全ての者に愛の手を 光ある世界へ(2)

【第11章(2)】

ゾクッ…
嫌だ。ふとそんなことを思った。御主人様以外の男性に触られたくない。

「さぁさぁ…ふふ…」

先生は終始、私の肩や手や腰を撫でながら誘導した。
凄く嫌な予感がする。何かされるかもしれない。怖い。
気味の悪い感情が支配し始めるが、結局教室まで送ってもらっただけだった。

「先生大丈夫? 山村になんかされなかった?」
「山村って、炎之花先生のこと、いっつもヤラシイ目で見てるんだよ。」
「炎之花先生、気を付けてね。」

生徒たちはやはり山村先生に良い感情は抱いていない。送ってこられた私を心配している。

「大丈夫よ。山村先生は目の見えない私を送ってくれただけよ。」

それが生徒達に対する返答。実際にそう思ったから。
しかしそれが間違いだと知るのはすぐだった。

授業が終り昼休み、教室を出ると人がいることに気付いた。
独特のオーディコロンの香り。山村先生だ。

「暁先生。」
「あ、山村先生…」
「少しお話があるのですが、よろしいですか?」
「え…はい。別に構いませんが。」

私の返事と共に先生は私の手を握った。

「え?」
「ここではなんですからこちらに…」
「きゃッ…」

グイッと引っ張られ、彼が歩く方に仕方なく歩いていく。

ガラッ…
そしてある教室に入った。
距離や道順からして、芸術棟の角部屋。

「え…ここ空き教室じゃ…」
「まぁまぁ。」

ここは普段滅多に誰も来ない空き教室。倉庫の奥にあるため昼休みですら人気はない。

「あ、あの…話と言うのは…?」
「……」

無言。そして少し荒い息が聞こえる。

「?……………!?」

ゾクッ
急に肩を持たれ、腰にも手をかけられた。

「先生…なにを?」
「ふふふ…暁先生。私は前からあなたを綺麗と思っていましたが、最近になって更に研きが掛った。」

ゆっくりと撫で回す手。顔に近付いてくる息。

「もう我慢できないんですよ。」

グッ

急にスーツの襟を捕まれ、それを下に下げられる。
脱がされようとしている。それを一瞬に理解した。

「きゃあッ! やめッやめてください!!」
「やめれるわけないですよ。こんな魅力的な体をして、最近は色気まで出てきて…」
「せ、先生には奥さんがいるじゃないですか!?」
「あんな女にもう興味は無いですよ。」

更に手はスカートの中にまで侵入してきた。

クチュッ

「濡れてるじゃないですか。下着の上からでもわかりますよ。期待してくれてるんですね?」
「そ、それはちが…」

御主人様に開発され、少しの刺激でも反応するようになってきていた私の体が、先生に撫でられた時から少しずつ反応していた。

「素直になりましょうよ。どの道、ここに人は来ません。」
「いやぁッ助けッ誰か…助けて御主人様ぁ!!」

彼に助けてほしかった。私の中で彼ほど頼もしい人はいなかったから。

 
toukou03

toukou

 

 

この作品は、ひとみの内緒話管理人、イネの十四郎様から投稿していただきました。 
尚、著作権は、「ひとみの内緒話」及び著者である「ふるふる様」に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

同性の先輩や後輩達に苛められる女子○生ひとみの
アブナイ体験とSMチックな官能小説
banner-S
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA