全ての者に愛の手を 光ある世界へ(4)

【第11章(4)】

「見逃してやるよ。楽しんだし。その代わり、次同じようなことしてみろ。次こそ、写真が学校に送られるからな。」

「は、はい…」
「ならとっとと出てけボケ。」

山村先生は慌てた様子で教室を出ていった。
なんとなく御主人様の狙いがわかった。山村先生を裁くのが目的ではなく、弱味を握り、行動を支配するのが目的。
裁いた後、報復されないとは限らない。それを防ぐため、弱味を握り続ける気なのだろう。

「よう。大丈夫か?」
「ご…御主人様ぁ~…」

ようやく助かったことを実感し涙が出てきた。

「泣くなよ。まったく…」

御主人様は私の頭を撫で、優しく乱れた服を直してくれた。
やっぱり御主人様は優しい。そう改めて思った。

「あの…何でここが…?」
「ん、ああ。この部屋の先の非常階段が俺の喫煙スポットだからな。煙草吸いに来たら、お前の叫び声が聞こえて。」
「そうなんですか…。
 …………………………………ん? 駄目じゃないですか! 校内は禁煙です!」

学校の中は禁煙が当たり前。御主人様はそれを知っていて、隠れて煙草を吸いに来たらしい。
安心半分、呆れてしまう。

「まぁまぁ。だから見付からねぇように、外の非常階段なんだって。なんか高校のころみてぇで懐かしいし。」
「高校生の頃から吸ってたんですか!? 未成年が駄目です!」

そう言えば私が高校生の頃にも、隠れて煙草を吸っている学生はいたらしい。
非常階段や校庭隅は、そんな不良たちの喫煙スポットらしかった。御主人様もその類の学生だったのだろう。

「もうッ!」
「そう怒るなよ。まったく。………そういや飯まだだろ? 一緒に食おうぜ。」
「え…あ、はい。」

なんか話をうやむやにされ、彼とご飯を食べることになった。
お互いお弁当を持って例の非常階段で落ち合い、食事をする。

「涼しい…」
「ああここは日陰になってるし、風通し良いし、他の棟からも完全に死角だからな。のんびりするにはちょうど良いんだ。」
「そうなんですか。」
「にしてさっきは大変だったな。俺が来なきゃマジで犯されてたぞ。」

「…ご、ごめんなさい…」
「いや、謝る必要はない。悪いのあの糞オヤジだ。…………………なんか思い出したらまた腹立ってきた。あのオヤジやっぱ殴って…」
「も、もう良いですから、御主人様!」

なんかほのぼのとした感じだ。
涼しい風に吹かれお弁当を食べて。
最近では教会でのお昼のお祈りもサボり気味だ。彼と一緒にご飯を食べたり、お話をしたりしているせいだ。

「まぁあんな野郎だ。そのうち自滅すんだろ。」

キンッシュボッ

「ふぅ――――………食った食った。」
「だから学校で煙草は…」
「まぁまぁ。」

さっき怒ったのに喫煙しだす。
御主人様は私のことを年上と思っていないと思った。
私、年上の威厳無いのかなぁ…

 
toukou03

toukou

 

 

この作品は、ひとみの内緒話管理人、イネの十四郎様から投稿していただきました。 
尚、著作権は、「ひとみの内緒話」及び著者である「ふるふる様」に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

同性の先輩や後輩達に苛められる女子○生ひとみの
アブナイ体験とSMチックな官能小説
banner-S
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA