凌辱の温泉宿 前川の死

【第5話】

翌日、西山は機嫌が良かった。
「郁子、皆喜んでくれたよ。今度も頼むよ」
「私だけなら我慢しますが、娘だけには、あんな事をさせたくありません…」
「そう言うな。金にはなるんだから」

「ですが、嫁入り前の2人が人前で裸を晒したら、夫への申し訳が立ちません」涙ながら言う。
「そうか、それなら仕方ないな。とにかく、やってくれよな。それから、どうせなら素っ裸の踊りもやって欲しいな」

「そんな、フルヌードで踊りだなんて…」
「郁子は名取りと聞いたが?」郁子は黙り込んでしまうが「やってくれるよな。亭主だって金が掛かるんだろう?」弱みを突いていく。
「それはそうですが…」

「だったら頼むよ。そうだ、踊りながら脱いでいくのがいいな。最初から素っ裸よりはストリップが受けそうだしな」勝手に決めていき(お金が必要なのはわかっているけど、2人の前でストリップだなんてできないし…)思案顔になっていた。

そして、夕方には西山の友人達が泊まりに来た。
それは「ゆっくり休んでいってくれ。静かでいい所だから!」と西山は友人に宣伝していたからだ。

郁子は宴会になると、会場に入って挨拶していく。
「それでは、私の踊りでくつろいで下さい」そう言って踊り出し、客はそれを酒を飲みながら眺めているが、踊りが進に連れて帯を解き、襦袢姿になった。
(もしかして?)客は淡い気持ちを持って見ている。

襦袢姿になった郁子はまた踊り、暫くしてから、紐を解いていく。
紐を解くと、襦袢を肩から脱いだ。
「素っ裸だ。しかもパイパン…」郁子の乳房と無毛の淫裂が客に見える。

(ストリッパーじゃないのよ。ここの女将なの!)項垂れて襦袢を脱ぎ、全裸になるとまた踊り出し、乳房が揺れ、足を動かす度に淫裂が口を開いている。
(こんな事したくないのに…)恥ずかしさを堪えて踊り続けた。

そこに「お酒、お持ちしました!」早紀が酒のお代わりを運んできた。
(お母さんが、ヌードで踊っている…)チラリと横目で見て酒を置いていく。
(早紀に、裸の踊りを見られてしまった…)元気なく踊っている。

「踊りはそれくらいでいいから、酌を頼むよ」
「わかりました」郁子は銚子を持って注いでいくと「いいね、このオッパイも。この際だから、俺とやらないか?」乳房を揉みながら誘う。

「セックスはだめです!」
「そうか。それなら、これをやってくれ!」前を開き、肉竿を露わにした。
「やれ、口で!」郁子の頭を掴み、股間に押しつけ強引に肉竿を口に押し込む。
「ウグ、ウグ!」(イヤ、オチンチンをなめるなんて、イヤです!)首を振るが頭を抑えられて「ウグ、ウグ!」口を動かすしかない。

「いいね、次は俺だよ」乳房が掴まれた。それに淫裂には指が入れられた。
(イヤ、そんな事しないでよ)嫌がってもどうする事もできず、やがて、口の中に噴射された。
「気持ちいい。オ○ンコしたのと同じだよ」
「今度は俺だ、やってくれ」また口に肉竿が押し込まれ(やめて。はなして!)そう思っても酔った客は許さず、郁子の口の中へ放出していく。

屈辱の宴会がやっと終わった。
郁子が着物を抱えて宴会場から出ていくと「お母さん。今日もヌードだったのね」郁子の全裸踊りを見た早紀が声を掛けた。
「そうなの、これが一番お金になって…」襦袢に腕を通しながら話すと、黙って聞いている早紀だ。

(娘にだけは見られたくなかったのに…)襦袢を着込むと着物も着込んだ。
しかし、郁子の思いとは反対に、全裸の踊りが密かに囁かれて、噂になり、郁子の全裸踊りを目当てで泊まりに来る客が増えている。

「郁子、1人では無理だな。娘も裸になって貰うか」
「やめて。私が何でもしますから、娘には手を出さないで下さい!」
「わかった。郁子が言うなら我慢するしかないな」西山は素直に引き下がったが(いずれはあの2人を素っ裸にして…)儲ける事を考えている。

温泉宿は客が増えてきたが、入院している前川の具合が急変して危篤状態になった。
郁子がやむなく付き添い、病院に泊まり込む事にしたが、郁子の裸踊りが目当てで泊まりに来た客が納得するはずがない。
困った西山は、洋子に裸になるように頼み込むが、人前での全裸を承知するはずがなく、早紀に白羽の矢を立てた。

「早紀。郁子がいない以上は、お前がやるしかないんだ!」
「いくら何でも、人前でのヌードなんて、できません!」
「イヤか。俺の言う事を聞かないなら、契約違反だぞ」
「そんなのおかしいです。ヌードを拒むのは当たり前です」

「そうか。そんな事を言うなら、お前の素っ裸写真を流してもいいんだな。それに郁子と、有紀の写真も…」
「やめて、それだけはやめて下さい」早紀は堪えきれず泣きだした。
「だったら、やるよな。素っ裸になって踊るよな?」西山の問いに黙ったまま頷いた。

「そうか、それでいい。俺も写真は見せたくないんだよ」笑顔になっている。
「でも、ヌードになったら、レイプされるかも知れません…」
「そうだよな.よし、洋子を宴会に出すよ。それに,触られ役は洋子にさせる!」西山は早紀の不安を取り除き、逃げ場をなくした。

その日は,平日だというのに温泉宿には10人の宿泊客がいた。
「早紀、準備はいいよな?」
「は、はい。できています…」強ばった顔で返事し「よし、頼んだからな。洋子もいるから安心しろ」肩を叩く。

そして、宴会が始まると、洋子は郁子が着ていた真っ赤な服を着て、脇から乳房の膨らみが見えている。
「ようこそ、おいで下さいました」洋子は酌をしていく。
「いいね、ここも見せてくれないか?」淫裂を触られた。

「パイパンじゃないか。オ○ンコに毛がないぞ!」
「そんな事言わないで。ヘアのないのが流行っているのよ」平然として言う。
「そうか。だったら、こっちだ!」今度は乳房を掴まれ「ダメ、優しくして。乱暴は嫌いよ」洋子も客の股間を撫でて宴会を盛り上げている。

そこに「お待たせしました。これより、踊らせていただきます…」早紀が現れた。
「いよいよか。早くやってくれ!」客は早紀を見つめ、その視線に晒されながら踊りだし、帯を解いていく。

(ヌードなんてイヤ。でもやらないと…)目を赤く染めて、着物を脱いで襦袢になった。
「いいね。若いこの裸もいいよな」皆興奮している。

やがて襦袢で踊っていた早紀は、帯を解き、肩から脱いでいく。
「お、オッパイだ。大きいぞ!」
「みろよ、ヘアがないぞ。パイパンじゃないか!」乳房と無毛の淫裂に歓声が上がった。

(見られた。オッパイと性器を見られた…)顔を強ばらせ、太股を震わせながら襦袢を脱ぎ、全裸になると踊り出す。
早紀の乳房が揺れ、淫裂も口を開き、客は「ゴクン!」と生唾を飲んで見守っている。

早紀は全裸になって10分程踊り続けた。
「良かったよ、こっちで酌も頼むよ」
「待ってください。この子は酌はできません、変わりに私がお相手します」西山から早紀を守るよう言われているから、早紀を庇う。

「何だ。あの子はだめかよ」
「申し訳ありませんね。まだ無垢でして…」不満顔した客の股間を触っていく。
「仕方ないな。お母さんで我慢するか」
「そんな言い方イヤよ。もっといい事してあげようと思ったのに…」肉竿を取りだし擦りだした。

「悪かった。綺麗だよ、お母さん!」
「まあ、お上手ね。いいわ、して上げる」掴んだ肉竿を口に入れる。
「気持ちいいよ。出すまでやってくれ」洋子の頭を軽く押さえている。

「いいな。次は俺だぞ!」別な客が脇からはみ出した乳房を揉み、裾を持ち上げ淫裂を触っている。
それを見て(イヤよ、触られるのはイヤ!)全裸の早紀は服を拾い上げ外に出た。

すると「お姉さん!」有紀が声を掛ける。
「有紀、見たのね…」早紀は泣き顔で襦袢に腕を通していく。
「お姉さん、どうして、ヌードになったの?」
「お、お金よ。お父さんの入院費用だってバカにならないでしょう。だから、ヌードで…」

「恥ずかしくないの。性器まで見せて」
「恥ずかしいわよ。でも、お金を貰えるのよ。お母さんだって、助かるはずよ」早紀はヌード写真で脅されたとは言えず、服を着込むと有紀と一緒に仕事をした。

翌日、西川はガンが転移し、郁子に看取られながら、亡くなった。
早速、通夜が執り行われ「郁子、喪服も似合うよ。いいだろう?」黒い着物を着た育子を抱きしめ、押し倒す。

「やめて、今夜は夫の通夜です!」
「そんなの、どうでもいい。俺はお前とオ○ンコしたいんだ!」強引に前を広げた。
「何だ、履いているのか、約束違反じゃないか」
「許して。今夜だけは許して下さい」

「そうは行くか。後で罰を与えてやる!」パンティを引き下げた。
「許して。お願いです!」足をバタバタするが肉竿が淫裂に入り込み「いや。あ、あ、あ~!」呻き声を上げていく。

「気持ちいいな。オッパイも出すんだ!」胸も広げていくと、ブラジャーはしていないから乳房が現れ「いいね。これが!」乳房を掴んだまま腰を振って「ピチャ、ピチャ!」音がする。

そこに「お、お母さん!」早紀の声がした。
「見ないで。お願いだから…」顔を背けるが、西山は動きを停めず一気に登りきった。
「う~!」
「いや。いやです!」郁子は暴れるが、膣の中に暖かいのを感じた。

「気持ちよかった。またやろうな」肉竿を抜くと、郁子の淫裂が早紀の目に入っている。
(射精だわ。射精されたんだ…)液体が流れ出ていた。

郁子は淫裂を拭き、パンティをは拾おうとすると「下着は着けない約束だろう」注意される。
「射精されましたから…」
「そうだよな、オ○ンコからザーメンが流れるしな。今回だけは勘弁してやる」許しを貰うと急いでパンティを履くが、淫裂を押さえた部分が濡れていく。

その後、喪服の乱れを直して、夫の遺体が安置された会場へと向かった。
会場では顔なじめが焼香している。
「この度は何と言っていいやら…」弔意を表していた。

そして、葬儀が行われた。
線香の臭いのする中、読経と共に訪れた弔問客が焼香していく。
その人々に郁子が頭を下げ、焼香が終わると、郁子達は遺体と一緒に火葬場に向かった。

そこで、前川はあっけなく骨になってしまい、その骨を拾い宿屋に戻ってきた。
すると「奥さん、まだ、亡くなって間もないですが…」世話になっていた遠藤が借用書を見せた。
「夫がこんなに借金を…」渡されるなり声が出せない。

それは、金額が500万の借用書だった。
「うちも困っていましてね、何とかお願いしますよ」
「わかりました、必ずお返しします…」土下座するが、返す当てなどない。
「お願いしますよ、奥さん」取り立てに来た遠藤は、葬儀が済んだばかりなので、素直に引き下がり帰った。

それには「郁子、困った事になったな。当てがあるのか?」西山が尋ねると、首を振った。
「そうか、だったら俺が面倒見るか。俺もここが気に入ったから、売りたくないし」
「面倒を見るとおっしゃると?」

「俺が投資する。郁子は共同経営者として働いて貰うからな」
「本当に、売らなくて済むんですね?」それは笑顔になった。
「勿論だ。俺は気に入ったんだ。郁子も!」また抱きしめた。
「そんなのダメ。まだ葬儀が済んだばかりです!」
「そう言うな。これからは遠慮無くやろうな」

西山は嫌がる郁子を押し倒し、胸を広げると白い乳房が露わになり「やらせろ!」その乳房に吸い付いた。
「ダメ、ダメです!」呟くように言うが、西山の頭を押さえている。
(あなた、許して下さい。私がここを守り抜きますから、許して下さい…)体を許す事を詫びながら、この温泉宿を守る決意をした。

西山は前を広げて、股間も露わにし「いいよ。このパイパンが!」無毛の股間を撫でていく。
「やめて。恥ずかしいです」顔を背けるが、指が淫裂の中を動いていくと「あ、あ、あ~!」自然に腰が動き声が出た。

「いいか。これからは一緒だぞ!」淫裂に肉竿が入った。
「待って、その前に写真を…」亡くなった前川の写真が2人を見ている。
それを、裏返しにしてからまた抱かれた。

「死んでも、まだ未練があるのか?」
「当然です。夫でしたから…」
「これからは俺がお前の亭主だ。いいな!」肉竿の動きを早め「クチャ、クチャ!」淫裂から淫汁が流れていく。

「何だ、郁子もやりたかったじゃないか!」
「そんな事ありません。セックスはイヤです」首を振るが、淫裂が肉竿を濡らしていく。
(あなた許して。ここを守る為ですから…)夫に詫びながら西山を抱いていた。

 
 
 
 
 

 
toukou07
 
toukou

 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!mitinohosi
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA