。解いてやれ!」十分に写真を撮ったのか、西山が言う。
「仕方ないわね、後で楽しむわよ」洋子も早紀の腕を解き、郁子も有紀の腕を解く。

自由になった2人は、脱がされた喪服を着込み、郁子も着込んでいく。
「いいか、これからは絶対に下着は着るなよ」黙ったままそれを聞いている。
(イヤ、どうして直に着なければいけないのよ)叫びたいが、借金を肩代わりして貰った以上は逆らえない。

服を着込むと、一行は宿屋に戻って準備をしていく。
「まだ時間があるな。おい、風呂を付き合え!」山崎は有紀の腕を掴んだ。
「風呂か。いいね、俺も入るぞ」西川も乗り気で早紀の腕を掴んだ。

それには「待って。私も一緒にさせて下さい」郁子も言いだす。
「心配要らないよ。オ○ンコやろうとは思っていないから」
「ですが、もしもの事が心配で…」
「わかった。勝手に来い!」5人は浴場へと向かい、脱衣室で服を脱いで中に入った。

「早紀、背中を洗え!」西山が命令し「わかりました」素直に石鹸で背中を擦っていく。
「有紀、お前は俺を洗え」有紀も山崎の背中を石鹸で擦っていく。
「気持ちいいな。これが家族の味ってやつかな?」
「そうだよ。これからもやって貰うか」機嫌いい2人だ。

早紀と有紀は背中を洗い終わると、前も洗うように言われた。
2人はそれぞれの正面に回って首から洗い出す。
「いいね、お前のオ○ンコを見ながらされるのも」肉竿が膨らんでいる。
(いや。そんなに見ないでよ)黙ったまま洗い、最後に肉竿を洗わされた。

「いいぞ、気持ちいい。もっとやるんだ!」石鹸の付いた手で肉竿を擦っていく。
「俺、我慢できないよ。早紀、やらせろ!」山崎は押さえが効かないのか、有紀を四つん這いにし「いや、いや~!」声を上げている。

「やめて下さい。娘には手を出さない約束です!」
「わかっている。オ○ンコはしない。ここでやるんだ」肛門に石鹸液を擦りつけると「そんな、お尻だなんて…」呆然とする郁子だ。

山崎は石鹸液を塗ると、肛門に肉竿を押し込む。
「いや~!」有紀は痛みに我慢できず悲鳴を上げるが、それでも肉竿が腸内に入っていく。
「抜いて。お願いですから、抜いて…」顔を歪め、苦しそうに言う。

「我慢しろ。直ぐに終わるから」根本まで押し込むとピストンを始め「ヒ~!」悲鳴がまた上がった。
その悲鳴に西山も興奮して、早紀の肛門に同じ事を始める。
「イヤ、お尻はイヤ。許して下さい!」逃げようとしても抑えられ、四つん這いにされ肛門からの挿入が行われ「ギャ~!」悲鳴が響いていく。

「そんな、娘のお尻に入れるなんて…」郁子は何もできないもどかしさに、涙が止まらない。
そんな郁子の目の前で、2人は乳房も掴まれ肛門を犯されている。
「抜いて…。痛いから抜いて…」叫び声が空しく響いていく。

「もうすぐだ。もうすぐだから我慢しろ!」その言葉通りに、2人は絶頂を迎えて動きを停めた。
「イヤ、射精なんてイヤ!」「いや~!」2人は悲鳴を上げた。
西山と山崎は放出を済ますと肉竿を抜き、それと同時に早紀と有紀はタイルの上に崩れていく。

「郁子、チンポが汚れたぞ。洗うんだ!」横暴な態度で命令し、郁子は言われたまま2人の肉竿に石鹸を塗って綺麗にした。
肉竿を洗われた2人は浴槽に入り、お湯に浸っている。

郁子は「大丈夫だった?」娘を気遣い、汚れた肛門を洗っていく。
「お母さん、お尻が痛い。切れたみたいなの」泣き声の有紀だ。
「上がったら、薬塗ってあげる。我慢してね」そう言いながら早紀の肛門も洗った。

肛門を洗った2人は、浴槽に浸って体を温めていく。
「早紀。オ○ンコの手入れだが、これからは俺にやらせろ!」それには早紀の顔が引き吊った。
「いいね、オ○ンコ剃りか。だったら、俺は有紀のオ○ンコだな」2人は勝手に決め(イヤ、ヘアを剃られるなんてイヤよ)項垂れ黙ったままだ。

「早紀、手入れするから上がれ!」西山は早紀を上がらせ、足を開かせると「お願いです。もうヘアは剃りたくありません…」泣き声で言う。
「ダメだ。お前達はパイパンオ○ンコで稼ぐんだ」石鹸を股間に塗っていく。

塗り終わると、カミソリを持ち「動くなよ」注意して股間に当てた。
やっと、生えた絨毛だから剃るのは簡単で、あっけなくツルツルの地肌になり「いいね、このオ○ンコが!」満足そうに無毛の淫裂を撫でている。

「有紀、お前のオ○ンコも手入れだ!」今度は有紀が山崎に剃られていく。
「いいね。パイパンはいいよ」剃り終わると淫裂を触っていく。
(イヤ。もういや!)項垂れた2人の目から、涙が落ちた。

だが、これで済むはずなどない。
宴会が始まると、早紀と有紀も客の接待をするように命じられる。
拒めば、契約違反で反則金を払わなければならないから、やるしかない。

「今のところはその服で勘弁してやるが、いずれはオッパイとオ○ンコの丸出しをして貰うからな」その言葉を黙って聞き、酒を持って宴会場へと運んでいく。
「おまたせしました!」宴会場に入ると郁子が全裸で踊っている。

(お母さん、まだヌードをやらされているんだ…)横目でチラリと見て、客に酌をしていく。
「いいね、若い子も。そうだ、お前も素っ裸になれよ!」酔った客が絡んでいる。
「そんなヌードだなんて。まだ、嫁入り前の体ですから…」軽くあしらい、次の客へと注いでいく。

(そうよ、それでいいのよ、2人は、絶対裸を見せちゃダメだからね!)見守るように踊っていく。
踊りが済むと、洋子からヒソヒソと耳打ちされ、郁子は直ぐに泣き顔に変わる。
それでも洋子は怒った顔で話し、やがて、郁子が納得したのか頷いた。

「それでは、これから本番ショーを行わせていただきます」洋子が言うと「本番?」客が驚いた顔になっている。
「そんなに驚かないで。私としましょうよ」全裸の郁子がまだ若い客に抱き付き、浴衣を脱がせ出す。

「ホントにいいのかい。俺、マジでやるよ」
「本気でしていいのよ」浴衣を脱がし終え、パンツも引き下げて肉竿を口に入れると「あっ、あ~!」目を閉じ声を上げ、それと同時に肉竿が膨らんでいく。

「私がやるから、任せてね」仰向けに寝かせ馬乗りになり、淫裂に肉竿を迎え入れると「気持ちいい。チンポがいい!」歓喜の声を上げている。
(お母さんが知らない人とセックスをするなんて…)2人は目を丸くしてみている。

郁子は娘の方を見ようとはせず「あ、あ、あ~!」と喘ぎ声を上げながら腰を振り続け「気持ちいい。出すよ、出してやる!」郁子が動きを停めると、淫裂から液体が流れ出てきた。

「中出しじゃないか!」歓声が上がり「俺もやりたい。やらせてくれ!」酔った客は郁子を四つん這いにして肉竿を押し込む。
(いや、やめて~!)叫ぼうとしたが、口にも押し込まれ「ウグ、ウグ!」としか言えない。
そして、膣と口に精液が噴射された。

 
 
 
 
 

 
toukou07
 
toukou

 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!mitinohosi
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA