官能の国~Shy Land~1 第5話

【第5話】

 

「両手を使っちゃいけないとは言ってなかったな~」

俊介はにんまり笑い、片方の手も使うことにした。
クリトリスはそのまま撫で続け、もう一方の手は陰唇に触れた。
僅かに触れただけでピクンと反応する。
かなり性感が発達しているようだ。

「むふふ」

最初は大陰唇をゆっくりと撫でて、次第に内側へと指を擦り寄せていく。愛撫の基本中の基本だ。
指が大陰唇から小陰唇へと移動する頃には、じっとりと潤いが感じられた。
小陰唇をほぐすように愛撫した後、さらに内陸部へと指を這わせてみた。
割れ目に指を滑り込ませると、先程よりも強い反応が見られた。
そろりと割れ目を擦る。あくまで軽く、羽根がかするようにやさしく。
ヌルリとした感触が指にまとわりついてきた。
蜜がどんどんと滲み出しているようだ。
俊介は中心部に指を突き立てたい衝動に駆られたが、一呼吸置くことにした。
もう少し焦らしてみる。

(Cの女性にこんなに時間を費やしてだいじょうぶなのか?)

俊介の心の中で、もう1人の自分が問いかけた。
しかし、この頃、俊介はすでに確信を持っていた。

(だいじょうぶさ・・・何故なら、Cが惠だから・・・)

満を持していたが、俊介はついに指を中心部に突き立てた。

(ヌプッ!)

『いやぁん!』

壁の向こう側からかすかに女性の声が聞こえたような気がした。

(グチョグチョグチョ!グチョグチョグチョ!)

指は滑らかに蜜壷をほじくる。

(グチョグチョグチョ!グチョグチョグチョ!)

『あぁん!』 

(グチョグチョグチョ!グチョグチョグチョ!)

俊介は指を動かしながら告げた。

「答はCだ!」

まもなく高らかにファンファーレが流れた。

「よし!正解だ!!」
「やったね~~~♪」

どこからか惠の嬉しそうな声が聞こえてきた。

「うわっ!びっくりした~!」

ふと見ると惠がニコニコ顔でCの穴から覗いていた。

「一時は触るだけ触って、他の子のところへ行くかと思ってたよ~」
「ふん、オレが惠のオマ○コを憶えてないとでも思ってたのか~!?」
「しっ!声が大きいよ!もう・・・恥ずかしいんだからぁ~・・・」
「あ、そうだったか。あははは・・・まだ他の子もいたんだ~。ははは・・・」

惠と俊介は見事に2人とも正解したということで、認定書を受け取ることになった。
 
【~ラバーチューザー認定書~ 
お2人は理想的で素晴らしきカップルであることを認めます。SHYーLANDからお2人に心より祝福を申しあげます。いつまでもお幸せに^^】

「惠、面白かったねえ~。さあ、次はどこに行く?」
「俊介ったらぁ・・・私をこんなに濡らしちゃってぇ・・・責任取ってくれるんでしょうね?」
「あらら・・・(^^;)」

【官能の国~Shy Land~1 完】

 

 
toukou02
 
toukou
 
 
この作品は、愛と官能の美学 Shyrock様から投稿していただきました。
尚、著作権は、愛と官能の美学 Shyrock様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
ラヴラヴから凌辱ものまで多ジャンル官能小説取り揃え
体験談・投稿体験談・夜学問・官能詩
エロエッセイ・その他カテゴリー多数
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA