凌辱の温泉宿 レイプ

【第1話】

「困りましたね。この通り、期限はとうに過ぎていますよ」渋い顔の男性が借用書をちらつかせている。
それには「申し訳有りません。必ずお返ししますから」平謝りした。

その様子にいらだったのか「前川さん、いっそのことここを売っては?」と問いかける。
「西山さん、それは出来ません。長年住んだ家ですから!」
「そんなにこだわったら、傷が広がるだけですよ。私は今がいいと思いますがね」

「借りた分は、必ず返しますから売るような事は絶対にしません!」
「そこまでおっしゃるなら、今月末までは待ちましょう。いいですね、これが最後ですよ」機嫌悪そうに立ち上がり「申し訳有りません」前川は土下座して見送った。

前川は昔ながらの温泉宿を経営しており、妻と娘2人も手伝い、家族で営業をしている。
この温泉は湯量も豊富で、東京の大手旅行会社も着目してツアーで来る程だが、不況のあおりをもろに受け、資金不足を補う為に西山から融資を受けてしまった。

一方、西山はこの温泉への進出を狙う、大手企業から買収を依頼されており、あえて前川に融資し、その西山が取り立てに来て売却を勧めた。

「あなた、本当に大丈夫なの?」妻の郁子が心配そうに聞くと「大丈夫さ。見てくれ、予約がこんなに入っているんだぞ」予約リストを見せた。
「本当だ。これなら何とかなるわね」郁子も笑顔になった。
「とにかく頑張らないとな」
「そうね。その通りだわ」そう言い、客を迎える準備を始めた。

そして、夕方になると宿泊客が訪れ、西山も男を連れて現れた。
「前川さん。今夜は泊まらせて貰うよ」
「それでしたら、こちらへ」女将の郁子が案内していく。
「ここか。なかなかの部屋じゃないか!」西山の連れも満足げで、郁子も安心して帳場に戻って配膳の準備を始めた。

だが、そこからが大変だった。
夕食を部屋に運んだ、娘の早紀は西山に掴まり、酌をさせられてしまった。
「俺は、お前の親父に金を貸しているんだ。それくらいやれ!」強引で「それは存じていますが、ご容赦下さい」早紀は平謝りだ。

「何だ、客の言う事が聞けないのか?」それには、西山と連れ山崎が一緒に大声を上げた。
その騒ぎに、他の客が不安そうになって「すみません。お静かに願います」騒ぎを知って郁子が割って入る。

「女将、接客がなってないぞ。どんな躾をしたんだ!」相変わらず怒鳴っていた。
郁子は冷静に話し、なだめてから酒を注ぎだすと2人の機嫌が直った。
「女将、暇だろう。今夜は付き合え。コンパニオン代も払ってやるから!」無理矢理コンパニオンにさせられてしまった。

最初はおとなしく飲む2人だったが、酒が進に連れて目が怪しくなっている。
「女将。もっとこっちへ来い!」危険を感じた郁子は2人と距離を置いているが、それも出来なくなった。

「しかし、こんな山奥で女将なんて、勿体ないな」山崎は郁子の肩に手を掛けた。
「そんな、勿体ないだなんて…」逃れようとしたが西山も加わり「その通りだ。どうだ、俺の女にならないか?」強引に頭を押さえて唇を重ねた。
「う、何をなさいますか。私には夫がいます」顔が強ばっている。

「そう怒るな。ここは遊びなんだから」山崎は着物の裾を掴んで持ち上げ、白い肌の足を露わにした。
「やめて、そんな事ダメ!」それでも山崎は捲り上げていく。
郁子は手を押さえたが、太股を露わにされ、パンティも見えている。

「いいね。紫もいいよ!」股間の盛り上がった恥丘を撫でた。
「やめて。そんな事やめて!」
「コンパニオンだったら、それくらい当たり前だ。それに、ここも…」西山の手が襟元から入って、乳房が掴まれた。

「いいね。女将はBカップかな?」満足げに揉んでいく。
「いや、いやです。声を出しますよ!」
「出したかったら出せばいい。その変わり、今すぐ借金を返せるなら!」西山の手が大胆になって、胸を広げていく。

「女将。借金があるのか。俺とオ○ンコしたら、少しは手伝うぞ!」山崎の手がパンティを掴み引き下げた。
「やめて。いや!」必死に押さえるが、膝まで引き下げられ、股間を覆う絨毛が露わになっている。

「いいね。この生え方がいいよ」山崎の手が、その絨毛を撫でだし「いや。いやです!」大声を出せばいいが、夫や娘に今の姿を見られる訳には行かず、手で隠そうとしている。

「もっと見せろよ。女将のオ○ンコを!」
「そうだ。もっと見せるんだ!」2人掛かりで足が広げられ、付け根にある淫裂が口を開いた。
割れ目から飛び出た肉襞の先端は、年のせいか黒ずんでいるが、形は崩れていない。

「いいね。俺のチンポで突きたいよ」さすがに、レイプする気にはならず、指で触っていくが、郁子は「やめて、お願いです!」と足をバタバタするしか出来ない。
西山も、開ききった胸から乳房を掴み引き出し、吸いだす。

「いやです。私には夫がいます!」郁恵の手が西山の顔を叩いた。
「これくらいで、よくもやったな。もう、勘弁しないからな!」怒って、手で顔を押さえ、その隙をぬって郁恵は転がるようにしながら部屋から出た。

勿論、胸からは乳房がはみ出しており、廊下に出ると襟を直してトイレに駆け込み、膝に絡まったパンティも直していく。
「西山さんの顔を叩いたわ。何もなければいいけど…」着物の乱れが直ると、冷静になり不安になってしまった。

それから数日後、宿泊のキャンセルが相次ぎ「おかしい、これは異常だ…」前川は旅行業者に尋ねるが、明快な答えにはならない。
「困ったわ、これじゃ、返済だって遅れてしまうし…」心配する郁子だ。

その心配が見事に的中し、月末には西山への返済どころか、仕入れ代さえ事欠く事になっており、そんな事情を見透かしたように西山が訪ねてきた。
「前川さん、返済は大丈夫でしょうね?」

「申し訳ないとは思いますが、もう少し…」
「そうは行きません。もう、限度を超えましたしね」
「そこを何とか」前川は西山に土下座するばかりで言葉が出てこない。

その時「く、苦しい…」息苦しさを感じたのか倒れ込んだ。
「そんな仮病に引っかかる俺じゃないよ。やるならもっとうまくやれ!」西山は信用しなかった。

暫く何も言わずに眺めていたが、口から吐いたのを見て「女将、救急車だ、急いでくれ!」声を上げ、その声で、前川は救急車に乗せられ病院に運ばれた。
それを、心配そうに見守る早紀と有紀だが(これはチャンスだな。温泉とあの親子を頂けるかも知れないぞ)笑顔になっている前川だ。

一方、病院に運ばれた前川は医師の診察を終えて、郁子が説明を受けている。
「奥さん、旦那さんは胃ガンです。幸いにも、まだ早いから切れば平気ですよ」
「ガンですか…」告げられた病名に言葉が出ない。

「悪性か、良性かはまだ判断できません。もう少し様子を見ないと。とにかく、入院です」
「はい、お願いします」郁子は重い足取りで、病院を出ると自宅に向かった。

家では早紀と有紀が心配そうな顔で「お父さん、大丈夫だった?」と尋ねる。
「心配ないそうよ。時期に退院だって!」郁子は本当の事を娘に言えない。
「そう、大したこと無かったんだ、良かったね」笑顔になっていく。
(でも、これからどうしたらいいのよ。借金だって返さなければいけないし、お父さんの入院費用も…)娘の前で作り笑顔をしていた。

前川が入院した翌日、また西山が借金の取り立てに来た。
「申し訳有りません。夫が入院したもので…」土下座して謝っている。
「女将、そんな事で俺が帰ると思っているのか。こっちは慈善事業じゃないんだ!」強い口調で郁子を怒鳴った。

それには、我慢できずに泣きだしてしまった。
「泣いたってダメだ。とにかく返して貰わないとね。返す当てがないならここを明け渡して貰わないと…」
「それは困ります、夫が退院するまではこのままにして置いて下さい」郁恵も泣きながら頼み込んだ。

西山は暫く考えて「それじゃぁ、こうしましょう。ここを1年間だけ私がお借りしましょう…」自分の考えを話し始めた。
「いいですか、借り賃は年間300万です。それに、あなた達親子にも給料を払います」それは、郁子にとっては天使のように見える。

客が無く、入院費用さえ出せない状態だから尚更で、西山はなおも話していく。
「借り賃を返済に回すのも、旦那の入院に当てるのも自由です。しかし、雇われた以上は私に従って貰いますからね」

「わかりました。1年間だけですよね?」
「はいそうです。契約書も書きますよ。違反したら損害賠償もします」その言葉で郁子の顔が笑顔になった。

西山と話を詰めると、郁子は入院している前川に相談した。
「そうか、1年間か。お前達だけでは無理だからその方がいいかもな」前川も承知して契約をする事にした。

夫の承認を貰うと、郁子は西山の家を訪ねた。
西山は機嫌良く応接室へと案内し「何せ、1人暮らしでして…」自分でお茶を入れている。

「前川さん。温泉宿の件でお伺いしましたが…」
「どうなりました?」
「お貸しする事にしました」
「そうですか。それは助かります。早速契約しましょう」契約書を取りだして郁子に書かせる。

「これで、契約成立ですね。1年間は仲良くやりましょう!」そう言い郁子の肩を掴んだ。
「はい。そうしましょう」
「女将。仕事もそうだが、その前にやっておかないと、ダメな事があるんだ!」

「何がですか?」
「これだよ。女将と体を許しあえる仲にならないと!」怯えた郁子に抱き付いた。
「やめて。声を出します。やめて!」
「出したかったら出せばいい。俺は構わないよ」郁子の帯を解き出す。

「やめて。いや!」逃れようとするが、押さえられ、力負して着物を脱がされ、下着も脱がされていく。
「いい体じゃないか。一回だけでいいからやらせろ!」その下着も脱がして、生まれたままの姿にしてしまった。

白い乳房、真っ黒な絨毛が西山の目の前にある。
「1回ポッキリじゃ、勿体ないな。撮っておかないと…」郁子の両手を後ろ手にして縛っていく。
「解いて。訴えます!」乳房を揺らせながら言うが、聞き入れられず完全に両手の自由を奪われた。

郁子を縛り終えると、カメラで全裸を撮りだした。
「やめて。お願いです!」顔を背けても容赦なく「こっちを向くんだ!」乳首が潰され「ヒー!」悲鳴を上げて振り向くしかない。
「いいぞ。それでいい!」スイッチが押されて「う、う、う!」屈辱に嗚咽を上げている。

「足も広げろ。オ○ンコが見えないぞ!」強引に開かせ、淫裂を撮っていく。
(性器まで撮られた…)郁子の抵抗する力が次第に消えて行き、それをいい事にスイッチを押し続けた。

「女将、写真はこれで勘弁してやる。その変わり、一発やらせろ!」満足したのかカメラを置くと服を脱ぎだす。
「レイプよ。そんな事したら訴えるからね!」声が震えている。

「そう言いなさんな。いい気持ちにしてやるからさ」パンツを引き下げると、股間の大きく勃起した肉竿が郁子の目に入った。
(このままではレイプされてしまう。何とかしないとダメだけど…)後ずさりをしていくが、壁で行き場がない。

その間にも、西山は下半身を剥き出しにして郁子に覆い被さった。
「入れないで。お願いです!」
「そうは行かないよ。せっかく裸になったんだから」淫裂の入口に肉竿が押し当てられ、それに乳房も握られた。

(オチンチンが、膣に入った!)郁子を膣の裂かれる痛みが襲っていく。
「ダメ。それ以上はダメ!」顔を歪めて言うが、肉竿は「ズル、ズル!」と根本まで入り「女将、気持ちいいよ。それにしても締まりがいいな」ゆっくりとピストンを始める。

「ダメ。動かさないで。ダメ!」膣の準備が出来ていないから、痛みしか感じない。
それでも、肉竿のピストンをやめようとはせず、返って早めた。
その動きで郁恵は「あ、あ、あ!」と呻くような声を上げ(あなた。レイプされてしまいました。許して下さい…)閉じた目からは涙が流れている。

西山は相変わらず腰を振り続け、それに反応して淫裂も濡れ始める。
「女将、オ○ンコが気持ちいいってよ!」
(良くない…。レイプされて、気持ちいいわけないわよ…)そう言いたいが、すでに淫裂から淫汁が流れて「ヌチャ、ヌチャ!」湿った音が響いていく。

その音に、西山も登りつめ「いや、お腹はいや!」叫んだが遅かった。
淫裂から濁った液体が流れ出ており(そんな~。レイプされた上に、射精までされるなんて…)郁子は嗚咽を上げ続けた。

 
 
 
 

 
toukou07
 
toukou

 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!mitinohosi
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA