官能の国~Shy Land~2 第1話

【第1話】

 

現在、彼氏不在の野々宮ありさ(21歳)は友人の横須賀アリス(21歳)を誘って、エロステーマパーク『Shy Land』に出掛けることになった。

「でもさあ、アリス~。『Shy Land』ってカップル向きじゃないの?女の子同士でも楽しめるのかなあ?な~んか不安・・・」
「そんなことないよ~、ありさ。この前雑誌に特集があって、女の子限定のアミューズメントやイベントもいっぱいあるって書いてあったよ~」
「でも、アリスとレズるのはちょっと嫌だなあ」
「何考えてるの?バカじゃな~い?女の子が1人でも入れるエリアがあるのよ~。もう!私だってありさとレズるなんて嫌だも~ん」
「アリスはオトコしか興味ないものねえ~」
「よく言うよ、ありさだってオトコには目が無いじゃん!特にオトコのナニがだ~い好きって顔に書いてあるよ~!」
「ひど~い!確かにオトコは嫌いじゃないけど、でも、ナニが特に好きってわけじゃないのよ~!」
「じゃあ、アレは嫌いなの?」
「いや・・・好きだけど(^^;)」
「あはははは~!やっぱり~!」
「何か填められた感じ・・・(--;)」

2人はそんな調子でワイワイガヤガヤと賑やかに、横浜港から船に乗って千葉沖の『Shy Land』へと向かっていった。

「ありさ?」
「なに?」
「今頃気がついたんだけど、今日の2人って全然服装が違うね~。まさかありさがダークなボーダーワンピースを着てくるとは思わなかったよ~」
「そういうアリスは黒のフードプルオーバートップスにオレンジ色のショートパンツだねえ。バリバリのB系じゃん!」
「ふたりの服装全然違うからおかしいねえ~」
「ほんとだね~。あはははは~!あ、そうそう、それはそうと『Shy Land』は初めどこに行く?」
「それがいっぱいあるよのねえ~。ありさはどこに行きたいの?」
「そうね~、『触手3D体験館』はすごく面白そう~」
「あは、ニョロニョロね。現実には味わえないものねえ。ちょっとキモいかも知れないけど、私もあそこはには興味あるなあ~」
「じゃあ、決まりね」
「うん、最初は『触手3D体験館』に行こう~!」

ありさたちは園内に入ってすぐに『触手3D体験館』へと向かった。
触手とは想像上の怪物で、エロアニメやエロゲームではすでに常連の悪玉ヒーローになっている。ただし、それはエロマンガやネットなどで見たことがあると言うだけのこと。
今日はありさたちの前にどんな形で現れるのだろうか。バーチャルの世界とは言っても、おそらく臨場感溢れる体験が期待できるのではないだろうか。

ありさとアリスはまるでお化け屋敷に入る直前の子供のように、緊張感を漂わせながら会場を訪れた。
会場は女性限定のアミューズメントと言うこともあって、カップル用の会場よりも空いているように思われた。行ってみると10人ほどの女性が並んでいた。
女性の係員がメガホンを持って何やら説明している。ありさたちも耳を傾けた。

「会場内には部屋が5つありますので5人の方が別々に入っていただきます。部屋に入ると中央に椅子がありますので、正面を向いて座っていただきます。なお、お席に掛ける前にショーツは必ず脱いで、横に置いてあるケースに締まっておいてください。そして、うしろにイヤホーン付のヘルメットが用意してありますので、それを冠っていただきます。
座席に掛けていただいてから、まもなくすると、照明が消えて真っ暗になり、正面のスクリーンに映像が映し出されます。その時に、座席が激しく揺れるますので、安全のため手足は固定させていただきますので予めご承知おきください。
なお、気分が悪くなった方は遠慮なく係員をお呼びください。
それでは皆さん、触手バーチャル体験をお楽しみください~~~♪」

 
 

野々宮ありさ

 
toukou02
 
toukou
 
 
この作品は、愛と官能の美学 Shyrock様から投稿していただきました。
画像(ありさ嬢)も 、Shyrock様のご好意によりお預かりしたものです。
尚、著作権は、愛と官能の美学 Shyrock様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
ラヴラヴから凌辱ものまで多ジャンル官能小説取り揃え
体験談・投稿体験談・夜学問・官能詩
エロエッセイ・その他カテゴリー多数
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA