世にも不思議な本 美沙の受難

【第10話】

美沙は強ばった顔をしながら服を脱ぎだし、同じように久美子も脱いで、2人とも下着姿になった。
「あら、いいのを着ているわね。これ、会社で扱ってるやつよね?」
「はい、よくご存じで…」

「これでも下着にはうるさいのよ。それより、いい形してるじゃないのよの」ブラジャーを捲り上げ、乳房を触っていく。
「そんな、いい形だなんて…」
「私が言うんだから間違いないわよ。ここはどうなの?」パンティを引き下げた。

「あら。私と同じく、剃ったんだ!」無毛の淫裂に声をあげた。
「そんなに見られたら、恥ずかしい…」
「恥ずかしい事無いわよ。ほら、私だってないのよ」久美子もパンティを引き下げると、無毛の淫裂が現れた。

「これなら同じでしょう?」久美子はジッと美沙を見ていたが「一緒にモデルをしようよ」と言い出す。
(まさか、課長と一緒にあれを…)驚く佐藤だが「そうよ、こうやったのを…」久美子はロープで美沙を縛りだした。

「そんな、縛ったのなんてイヤです!」
「私の言うことが聞けないの。イヤなら、クビよ」それには大人しくするしかない。
久美子は、自分がされたようにロープを巻き付けると「私も同じように縛って!」佐藤に頼み込む。

「わかりました。クビはイヤですからね!」そう言いながらも、喜んで縛り出す。
「これで、いいんですね?」
「そうよ、2人が縛られた所を写真に撮ってよ!」久美子は美沙に体を寄せた。

(面白いや。2人の緊縛なんて興奮しちゃう!)カメラに収めていく佐藤の肉竿が膨らんでいく。
それは美沙にもわかり(オチンチンが膨らんでいる。こんな変態の真似事でも興奮するんだ…)ジッと股間を見つめている。

それでも、佐藤は久美子から言われるまま、スイッチを押していたが「今度はあなたを撮るからね」と言われて久美子のロープを解いた。
久美子はロープが解かれると「脱ぐのよ、あそこも見せるの」裸を命じる。
佐藤は言われるままに全裸になると「犯すのよ。この人をレイプするの!」とカメラを構えた。

「そんな、課長をレイプだなんて、できません!」
「やらないなら、クビよ。それに、あなたのヌードをばらまくわよ!」それには思案顔だが(面白いや、前からやりたかった事だし…)「わかりました。課長許して下さい!」縛られた美沙に抱きついた。

「やめて。お願いだからやめて!」首を振るが足を開き、肉竿を押し付ける。
「入れないで。お願いだから、入れないで!」首を振っても、狭い膣腔が肉竿で広げられた。
「入りましたよ」ゆっくりと押し込んでいくと「ダメ…。あ、あ、あ~!」目を閉じて声をあげるが、すんなりと入って行く。

そして、根本まで押し込むとピストンを始めた。
「ダメ、こんなやり方ダメ。解いてして!」譫言のように言いながらも、淫裂の中を濡らし出す。

「前からしたかったんです。課長を縛って犯すのを…」乳房を握りしめピストンを速めた。
「イヤ、レイプなんてイヤ!」そう言いながらも、深い結合を求めて足を広げている。
「いいわよ。これは絵になるわ!」そんな2人を久美子は撮っていくが、次第に佐藤が登り詰めた。

「イヤ、危険日よ。射精だなんて、イヤ~!」悲鳴に近い声をあげても、肉竿からは噴射が続き、白い液体が結合部から漏れだした。
「課長、凄くよかったです…」満足げに唇を交わすが(私もよかった。でも、危険日よ、出来たらどうするのよ…)顔を背けた。

「出来たら、一緒になればいいじゃないのよ。それより、オ○ンコを撮るから抜いてよ」久美子が横から口を入れる。
「イヤよ、性器はイヤ。撮らないで!」隠そうにも、手が縛られ、足を押さえられているから隠せない。
「イヤよ、これは絶対にイヤ!」首を振っても、白い液体が漏れ出た淫裂を撮られた。

写真を撮り終えると「いい画が撮れたわ、協力感謝する。それから、結婚式は何時にするの。決まったら教えて」
「そんな、結婚だなんてまだ早いですよ」
「何っているのよ。オ○ンコまでしたんだから早くはないわよ。逃げたら、クビにするわよ」久美子はそう言うと服を着出す。

「そんな事言われても…」佐藤は不満な顔をしながら美沙を解いていくが、服を着終えた久美子はアパートから出ていき、2人きりになった。
「佐藤さん、私では不満なの?」
「そんな不満だなんて。課長としたのが、初めてでしたから…」

「私だって、佐藤君としたのが初めてよ」
「そうでしたね。僕達、うまくやっていけそうですね?」
「そうよ、やっていけるわよ」2人は全裸で抱き合った。

始めは普通に抱きあっていたが「私にもやらせて…」美沙が馬乗りになり、腰を振り出す。
「凄くいいですよ。次は四つん這いです…」乳房を揉みながらも笑顔で言う。
「いいわよ、どうせなら、一杯出してね」
「勿論です、頑張りますから」その言葉通りに佐藤は四つん這いで結合してから噴射した。

「よかったわ。凄くよかった…」美沙は流れ出た液体を拭こうともせず佐藤に抱きついた。
「僕もです、最高でした…」佐藤も美沙を抱きしめ、余韻を味わっているが、美沙の胎内では新しい命が活動を始めた。

美沙は夕方に帰り、佐藤だけが残された。
「しかし、こんな事あるのかな。夢みたいだ…」信じられない出来事に例の本を広げると「な、なんだ。これは~!」大きな声をあげた。

それには、自分が書いた以外の事も書かれてあり、残りも少なくなっている。
「誰だ、誰が書いたんだ。道理でおかしいと思った。とにかく、婆さんに会ってからだな」本を閉じ、分厚い方を見ると異常はなく、ヌード写真が描かれていた。
「よかった、こっちは無事で」ひと安心している。

 
 

 
 

 
toukou07
 
toukou

 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!mitinohosi
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA