官能の国~Shy Land~2 第5話

【第5話】

 

ありさは秘所にティッシュを宛がったまま、まどろみの中にいた。
心地よい疲労が身体中に満ちていた。まるでセックスをした後のような気分。
起き上がろうとしたが、身体が痺れてしまって、すぐに起き上がれなかった。

その時、ありさ催促するかのような、お決まりのアナウンスが流れてきた。

「本日はご来場ありがとうございました。出口は後方扉が開きますので、そちらから退出してください。またのご来場をお待ちしております」
「もう~、気ぜわしいわねえ~。もうちょっとゆっくりさせてよ~」

ありさはわざと聞こえよがしに言った。
だが反応はない。
いつまでも休んでいるわけにも行かず、ありさはもぞもぞと着替え始めた。

立ち上がった。
腰がジンジンしている。
ありさはゆっくりと出口へと出て行った。

 
出口の外では、すでにアリスが清ました顔で待っていた。

「どうだった?ありさ。恐がってたけど、結構面白かったでしょう?」
「なははは」
「不気味な笑いして。どうだったの?」

ありさは声を潜めて、アリスの耳元でつぶやいた。

「吹いちゃったぁ・・・」
「吹いちゃったって、何が?」
「もう鈍いにゃ。んん・・・潮がぁ・・・」
「きゃっ!ありさ、潮吹きだったの?」
「もう!大きな声で言わないでよ~。恥ずかしいじゃん」

ありさはそれとなく男性の係員に目を走らせた。
ありさ達の様子をうかがっていた係員は、ばつが悪かったからか、すぐに目を逸らした。

「ねえ、ありさ~。『触手3D体験館』の横にショップがあるので行ってみない?」
「え~~~~~?『触手3D体験館』のグッズ??ってことは、触手の模型とか?」
「なんでも触手型クッキーとか、触手型バイブなんかが売ってるらしいわ」
「ありさ、そんなのいらにゃい~(><)」
「じゃあ、私ちょっと寄ってくるので、ありさ、ここで待っててくれる?」
「やだよ~。ありさも行く~」
「あはははは~、でも無理して買わなくていいよ」
「うん、見るだけ」

「さあ、次、どこに行く~?」
「ありさねえ、ここのオーナーのShyさんに会ってみたい~」
「え~~~!?そんなの無理だよ。でも、ありさ、会ってどうするつもり?」
「えへへへへ・・・」
「変なこと企んでいるんじゃないでしょうね(--;)」
「サインもらうだけだも~ん」
「へ~?疑わしいなあ・・・。それより、次はどの館に行くの?」
「シャイランドのオリジナルパフェが食べたい!」
「オリジナルパフェって、この前ちょっと話題になった例のペニス型の容器に入ったパフェのこと?」
「うん、そう^^」
「あははは・・・うん、行こうか?」
「わ~~~い!!」
「どこまでエッチな子なんだろう(_ _:)」
「人のこと言えるの?」
「言えない」
「じゃあ行こう~!」
「うん、行こう~!」

ありさとアリスは話題の官能パフェ(女性用)を食べるために、バラエティエリアへと向かうことにした。

ありさのバッグの中では、先程買った『触手型バイブ』が歩くたびにカタコトと音を立てていた。

【官能の国~Shy Land~2 完】

 
 

野々宮ありさ

 
toukou02
 
toukou
 
 
この作品は、愛と官能の美学 Shyrock様から投稿していただきました。
画像(ありさ嬢)も 、Shyrock様のご好意によりお預かりしたものです。
尚、著作権は、愛と官能の美学 Shyrock様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
ラヴラヴから凌辱ものまで多ジャンル官能小説取り揃え
体験談・投稿体験談・夜学問・官能詩
エロエッセイ・その他カテゴリー多数
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA