全ての者に愛の手を 光ある世界へ(5)

【第11章(5)】

「あ、あのッ」
「おわッ…なんだ?」
「あ…あの…食後の…その…ご奉仕します。」

少しでもそれの威厳を見せたいと思い、奉仕を願い出た。
それに何より喜んでもらいたかった。

「…どういう心境の変化だ?」
「変化って言うか…その…したいから…」
「はは…炎之花も奴隷として成長してきたかな。まぁやるならしてくれ。」
「はい…では失礼します。」

私は座っている彼に寄り添い、首に腕をかけ、自分の胸を彼の胸板に押し付けた。

「ん…」

まずはキス。彼の息をたよりに口の位置を確認し口付けする。

「んん…ぷはッ…」

舌を軽く絡め、その後に首あたりにキスをしていく。

「全身奉仕ってやつか?」
「はい…いっぱい感じてほしくて…」

「キスマークはつけるなよ。生徒たちがうるさそうだ。」
「は、はい…」

残念。つけようとしたのに。

「御主人様、上着を…」

御主人様の許可を得て、上着とYシャツをはだけさせ、胸板を露出させる。
そして鎖骨、胸板、脇腹と舌を這わせていく。

「んん…」
「上手くなったな。教えてもいないのに…」

そして探していく。彼の弱点。
男性器意外にも感じるポイントがあるはず。

「んッ…」
「!」

今までと少し違う反応。見付けた。舌で触った場所じゃない。
反応したのは顔の辺り。首に回した手が触った場所。耳。

「御主人様…」
「あ?」
「ん…」
「!!」

耳を舐めた途端、御主人様の体がこわばった。たぶん背筋にゾクゾクとした寒気が走ったのだろう。

「御主人様…ここ気持ち良いんですね?」
「あ、ああ。」
「ん…」

耳に舌を這わせ、右手で下半身を撫でていく。
御主人様、時々うめき声を上げて身震いをする。
感じてくれている。私の奉仕が気持ち良いんですね。
私は耳を舐めながら全身を摩り、耳を触りながら全身を舐めた。

そしてズボンに膨らみを感じる。
立っている。固くなっている。

「炎之花、そろそろ…」
「はい…では失礼します…」

ぢぃー…
取り出した性器を包むように握り、口を近付けていく。

「熱い……ちゅッ…んんッ…」

一度軽く口付けし、一気にくわえ込んだ。
熱い固まりが口の中を支配し、喉の奥から鼻にかけて独特の臭いが突き抜ける。

「んぶッ…ちゅばッ…んんッ…」

唾液で濡れていく逸物。その血の通った熱い固まりを口の中で感じる。

「胸も使え。」
「ふぁ、ふぁふぃ(はい)…」

彼のをくわえたままスーツを脱ぎ、胸を露出し、それを彼の下半身に乗せ、逸物を挟みこむ。

「んぶッちゅぶッ…りょおれふふぁ?(どうですか?)」
「ああ。気持ち良い。」
「じゅぶッんぶッじゅりゅッ…」

胸の摩擦と口での吸引を使い彼を責めたてる。
前までは彼が満足いくような奉仕は出来なかった。上手い方法もあまり覚える気もなかった。

 
toukou03

toukou

 

 

この作品は、ひとみの内緒話管理人、イネの十四郎様から投稿していただきました。 
尚、著作権は、「ひとみの内緒話」及び著者である「ふるふる様」に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

同性の先輩や後輩達に苛められる女子○生ひとみの
アブナイ体験とSMチックな官能小説
banner-S
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA