官能の国~Shy Land~2 第2話

【第2話】

 

「ねえ、アリス、触手と言ってもバーチャルだよね?なんでショーツを脱がなきゃいけないの~。それに手足を固定するって言ってるし・・・」
「もしかしたらバーチャルだけじゃなくて本当の触手が現れるのかもよ~。なんか、アリス、ドキドキしてきたぁ~」
「そ、そんな呑気なこと言ってる場合じゃないよ~。あんな気持ち悪いの、バーチャルならまだ我慢できるけど、リアルに現れたらありさ卒倒しちゃう・・・」
「うふ、オトコのナニに似たのがニョロニョロといっぱい現れるかもよ~ん?」
「や、やめてよ~。私、やっぱり行くのやめようかなあ・・・」

誘うアリス、ためらうありさ、2人がなんだかんだと言っている間に、いつのまにか最前列まで来ていた。
入場口附近の係員から「どうされますか?」と尋ねられ、さらには、うしろに並んでいた女性から「入るか入らないか早く決めて欲しいんですけど・・・」と催促が飛んできた。
ありさが依然ためらっていると、アリスがありさの腕を掴み、強引に入場してしまった。

「えっ!?えっ!?マジで入るの!?ありさ、やっぱり恐いよ~」
「だいじょうぶ、だいじょうぶ~。ホラーハウスじゃないんだから~。ありさは2番目の部屋だよ。じゃあ、またあとでね~!」
「ちょっとちょっと、待ってよ!アリスったら~!」

アリスはありさを置いて先に大きな文字で『1』と書いてある部屋に入ってしまった。

「あぁぁ・・・行っちゃったぁ・・・仕方ないかぁ・・・でも気持ち悪いなぁ・・・」

ありさは『2』と書かれた部屋の扉を恐る恐る開いた。
中はシンプルな作りで、奥行き、横幅、ともに5メートルほどの大きさで、正面にスクリーン、入って直ぐに場所に椅子が配置されていた。

まもなく、どこからともなくアナウンスが流れてきた。

『ようこそ~『触手3D体験館』へ。あなたは神官戦士。魔界に連れ去られたお姫様を助けるために、あなたは神官戦士となって魔界の奥深くへ忍び込んできました。多くの敵を倒し、ついにお姫様の囚われている城へ突入しようとしたところへ、淫獣ザッハークが現れました。ザッハークは緑色をした化け物で身体には無数の触手が生えています。武器のロングソードを駆使して、敵の触手を次々に切り裂いていってください。あ、でも、少し前に遭遇した敵に痺れ薬を吹き掛けられて、まだ腕が痺れています。うまく剣が操作できるか少し不安はありますが、まあ、何とかなるでしょう。では、ご幸運をお祈りしています!』

「ご幸運を祈っています、ってそんな無責任なぁ・・・。痺れた手でどうして剣を扱えると言うのよ~・・・まったくひどい設定・・・(--;)な~んて、ぼやいてても仕方ないし、とにかく椅子に座るしかないか・・・」

ありさは諦めて無機質な作りの椅子に座った。
その瞬間、部屋の照明が消えてしまい、真っ暗になってしまった。

「ぎゃぁぁぁぁぁ~~~!ありさ、真っ暗は苦手なのぉ~~~!エッチの時はいいんだけど(ブツブツ)。少しだけ灯り点けてよ~~~!」

反応はない。

しばらくすると、またアナウンスが流れてきた。

『お席に掛けていただきましたか?では最初にショーツを脱いで、その後、ヘルメットを冠ってください』

「ったくもう~・・・なんでショーツを脱がなきゃならないの・・・」

ありさはぶつくさ言いながら、その日穿いていたTバックショーツを脱ぎ、左側のケースに放り込んだ。続いて指示どおりにヘルメットを冠る。ヘルメットは耳の辺りまですっぽり填まる仕掛けになっていて、ヘッドホーンが装備されていた。
ありさはヘッドホンをつけて、椅子の肘掛けに手を置くとガチャリと音がした。

「きゃぁぁぁぁぁ~~~!マジで腕が固定されてしまったぁ~~~!これじゃまるでSMハウスじゃん~~~ひぇぇぇぇぇ~~~!」

今度はヘッドホンからアナウンスが流れてきた。

『左右の肘掛けの指の辺りにそれぞれボタンが付いています。右側のボタンを押すと剣を操作することができます。左側のボタンを押すと盾を操作することができます。両方をうまく操作すれば、敵を倒せるようにプログラムされています。でも、もし失敗したら・・・(ゴホン)とにかくあなたのご幸運をお祈りしています!』

「失敗したらどうなるって言うのよ・・・もう気になる言い回しするんだからぁ・・・。え~と、練習、練習・・・右が剣で、左が盾かぁ・・・」

(カチャカチャ)

 
 

野々宮ありさ

 
toukou02
 
toukou
 
 
この作品は、愛と官能の美学 Shyrock様から投稿していただきました。
画像(ありさ嬢)も 、Shyrock様のご好意によりお預かりしたものです。
尚、著作権は、愛と官能の美学 Shyrock様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
ラヴラヴから凌辱ものまで多ジャンル官能小説取り揃え
体験談・投稿体験談・夜学問・官能詩
エロエッセイ・その他カテゴリー多数
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA